詞人集団 Beehive

アクセスカウンタ

zoom RSS 「夕立ち」

<<   作成日時 : 2009/08/24 12:36   >>

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 110

画像 夕立ちのにおいが 連れてきた 
 しめった自覚症状
 うぬぼれてないと うぬぼれていた
 その陽気さは あとのまつり

 ごうごうとたなびく雨雲は
 口ほどにもない厭世感
 ひきかえす気力はないけれど
 嫌われる理由も うわの空

    お互いに知ってることを
    せーの、で 出しあってみようか
    破片だから痛かった
    そのとんがりは 復元で丸くなる

    ほんとうはこっちを見てたでしょ
    知ってたけど 知らないふり
    気づいてあげない意地悪で
    あなたの気をひきたかった

<M>


読み人 MICHIO のひとりごと 

後日談をするつもりはなかったので、ちょこっとだけ。
もうずいぶん以前のことになりますが、久しぶりに再会した彼とは、首尾よく会えました。※「再会」 〈M〉version参照
(まあ、その前後、ちょっとしたゴタゴタはあったけど。笑)
その彼が私に見せてくれたものが、何か善意だけとも受け取れない、忘れていた「痛い部分」にまつわる作品だったので、用意していた懐かしい笑顔も上手につくれず心残りはありますが。
深いところは追求せずに、当たり障りのない会話でまとめて、うまいこと逃げ帰ってきました。
よくやった、私。
そう自分を評価して、もう終わらせます。
これでいいのか。
これでいいのだ。
もう駆け引きなどというものと無縁で生きているつもりだったのに、本音で問いかける青臭さが照れくさくて、つい何事も「都合良く」考えて、そうでない場合の現実からは目をそむけて、何も怖れてないさまを装う。
そうまでして傷つきたくないほど、傷のないつるつるの心なのか、自分。
そう自問しつつ、すっきりしないことはすべて忘れて、今日も体裁を大事に、「おはようございます」と感じよく仕事をはじめよう。


先週末は〈S〉くん主催の「退院祝い」でした。
〈S〉くんが、学生時代からお世話になってる大久保の韓国食堂のおかあさんと一緒に、二人でいっぱいご馳走を作ってもてなしてくれました。
料理上手の二人がつくるご馳走はどれも驚くほど美味しく、おなかいっぱいいただきました。
集まったメンバーはBeeの3人と、共通の友人の総勢6名。
このメンバーで集まったのは久しぶり。
楽しかった。
やっぱり一緒にいて楽しい人たちと――駆け引きも、怖れも、覚悟も必要のない人たちと――囲む食卓を大事にしよう。
自分にとって大切で必要な人たちは、過去にも未来にもなく、今ここにいる人たちなんだと思います。




    わかりゃいいんだよ。   〈S〉


    うん、わかったよ。  〈M〉


    あれえ、素直じゃん。  〈S〉


    そのくらいにしとけ、シバタ。  〈K〉







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(110件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは^^

>もう駆け引きなどというものと無縁で生きているつもりだったのに…

落ち着くところに落ち着いているから『あり得ない』と思っていたのに…っていうやつですか。
これ 分かるような気がします。。

私も自分の中に眠っていた 女が顔を出した時戸惑っちゃいました。
そして そんな自分に笑っちゃいました。

>うぬぼれてないと うぬぼれていた
期待してないけど期待してる
準備なんかしてないけど準備してる

気を引いてどうするワケ?
ワケなんかわからないけど そういうそぶりをしてしまう。

うん。

何にも必要ない関係に慣れちゃってるから
刺激を求めてみたくなるのかもしれませんね^^

そんなこんなあっても受け止めてくれる旦那様やKさんやSさんがいるから ちょいと冒険に出かけられるのかもしれません。

大切な人たち。
大切な時間。

再会も退院祝いも全て 良かったですね(^−^)
ごん
2009/08/24 15:05
こんにちは

再会というと
私も再会の チャンスがあったなら
どうするつもりだろう・・と自問自答

いいことを夢見て
へんなことには 蓋をして
会うかな・・・???????

時間が許してくれる丸さもあるけれど
時間が経っても 変わらない頑固さも
あるとおもえるので
その辺は やっぱり 天秤にかけてしまいそうです

駆け引きや てんびんなしで
素直に炒られるのが一番心地よいとは思っても
何かに 引っ張られるように
その場所に 走ってしまう・・・という
複雑さは理解できるからこそ
心配もつきまとう ような気がしています

金の鈴 銀の鈴
2009/08/24 15:08
こんにちは。
Beehiveの皆さん、
珍しく絵文字使ってますね〜(カワイイじゃん!)

先日は、飲み会からの
HNABIの記事への投稿
嬉しかったです。

素直のままの、
皆さんの空気間がリアルに
感じられましたよ。

  Mさんへ、
 ”すっきりしないことはすべて忘れて、
 ”今日も体裁を大事に、「おはようございます」
 ”と感じよく仕事をはじめよう。
  ↑
 そうよ、人生は、すっきりしないことだらけ、
 なにごともなかったように、感じよく
 「おはようございます」と今日も始める、Mさん、
 大人の正しい選択と思うよ。
 というか、忘れることも、新しいものが入る余地
 を作ることだよね。。
 
きらり
2009/08/24 15:17


    nice (*^.^*)。
└|∵|┐高忠┌|∵|┘
2009/08/24 17:18
こんにちは。
いろいろあっても、明るい挨拶とともにお仕事をはじめる・・・。
Mちゃんのそんなオトナな部分が好きです。
みんないろいろあるんだな。
でも、そういうものを心に秘めて、涼しい顔で日常を生きる。
そういうものなのかもしれませんね。

でもSくんとも仲直りできたし、Kさんも目と鼻の先にお勤めだし。
すてきな仲間に囲まれているのは心強いですね。
Mちゃんは、昔からオカマちゃんに好かれますが、(しかもすごく口の悪い人たちに)、あの人たちは「ブスが嫌い。でも女々しいオンナも嫌い」という難しい人たち。
そんな彼ら(彼女たち)に好かれるというのは、あなたが女性としての凛とした美しさを保ちながらも、男前な潔さと責任感を持っているからだと思います。
「受けて立つ」という強さといったらいいのでしょうか。
女性として傷つくこともいっぱいあると思いますが、そういう部分を心に秘めて、強さを優しさに変えていける。
そんなMちゃんから、私たちはこれからも目が離せないと思います。
味わい深い詞を何度かなぞりながら、あなたの心の襞を覗いたような気持ちになりました。

マグロ
2009/08/24 17:22
◆ごんさんへ

いったいどんな感情が渦巻いているのか当人にもわからないような、この散漫な詞と記事におつきあいいただき、ありがとうございます。
私自身、どう結論づけていいかわからなくて、すっきりしない気持ちのまま書き連ねてみましたが、結果的には「これでよかったのだ」と思っています。
「駆け引きとは無縁な地平で」というのは、たぶんすべてを受け入れることかな、と思っています。
だとすると、拒絶することも過剰に踏み込むことなく、ただ相手が差し出すものを見て、余計な解釈をせず、淡々と「お久しぶり」と言い、「お誘いありがとう」と礼を言い、それで帰ってきた私は、たぶんもう一度チャンスがあったとしても、これ以上のことは出来なかっただろうと思います。
彼も表面的にはとても感じがよく、私の「なぜ」に踏み込まずに、また呼び出した動機にも触れずに、大人な挨拶にこたえてくれました。

そんな、ちょっと腑に落ちない再会の直後だったからかな。
〈S〉くんの感情丸出しのストレートな反応には、同じ人類とは思えないような差を感じてビックリしましたが、腹を立てながらも心のどこかで「こういうわかりやすいほうがずっと気持ちがいい」と思ったような気もします。(笑)
だからって、ボディチェックはもうごめんだけど。

