詞人集団 Beehive

アクセスカウンタ

zoom RSS 「宵待草」

<<   作成日時 : 2009/07/27 20:51   >>

ナイス ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 118

画像    失って 
    謝る

 俺は いつもそうだ

    顔をあげると
    あたりは 闇
    夕暮れにすら まにあわず

 薄橙の 花弁をむしる
 そのはかなさが 責めたてるから
 悔いて 生きろと
 断罪するから

〈K〉


詠み人・倉本のひとりごと

なんだかめめしい詞ですみません。別に落ち込んでいるわけではありません。
僕は元来、根なし草で、若い頃から「定住型」の人間ではありませんでした。結局、仕事も、常にあちこちとびまわる業種だったこともあり、それが性に合っていましたから別段苦痛でもなくやってこられた。
でもこんな人生がとりこぼしてきたものもそれなりにあるようで、それゆえ人を不幸にした部分もまた、少なからずあったようです。
残された者、残していった者の哀しみに気づいた時には、すでに失ったあとだった、ということが多く、償うことすら間に合わぬところに立ち尽くし、ただ溜息で終わらせていったことがあまりにも多かったように思います。
そろそろそんな事の繰り返しも終わりにしたい。
そんな気持ちがあったのでしょうか。
折からの不景気と世界的な感染症の影響で海外の仕事が減り、国内の仕事にシフトしていったこのタイミングもありました。

というわけで、今月、入籍しました。



    倉さん、おめでとう。
    いいお披露目パーティだったね。
    俺、なんか泣きそうになった。  〈S〉

    
    花嫁そっちのけで、あなたたち、また抱き合ってましたね。
    でもシバタのスピーチには私も感涙。 
    本当におめでとうございます。 
    でも、詞が暗すぎない?  〈M〉


    照れ隠しだよ。 〈S〉




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 27
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(118件)

内 容 ニックネーム/日時
<倉>さん、ご結婚おめでとうございます。
人生、いよいよ観念しましたか?(笑)
どうか、子供は女の子を多く生産してくださいね。
私の苦労がおわかり頂けると思います。

<シバタ>さん、又<M>さんを泣かせましたね。
困った人だ!
酒天
2009/07/27 21:23
倉さん おめでとうございます。根無し草からの脱退宣言でもありますね(^−^* お幸せにv 今回は軽くコメで(笑)
うみ
2009/07/27 21:36
ご結婚おめでとうございます。

詞からは今度こそ悔いのないように、
お嫁様をしっかり抱きしめて離さない。
幸福になっていくぞ。って、
そんな決意が聞こえてきます。

詞、秋でもないのにセンチメンタルに
なりました。
 でも、とてもいいですね。
きっと心が落ち着いて穏やかでいられるのでしょうね。
それで愛しい気持ちで振り返ることができて書かれたのでしょうか。
織り姫
2009/07/27 21:39
うわー。うわー。うわー。
いいなぁ。幸せそうだなぁ。新婚かー。ほやほやかー。
過去の経緯があって今があって。。。
奥様との生活をとても大切にしようとする想い、私も倉本さんの男の決意を感じました。
おめでとう〜。いいなー。いいなー。←しつこい(笑)
お幸せに!!!
胡桃
2009/07/27 22:38
<K>さん(でよろしいでしょうか。)、おめでとうございます。

根なし草の良さも知っていますが、根を下ろすことの安心感も良いものですね。^-^
SEI
2009/07/27 22:47
<K>様
ご結婚おめでとうございます。
おしあわせと同時に確かなものを手にされたような気がします。

ただ純粋に羨ましいと思います。更に羨ましさを倍増させてください。(^-^)

重ねておめでとうございます。
門前の小僧
2009/07/27 23:51
果たして、おめでとう!でいいのか。
なんて、水をさす。

僕も、結婚した時には、おめでとう!ってみんなに言われた。
でも、これを維持するのは難しい。
僕は、7年位か。
その後半部分は、元奥さんは我慢の日々だったらしい。
最後の2年くらいは、仕事にかこつけて、
ほとんど、顔を合わせない生活だった。
小さい子どもがふたりいたのに、
すごい生活だった、今思えば。

いやいや、なんかみんなが、
おめでとう!って言うのを見てると、
そうじゃないんじゃない?って言いたくなる天邪鬼。

とりあえず、お幸せはお祈りしてますよ。
今度は、逃がしませんよーーに。

 釣った魚にも餌をたくさんあげて下さい、と思う・はげおやじ・より
はげおやじ
URL
2009/07/28 00:09
ご結婚、おめでとうございます。
いや〜結婚しない男かと思っていました。
これからは、ふわふわ根無し草のつもりでも、奥様の手の上です。(笑)
なんてことを、書いてみたりして。
ブルー・ブルー
2009/07/28 00:31
Kさん、ご結婚、おめでとうございます!〜☆
ついに!なんですね。なんか?このブログをしてから、良いように行ったとか?(笑)幸運のブログ!ではないのかな?私も幸せを分けてほしいなー。ここにコメントしてたら、良いことが?なんて。
('-'*)エヘ
宵待草って、実際には無いのですね。。。
待ってる身って、つらい気もします。だけど、もうちゃんと家族になれたんだから。気持ち的に、待たなくてもいいんですね。やはり結婚っていいなー。

(*゜▽゜)ノ★+☆【祝】☆+★ヾ(゜▽゜*)
留加
2009/07/28 01:20
おめでとうございます!
詞は暗いけど・・・(笑)

倉さん、花嫁さん大丈夫でしたか?
消えたりしませんでしたか?
倉さんのかわいい弟さんが
花嫁をさらって・・なんて企てを・・・
小耳にはさんだものですから(笑)

根無草から定住型へと変わる生活からくる
倉さんの詞の変化もあったりするのかなぁ。
それも楽しみにしとこうっと。
いけり
2009/07/28 01:42
おめでとうございます。僕は24で結婚して、比較的早い時期だったとおもいますが、今振り返ってみると 僕たち夫婦は、結婚後。結婚とはこういうものだ!!という ひな形にそって、 価値観を合わせようとしてきた気がします。
なにが言いたいかというと、合わせる 型に合わせるという行為が どうも負担になっていて、 そもそも 型と言う物は、効率的に 継続性をもたせるリスク管理の為のフレームなのですよね。効率化の非効率というように、必要なものとそうでないものを 選ぶ事が もっとも効率的なのかもしれませんよね。もちろん夫婦間に 効率化などという 言葉は似合いませんが。Kさんはそのあたり、とても上手に 必要を 選んで 楽しまれているように感じます。

あたたか(あたたかデザイン)
2009/07/28 01:54
おめでとうございます♪ステキですね!詩は確かに暗いようだけど…コチラ側からアチラ側を見てる感じ、ええっともう終わった事、の感じ?で…良いじゃないですか!(笑)私、Sさんとの事知るにつれ、私は倉田教かな〜♪でも、シバタさん以外の人にはこんな事してくれないんだろうな〜なんて思ったりしてたんですでもきっとシバタさんにはこうしちゃうんでしょうね、それと同じで他の人だとこうしちゃう、のような愛情の示し方?みたいのって誰でもありますね。ってどうなのかな、こういうのって書いてて自分でも分らない…(笑)
こりす
2009/07/28 05:26
 おめでとうございます。
 だいたい、後から気が付くことに間に合う事は少なく、手遅れになりがちですね。
 それでも、気が付かずに過ぎてしまうよりは良いのかなぁと思います。
 経験値として蓄積できれば同じようなことを繰り返さないですむ可能性がありますからね。
 それに、人の痛みを知る人間は優しくなれる素質があると聞きます。
 経験を糧に、不幸せを感じることのない、多分それが幸せだと思うので、家族になってください。
 わかりにくい駄文にて失礼しましたが、お二人の明るい未来を祈っております。

2009/07/28 07:00
おめでとうございます
これからはもうシッカリ根を張って・・・
きれいな花を咲かせるのでしょうね
お幸せに
りっちゃん
2009/07/28 08:07
朝から幸せな報告にこちらまで嬉しくなりました☆
「結婚おめでとうございます
守るものがあるとまた自分がここにいる意味がちゃんとわかってくるものですよね。
Sさんとの包容・・・見たかったな〜(^m^)クスッ 
Sさんは「泣きそうだった」じゃなくってきっと泣いてたんでしょうね☆
大切な人の幸せな姿は嬉しいものですものね (*^▽^*)
倉さんこれから奥様と一緒に素敵な絆を築いてくださいね
ルナ
2009/07/28 08:55
おめでとうございます。
新たにスイッチを入れなおし
これからまた より深くしっかりと いろんなものを
お二人で育んでいってください…。