Beehive 〈M〉
2009/08/24 19:48
◆金の鈴 銀の鈴さんへ

もう駆け引きはなし、と決めていたので、会いに行ったことは後悔していません。
私にとっては、「会いません」という拒絶の意思を示すこと自体が、何か駆け引きめいた細工のように思えたので、向こうがどんなつもりでも淡々と話を聞き、見せられるものを見て、「すべてを受け入れる」というとりつくしまのなさで、相手と自分の境界を守ろうと思っていました。
ガラスの障壁のように頑張れば、きっとそれを破ろうとする力と破られまいとする力とでまた拮抗が生じ、また闘いがはじまる。
だから自分は「のれん」のようなあり方を守ろう、とそう思っていました。
そういう意味では、見事にのれんでいられた自分に拍手を送りつつ、心の底でわきおこる「なぜ」「なんのために」「どういうつもりでこんな」という思いを、無理に押し殺しています。
でも、人にはきっと、その本人さえコントロールできない心の経緯というものがあるのだから、彼にも彼の、説明できない心の経緯があったのでしょう。
それを受け入れて、あまり意味を考えずに、ただ終わったことは忘れる。
そんなふうに決着をつけた自分を、「ほら、こうしてまたいろんなことにフタをしていくのね」という思いで眺めつつ、そんな思いすらフタをしていく私は、かなりの世渡り上手のようです。(笑)

Beehive 〈M〉
2009/08/24 19:51
◆きらりさんへ

絵文字は、〈S〉くんが使ったのにこたえて私が使ってみたら、そのあとにまた〈S〉くん、〈K〉さんがそれを踏襲してコメントをつけてくれて、こんなふうにカワイイやりとりになりました。
Beeのみんなは私も含めて、相手のパターンを読んでそれに続くのがとてもうまいような気がします。
ブログ全体の運営に関しても、「こんなふうにしましょう」というきちんとした話し合いはなくとも、誰かがやった形に相乗りしたり、その形をさらにアレンジして発展させたりして、それなりに統一感が出てくる感じが、手前味噌ではありますが「やるじゃん」とほくそ笑むこと多し。
実際に顔を合わせると相性はイマイチな私たちですが(笑)、ここでのやりとりには、けっこう息の合うところを発揮していると思うのは私だけでしょうか。

「人生はすっきりしないことだらけ」。
そうなのでしょうね。
そういう不純物を心の底に澱のように沈ませて、なるべくかきまぜず、どれだけ自分だけでそっと解決していけるか。
騒がず、やつあたりせず、誰の胸も借りず、乱れた気配さえ感じさせず、笑顔で処していく。
それが「強さ」と呼ばれるものなのだろうと思います。
でも、それほど強くない私はこんなふうにブログでちょこっと垂れ流し。
このくらいなら許されるかしら。(笑)
いえいえ、それ以前に、楽しい仲間たちと囲む陽気な宴に、「思い悩むことは何もない」という元気をもらえました。
そう、今回はそういう記事なんです。

Beehive 〈M〉
2009/08/24 19:53
◆高忠さんへ

なんか、自作の気持ち玉みたいなコメント。(笑)
かわいい。(^o^)
いつかは私を「満々と水をたたえたプール」に例えてくださって、ありがとうございます。
そんなプールもときどき無駄に波立ちますが、「波風立ててやりたい」という相手の思いには、きちんと応えて波を立ててやることも、人として誠実な態度なのかもしれません。
そして、波立った思いを相手のせいにせず、「自分が勝手に波を立ててみただけ」という態度で処していければ、きっとどんなやりとりも、相手をなじることなく通り過ぎていけるのでしょうね。
それがなかなか難しいのでありますが・・・。

Beehive 〈M〉
2009/08/24 19:54
大事にしないといけないのは、
今、一緒にいる人たちですよね。
僕には、子どもたちだね。
子どもたちに支えてもらっている、きっと。

関係ないけど、思い出したことがある。

もう、十何年も前のことだけどね。
離婚した後に、
前に付き合いのあった人と、
遠くであった研修会で偶然再会した。
ほんとにすごい偶然。
泊まりの研修会だったから、
二人で酒を飲み、
最終日は、研修サボって一緒に帰った。
彼女は、もう一度会いたいと言った。
僕は、ちょっと迷ったけど、
それは無理、と断った。
また、付き合いが始まることが恐かった。
会えばまたずるずると・・・
僕には、責任が持てない。
持つつもりがなかった、ってことだけど。
もう、付き合うってことは、
結婚するってことと同義に考えないと、
いけない年齢だし、向こうももういい加減。
そこまでは、僕には・・・

そんな再会。

懐かしいけど、なんかね。

  それでよかったと思う・はげおやじ・より
はげおやじ
URL
2009/08/24 19:54
◆マグロさんへ

「受けて立つ」。
いい言葉だなあ。
そうでありたい。
でもね、私の「受けて立つ」は、けっこう女々しい処世術の延長なのよ。
私はモラルの問題ではなく、世渡りという点から、「加害者になったら損。被害者であるほうが得」という考えを持っています。
だから負けたくない時には、とにかく矢面に立つ。相手に殴らせる。やらせるだけやらせ、気の済むまで言わせ、受け身に徹する。
こういう方法で、自分だけ非のうちどころのない被害者になりすまし、相手を悪者にし、その悪者すら庇ってみたりして、相手の上に立ったような錯覚の上に胡座をかいて溜飲を下げるの。
殴った側より殴られた側に世間は味方するし、自己嫌悪にも罪悪感にも苛まれずにすむ。
これは我ながら実に女性的で姑息な手段だと思いつつ、もう習い性になっている私の悪い癖。
今回、再会した彼の意図に踏み込まなかったのも、ケンカした〈S〉くんに対して沈黙という態度をとったのも、すべてはそういう私の悪い癖が出ただけだという気もします。
本当はね、きちんとムキになって、「せーの」でお互いの破片を集めて復元し合えば、もっと対等に理解しあえる部分もあるかもしれないのにね。
臆病で、こずるくて、世渡りばかり上手になっていく私ですよ。(-_-)

Beehive 〈M〉
2009/08/24 19:55
女はいくつになっても女でいたい気持と…
同じ所に留まっていないぞっ云う向上心の
間でヤジロベーやってる生き物(笑)
〈M〉さんの詩を読んでたら、そんなフレー
ズが浮かんで来ました(#^.^#)

人は臆病だから生き抜いてきた面もあるので、
自分が築いて来た道しるべの上にある方法な
ら間違い何て事はない気がします(^_^;)
れのん
2009/08/24 20:09
◆はげおやじさんへ

はげさんの謎に包まれた半生のエピソード。
貴重だわあ。
そんなこともありましたか。
そして、私にはなかなか胸に響く話。

慌ただしく、核心にふれたやりとりのできなかった短い再会に、なんとなく消化不良な気持ちが互いにあったのか、「今度ゆっくり飯でも。連絡ください」という言葉をもらって、適当に頷いて別れましたが、もうさすがに会うまいと思っています。
変に頑なな態度で拒絶はしたくないけれど、「もうキリがないからね」という言葉ですべてを終わりにさせてもらおう。
お互いの日常は既にかけ離れたところにあるので、彼が言いたかったことも、私が言ってあげたかったことも、すべてはどうせ過去のことについてです。
呼ばれて、それに応えて会いに行ったことで、もうわだかまりを持ってないのは伝わったと思う。
だから、もうこれで「終わりっ!」と、ひょうきんなポーズとともに自分を納得させました。
今の友人や家族を大事にしないとね。
ほんと、それに尽きると思いました。
それに気づかせてくれたあの人やあの人に感謝しつつ。
面と向かって御礼は言えないけれど。

Beehive 〈M〉
2009/08/24 20:12
いい詩ですね!なんか川柳みたいな感じが、素敵です
私も夕立の匂い・・・大好きです。あまりいい思い出は無いですがね!