ホントに おめでとう(^−^)
幸せになりますね♪
きっと!
ごん
2009/07/28 10:04
酒天さんへ

一番乗りのコメント、ありがとうございます。
はい、とうとう観念しました。(笑)
いえ、私からの求婚です。
相手はあまり気乗りしてない様子でしたが、「いやなら無理にとは言いません」と引っ込めたら、「そういう押しが足りないところが駄目!」とダメ出しされて、怒られながら承諾をもらいました。
ちなみに妊娠はさせていません。今度は。

〈S〉くんの即興のスピーチには、不覚にも私も目頭が熱くなりました。
彼の退院がまにあってよかったです。
〈K〉

酒天さんへ
2009/07/28 10:18
うみさんへ

根無し草卒業といきたいとこですけど、つれあいとなった彼女も相当の根無し草なので、どれだけ同居していられるかわかりませんが、どこへ行っても帰って来られる場所として、お互いがお互いのホームとして機能できるといいなと思いつつ。

ま、やってみなくてはわかりませんね。(笑)
〈K〉

うみさんへ
2009/07/28 10:19
おめでとうございます。(^o^)
お幸せに!!
沙羅
2009/07/28 10:20
織り姫さんへ

コメントありがとうございます。
まだ若い伴侶を亡くした友人や、難病に罹患した恋人を支えるために結婚を決意した友人がいて、彼らを見ているうちに、「できるだけ身軽でいよう」と思っていた自分を変えたくなったということもあります。
〈S〉くんに言わせると、「違うよ、齢のせいだよ」ということで、それもあるかもしれません。
〈K〉

織り姫さんへ
2009/07/28 10:23
胡桃さんへ

新婚というか・・・。
既に同居してましたんで、ただの入籍という感じです。
彼女はこれまでも転勤・出張が多く、同居といっても、ひとつ屋根の下にいた時間はとても短く、それはこれからも変わらないと思いますが、繋ぎ止めるのではなく、いつでも帰って来られる、そんな場所を作ってあげたいと思いました。
そう言ったら「自分がそうしてほしいだけでしょ」と突っ込まれましたが。
なかなか手厳しい女性です。
〈K〉

胡桃さんへ
2009/07/28 10:24
SEIさんへ

コメントありがとうございます。

根を下ろすことの良さ。
そんなことがまず自分に務まるかどうかわかりませんが、そろそろ定住型の生活に馴染んでくる年齢になったのかもしれません。
単に体力が衰えただけかもしれませんが。(笑)
〈K〉

SEIさんへ
2009/07/28 10:25
門前の小僧さんへ

コメントありがとうございます。
同居中の入籍なので、何が変わったというわけではありません。
彼女は経済的にも自立していますし、家事はこれまでも「自分のことは自分で」でやってきましたし、羨ましがられるようなことは何もないのですが、そのぶん「養う」とか「俺が幸せにしてやる」という男気とも程遠い、共同経営の契約のような結婚です。
「確かなもの」というにはあまりにも私も彼女も風来坊なので、「何年もつか…」というのが大方の感想のようです。(笑)
確かにそうなんですが、もしこの先、関係を解消しても、彼女となら、一度は夫婦になれてよかったと思えるんじゃないかと思います。
〈K〉

門前の小僧さんへ
2009/07/28 10:26
おめでとうございますヽ(〃^・^〃)ノ

いろんな経験を経て、掴んだ幸せは
本物の幸せだとおもいます。
これからが、スタートですね
たくさんの障害物もお2人で越えてください。
たくさんの幸福をお2人でお迎えください。
ブログを通じ、Kさんの「ひとつの人生の節目」
をお祝いできてとても嬉しく思います♪

あと、結婚とは・・と聞かれれば
「忍」の一文字が浮かんでくる
rinkoです。。
スンマセン 余談です。。

rinko
2009/07/28 10:26
はげおやじさんへ

お、はげさん。
実体験をふまえたリアルで微妙な祝福、ありがとうございます。(笑)
僕もたかが入籍、いつその関係が終わっても仕方ないと思っています。
自分達の関係を「結婚」と呼ばず「入籍」と呼んだのは、これまでのただの同居のスタイルを変えないでいこうという気持ちがあるからです。
彼女はしっかりとした仕事を持ち、収入もたぶん僕よりリッチ。
お互い子どもを作る気持ちもありませんので、ある意味いつでも別れられる関係でもあります。
そんな緊張状態のまま、お互いのライフスタイルや仕事を尊重し、生活や体裁のためでなく、ただお互いと暮らしたいから、という思いがあるうちだけでも、仲良く暮らしていけたらと思います。

それだったら何も入籍せずに、これまでのままでもよかったはずなのですが、なぜか籍を入れたくなってしまった僕は、無意識のうちに彼女を束縛しようとしてるのでしょうか。
そんなことを彼女にふと呟いてみたら、「大丈夫よ。アタシ入籍程度には縛られないから」と言われ、苦笑しています。
〈K〉

はげおやじさんへ
2009/07/28 10:27
御結婚おめでとうございます
ついにこのご報告ですね。
楽しみに待たせていただいおりました(*^_^*)

守る物が出来ると張りも出ますね。
お互いが支えあって 信じあえる家庭を築いていってください。
末永くお幸福に
マリー
2009/07/28 10:47
御結婚、おめでとうございます!

また、縁がつよく、つながったのですね。

いい感じに、ここちよい場所をふたりでつくってくださいませ〜。

めでたい!
May
2009/07/28 11:42
ご結婚おめでとうございます!
ある時(結婚してから10年くらいの頃)なにげなく夫に「今までの結婚生活の中でいつが一番幸せだった・・・?」と聞いたところ、「☆☆の頃・・・」と言われ、ショックを受けたことがあります。
私にとって、一番辛かった時期が彼にとって一番幸せだった時と重なっていたから・・・
それからは自分が幸せなときは相手が不幸な時かもしれないと、心にかけるようになりました。
出来ればお互いが幸せを共有できるといいのでしょうね〜〜。
komichi
2009/07/28 12:04
倉さん、ご結婚おめでとう!
周囲の方々から祝福されてよかったですね。
すてきなパーティだったのでしょうね。
その喜びが背後の黄昏が物語っていますよ。
こんなシルエットで喜びを表現するなんて倉さんも憎い人ですね。
>夕暮れにすら まにあわず
なんて書かれてますが...そんな...これから夜明けなのでは?
 話は変わりますが、入籍より離婚は大変でした。経験者より。入籍は種類を役所に郵送すればOK。でも離婚にはなんか保証人みたいな人の判子が必要で、ほんとに困った。
そんな面倒なことにならないように、この関係大切にね。
ののはな
2009/07/28 12:46
あらっ。
出遅れました。
Kさんの入籍発表、
おめでとうございます。
・・・でいいのよね?

”お互い子どもを作る気持ちもありませんので、
”ある意味いつでも別れられる関係でもあります。

なにっ!
好いお父さんになれる、素質を
みすみす
放棄するつもり?
許せないなぁ。。
まぁ彼女もそういうつもりなら、いいですけどね。


きらり
2009/07/28 17:02
おめでとうございます

居心地のいい場所は
きっと 喜びや
安堵感で いっぱいなのでしょうね

今がこれからで一番若いときw

ずぅっと幸せで いてください
ずぅっと 大事にしてあげてくださいね

金の鈴 銀の鈴
2009/07/28 17:04
入籍おめでとうございます。
今が一番楽しい時期ですね。今度は失う前に手に出来てよかったですね。
結婚は安定でもありますが、年月と共にどんどんときめきもなくなってきますから、いつも新鮮でいられるような工夫をされるといいと思います。でも落ち着いた絆で結ばれているのも心地よいものではありますが。
お子さんを作られる予定がないとのこと、ぜひ子育てという結婚生活の醍醐味も味わって頂きたいところですが、それぞれの夫婦のスタイルがありますから、お二人なりの結婚生活をこれからもエンジョイしてくださいね。
末永いお幸せを心からお祈りしています。
くるみ
2009/07/28 17:56
こんばんは☆
倉本さん、ご入籍おめでとうございます
今までの同居生活をそのままにしつつ安らげる空間をお二人で築いていき共有していくのですね。
幸せな報告、私まで嬉しくなりました☆
私も倉本さんのように良い報告が早くできたらいいなぁ〜と改めて思いました。あっ!入籍報告じゃないですけどね(笑)えへへ♪ 戦いはまだまだ続きそうです。頑張ります!
奥様と末永くお幸せに☆☆
亜実
2009/07/28 18:27
ブルー・ブルーさんへ

奥様の手の上。
そうだと素敵なんですが。
奥様、ろくに家にいない人なので、置いてけぼりをくらいそうです。
来月も月の半分は出張で家にいません。
「あなたもそのほうが気が楽でしょ」と言われて、頷いたものかどうか・・・。
(うっかり頷いてしまった僕。)
〈K〉