仲直り良かったですねあまりシバタをいじめないでくださいね!
シバタも今後の行動はわきまえると思うしね!
でもね あんなことしたシバタ・・・私は好きです。
もちろん みっちん 倉さんも好きです。
これからも 仲良くしてください。
GTO
2009/08/24 20:22
◆れのんさんへ

すてきなコメントありがとうございます。

「自分が築いて来た道しるべの上にある方法なら間違い何て事はない気がします」。

こずるい私の「のれん」作戦と、それを少々自己嫌悪とともに見つめていることについてフォローしてくださったのでしょうか。
嬉しい言葉です。
何事も、自分のとらなかった方法にも分があるように思えてしまう私は、いつでもどこでもヤジロベーです。
体はひとつだけだし、現実も一とおりしかないのだから、どれだけたくさんの選択肢を思いついて悩みあぐねても、選べる結果はひとつだけ。
だとしたら、自分らしい慣れたやり方を選んだことについて、くよくよしても始まりませんよね。
そう、それにね、私はそんなくよくよも私らしさだから、もう克服は諦めているのです。(笑)
「信念のある」「迷いのない」人って、それはそれで立派だけど、間違った方向に行ったときに、その信念がもう誰にも止められない頑固さに変わりそうで、それもこわいですもん。
だから、たとえ間違いだらけで、ずるさにまみれていても、それを自覚してる自分を最後の砦にして、己れを赦していきたいと思います。

Beehive 〈M〉
2009/08/24 20:24
◆GTOさんへ

なんか、いいわー。GTOさんのコメント。
今回、なんだかモヤモヤした気持ちのまま、「どんな記事にしようか」という明白な意図もなく、自動筆記のようになりゆきに任せて書いた記事だったので、我ながら「着地点のはっきりしない記事だわ」と思ってまして。
そのせいか、いただいたコメントへのお返事も、どこまでも抽象的に、観念的になりそうで「困ったわ・・・」と思ってたのです。
でもGTOさんが持ってきてくれた空気に、深呼吸させてもらった感じ。

シバタくんとの仲直りを祝福してくれて、ありがとうございます!
私は普段はなるべくケンカしない主義。
ずるいまでに自分の本音をかくして、相手に言うだけ言わせ、やりたいことをやらせ、「のれん」に徹することで同じ土俵に立つことを極力避けようとする処世術を持っているつもりなのですが、シバタに関してはなぜかそれができない。
あっというまに焚きつけられて、同じ地平に立って、わあわあやりあってしまいます。
なぜなの!?
言われたことや、やられたことより、いつもシバタのテンションにのせられてしまうことが悔しいのです。
ちっくしょー。
でも、サムゲタンもサムギョプサルもチヂミも美味しかったから許す!
これからも時々、怒ったふりしてご馳走させよう!


Beehive 〈M〉
2009/08/24 20:39
難しい詩でした(笑)
いつも言葉の無い世界で遊んでいると、言葉のニュアンスがつかめなくって。。ごめん(笑)
思うんだけど、自ら居心地の悪いところへワザワザ行くこと無いんじゃないの。。仕事では仕方ないことだけど
だから仕事以外は自分にとって居心地のいい場所や人がベストだと思うよ
楽しいことを楽しむのが幸せってモンだと思うよ
単純にいきていると楽だよ
おばさんはいつもそう思っている あちゃ(笑)
コケ魔女
2009/08/24 20:46
◆コケ魔女さんへ

「自ら居心地の悪いところへワザワザ行くこと無いんじゃないの」。

そうですよね。
でも、あんなに居心地の悪いことになるとは思わず…。
単純に懐かしい気持ちもあって、それで出かけていったのですが、そこで見せられたものが、あまり気持ちのいいものではありませんでした。
それもまあ、私の「悪くとりすぎ」なのかもしれない。
そう思って、表面的には笑顔で再会を喜び、「こんな内容だとは思わなかったけど」と多少の本音ものぞかせつつ帰ってきました。
あれは意地悪だったのかな…。
ちがうよね、ただ単純に感想を聞きたかっただけだよね。
そんなふうに彼を庇ってしまうのは、私がお人好しなのか、自分が傷つきたくないだけなのか。
何にしろ、これが自分のことではなく親友の話だったら「バカね、あんた!」と一笑に付したことでしょう。

Beehive 〈M〉
2009/08/24 20:58
知らない間に何やら事件があったようですね。
それにしても子供の頃のけんかはすぐ仲直りができたのに、大人になってからのゴタゴタの解決はなんと難しいものか。
それぞれ生きてきた背景が違うから仕方ないんだろうな。
大人になると表面上の付き合いが必要になってしまうからこそ、本音でぶつかれる友達は大事にしたいなあ。
nodoka
2009/08/24 21:20
良かった♪良かった♪
素晴らしい友人に恵まれて、暖かな家族に恵まれて、元カレの入る隙間などありはしないのです。ね。
昔の想いがよみがえるけれど、それは昔のこと。今の自分と昔の自分を同じ目線で見ないでくれる(怒!? と、最近起こった私の出来事で感じました。
相手にとって、私との時間は止まっているけれど、私の時間ではものすご〜く過去のも。
そうやって、古い粗大ごみと一緒にしちゃいましょう★
てぽてぽ
2009/08/24 22:59
う〜ん、こんなに真剣に自分と向き合っているMさんってすてきだな。そうなのね、うんうんって読んでいる。
言葉をすごく大切になさっている。
>夕立ちのにおいが 連れてきた
こういう出だしってすきだな。俳画のような待遇の関係で...いろいろ想像しちゃう。
そっか、退院祝いをみなさんでね〜いいないいな。こんあ仲間のあることが最高ね。わたしはもう遠い昔にそんな人間関係を失ってしまった。今、学校という職場はみんながよそよそしい。だれも心の中を覗かせない。昔の仲間、鬼籍に入ってしまった人が多い。なぜに早死にするのかな。ね。いいよね。こんな仲間...大切に。 
ののはな
2009/08/24 23:03
>自分にとって大切で必要な人たちは、過去にも未来にもなく、今ここにいる人たちなんだと思います。
過去はすでに過ぎてしまった昨日の事。
未来はまだ、来ても居ない明日。
過ぎ去った日々をどうにかしようとしても、どうにもならないし、来てもいない、明日を心配してもしょうがない。

私も、再会してみたいと思いますよ。ちょっとね(笑)
ブルー・ブルー
2009/08/25 00:24
みっちゃんがシバタに対してそれだけ心を許してるって事でしょうね。だからそんな自分が悔しいのでしょうね!?

いままでの詩の内容から考えれば シバタに対しての感情が他の方とは明らかに違うように感じます。

シバタもそんなみっちちゃんの”思い”だけで我慢できればもう少し対応が違うのだろうけどいまだに恋愛感情を引きずってるからな〜わかってるけど押さえられない気持ちが、行き過ぎるから・・・そんな二人の思いとか やり取りが、私は好感が持てますよ! 

あまり書くとまたシバタが怒るから・・・この辺にしておきます。
GTO
2009/08/25 08:45
◆nodokaさんへ

大人になってからのゴタゴタ。
ものわかりのいい人たちに囲まれているうえ、ゴタゴタをかわす逃げ足の早い私には、久しぶりのトラブルでした。
しかも子どものケンカのレベル。(笑)
いい歳していったい何をやってるのでしょうね。
〈S〉くんにはいつも自分の中の子どもっぽさを刺激されてしまいます。
他の人にはもう少しオトナにふるまえるのになー。
まだまだ修行の足りない私です。

でも何があっても、わいわいと集って笑顔を交わすだけで仲直りできちゃうこの単純さも、子どもならでは。
そんな子どもっぽさはいつまでも持ち続けたいなと思います。


Beehive 〈M〉
2009/08/25 12:20
◆てぽてぽさんへ

「相手にとって、私との時間は止まっているけれど、私の時間ではものすご〜く過去のもの」。

そういう部分はありますね。
そしてそれは相手にとっても同じはず。
私が知ってるつもりでいる相手はもう過去のものだから、彼がどんな経緯でどんな思いから何を伝えたかったのかは、もはや私が推測することはできない気がします。
だから、あれこれ思いを巡らせて、良く考えたり悪く考えたりせずに、「元気でいてくれればそれでいい」と、目に見える事柄だけを確認して終わりにしますね。
大事なのは私も彼も他の人も、みんなそれぞれ自分の時間を生きていて、そこには正しいも間違いもなく、ただなりゆきと、それなりの一生懸命があるだけ。
そう考えれば、彼の人生に干渉せず、ただエールを送ることだけが、他人の私にできる唯一のことだと思えてきます。

…なるほど、ブログのこのコメント欄って、自分に言い聞かせるためにも使えますね。(笑)


Beehive 〈M〉
2009/08/25 12:20
◆ののはなさんへ

「今、学校という職場はみんながよそよそしい。だれも心の中を覗かせない。昔の仲間、鬼籍に入ってしまった人が多い。なぜに早死にするのかな」。

私の職場も、私がうんと若かった頃のような活気はありません。
それは長引く不況と、業界の構造的な斜陽感が原因とも思われますが、どうもそれだけではないような気がします。
職場は仕事をするところ、とわりきって、それ以上の人間関係を鬱陶しいと思う空気が濃くなっているように思います。
それは、私のように家庭や子供があり、一日の時間と体力をすべて仕事だけに注げない身にとってはやりやすい雰囲気ではありますが、以前の怒号と活気に満ちた職場を知っている身としては少々さびしい感もあります。
「昔の仲間、鬼籍に入ってしまった人が多い」
ドキッとさせられる言葉です。
今こうして電話いっぽんで集まってくる友人達とも、いつかは一人一人お別れする日が来るのかしら。
耐えられない。
(私がいちばん先だったりして。)
だとすると、なおのこと、今が大事。
今、目の前にいる人たちを大事にしようという気持ちが強くなりますね。
ありがとうございました。

Beehive 〈M〉
2009/08/25 13:20
◆ブルー・ブルーさんへ

ブルー・ブルーさんにも、再会したいと思うようなお相手がいらっしゃるのですね。
でもわざわざ会おうなどと言って、お互いの気持ちを波立てないということは、互いに幸せで、静かに人生を楽しんでいらっしゃるからなのでしょう。
「便りのないのが、よい便り」とはよく言ったものです。

終わった色恋の相手とはもう会わないほうがいいかもしれませんが、過去の人で、最近ふと思い出して、無性に会いたくなる人がいます。
それは私が中学二年の時の国語の女性教師。
今の私とちょうど同じ年齢くらいだったその先生は、産休のあと復帰してしばらく勤められたあと、「やはり母親業と教師との両立は無理」と言って、辞めていかれました。
娘さんに障害があったこともあり苦渋の選択だったようですが、最後の授業で涙を流して、まだ子供の私たちに、母として教師としての胸のうちを話してくださったことが忘れられません。
厳しい中にも温かみがあり、よく本を貸してくださったその先生が、今はどうしていらっしゃるか、最近になってふと思い出されます。
もう先生は私を覚えてないと思いますが、そんな人との再会なら、ぜひ果たしてみたいと思います。

Beehive 〈M〉
2009/08/25 13:20
◆GTOさんへ

鋭い再コメント。
そうか、私はシバタに心を許してるのか。
…って、またそんなこと言って、私たちをかきまわす! (笑)

シバタくんは不思議な人。
他人へ影響を及ぼす強いエネルギーみたいなものを感じます。
私だけでなく、きっと誰もが彼には強い磁場みたいなものを感じると思います。
私は特にそういう他人の「気」のようなものに敏感な体質なのか、彼のそんな気迫のスケールに惹かれつつも、その得体の知れない力強さが怖ろしくもあり。
目が離せないけど、近寄るのもためらわれる。
そんな存在です。
これ以上の、私のシバタへの思いを語るのは・・・
なんだか面倒なことになりそうだから、また今度にするわ。(^_^;)

Beehive 〈M〉
2009/08/25 13:31
ゴメン、、Mさんの詞を読んで、、読み人<M>のひとりごとを読んで、、ラストの3人のやり取りに反応してしまった私。。
3人が軽妙だし、Kさんがまとめ役みたいでいい味出してる。。(笑)

昔の彼に会うのなら。。まぶしい午後の街がいい。
人も車も出払ったバカンス時の街がいい、、って歌があるよ。
暑い風吹く街がいいって。

私は近年、高校時代の彼氏に会ったのですが、レストランだと思って入ったところが焼き肉のバイキングのところだった・・w
二人とも絶句したのですが「食べよう」と。
だって焼肉って貪禽食でしょう。
ちょっとためらったけど食べちゃいました〜〜。
時間が戻った感じ。。

でも夢は触らぬ方がいい。。いたずらに。。

Mさんも行って納得したみたいですね。
諸々のトラブルはあっても。。

そしてまた明るく「おはよう」と言える。
それで良かったかも。
今いる、、今愛してくれる人を第一に考えたらいい。。
<私はちょっとトラぶっちゃったけど・・>

Mさんは了見の狭い女の人ではないし、きっと超えるハードルの一つだったかも。。

その後のてんやわんやも落ち着いた様で何よりです
(笑)
これからも素敵な記事を!☆彡
betty
2009/08/25 16:17
◆bettyさんへ

ね、絶妙でしょ。
でもね、ここだけの話ですが。
この記事を管理画面にアップしておいた初日、〈S〉くんの末尾コメントは「その節は、スミマセンでした」だったのよ。
それが、そのあと〈S〉くんのご馳走会で飲んで騒いで、すっかり「仲直りモード」になった翌日、管理画面を見てみたら、コメントがこの「わかりゃいいんだよ。」に変わってた。(苦笑)
あいつめ、人の顔色読んで出方を変えやがった。
つまりそういうところも含めて、「絶妙」な私たちだということです。(^_^)v

引用の詞はユーミンね。
そんなふうにカラッと晴れた午後の日射しの中で会えたらいいですよね。
やっぱりさー、ゲリラ豪雨が来る深夜に会っちゃダメよね。
そして、またもやここだけの話ですが。
そんな微妙な再会の時に、誰かが待っててくれてたというのは、気ぜわしい気持ちもなくなはなかったけど、心強い部分もあったなって思う。
ずるずると「なぜ?」という気持ちをぶつけてしまう前に、「急いで戻らなきゃ!」というシンデレラのような気持ちが、再会の場を複雑なものにしないですんだと思うから。
でも、ヤツに礼は言いませんけどね、さすがに。

Beehive 〈M〉
2009/08/25 18:02
ご無沙汰していました。
ずっと、一連の記事は読んでいましたが、みなさんのコメントの数々に少々気後れしてしまい、読み逃げしていた私です^_^;
私は、ここのブログが本当に大好きです。
唯一無二といってもいいくらい、こんなクオリティのところはないでしょう。
そして、そのブログの管理人さん達、3人とも大好きです。ネット上での繋がりしかないのに、なんか目が離せない・・・そんな場所です。

今回の詞、場面が目の前に現れてくるようで素敵です。自覚症状がしめっているなんて、なかなか思いつきません^_^;
最近のCMで、赤塚不二夫さんの有名な言葉をもじって、「あなたはあなたでいいのだ」っていうのがありますが、あれを聞いて、ジーンとしました。
そうか、いいんだ。って。
私もどっちかって言うとひねっくれた性格で、ネガティブになりがちな傾向にありますが、時々は自分を肯定してあげることって大切かな、と思っています。
どんな状況で、どんな感情のもとに行動した結果であろうとも、自分のしたこと。
悪いことをしておいてこれでは開き直りになってしまいますが・・・。
「これでいいのだ」
だってさ。
T-Cafe
2009/08/25 19:19
◆T-Cafeさんへ