ブルー・ブルーさんへ
2009/07/28 20:31
留加さんへ

コメントありがとうございます。
そんな手放しで祝福されると。
同居していたダレた関係の彼女に、籍を入れてくれるようお願いしただけなので、引っ越しもしないし、旅行もしないし。
親への挨拶さえ、同居している間になんとなく済ませてしまっていたので、電話で「籍を入れました」「ああ、そのほうがいいよ」というやりとりがあっただけ。
でもこれで彼女を人に紹介するとき、「カミサンです」の一言で済むのかと思うとホッとします。
もうこの歳になると、女性を紹介するのに恋人だのカノジョだの言うのはこっ恥ずかしいですからね。
わかりやすい関係になれたことが嬉しいです。
〈K〉


留加さんへ
2009/07/28 20:32

いけりさんへ

さてはシバタの奴、花嫁をさらって逃げる計画を、いけりさんのところで洩らしてましたか。
いや、マジで危うく持っていかれるところでした。

お披露目会はほんの先日の日曜でしたが、友人が催してくれた気さくな集まりだったので、式次第などなく、思いつきで出席者を前に呼びだしてコメントをいただいたり、という会でしたが、シバタくんに登場してもらった時には、いきなり嫁さんを「お姫様だっこ」で持っていかれそうになり、焦りました。
結局途中で引き返して、ドサッと僕に返してくれましたが、普段鍛えてない僕は腰がやられてしまいました。
彼はあんなことして、虫垂炎の傷が開かなかったのかな?
若いって羨ましい。
彼女も、男性に「お姫様だっこ」をされたのは初めてだそうで、「そのままさらってほしかった」とコメントしてました。
ああ、今度の彼女も彼に持っていかれそうだな・・・。
〈K〉


いけりさんへ
2009/07/28 20:33
あたたかさんへ

あたたかさんは若くしてご結婚され、お子さんを三人も育てられ、事業の経営と家庭を築くこととを両立されていらっしゃる「男の鑑」みたいな方ですよね。
僕のように中年になるまでフラフラして、結婚したらしたで相手を養うわけでもなく、お互いが留守がちな家にただ同居するだけ、なんて、「結婚」という言葉を使うのもおこがましいような気がしてしまいます。
「効率化」という概念は私もヨメさんもかなり好きなほうで、これまでは結婚しないことがお互いの生活にとって効率的だと思っていましたが、実は籍を入れたほうがいろいろ面倒がなくていいと思いはじめ、愛情云々より「効率的」「便利」「合理的」というキーワードで彼女を口説きました。
そしてそれでようやく納得してくれた彼女。(苦笑)
別に愛のない結婚というわけではないんですけどね。
これからもお互いが共に暮らしていくための「効率化」を模索していく日々なのかなァ。
まあそういった方面については、たいていヨメさんに仕切られていますけど。
〈K〉


あたたかさんへ
2009/07/28 20:34
こりすさんへ

おっしゃってることの意味、なんとなくわかります。
相手によって情の示し方って、無意識のうちに変わってきてしまいますね。
僕は〈S〉くんにはなぜか兄貴カゼを吹かしてしまうのですが、ヨメさんには(この呼び方、早くも馴染んできた。なんかいいね。笑)あまり干渉しません。
何かしてあげたい気持ちはあるのですが、〈S〉くんのように見ていてハラハラしないというか。
もう少し頼ってほしい気もしますが、それって「男を立ててほしい」と言ってるようで、そんな気はつかわせたくないし。
結局は何も手を出さないでいるうちに着々と自分の問題を自分で処理しちゃうのが僕のヨメさんです。
・・・やっぱり〈S〉くんと結婚したほうがよかったのかな。
〈K〉


こりすさんへ
2009/07/28 21:21
仍さんへ

僕はなんというか、いつも気付くのが遅いんです。
何事においても。
たぶん雨漏りする部屋にいたら、普通の人はピチャピチャいう音で気付くのに、僕はきっと雨が部屋中に浸水して、胸元まで水面が上がってこないと気付かない。
そんな人間なので、気付いた時にはすべてが手遅れということが多かったです。
そしてそれは単に気付かないというより、うっかり気付いてしまうと面倒なので、無視できなくなるまで放置しておく。そんな面倒くさがりゆえの性癖という気もしています。
今の彼女とは長いつきあいになってきていましたが、その心地好さに甘えてまた失ってしまう前に、少なくとも「失いたくない」という意思表示をする必要があるんじゃないか。
そんなふうに思って入籍を持ちかけてみましたが、彼女に「えっ? なんで?」とビックリされたので、
そのあまりの驚きように僕のほうがビックリしてしまいました。
よほど無責任な男と思われてたんだろうなァ。
〈K〉


仍さんへ
2009/07/28 21:21
りっちゃんさんへ

根なし草も根が生えれば、花くらい咲かせられそうでしょうか。
でも根なし草同士の結婚なので、浮き草が増えただけの池。
そんな生活になりそうです。
〈K〉


りっちゃんさんへ
2009/07/28 21:22
普段再コメはなるべく控えているけれど、再び失礼しまーす。
何故かは解らないけど、人の入籍報告にえらく興奮している私…(*゚∀゚)=3
倉本さんはきっとおそらく私よりも10近くは年が上かと思っていますが。。。ちょっとちょっと!! な訳ですよ。そんな淡々とコメントされずに〜っ。
え? 効率化?? もっと楽しんでくださいよ〜ぉ。なんて。人の事なのに(笑)
淡々としてるのも照れ隠し…( ̄▽ ̄)え??

まぁ、確かに結婚って事は、一緒に生活をしていくって事は、色々あるけど。だからこそ穏やかで普通の日常こそが大切なのかもしれませんが…
が……
何だか段々落ち着いてきた(注/私が…爆)

兎にも角にも、お二人にとって色々考えて、一番幸せな形が今の形なのですよねー(ノ´∀`*)
これからも絶え間なく穏やかに愛を育んで下さいませ。大切なことですから^^
胡桃
2009/07/28 21:36
本当におめでとうございます(*^^)v
私は再婚ゆえ、実際書類だけの儀式でし
たが、やっぱりなんだか緊張しますよね…
いいものです。
二人って。

be with you 
ただ二人でいる事…

冒頭の詩が心を繋ぐ絆になって行って
くれることを心からお祈りします♪
れのん
2009/07/28 22:11
♪ご結婚おめでとうございます♪
思わず「おおっ!」と声に出してしまうくらい、おめでたい話はなんだか嬉しいわ〜!
上の方々へのコメントを拝見すると、奥様がとてもしっかりしたステキな女性であることが分ります。お互いが自立している大人な関係。理想的ですね〜。
新しく家族を作るのは、幸せなことですよ。歳を重ねるごとに、家族がいて良かったなと。帰れる場所があることが身にしみるようになりました☆
どうぞお2人 と 仲間たちとでお幸せに♪
てぽてぽ
2009/07/28 22:12
結婚したのか〜って言うか籍入れてなかったんかい・・・おめでとう・・・でもショックだな〜俺は取り残されてしまった気がします・・・とは言え・・・幸せにしてあげてくださいね! 応援しますよ! とうとう仲間はシバタちゃんでけだな〜とほほほ
 せっかくだから もっと幸せそうな詩が欲しいところだけど 本心が見えて いい詩です。
GTO
2009/07/28 23:52
ルナさんへ

コメントありがとうございます。
<S>くんとの抱擁はこれまでも記事にしてきましたが、人前での公開抱擁は今回が初めてです。
「花嫁そっちのけ」と言われて非難されるべきところですが、びっくりするくらいシャッターの音とストロボの光を浴び、今回のパーティーのいちばんのヤマ場になってしまいました。
おヨメさん、ごめんなさい。
<K>

ルナさんへ
2009/07/29 00:14
ごんさんへ 

>幸せになりますね♪
>きっと!