「少々気後れしてしまい、読み逃げ…」
わかりますー。
自分も管理人の一人でありながら、ときどき逃げ出したくなるもん。(笑)
特に前回のシバタの記事の週なんかは、「もうやめてー」って感じだったわ…。
でもね、あの記事を管理画面にアップされた時は、その挑戦的な態度にムッとしつつ、「おもしろいじゃん。受けて立とうじゃん」みたいなケンカ上等な気持ちになったあたり、私も血中シバタ度が相当高い女と見た。(笑)

「あなたはあなたでいいのだ」。
いい言葉ですね。
本当はみんなそう言ってもらいたいのよね、きっと。
そして、そういう言葉をもって向き合えば、意見の合わない人やウマの合わない人とも、いい距離でつきあえるのかもしれないな。
人に厳しい人は自分にも厳しくなりがちだから、「あなたはあなたでいいのだ」を合言葉に、いろんな個性を尊重していければいいですよね。
だから、シバタはシバタでいいのだ。
そして倉さんも倉さんでよくて、私は私でいいのだ。
もちろん再会したあいつもあいつでいいのよね。きっと。(^.^)

Beehive 〈M〉
2009/08/25 21:56
<自分にとって大切で必要な人たちは、過去にも未来にもなく、今ここにいる人たち>
と云うことに気付けたという意味で今回の元彼との再会は(M)さんにとってはプラスだったのでしょうね。
素晴らしいことだと思います。
それに気付かせてくれた人達に「ありがとう」が云えたら (M)さんもっと素敵なのにな(*^_^*)と思いました。
Beeの三人様は (M)さんと(S)さんが喧嘩して(K)さんが仲裁をする。
これから先もズッとこのままの関係でいかれるのでしょうね(^^)
良い関係ですね。
そしてそぅ云う関係でいられることにも感謝ですね(*^-^)♪
マリー
2009/08/25 23:29
 <M>さんへ、
まるで、今回のミッションをしのぎ終えた、
戦士の心境ですね。しかしこれで終わった訳でも無い。
体制を戻しつつ、また立ち向かって行く・・・。
そこまで男前な貴方は、とても女性として魅力的に思えます。
カラスです。
2009/08/25 23:45
みっちゃんごめんなさいね。かきまわすつもりはないですから・・・ただね・・・シバタからコメントが来ないからつまらなくてね・・・まあ気が向いたら来るでしょうねシバタちゃ〜ん

>目が離せないけど 近寄るのもためらわれる
なるほどいい表現ですね! これはいただき(笑)自分の詩にパクろうっと!
GTO
2009/08/26 00:53
元カレには
会わないと
と後悔します。
会って後悔するより
会わなくて後悔する方がイヤ。
どんな結果になっても
かって愛した人の今を
見ておきたいモノです。
私だったら
嵐の夜の方がいい。

私がデートして
遅く帰った夜は
息子は物凄く機嫌が悪い。
ボディチェックはさすがにしないけど
多分したい気持ちなんだろう。
皆さん
今まで
ありがとう。これからも
仲良くね。(私が言うまでもないか)
ゆゆ
2009/08/26 07:41
◆マリーさんへ

いつも私たち三人を見守ってくださっていて、時には弱った誰かを励まし、時には誰かと誰かの仲裁を頼まれ、そして時には優しくアドバイスをくださる…。
マリーさんの前では、私たち、なんだか小さな三人きょうだいみたいです。
そんなきょうだいたちや共通の友人たちがもたらしてくれる大切な気づき。
それらへの感謝をこめて、今度顔を合わせたときには素直に「ありがとう」を言ってみようかしら。
でも、シバタに言うのは苦痛だわ…。(笑)

「Beeの三人様は、〈M〉さんと〈S〉さんが
 喧嘩して〈K〉さんが仲裁をする。
 これから先もズッとこのままの関係で
 いかれるのでしょうね」

…そうかもしれないけど、それじゃいけませんね。
私ももっとオトナにならなくては。
いつもオトナの役を〈K〉さんに持って行かれてばかり。
たいていの人相手なら「殴らせるだけ殴らせて、相手を悪者にする」というサンドバック作戦ができるのに、〈S〉くんにはそういう無条件降伏ができない。
彼に「凌駕されまい」と必死の攻防戦にはまってしまうあたり、もしかすると私のほうが彼の手のひらで転がされてる可能性はありますね。
きーっ、くやしい。

Beehive 〈M〉
2009/08/26 14:14
◆風の谷のカラスさんへ

男前ですか。
それって、私にとってはいちばんの誉め言葉なんですけど、今回はちょっとオノレの女々しさを露呈してしまった感ありです。
なんか、すっきりしない。
相手の思惑を悪意と受け取りたくないのに、「なぜなの」「どんなつもりで」とウジウジ深読みを始める自分にハッとして、その度「いけない、いけない」と頭を振って目の前の仕事に没頭する数週間でした。
その間、年下の友人と仲違いしたり、仕事の引継ぎに不備があって後任の人に迷惑をかけてしまったり、体調もいまひとつで化粧ノリもイマイチ…。
でも、そんなスランプも、今週から脱しつつあります。
あるひとつの活動を通じて心を通わせ合った、古い仲間たちと集った楽しい一晩。
それが私を、「なんだ、私、幸せモノじゃん♪」という原点に気づかせてくれました。
住む家と仕事があり、家族は健康で親も元気。
そしてそれぞれの業界でがんばる友人たちと、料理上手な弟分。
これ以上、何を望もうと言うのでしょう。ねえ。

Beehive 〈M〉
2009/08/26 14:15
◆GTOさんへ

なんだ、シバタが恋しいのね。(笑)
あの子は本当に兄貴分にかわいがられるわねー。
あの生意気さと毒舌にGTOさんもはまったクチね?
辛味はクセになるけど、あんまり常食すると体に悪いから、気をつけて♪

「目が離せないけど、近寄るのもためらわれる」。
我ながら言い得て妙だったと思います。
その人がまとっているエネルギーのようなものを「オーラ」として視覚化できる人がいるとしたら、彼のオーラはきっと強くて大きすぎて、人ごみの中を歩いただけでそのオーラがすれちがう人の肩にぶつかってしまうのです。
そのせいで、彼は悪くないのにいろんなことに巻き込まれるし、味方も敵もざくざく作ってしまう。
どこにいても注目される存在感は得な時もあるけれど、大きなエネルギーを持ってる人は狭い場所にいられないし、弱いエネルギーの人間を知らずに脅かしてしまう部分もある。
だからエネルギーが強い人が世渡り上手な人とは限りません。
そんな彼が時に気がかりでつい目を向けてしまうけど、私はあまり丈夫なエネルギーを持ってる人間ではないので、彼のような人物とはある程度の距離をとっていたほうが安全なのですよ。
GTOさんも、彼とはブログ上のつきあい程度がいいかもよ★

Beehive 〈M〉
2009/08/26 14:16
◆ゆゆさんへ

「皆さん、今までありがとう」がちょっと気になりますが…。
ブログをお休みされるのでしょうか。
ゆゆさん、最近、体調があまりよくなかったようだし、なんだかちょっと心配だわ…。

息子さんとゆゆさんの関係は、疑似恋人のような関係なのでしょうか。
ダンナ様ではなく、息子さんが嫉妬するというところに、ゆゆさん親子の強い結びつきを感じます。
でも、「相手を独占したい」という嫉妬心って、恋とか愛とかとは別物の感情という気がしますね。
恋愛よりもむしろ、もっと深い因縁によって結ばれた特別な関係にしか起こりえない感情かも。
それがたまたま恋愛感情も兼ねる時があるだけで。
ゆゆさんも、やっぱり息子さんに彼女ができたら、そんな感情を抱くのかな?
いつかそんな日が来るかもしれないから、ゆゆさん自身の好きな人は手放しちゃダメですよ。
そして、ボディチェックをされたら、思いっきり相手に噛みつきましょう!

Beehive 〈M〉
2009/08/26 14:17
>その彼が私に見せてくれたものが、何か善意だけとも受け取れない、忘れていた「痛い部分」にまつわる作品だったので…。

という部分に、何だったのだろう?といった興味がありますが触れないでおきましょう。
ようやく<M>さんも<S>さんも本調子を取り戻してくれたようですし、Beehiveらしいブログに戻って嬉しいです。
読み手側としては、今までの様なメンバーの突然のコメントの突っ込みに、大笑いさせられるブログであって欲しいと思っています。

今後も、確かに濃〜〜いメンバーですから(笑)色々なことがあるでしょうが、末長く継続して楽しませてくださいね。
酒天
2009/08/26 17:02
ブログお休み中なのは私です(^^)/ 気ままに皆さんの所にコメントにはお伺いしています。
今の生活に何も不満はないのだけど、でも何かが足りないような気分、それが何かがわかったような気がしても、やはり今の生活が大事。
みんなそんな感じでしょうか。でもたまに刺激があるのもいいものですよね。いつまでも現役の「女」でいたいですからね。
くるみ
2009/08/26 17:06
夕立かー。私って、雨女なんですよ。夕方、外に出た途端、ポツポツと、ちょうど雨粒が当たって。えー?!また?!と。(笑)
それで、やはり傘は大きい方がいいかな?と(折りたたみは雨女なので常備してますが。)ジャマな大きな傘をさして行くと、すぐにやんでしまったり。すごくイジワルされてるんですー。
それを見越して、もう大きい傘はいらんわ!と、行き先にもよるけど、変えたりはしてますけど。いつもそこで天の神様との勝負が!(笑)
(*゜▽゜)ノ
夕立の匂いは、なんか湿気っぽいような匂いだけど、私は結構、好きですねー。
『お互いに知ってることを せーの、で 出しあってみようか』のところが好きです。優しいような可愛い文だから。(笑)
結局、会っても、相手の印象は良くは変わってなかったのかな?でも、会ったことによって、MICHIOさんの心に区切りができて良かったのではないでしょうか?
絶対、会わないより会った方が良かったですよね。その他、懐かしさとか?良い点もあったはずだし。(笑)

あー。腕時計は壊れるし。良いことないなー。(笑)腕時計命!だったのに、もういいや!って、携帯で時間を見てます。
(^-^;
昔?家の中で、台所かで外して、それっきり?!お気に入りの腕時計がいきなり?無くなったんですよ!またあの時計を思い出してしまった。
MICHIOさんが側にいたら、探してくれたかも?と、思ってしまいましたよ。(笑)
(o^-^o) ウフッ
留加
2009/08/26 17:19
夕立ちのにおいは
Beehive〈M〉さんのうぬぼれを
まるで見抜いていたのかもしれませんね。

傘をさすよりも、雨に濡れた方が、
もっと素直に、もっと大人になれるのかもしれません。
庭花
2009/08/26 17:50
こんばんは。
私もBeeのお三人様が大好きです。
何と云うことは出来ませんが ホンの少しでもお役に立てているのなら、私もとても嬉しいです。

今度顔を合わされたときには是非共通のお友達に「ありがとう」を云ってみてください。
勿論(S)さんにもね(・。-☆♪
今回のこの気づきに 彼が一番大役を買って出てくれたような気がするのは私だけでしょうか?
いぇいぇキット(M)さんも気付いてらっしゃると思います(^^)
<きーっ、くやしい。>
(^。^)落ち着いて 落ち着いて
「ありがとう」を 是非彼にも伝えてあげて下さい。
とっても素敵な言葉ですね♪
これで又 (M)さんの魅力が増しますょ(*^-^)♪
マリー
2009/08/26 20:02
私はブログ引っ越すだけですよ
最後の記事見てね。

息子は
上はもう売れまして(結婚)
下は今は彼女はいませんが
高校の時は家に連れて来たりしていました。
私は変人なのか
息子達の彼女が可愛くて仕方ないんです。
もうどんどん
連れて来てという感じですわ。
では
さようなら!


ゆゆ
2009/08/26 20:40
「雨降って地固まる」
・・なのかしら〜??
ともあれ、楽しい飲み会でよかったです。
最悪、この場所がなくなるんじゃないかと
心配しましたわ。
Mさんがオトコマエでよかった(*^^)
帰る場所があるというのは
冒険したくなるのかもですね
Mさんがもし独身だったら
今回の再会はなかったんじゃ・・なんて〜
ふと思ったり・・
rinko
2009/08/26 21:51
こんにちは(^−^)
SさんにとってMさんが特別な存在であるように、MさんにとってもSさんは特別な存在なんですね。
それは男女の関係とはまた違った感じ・・・前世では母子のような、義理の姉弟のような〜(変な例えですね^^;)
でもやり方は少し横暴ですがSさんのような存在があるのはなんだか羨ましくも思います。
自分の事を想ってくれる人がいる事はやっぱりどこかで自信につながるから。
昔の彼との再会は微妙なかんじで終わってしましましたが、Beehibeの皆さんが楽しい時間を過ごされたことが嬉しいです☆
またまたこれからも楽しい3人さんのお話を聞かせていただきますね〜(*^□^*) 
ルナ
2009/08/26 22:17
昔の彼と会っておいてよかったですね。
彼の披露した作品が刺を持っていたとしても・・・
大切なものをMさんに再確認させてくれたわけですから。
私は今大切な人達にはただ生きていて欲しいと願っています。これからゆっくり一緒に時を過ごそうと思っていた友が次々に世を去ってしまい、ますますその感が強くなりました。
komichi
2009/08/26 23:48
<M>さんの気持ち、わかる〜。

元彼にあっても、どうしたらいいのか、わからない自分を発見したときは、ちょっと新鮮なショックでした。

私もそんな自分にOKだしましたよ。

ま、これからも同窓会で会うと思いますが、自然にあえたらいいな〜と思ってます。

May
2009/08/27 12:53
◆酒天さんへ

すみません、いろいろご心配おかけしまして。
でも親身になっていただき、面はゆく、また嬉しく思いました。

当初はこのブログ、三人の書き手がいるグループ・ブログという形をとりつつも、各個人のプロフィールは極力おさえて、多重人格的な一人の書き手によるブログみたいにしようか…なんて話しておりました。
でも、やりはじめたら、お互いのキャラが濃すぎて(笑)、とてもそういう演出は無理な感じになりまして、あきらめて互いの個性を全面に出していく方向で落ち着きました。
今、考えても「無理だ」って思う。
私と〈K〉さんと〈S〉さんとじゃ、キャラが違いすぎるって。(>_<)

というわけで、今後もブログ上で仲間割れしたり、主張をしあったり、慰めたり叱ったり、なんだかわからない内輪のやりとりがあるかと思いますが、ご不快にならない範囲でおつきあいください。
呆れてスルーしていただくのも、通りすがりに苦情を残していただくのでも結構です。
ほんと、「つきあいきれない」三人だと思いますので・・・。

Beehive 〈M〉
2009/08/27 13:02
◆くるみさんへ

あ、くるみさん♪
ブログをお休みされたと伺いまして、もうお会いできないかと思っていました。
またこんなふうにご訪問くださるなんて、うれしいです。
ここのところうちのブログがゴタゴタしてましたので(笑)、それでなくてもいろんな方に呆れられたかも、と小さな胸を痛めておりました。

今の生活が大事。
でも刺激がほしい。
こんなこと言い出すと、なんだか中年で不倫に走る人の言いぐさみたいですけど(笑)、私は今回、無自覚ながらも相当ヤバかったのでしょうか。
ここのメンバーはじめ、何人かの方には「やめといたほうが」というアドバイスをいただいて、その時は「そう? なんで?」なんて思いましたが、今思うと「私は大丈夫」という気持ちが、ある種のうぬぼれだったのかな、なんて思います。
刺激というと楽しいことみたいですが、今回はなんだかもやっとした後味の悪さが残ったので、あまりよろしくない刺激だったようです。
むしろ、ブログで「公開仲違い」&「公開仲直り」をやってしまったことが、いちばん刺激的でした。
(^_^;)
Beehive 〈M〉
2009/08/27 13:03
◆留加さんへ