どうだろう♪
そうだといいな!
<K>

ごんさんへ
2009/07/29 00:15
沙羅さんへ

ありがとうございます。
沙羅さんも!
共通の趣味を持つご主人といつまでもお幸せに!
<K>
沙羅さんへ
2009/07/29 00:16
rinkoさんへ

「忍」ですか!
結婚とは。
僕にとってはなんだろう。
「受」であり「融」であり「容」でありながら、やはり「個」でもありたい。
でも最後には「逃」になったりして。
<K>

rinkoさんへ
2009/07/29 00:17
マリーさんへ

「守るもの」と称するには、あまりにたくましいおヨメさんですが、そのたくましさに甘えないように、しっかりした女性ゆえの人には見せない脆さや苦悩を掬い取ってあげられるようなパートナーでありたいと思います。
ありがとうございます。
<K>


マリーさんへ
2009/07/29 00:17
Mayさんへ

結婚しないタイプと言われる二人が入籍までこぎつけたのですから、確かに縁は強いと思いますが、一時的なものにならないよう、縁が継続するよう努力していきたいと思います。
コメントありがとうございました。
<K>

Mayさんへ
2009/07/29 00:18
komichiさんへ

komichiさんが一番辛かった時期が、ご主人にとって一番幸せだった時期。
うーむ、深い示唆に富んでますな。
じゃあ・・・
今の僕の彼女は・・・
まあまあ幸せかな。(笑)
でも今の僕は、「もう一人で好き勝手にやれない不便さ」というものが、ちょっと心地よかったりします。
あ、しまった、のろけてしまったな。
<K>

komichiさんへ
2009/07/29 00:19
ののはなさんへ

そうらしいですね。
本当は離婚ってとても大変らしい。
僕は彼女に「どうしてもイヤになったら離婚という手もあるんだから」と言いくるめて入籍をお願いしたのですが、いざ「イヤになった」と無邪気に言われたら、今度は「離婚って大変らしいよー」と言って踏みとどまらせようと思っていますので、面倒なら面倒なほうがありがたいです。
そうしないと、本当にヨガ・スクールに通うのを辞めちゃうような気軽さで「別れましょう」なんて言われそうでこわいです。
どうして昔の男性が、女性に仕事を辞めさせて家に入らせたか、なんだか少しずつわかってきました。
あれは別に家事をしてもらいたいわけじゃなく、生活手段と収入減を絶つことで、自分に繋ぎとめているのですね。
僕にはその手が使えないので、面倒くさがり屋の彼女が「そんなに面倒なら、やっぱり離婚しなーい」と言う方向に仕向けるしかありません。(笑)
<K>

ののはなさんへ
2009/07/29 00:20
きらりさんへ

子どもについては「当面は」という意味です。
僕ももう若くありませんし、ヨメさんがその気ならいつでも、と思いますが、実際に妊娠・出産のリスクを冒し、その後の育児などで人生が変わってしまうのは女性のほうであることを思うと、やはり彼女の人生選択を尊重したいと思います。
僕はそもそも結婚を想定していない人生だったので、(たとえ一時的にせよ)法的な伴侶に恵まれただけでも「想定外」のオプションですので、このうえ「結婚した以上、人並みに子供も!」と更に欲張るつもりはありません。
人並みでなくとも、僕らしく彼女らしく、そこそこ幸せに暮らしていければいいなと思います。
〈K〉


きらりさんへ
2009/07/29 10:29
金の鈴 銀の鈴さんへ

> 今がこれからで一番若い時

とても素敵な考え方だと思います。
子供を産んだあと、〈M〉さんがよく「出産後の人生で初めての」と言うのを聞いて、ああ、この人は出産を機にリセットされたんだな、と思うことがありましたが、出産を経験できない僕は、こういう機会を節目にとらえるしかないのかもしれません。
でも、それにしてはあまりに「昨日と変わらない毎日」です。
でもヨメさんは、入籍したら急に僕がダンナ風を吹かせることを警戒してるようですから、「これまでと同じ」を続けて、彼女を安心させてあげたいと思います。
〈K〉


金の鈴 銀の鈴さんへ
2009/07/29 10:29
くるみさんへ

結婚生活の大先輩、くるみさんのアドバイスは説得力がありますね。
「ときめき」というと、実はもうかなり前に、どこかに置き忘れてきてしまった二人ですが(だから逃げられないよう、入籍を持ちかけました)、共にいることの安堵は共有してきた二人だと思います。
恋という熱情のピークに結婚するカップルも多いかと思いますが、僕らはダラダラとつきあい、住居を共にして、もうやることもなくなったので籍を入れた感じです。
こんな結婚で彼女はよかったのだろうかと心配になりますが、「結婚しない主義」の彼女が最近、子供を持つことについて考え始めたようで、その時期と、僕からの入籍の申し出に応じてくれたのが同じだったことを思うと、彼女は彼女なりに、何かしら心境の変化を迎えているのかもしれません。
しめしめ。(何が?)
〈K〉


くるみさんへ
2009/07/29 10:30
亜実さんへ

コメントありがとうございます。
僕の入籍は同居の延長なので、特にめでたいものではなく、〈S〉くんに言わせると「保身に走った」ようなものです。(笑)
でもそういう彼がいちばん祝福してくれましたので、というより、「そろそろ籍入れて繋ぎ止めたほうがいいんじゃない?」と生意気にもご注進くださったのも彼なので、今回のことは彼の退院後にお披露目できたことが嬉しかったです。
亜実さんも早く落ち着けるといいですね。
僕は最初に就職したところから転職を二度経験し、その後フリーになっていろいろな職場を転々としているので、「最初の就職がすべて」とは思いません。
だから社会に出て行くきっかけの場所、程度にとらえて、気軽に向き合ってみてごらん。
人は必ずどこかに生きていく場所を見つけていくことができると、僕は信じています。
〈K〉


亜実さんへ
2009/07/29 11:23
胡桃さんへ

なんか胡桃さんが取り乱してる。(笑)
落ち着いてください。
すでに同居していた年増カップルが籍を入れてケジメをつけただけです。
お互いが出張族で、しかも彼女はこの春まで一年の転勤で地方に赴任していたため、東京の住み家を手放すのも惜しい、でも留守中に家賃を払い続けるのも馬鹿らしいということで、二人でひとつの住居を共同で管理していました。
彼女がこの春赴任先から戻り、ひとつ屋根に同居する形になったことから、世間体とその他もろもろの理由から入籍しただけです。
これまで通り、僕も彼女も仕事で家をあけることは多いので、夫婦というより単に同居人というスタイルに近いですが、もちろん僕は彼女を生涯の伴侶にしたいと思って申し出ましたので、それなりに安らぎと幸せを感じています。
エッチなこともしますし。(笑)
決してゲイ疑惑を払拭するためのカモフラージュ婚ではありませんから、ご安心ください。
〈K〉


胡桃さんへ
2009/07/29 12:33
れのんさんへ

> ただ二人でいること

僕も自分たちの同居・入籍をそういうものと捉えています。
彼女はこれまで「○歳までに結婚して、子供は○人産んで、こういう家庭を築きたい」ということをあまり考えない人で、結婚には興味がないと公言してるような女性でした。
僕も同じだったので似た者同士でうまくやっていたのですが、彼女のまわりのキャリア女性が次々結婚・出産に踏み切る中、彼女もそれなりの葛藤を抱え始めたようです。
いつかも共通の友人に子供が生まれて赤ちゃんのお披露目に招かれたのですが、「行くと心が揺れそう」と言って行きたがらない彼女を見て、彼女の複雑な心理を垣間見たような気がしました。
そんな彼女の人生選択を見守りながら、ある時は決断を尊重し、迷った時は背中を押してやれような存在になれたらと思います。
決して「こういう方向に持っていこう」と思ってるわけではないんですよ。
ただ背中を押してやりたいだけ。
いやあ、ほんとに。
強調しすぎて怪しい? (笑)
でも自分の意思だけでは飛込めないこともあるから。
そう思いませんか。
〈K〉


れのんさんへ
2009/07/29 12:34
Kさん結婚おめでとう。とてもうらやましいです(笑)。
幸せな生活を。
けい
2009/07/29 13:23
てぽてぽさんへ

祝福のコメントをいただき、ありがとうございます。
このブログで、〈S〉くんへの思いも告白・清算できたし、もう思い残すことはないタイミングで入籍しましたよ。(笑)
おヨメさんは「しっかりとした」「自立している」人ですから、ちょっとやそっとのことでは気軽に男気を披露できないのが残念ですが、そういう女性だからこそ抱えるいろいろな葛藤と気苦労を理解してあげる存在でいたいなと思います。
僕が「結婚しよう!」「家庭をつくろう!」と言いださないタイプだから安心してつきあっていた、と言われましたが、そんな彼女が「籍くらいなら入れてもいいかも」と思い始めたのは、僕の友人の夫婦たちが皆、夫婦共に仕事を持ち、子どもの有無に関わらず夫婦で家事・育児に同等に関わっているのを見て、「そういうやり方もあるのか」と思ったからのようです。
(また、そういう友人の家にばかり連れていったので、それは僕の戦略勝ちです。笑)
特にここのメンバーの〈M〉さんご夫婦のあり方にはとても感銘を受けたようで、〈M〉さんは、僕からは「彼女に、結婚後も仕事は犠牲にならないと安心させてやってくれ」と頼まれ、ヨメさんからは「倉本に、入籍後は〈M〉さんのダンナさんを見習うよう言ってくれ」と頼まれ、二人の間に入って僕らが結婚を決断する方向へと手を貸してくれました。
そんな皆さんの応援のおかげでなんとか入籍にこぎつけましたので、なるべく破綻しないようにがんばります。
なるべく、じゃダメですかね。(笑)
〈K〉

てぽてぽさんへ
2009/07/29 13:32
GTOさんへ

すみません、暗い詞で。
そう、シバタくんのご指摘どおり、たぶん照れかくしもあったのかもしれません。
ただ、「同じことの繰り返し」になる前にと、自分に鞭打って、珍しく自分から入籍を申し出たのが今回の経緯ですので、決して「観念して」とか「引導を渡されて」という成り行きではありません。
だから自分では入籍を前に特にハイになることも憂鬱になることもなかったつもりなのですが、皆さんからは「マリッジ・ブルーが、あんなふうに〈S〉くんへの思いを詞にさせた」と納得されています。
自分がシバタと僕との愛の成就を引き裂いたと気にしているヨメさんが、「シバタくんを私達の養子にしようか」などと笑えない冗談を言いましたら、シバタくんは、歳の近い継母という設定に何やら興奮して「いいねえ」と妄想に鼻息を荒くしてましたので、もしかしたら、僕たち本当に家族になれるかもしれません。(爆)
もう、たかが僕の人生です、みんなで好きにしてください、という気分です。
〈K〉

GTOさんへ
2009/07/29 13:33
けいさんへ

とてもうらやましいです、と素直に言われると、僕もとてもうれしいです。
あまり人にうらやましがられることの少ない半生だったので、この先どんな不幸が待っているかはわかりませんが、どうか今くらいはいっぱいうらやんでやってください。
〈K〉

けいさんへ
2009/07/29 13:33
ご結婚、おめでとうございます。
紆余曲折はあったと思いますが、どうぞ奥様を思いやって、幸せな家庭を築いてください。
・・・・・
人を不幸にした部分は、誰にでもあると思います。このブログでさえも、私は人を傷つけた事があります。何故あんな事をしたのだろう?と・・・
どうか、お幸せに。
庭花
2009/07/29 16:26
こんにちは^^
の前におめでとう!!ですね
「宵待草」を読んで、詠み人・倉本のひとりごとを読んでラストに・・
>というわけで、今月、入籍しました。
が劇的でした。
劇的というよりは倉本さんの真の優しさに触れたような感覚が湧きました。
良かったですね。
重ねておめでとう。
何故かとっても嬉しかったよ

男:倉本!!って感じかな・・。
見直しちゃった。
皆に見守られながらキャッチした愛を大切に!!

         betty^^♪より

betty
2009/07/29 17:06
庭花さんへ

> 人を不幸にしたことは誰にでもある

慰めに満ちたコメント、ありがとうございます。
僕は入籍もしていない女性を妊娠させて、その彼女の妊娠・流産に気付かなかったような男ですし、若い頃には不遜にも「僕の不在を寂しがるような女性とは付き合えない」などとうそぶいて、相手に歩み寄ることをせずに、向こうから離れていくままに任せるような冷たい人間でした。
そんな自分だったので、好きになった女性のことは、なるべく相手をも束縛しないようにしてきましたし、それが僕なりの情の示し方だったのですが、お互いに若い時分とそこそこ齢を重ねた今とでは、相手との向き合い方も変えていくべきなのかな、と思った次第です。
これまで何にも所属しない人生でしたが、仕事の分野の見直しも含め、ホームグラウンドを持つことのメリットにも目を向けていきたい。
そんな心境の変化は、僕がもう若くないからでしょうか。
〈K〉


庭花さんへ
2009/07/29 19:02
bettyさんへ

祝福のコメントありがとうございます。
既に同居している二人の入籍でしたし、式も披露宴もするつもりはなかったのですが、友人たちの厚意で略式のお披露目の場をもうけてもらい、〈S〉くんとおおっぴらに抱擁することができました。
(あれ? お披露目の趣旨が違う?)

会の最後に、花嫁がブーケを渡したい友人として、シバタくんの名を呼んでくれて、彼に花を手渡してくれたことがとても嬉しかったです。
その時に僕が腕を大きく広げてシバタに抱擁を促したわけなんですが、彼は一瞬客席を振り返って照れてみせたあと、思いっきり僕の腕に飛び込んできてくれました。
その後ブーケから一輪を花嫁に戻し、もう一輪を僕のジャケットにさして、飾らない言葉で祝辞をくれたあと、ブーケを振りながら意気揚々と戻っていきました。
彼のその背中が、旅立っていく男のそれのようで、僕は胸が熱くなりました。
〈K〉


bettyさんへ
2009/07/29 19:04
 <K>さん、ご結婚おめでとう御座います!!
身近なお嫁さんは、どうか取りこぼさないようにね!
結構、そういった旦那さんが多いみたいですが、<K>
さんは、違いますよね。
私なんか、私自身にはストレスをためてくれますが、
犬には、ストレスが溜まるからって、ドッグランに夕食の後にも連れていくのです。
まあ、「勝手にやっちゃって〜」って感じなんですが・・・。
結婚する以前に付き合っていた、
あのひたむきで、無口な彼女の、
捨て身でしたたかな思いが、
今は、とても懐かしい・・・。
 おっと、これは女将さんには、内緒ね!
風の谷のカラス
2009/07/29 22:21

つまらん、人の幸せは、つまらん!

(大滝秀治のマネで)
なあんて
悪い冗談ですよ。
平凡ですが、おめでとうございます。
釣った魚にも
愛情を与え続けて下さいね。
そうしないと
愛は枯れるそうです。
愛は表現しないと
伝わりません。
余計なお世話、老婆心です。
お許しを。

ゆゆ
2009/07/29 23:05
サーフで偶然来ちゃいました♪

詩…そんな活動があるのですね
(^-^)/
難しそうですが仲間がおられると楽しいのかなぁ…なんて思いました。
ではでは失礼しまーすo(^-^)o
木曜日の帰り道
2009/07/30 12:23
風の谷のカラスさんへ

ひたむきで捨て身の思いの彼女・・・。
そういう人、僕にはいたかなァ?
ちょっと思い出せませんが、まあ、今のヨメさんがいちばんひたむき、とか言っておこうかな、ここでは。(笑)
要は、こういうふうに、うまくやってけってことでしょう?
〈K〉

風の谷のカラスさんへ
2009/07/30 15:00
ゆゆさんへ

うむ、さすが、釣られた魚で餌が足りなかったゆゆさんらしいコメント。
僕がヨメさんに望むのは、もう少し僕からのエサを求めてくれてもいいんじゃない? というところですが、そんなこと言うと「あー、それなら部屋を散らかさないでくれればいいから!」と言われそうなので、おとなしくしています。
そんな彼女に敬意を表して、なるべく嫌がるようなことをしないことが、僕から彼女への「エサ」です。
こんな情けないこと言ってると、「力ずくで女性を従わせる」タイプのシバタに「尻に敷かれやがって!」と怒られそうですが。
僕みたいな男は尻に敷かれておいたほうが、うまくいくと思います。
〈K〉

ゆゆさんへ
2009/07/30 15:00
木曜日の帰り道さんへ

お初のご訪問、ありがとうございます。
「詩」というような大袈裟なものではなく、どちらかというと思いつきを散文に近いくだけた言葉で表現した、「ひとこと短編小説」みたいなのを目指しています。
実話あり、フィクションありの、なんでもありブログを、メンバー3人でまわしていますが、誰が誰とか気にせず、3人でひとり書き手ととらえて、好きな場所に遊びに来てください。
後ほどこちらからも伺います。
〈K〉

木曜日の帰り道さんへ
2009/07/30 15:00
〈K〉さん、先日はおつかれさまでした。
花嫁の父じゃないけど、花婿の弟ってのも、切なく感慨深い夜だった。
なんで男子の俺がブーケをもらうわけ? ってちょっとビックリしたけど、Fさんがこれまでの人生でおつきあいしてきた大切な女友達ってたくさんいると思うんだけど、それをあえて、倉さんの弟分にあたる僕を選んでブーケをくれたその気持ちが、僕はありがたかった。
それは僕を通して、兄貴分である倉さんを大事に思ってくれてるからだと思ったから。

「倉さんのどこが好き?」
Fさんにきいたことがあった。
そしたらね、雰囲気が全部好きって言ってたよ。
あの手厳しい人が。
最初は「見た目」から入ったらしい。w
でも、つきあえばつきあう程、「素敵な男性」という色っぽい気持ちから、「なんていい人なんだ」という普遍的な好意に変わっていったって言ってたよ。
Fさんはね、これまでつきあった人は、時間がたてばたつほど嫌なところが見えていって、少しずつ気持ちがさめていったらしいんだけど、倉さんについては「つきあえばつきあう程いいところが見えてくる」って言ってた。
もう5年以上つきあっててそんなこと言ってくれるんだから、Fさんの気持ちはホンモノだね。
だからしつこく「入籍しろ! 逃すな!」って言ったんだ、俺は。w

弟分の俺が認めた人だから、あの人はいい人だよ。
彼女の「お姫様だっこ」の初体験を奪ってごめんね!!