雨の多い夏でしたね。
いつまでも梅雨のようなジメジメがいやな感じでした。
天候が心理状態に影響し、それが対人関係や物事の成り行きまで湿っぽくしているような気すらします。
今年の夏は、なんかあんまりいいことがなかった…。
あ、そんなこと言っちゃいけないか。
大病もせず、事故にもあわず、破産もせず、元気に暮らしてるから、平和な夏だったのかもしれません。

「お互いの知ってることを 
 せーの、で出しあってみようか」
実際にはそうできなかったけど、本当はそうできたら、いろんなわだかまりって溶けてなくなるのかもしれないな、と思ったからそんな言葉が出てきました。
お互いの胸のうちに秘めてるものって、誤解だったり、先回りして悪く考えてるだけだったりで、その手の内を「せーの」で出し合ったら、尖ったパズルがひとつの絵になって、その絵はそれほど胸に痛いものじゃないはず、なんて思います。
でも、その「せーの」ができなくて、お互いが破片を胸に秘めたまま帰ってきてしまいましたが。
そして、それでいいんです。
そんな「せーの」ができる相手とは、きっと別れずに添い遂げられたと思うから。

腕時計をなくしましたか。
ふふ、私の当て推量を期待していますね。
残念でした。
わかりません!
いつもわかる時ばかりじゃないんだなー。
そんなことができるようになったら、私、開業してますよ。(笑)

Beehive 〈M〉
2009/08/27 16:32
◆庭花さんへ

「何があっても私は大丈夫」って、うぬぼれていたかもしれません。
昔、ケンカした彼に「おまえは独善的だ」と言われたことがあります。
独善。
辞書で引くと「自分だけがよいと思っていること。ひとりよがり」とあります。
私が人ともめるときは、たいてい自分のこういう性質が出てしまったときです。
自分の感情や都合を、うまく常識や正論におきかえて、「そうしたいから」ではなく「それが正しいから」しているような顔をする。
そんな私にイライラした人が私を傷つけたときも、きっと私は「私は正しいことをしただけ」と、相手を平気で悪者にして、その悪者に「でも、あなたの気持ちもわかるわ」と思いやりの言葉さえ垂れてみせるくせ者なのです。

少し雨に打たれたせいで、そんな自分の悪いところが少し見えてきたような気がしました。

Beehive 〈M〉
2009/08/27 16:34
◆マリーさんへ

マリーさん、どうしても〈S〉くんにありがとうを言わないとだめ? (笑)
日頃の彼の友情にはありがとうを言えるけど、今度のことは何となくまだ自然にお礼の言葉が出てきません…。(>_<)
彼に一方的に謝らせるのは違うような気もするから、私からも「ごめん」。
今回は、これでカンベンしてもらおう…。
いつか素直に言える時がくることでしょうから。
(*^_^*)

Beehive 〈M〉
2009/08/27 16:35
◆ゆゆさんへ

ブログのお引っ越し…。
納得。

息子さんの彼女が可愛くて仕方ないんですって?
あー、なんだかいいお母さんだわー。
そういう家だったら、嫁いでも苦労しなさそう。
うちもすごく可愛がってくれるお義母さんですよ。
そういうお母さんに育てられた息子って、きっといい人よ。
だって、うちのダンナちゃん、いい人だもん。(のろけ。)

ゆゆさん、また来てねー。

Beehive 〈M〉
2009/08/27 16:35
◆rinkoさんへ

え? ここがなくなるんじゃないかと思いました?
そうかー、そこまで泥沼になってると思いましたか。
ご心配おかけしました。
私もね、「どうなっちゃうの、このブログ?」と何度も思いましたよ、これまで。(笑)
この「目の離せない」感じ。
狙ってできることではないから、それなりに味のある個性的なブログになってますね。
自画自賛。

「Mさんがもし独身だったら、今回の再会はなかったんじゃ・・・」
あー、なるほど。
行ったら最後、どうなっちゃうかわからないから、帰る場を持たない者の慎重さで、「あー、あいつはパス」ってなことにしてたかもしれません。
そう思うと、帰る場所があるっていいのかしら。
それとも、かえって軽率になりがちだから、気をつけたほうがいいのかしら。(^^;)

Beehive 〈M〉
2009/08/27 16:36
◆ルナさんへ

前世の因縁…。
そこまで言う?
っていうか、それ以外もはや考えられません、この腐れ縁。

「自分の事を思ってくれる人がいる事はやっぱりどこかで自信につながるから」。
まあ…そうですね。
そう思います。
そうにちがいない。
私って幸せなのね。
でも、心配が怒りになる人って…。
あ、いけない。
もう蒸し返すのはやめましょうね。(^_^)

Beehive 〈M〉
2009/08/27 16:37
◆komichiさんへ

「今大切な人達にはただ生きていて欲しいと願っています」。
胸に沁むひと言です。
こんなふうにケンカして、仲直りして、集まって、飲んで騒いで。
そんな時間が懐かしく思い出される時が必ず来ますよね。
青春とか思春期とかって、もうとっくに過ぎた季節かと思っていましたが、実は今もまだその続きなのかもしれませんね。
人生って、意外と青いまま続く…。(笑)

Beehive 〈M〉
2009/08/27 16:38
◆Mayさんへ

もっと普通に会えるかと思ってましたけど、予期せぬものを見せられて、ついうっかり気色ばんでしまいそうになりましたよ。
でも私は、体裁屋だから、ぐっとこらえて涼しい顔…。
いやねー、オトナって。(笑)
でも、元彼の挑発にはのりませんでしたが、そのあと〈S〉くんに弱さを露呈してしまったのが悔しい。
しかもそれをここでバラされたのが癪にさわるっ。
あ、やめようやめよう。
もう仲直りしたんだしね。
悔しいという気持ちは、相手より上に立ちたい、負けたくないという気持ちの裏返し。
そういう鼻持ちならない自分を手放せたとき、きっと私は誰に再会しても、誰に挑発されても、本当の意味で涼しい顔でいられるのかもしれません。
同窓会で、危なげなく会う関係。
再会の場としてはそのくらいが最適なのかもしれません。


Beehive 〈M〉
2009/08/27 16:39
再びお邪魔いたします。
<どうしても〈S〉くんにありがとうを言わないとだめ?>
(^。^)
(M)さんのお気持ちが落ち着いたらで良いと思いますょ。焦らなくても良いと思います。
今回の彼の行動はチョット過ぎてしまったかもしれないけど、嫉妬とかそぅ云う感情ではなくて 多分「今の家族と、今目の前にある物を大切にして欲しい」と云う気持を一番伝えたかったのでしょうね〜と私は勝手に思っているのです。が、如何でしょうか(^^)
これは私の憶測なので解りませんが、だとしたら それを気付くことが出来た(M)さんは 彼の行動ではなくて彼のその気持ちに「ありがとう」かな?って思ったのです(^^)
でもそれは(M)さんのお気持ちもあるでしょうから、私が強制することは出来ませんし (M)さんの心の中でヨ〜ク相談してみてください(*^_^*)
お気を悪くされたら申し訳ないです<(_ _)>
お忙しいのに何度もすみませんでした(*^-^)♪
マリー
2009/08/27 19:46
元カレとも無事に会えて、Beehiveの仲間と楽しい時間が過ごせたのは良い事でしたねぇ。
元カレと会う事は色々と抵抗があったみたいですが、これも良い思い出になって後で懐かしく思える時が来るのではありませんかぁ?
大人になってもケンカし合える仲間って言うのも大事ですよね、それだけ(M)さんを大事に思ってくれてるのですから。
何とも思わない人とはケンカにはなりませんもんね、どちらかがずっと我慢してる関係ではいずれ壊れてしまいますしね。
これからも仲の良いBeehiveを楽しみに読ませていただきます。
朱柄の槍にてござそうろう
2009/08/27 20:01
マリーさん、乱入失礼します。
〈M〉さんは、先週末会った時、いきなり空手チョップで仕返ししてきて、ひととおり僕の狼籍にあてつけたあと、「でもあなたが待っててくれたことは心強かった。ありがとう」と言ってくれました。
調子にのって「だろ?」と言ったら、また空手チョップで「だろ?じゃなくて、いえいえ、とんでもございません、でしょうが!」と怒られましたけど。
〈M〉さんは、そんなふうに、最後にはいつも僕の気持ちを汲んでくれる人です。
これが僕につけいる隙を与えていると知ってか知らずか。