Beehive 〈S〉
2009/07/30 15:51
泣けました。
シバタくんの、
Kさん夫妻への、
温かいコメント。

尻に敷かれようが、
カカア天下になろうが、
そんなことモンダイではない。

この世は「愛がすべて」なんて言葉が
自然と出てきます。

うらやましいくらいな、本物な、兄弟愛。
新妻からのブーケは、次はあなたよ。
という意味かしら。
きらり
2009/07/30 18:57
〈S〉くんへ

ありがとう。
一緒に暮らした人の中では君のことがいちばん好きだったけど、最後には女性を選んだ平凡な俺を許してください。(笑)
彼女は最初、俺とシバタがあまりに歳も性格も違うから、「どうしてうまくやっていけるの?」と首を傾げていたんだよね。
「あなた、本当にソッチの趣味はないわよね?」と真顔で訊かれたこともあったし。(笑)
彼女はシバタみたいなオス臭いタイプがあまりまわりにいなかったから、最初はお前が苦手みたいだったけど、だんだんシバタがいいやつだってわかってくれて、今では弟のようにかわいがってくれて、俺も嬉しく思ってる。
ブーケは、彼女がどうしてもシバタにあげたいって言うもんだから、男にやるなんて変だよなと思ったけど、気持ちが嬉しかったから「お好きに」と言ったの。
お前は俺の弟みたいなもんだから、入籍した今は彼女とも親戚のつもりで、いろいろ助けてやってください。
俺が仕事で留守にする時は・・・
今度は彼女に近付くな!
(笑)

今の彼女は何があってもお前に譲る気はないからな。
つまり今回は本気だってことだ。
よろしくね。
〈K〉

〈S〉くんへ
2009/07/30 21:03
きらりさんへ

僕が彼女に入籍をお願いした時、彼女に言われたのは「シバタくんが、さびしがらない?」。
僕は一笑に付しましたが、彼女は彼女なりに、独り身の弟分のことを心配してくれていたようです。
そう、だから彼女のブーケは「あなたもいい人をみつけてね」というメッセージだと思います。
入籍を承諾してくれた後、彼女はこうも言いました。
「どっちかが片付かないと、あなたたち二人とも、肩寄せ合ってフラフラしてそうだもんね。」
鋭いことを言うようですが、彼女はまだまだ僕らのことをわかってるようで、わかってない。
どっちかが片付いても、両方片付いても、僕らはたぶん肩寄せ合ってフラフラしてると思います。
ね、シバタくん。
<K>

きらりさんへ
2009/07/31 00:05

> 今度は彼女に近付くな!

っるせーな。
わかってるって。
だからFさんが帰ってきてからは寄りつかないようにしてるでしょ。
でもあの人は大丈夫だよ。
あー見えて〈K〉さんにぞっこんだから。
心配すんな。

そんなことよりさー。
〈M〉さんのXデー。
昔のカレシとの再会の。
昨日だったって知ってた?
〈K〉さんは入籍して愛の巣づくりに精出してるし(精を出す、だって。エッチー)、〈M〉さんは一晩のアバンチュールに忙しいし。
俺はいったい何をやってんだか。
悲しくなるぜ。

Beehive 〈S〉
2009/07/31 14:45
おめでとぅござぃます!!
もっと速くにいいたヵったです・・・。
で・・でおくれた!!!
本当におめでたぃですね!!
赤飯とヵ鯛とヵ食べないとですね。
でも私ぶっちゃけ言っちゃうと
結婚式って行ったことなぃから
どんなかんじなのかぜんぜんわからん
ですけどwwww
黒猫
2009/07/31 14:47
〈S〉くんへ

お前は禅問答で忙しいんじゃなかったの?(笑)
それより、どうして〈M〉さんのXデーがわかったの?
〈M〉さんは夕べ遅くに、ここの管理画面に入った形跡があるから、「一晩のアバンチュール」にはなってないと思うけど?
〈K〉

〈S〉くんへ
2009/07/31 14:51
あたりまえだろ。
俺が首根っこ捕まえて、家まで連れ帰ったんだよ。
Beehive 〈S〉
2009/07/31 14:53
黒猫さんへ

コメントありがとうございます。
「結婚式」と呼ばれるものはやりませんでした。
もう一緒に住んでましたからね。
でも黒猫さんが将来結婚する時には、きちんと式や入籍を済ませてから同居したほうがいいと、親御さんに言われるかもしれませんから、僕らのやり方はあまり見習わないでくださいね。
〈K〉

黒猫さんへ
2009/07/31 17:43
〈S〉くんへ

シバタが〈M〉さんの再会の現場に居合わせたの?
あの、よく話が見えないんだけど。
どういうこと?
〈K〉

〈S〉くんへ
2009/07/31 17:48
別に、居合わせたわけじゃないよ。
邪魔したわけでもないし。
偶然半分、強引半分の経緯があってね。
これは近々ブログネタにするつもりだから、詳細はここでは言わない。

というわけで、〈M〉さんとは今ちょっとギクシャクしてるから、〈K〉さん、僕らの間に入ってうまくとりなしてね。
よろしく。

Beehive 〈S〉
2009/07/31 17:56
〈S〉くんへ

> 〈M〉さんとはギクシャクしてるから、
> 僕らの間に入ってうまくとりなしてね。

またかよ。
お前と〈M〉さんは、いつも俺の知らないところで、面倒くさいことになってるなァ。
頼むから仲良くやんなさいよ。
子どもじゃないんだから。
でも、近々公開されるわけだね、そのエピソードが。
楽しみにしてます。
わくわく♪

〈S〉くんへ
2009/07/31 18:01
別に首根っこをつかまれて連れ帰られたわけじゃありません。
シバタが勝手についてきただけです。
あ、でも送ってもらったお礼を言ってませんでしたね。
ありがとうございました。
でも頼んだ覚えはないから、夕べはさすがに礼は言えませんでしたけど。

Beehive 〈M〉
2009/07/31 18:15
〈M〉さんへ

あー、なんだか文面の感じが怒ってる怒ってる。
だんだん事情が読めてきたぞ。
それで、元カレとはいい感じで会えたのかな?
今度じっくり聞かせてね。
細かい事情はわからないけど、シバタもいやがらせのつもりでやったわけじゃないと思うから、やつの気持ちも汲んでやってね。
〈K〉

〈M〉さんへ
2009/07/31 18:21
こんばんはー。

バタバタしてて、コメント書きそびれていたら、なんか面白い展開になってますようで…。
ここは、後日を楽しみに触れないで置きます。

Kさん、この前フライングで言ってしまいましたが、入籍したいと心から思える方に出会えた事に、心からのお祝いを申し上げます。本当に、Kさんの幸せそうな心境が、嬉しいですし、二人で暮らす充実した生活を楽しんで下さいねb
詞に触れさせて頂けば、所詮過ぎさるのを気が付かないくらいの、必要だったけれど、薄い縁だったということでしょう。
その儚い縁の積み重ねが奥様との縁を慈しむコーティングになったのだと。

付き合う程に良さを感じるなんて、最高の褒め言葉ですねっ。
れま
2009/07/31 20:54
失って大切さがわかるものてありますよね
又去ったものは美しく思えるものがあります
とにかく おめでとうございます
今ある愛を大事にして育てていって下さいね
うさこも詩書くかのう
みうさぎとんとん
2009/08/01 09:44
れまさんへ

再度の祝福、ありがとうございます。
僕もそんなことより、〈M〉さんのXデーに、〈S〉くんがどうからんでるのか、〈M〉さんと〈S〉くんがなんでギクシャクしてるのか、そっちのほうが気になるんですけど。(笑)
あんまり突っつかないほうがいい?

僕のほうは入籍といっても今まで通りです。
昨日もお互い帰りが遅く、僕が深夜に帰宅しましたが、ヨメさんはまだ。
どうやら明け方に帰ってきたようで、今日はまだ彼女の寝室から出てきませんので、顔を合わせていません。
そろそろ起きてくると思うので、コーヒーでも入れてやろうかと思ってますが、朝の彼女は暴力的に不機嫌なので、とにかく当たらず触らずで、僕は午後からそっと仕事に出ます。
とまあ、こんな生活。
そんなに色っぽい毎日ではありません。
とにかくお互いに過剰に干渉しあわず、でも負担にならないことはやってあげて、あまりお互いを頼らない。
これが僕らの暗黙のうちの「仲良しのルール」となってます。
〈K〉


れまさんへ
2009/08/01 10:44
みうさぎとんとんさんへ

どうせ最後には失うのだから、最初から何も持たないようにしようというのが僕のモットーでした。
そしてそんな「執着しない態度」が自分らしさなのだと思っていて、それは今も変わりませんが、執着ではなく共に歩むことはできるかもしれない、と思いはじめたのが最近の心境の変化です。
ですから入籍早々で言うのも何ですが、もし相手がどうしてもまた一人になりたいと泣いて主張したら、残念ですけど「しばらくそうしてみようか」と言ってしまうような気がします。
もちろん長く続けることでしか見えてこないものもあると思いますので、今回だけは彼女という存在に多少は執着して、万一彼女が揺れたとしても、少しは〈S〉くんのカッコイイ強引さを見習って、「つべこべ言わずに俺を信じろ」とか言って押し倒してみるのもいいでしょうか。
いや、やっぱり僕は「こんこんとお願いして平身低頭」が向いてますね。(笑)

うさこさんの詩も楽しみにしてます。
〈K〉
みうさぎとんとんさんへ
2009/08/01 10:46
倉さん SMコンビ何とか修復してやってくださいよ!
私では、役不足で 力になれません。ゴメンなシバタちゃん、みっちゃん。何がどうしたのかふたりにしかわからないのですが、心配してます。
ほんとSMコンビになっちゃうよ・・・でも現実は逆なんだけど(笑)せっかく倉さんの結婚話で盛り上がってるんだからね・・・倉さんも立場上、微妙だとは思いますが・・・助け舟出してあげてください。
GTO
2009/08/02 00:23
GTOさんへ

「SMコンビ」。
うまいネーミングですね。
ご心配かけてすみません。
僕も何があったのか、聞いてないので知りません。
確かになんかギクシャクムードが漂っているようですが、よくあることです。(笑)
この二人は仲たがいも大事なコミュニケーションのひとつなので、こういう時はほっとくのがイチバンなんです。
GTOさんのところのコメ欄覗いたら、なんかシバタもそこはかとなく反省してるみたいだし、そのうち仲直りしますよ。
〈ほんとは怖くて近寄れないKより〉

GTOさんへ
2009/08/02 00:45
時々読ませてもらっています。
今回も暗い詩を・・・・・。
なんとおめでたい話ではないですか。
おめでとうございます。
これを機に真夏の明るい詩もお願いしますね。
Pochi
2009/08/02 12:39
ご入籍おめでとうございます^^。
貫いてきた主義も理屈も、変えてもいいと思える方に出会えたこと。
地球上の何処に居ても、別々の時間を過ごして居ても、お互い手を差し伸べあえる方であること。
過去を繰り返さずに、その関係を守りたい方であること。
とてもとても素敵ですね。
羨ましすぎて、目頭が熱くなってきました(笑)。
なお
2009/08/02 16:10
ご結婚、おめでとうございます。

おめでたい時に暗い詩、マッチしないけど、どうしちゃったのかな?

幸せな時には、何でも有り、なのかな?

末長くお幸せに。

ビオラ
2009/08/02 18:02
K様おめでとうございます。
結婚って一口に言っても、いろんな形があっていいと思うし、それを作っていくのは他ならないご本人たちなんだから、うんと幸せな毎日を送ってくださいね。  
魔女
2009/08/02 20:36
こんばんは^^

S君と末永くのため、ダミーとしての入籍かと
一応疑ってます・・・・^^;



GF
2009/08/02 21:17
お祝い代わりに^^

つかの間

ごめんよ
少しの間だ我慢してくれ
少しだよ・・・

君の汗の香りと
厚い胸
忘れるはず無いだろ

彼女に
ベッドの汗
気づかれないよう
お前が帰ったあと
洗濯に大汗かいた俺だ

忘れるはずない

GF
2009/08/02 21:19
兄さん わかってる
兄さんの痛みは
俺の痛みだ
そして痛みは いつしか
俺を 恍惚とさせた
初めての あの時も

汗ばむ秘密を 俺に預けて
兄さんは 彼女を抱け
俺は 待つから
ひたすら 信じて
汗の滴る あの約束を
あなたが俺を 引き裂いた
あの夜の 契りの咆哮を

〈S〉

(GFさんの祝詞への返歌にかえて)


Beehive 〈S〉
2009/08/02 21:27
Pochiさんへ

入籍の報告のわりには暗い詞ですみません。
〈S〉くんのご指摘どおり、照れ隠しの気持ちもあったのでしょうか。
新しい生活が始まるというより、これまでの生活にピリオドを打つ、という思いがあります。
そしてそれはたぶんヨメさんも同じで、ちょっとした溜め息をついているかもしれません。(笑)
次は明るい記事を考えます。
〈K〉


Pochiさんへ
2009/08/03 00:30
なおさんへ

なおさんのコメントに「そうか、そういうことか」と襟を正す思いです。
お互いが風来坊で、結婚に向かないタイプと言われてきましたが、世間一般の結婚の形にとらわれず、お互いにとって心地好い場所をつくっていきたいと思います。
コメント、ありがとうございました。
〈K〉


なおさんへ
2009/08/03 00:31
ビオラさんへ

なんででしょう。
暗い詞になってしまいましたね。
でも「これまではこうだった」という話です。
これからはこうならずに変わりますよ、という気持ちがあります。
大人になりきれない自分に、そろそろ引導を渡したいというところでしょうか。
まあ、口で言うのは簡単ですよね。
〈K〉


ビオラさんへ
2009/08/03 00:32
魔女さんへ

形に縛られないことを優先するあまり、これまでの僕はずいぶんいい加減なことをしてきましたが、そろそろ何かに縛られてみるのも悪くないかなと思いはじめています。
でも、僕より少しだけ若いヨメさんは、自分の選択にまだ半信半疑のようですので、「まあいいか」と完全に諦めがつくまで、根気強く囲いこんでいこうと思います。(笑)


魔女さんへ
2009/08/03 00:33
GFさんへ 〈S〉くんへ

まずGFさんに。
僕の気持を代弁してくださってありがとうございました。(笑)
僕の〈S〉くんの気持ちをあれだけ吐露してきたのですから、今度の入籍報告ではもう少し「偽装結婚だろ」という突っ込みが欲しいところでした。
さすがGFさん、よくぞご賢察くださいました。


それから〈S〉くん。
ダメだろ、こんなところで俺たちの秘密を明かしちゃ。
「限りなく怪しいけど、真相はわからない」という微妙なラインが俺たちの売りなんだから。
思いは秘めれば秘めるほど深くなるんだ。
わかるだろ。
〈K〉


GFさんと 〈S〉くんへ
2009/08/03 00:39
ほんの時たましかお邪魔しないものには、前後のいきさつはさっぱりわかりませんが、とりあえずご結婚おめでとうございます
末永くお幸せに・・
それにしても、ブログでの入籍発表にはじめて行き会いました (^∇^)ノ
風子
2009/08/03 09:26
こんにちは。^_^;
Sくんの病室で初めてKさんとお会いできて、ようやくビジュアルでお二人の睦み合いをイメージできるようになったのに、Kさんはご結婚とのこと、残念です。(笑)
Mさんに言わせると、KさんとSくんのカップルは「濃すぎ」ということですが、マグロ的には絵に描いたような二枚目ヤオイ系で、噂の平井堅&織田裕二カップル以上のインパクトでイケてると思いましたが。
ってすみません、お祝いのコメント入れるはずが、ちょっと上のGFさんとSくんの刺激的な詞を拝見したら、頭がトンでしまいました。
Kさん、どうぞ末永くお幸せに。
皆さんに慕われるその穏やかさと大きな器は、きっとそばにいる人をも幸せにすることと思います。


マグロ
2009/08/03 12:04
風子さんへ

ご訪問ありがとうございます。
「前後のいきさつ」なんて、何もありません。
いきなりの入籍報告です。
ただ、この報告以前にこのブログ上で、ブログメンバーの〈S〉くんと僕との間にちょっとしたゲイ疑惑がありましたので、今度の入籍を「偽装」ととる向きがなきにしも、というだけのことです。(笑)
僕らのブログはたまに続きモノもありますが、基本はゲリラ的にご訪問いただいてもいいような、読み切りの記事をバラバラとアップしておりますので、またのご訪問をお待ちしております。
こちらからもお邪魔しますね。
〈K〉