ちなみに、残念ですが僕はただの嫉妬からあの暴挙に出ました。
動機はそれ以上でもそれ以下でもありません。


Beehive 〈S〉
2009/08/27 21:19
(S)さん こんばんは。
(M)さんは「ありがとう」を云ってくださっていたのですね。
矢っ張りちゃんと(S)さんのことを判ってくださっていたのですね。
良かったです。
改めて安心しました。
彼女はホントに素敵な方ですね(*^_^*)

只の嫉妬でしたか(^o^;)
深読みしすぎたようですね<(_ _)>
でも そんな風に真っ直ぐな感情を出せる所が少し羨ましいような気もします。

(M)さんへ
少し出過ぎてしまったようですね。
お気を悪くなさっていたら申し訳ないです<(_ _)>
マリー
2009/08/27 22:26
>ほんとうはこっちを見てたでしょ
>知ってたけど 知らないふり
>気づいてあげない意地悪で
>あなたの気をひきたかった

この4行が ドキッとしました。
(痛いって感じだよ)
気づいてあげない意地悪・・されてるかもしれませんTT
それと・・
最後の4行が・・
ふっきれたのですか(^^)ノ” 
うみ
2009/08/27 22:28
その彼は、Mさんが予期せぬものを見せて、その反応を見たかったんでしょうね。

駆け引きなんて今更・・・って思ってもなかなか「せーの」で出せませんよね。いや、昔の彼だからとかそういうことでなく。
それってやっぱり、相手より優位に立ちたいとか、傷つきたくないとかってことなのかなと私も思います。(笑)

そういう駆け引き無く、信頼して自分をさらけ出せるのがやっぱり家族であり、仲間なのかなって。
いい仲間がいますね、Mさん。
そして、家族も☆
vino_seco
2009/08/28 00:13
◆マリーさんへ 〈S〉くんへ

マリーさんにはいつかご自身のブログのコメント欄で、私と〈S〉くんのちょっとした行き違いを調停していただいことがありました。
そんなご縁ですもの、私たちの仲を最後まで見守り、気にしてくださる気持ち、とてもよくわかります。
出すぎた、なんてとんでもありません。
いつもありがとうございます。
これからも何かあったら、マリーさんに言いつけようっと。(^.^)

〈S〉くんに私、そんなこと言ったかなー。
記憶にない。(笑)
でもマリーさんのおっしゃる通り、いつかもっと自然な気持ちで、空手チョップなしで「ありがとう」が言える日が来るかもしれません。
そんな日が来るまで、〈S〉くん、マリーさん、気長に私とおつきあいくださいね。
なんて言ってるうちに、〈S〉くんとはまた次のケンカに突入して、またマリーさんのところでお互いがぶうぶう言ってるかもしれないけど。(爆)
その時はまたよろしくお願いいたします。
m(__)m


Beehive 〈M〉
2009/08/28 12:51
◆朱柄の槍にてそうろうさんへ

「何とも思わない人とはケンカにはなりませんもんね」。

〈S〉くんとのこと?
確かに何とも思ってなくはないけど、むしろすごく大事に思ってるけど、なぜにこうもケンカが絶えないのかがよくわからない。(苦笑)
きっと彼の言動が本当は優しい気持ちと裏腹であることが多いせい。
そして私がそれに気付くのがいつも遅いせい。
相手が変わることを期待するのは甘えだから、私がもっと大人になればいいんでしょうね。
わかっちゃいるんだけど、シバタときどき野犬みたくなるから、そうなると噛みつかれたくなくてこっちも必死になっちゃうんだもん。
サーカスにでも入って、猛獣使いの特訓でも受けてこようかしら。

「どちらかがずっと我慢してる関係ではいずれ壊れてしまいますしね」

あ、それは大丈夫。(^-^)v
私たち、どっちも我慢しないから。(笑)
むしろもう少し我慢を身につけたほうが、私たちうまくやってけるかもよ。
ね? シバタ?


Beehive 〈M〉
2009/08/28 12:51
>そう自問しつつ、すっきりしないことはすべて忘れて、今日も体裁を大事に、「おはようございます」と感じよく仕事をはじめよう。
世の中こんなことばかりだと思います。
やるせない・・・・
でもお3人が又仲良しに戻ったみたいで、何よりです。
Sさんはお料理上手なんですね?
個人的に・・・・料理上手の男子、好きです。(^_^;)
魔女
2009/08/28 14:56
◆うみさんへ

「気づいてあげない意地悪」 されてるの? うみさん。
でもそれ、「気をひきたくて」やってるのだとしたら、相手の心は見えない部分でうみさんを追いかけているはず。
うみさんのほうも、そんな意地悪に「気づいてない」ふりしてみたら?
それか、もう思い切って「せーの」で、うみさんの気持ちを見せちゃうとかね。
私はもうどんな思惑にも揺らがずに、ただ花のようにそこに咲いてるような存在になれたらって思うんだけど、心という邪魔な風が茎を揺らすから、いつも花びらはちりぢりのボロボロ…。
なかなか理想通りにはふるまえません。

最後の4行って、メンバー間コメントのことですね。
はい、ふっきれました。(笑)
みんなで飲んで騒いだら、仲直り。
でも、また同じ事が起こったら、やっぱりプンスカ怒って仲違いしちゃうだろうなー。
そういう意味では、「気づいてあげない」とか「気をひきたくて」みたいな駆け引きがまったくない、真っ正面で真っ直ぐな私たち。
こういう関係は得難い宝です。

Beehive 〈M〉
2009/08/28 14:57
◆vino_secoさんへ

そうなんです。
なかなか「せーの」ができない。
そういう「せーの」でさらけだしたのに、「だから? それが何?」なんて意固地に知らん顔されたことのある相手だったりすると、特に臆病になってしまう。
付き合っているときは、そんな相手の小心を「不器用なのだ」と解釈して、いつも自分から先回りして相手の気持ちを引き出すきっかけをつくってあげていたように思いますが、別れたあとまでもうそんな世話焼きはしたくない。
向こうから声をかけてきた今回くらい、きちんと最後まで「あちらから」胸の内をさらけだしてほしかった。
でも、こういう「あっちから言わせたい」ってのが、典型的な駆け引きなんですよね。
そういうものからちっとも自由になっていない自分にもうんざりです。(笑)

ということだから、駆け引きなしでぶつかりあえる誰かさんのような友人は、大事にしなくちゃいけない、と。
そういうことですね。(^^;)

Beehive 〈M〉
2009/08/28 14:58
◆魔女さんへ

「体裁を大事に、おはようございます」は比較的得意なほうですが、そして社会人って、大人って、みんなこうして日々をやりすごしているんだと思いますが、それがときどき心底つらい朝もありますね。
今回はそうでもなかったですけど。
ただ、なんとなくモヤモヤしてしまっただけで、そんな気持ちも目の前の雑事をこなしているうちに、明け方の夢程度にぼやけていくものです。

〈S〉くんの料理の腕は、玄人ハダシ。
お袋さんの味系から、イタリアン・中華・韓国料理