風子さんへ
2009/08/03 13:20
マグロさんへ

その節は〈S〉くんの見舞いに来ていただき、ありがとうございました。
「ブログのイメージとちがう!」と言われたので、マグロさん、一体僕に対してどんなイメージをお持ちだったのかと思いましたが、あえて聞きませんでした。
どうせ「もっと知的なタイプかと思った」とか言うんでしょ。
すみませんね、思ったより遊び人風で。(実は〈M〉さんから聞いて知ってる。)
僕と〈S〉くんの関係については、お互いに関係を持つことを「やぶさかでない」と思いつつも、「リードするのはどちらなのか」「どちらが男役なのか」というメンツの問題で二の足を踏んでいたのですが、〈S〉くんの上のコメント詞を読むに僕のほうに花を持たせてくれたようで、それを彼なりの祝意と受け取ることにします。
そういうことなら。
いつでもいいぞ。
俺は。

マグロさんへ
2009/08/03 13:21
ご結婚されたのですね!
おめでとうございます
心よりお祝い申し上げます。
どうぞ幸せなご家庭を
eri
2009/08/03 17:34
eriさんへ

祝辞を賜り、ありがとうございます。
結婚というより、同居していたカップルのただの入籍です。
これまで通りルームシェアをしながら、お互いのテリトリーを尊重しながらやっていきたいと思います。
ご訪問ありがとうございました。
〈K〉

eriさんへ
2009/08/03 19:33
ちょっと照れは感じますが(笑)、
暗くはないですよ。

何かを得ると、何かを失う。
そんな気持ちが、胸の奥で小さく隠れていて。
天秤に掛けるものではないけれど、つい。
そんな気持ち・・・

そんな気持ちです。
あれ?私の気持ちじゃなかった。(笑)

遅れましたが、おめでとうございます☆
奥さまを、友人を、そしてご自身を大切に。
vino_seco
2009/08/04 23:41
祝辞を賜りまして、ありがとうございます。

そう、詞の暗さを照れ隠しと揶揄されましたが、それだけでもないのは、vino_secoさん、あなたならわかってくれそうですね。
もう若くはないという、ある種の諦念のようなもので、その諦念も必ずしも不快ではない。
誰もが選ぶありふれた成り行きに気恥ずかしさを感じつつ、ありふれていることを嫌う程もうやんちゃではない自分に、感慨深く頷いてるだけです。

そんなことより、うちのやんちゃ坊主の〈S〉くんと、和製A・ジョリーのセクシー人妻〈M〉さんとの間に何があったか聞いていませんか?
何やらアンジーの元カレ再会の場にやんちゃ坊主がマジで乗り込んだようなことを小耳にはさんだのですが、誰かー、真相を知ってる人ー。
この二人は人のブログのコメント欄で丁々発止のやりとりを繰り広げるので、時々僕より訪問者の方のほうが事情に詳しいんですよね。(笑)
〈K〉

vino_secoさんへ
2009/08/05 16:14
え?乗り込んだんですか?
どこまでがホントでどこまでが空想なんだか。(笑)

しかし、おたくのやんちゃくん。私にまで、軽々しい行動とるなとか、まさかお前も昔の男系と会ったのかとか・・・釘を差しに来ます。
弱っていたから、ちょっと控えてたらコレです。
そろそろお見舞いしてやろうかと思ってます。サンドバッグに一発!
vino_seco
2009/08/08 00:17
vino_secoさんへ

あら。あらら。
うちのやんちゃ坊主、vino_secoさんのところでも狼藉をはたらいていますか。
こわいもの知らずだなー。
(この言い方のほうが、よほどこわいもの知らずと言われそうですけど・笑)
実物の彼はそんなに悪い子じゃないんだけどなー。
彼は野獣クンのように見えて、女性が危ないことをするのをとても嫌うフェミニストなので、きっとvino_secoさんや〈M〉さんのことを心配してるだけなんだと思います。
でもねえ、優しく「危ないよ」と囁けばいいのに、「どうしてそんなことをするんだ! 危ないじゃないか!」と女性を叱りとばすので、自立志向の女性たちからは「うるせえ、ほっといてくれ!」と怒られてしまうわけなんですよ。
器用なんだか不器用なんだか。(笑)
〈K〉

vino_secoさんへ
2009/08/08 01:11
◆<K>さんへ

シバタくんとは、「ブログのコメント上で」ではありますが、まあ、なんとか仲直りしました。
ご迷惑・ご心配をおかけしました。

実際に歳も上で、彼に対してお姉さんぶってる私ですが、そのわりにはいつも彼の調子にのせられて、気づけば同じ土俵で同じ目の高さでやりあってしまう。
もう少し彼と上手につきあっていく方法はないものかといつも思うのだけど。
私に「おとなげ」というものが足りないのでしょう。

でも、彼って不思議ね。
なぜだか、とても人をムキにさせる。
人の感情を激しく揺さぶる。
ものすごく愛おしい気持ちにさせるかと思うと、
ものすごく憎らしい気持ちにさせる時もあり、
ものすごく怖い気持ちになる時もある。
こういう強烈で厄介な人は、シバタの他に私は知らない。
なんというか「魂に勢いがある」存在。
だから、私は彼といると、自分のエネルギーがすべて彼に同調していくようで、とても怖いのですね。

こんな彼と今後もいい関係でやっていくには、やはり倉さん、ひとえにあなたという仲介役が絶縁体となってくれないと、いいバランスが保てません。
いつも仲違いしてばかりで厄介な弟と妹ですが、どうぞこれからも私たちを見捨てず、仲介しつづけてください。

私は本当にシバタのことも倉さんのことも、人として心底好きなのです。
<M>
Beehive <M>
2009/08/16 01:50
<M>さんへ

ごていねいに報告をありがとう。
あなた、えらかったね。
そして優しかった。
シバタのあの記事、見るからに露悪的で、やぶれかぶれの開き直り。
「Mさん、ごめんね」でまとめてるけど、「読み人のひとりごと」ではなくわざわざ「言い分」と題してるあたり、かなり<M>さんに当てつけてるように見えた。
でも、コメントを読んでいくと、彼、痛々しいまでに反省して自己嫌悪に陥っていたんだね。
やることや言うことと、実際の気持ちとがうまくかみあってないところがあるから、あいつはわかりにくいところもあるね。
でもそれを俺たちが常に先回りして理解してやる必要もないと思うよ。
人は、そいつが発したこと以上のものは、相手から引き出せはしない。
シバタだってそれがわかっていて、わざと露悪的にふるまって、訪問者やあなたから罰されたかった。
そんな気持ちがあったのかもしれないね。
というより、そうだろ? あれ。

それにしても<M>さん、さんざんだったね。
腕をねじりあげられたって本当?
ボディチェックだと?
そのことだけはかんたんに許しちゃだめだ。
今度、ちゃんと謝らせよう。
あのガタイの、あの腕力でそんなことされたら、こわかったでしょう。
俺だってこわいよ。そんなことされたら。(笑)
Jさんは、このブログ、見たりしないの?
<K>

<M>さんへ
2009/08/16 02:41
◆<K>さんへ

ご心配ありがとう。
Jクンは見ないの。このブログ。
ブログやってるのは知ってるけど、タイトルとかURLを聞かれたことないし。
「そんな、妻の日記を覗き見るようなことはしないよ。見たくもないし」とか、かっこいいこと言ってる。
でも、メンバーにシバタくんがいるって知ってるから「シバタくんとウェブ上エッチとかやってるんでしょ、どうせ」とか言われてる。(笑)
実際よりよほどハレンチなブログを想像されてるわね。
だから、見られてもぜんぜん平気。
今回のことも、シバタくんとのゴタゴタは話してないけど、急に連絡が来て元カレの仕事を見にいったことはそれとなく話しちゃった。
シバタに「Jさんに話すぞ!」なんて、まるで弱みを握られたかのような言われ方されないように、先手を打っといた。^^
でも「へえ、なつかしくなったんじゃないの、きっと」って言われただけだった。
そんなもんなんだって。(笑)

※つづく
Beehive 〈M〉
2009/08/16 14:35
※〈K〉さんへ つづき

今度みんなで会ったとき、シバタのこと、あんまり怒らないでね。
腕をねじられた、なんて大袈裟だよ。
私が勝手に暴れて、肩だか腕だかをどこかにぶつけただけ。
変なことはされてません。でも、あの記事じゃ、まるで私が乱暴されてメソメソ泣いたことになってて、そんなふうに書かれたのが屈辱。(怒)
ちょっと泣いたけど。(苦笑)
だって。
まあ、いいや。
シバタくん、確かにいつも乱暴だけど、実際に危害を加えられたことは一度もないです。
彼の名誉のために言うけど。
ただ、なんというか、何事も力づくというのが、ちょっと苦手。
ああいうことされるのが好きな女性もいるかもしれないけど、私はどうしても慣れないわ…。


Beehive 〈M〉
2009/08/16 14:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「宵待草」 詞人集団 Beehive/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる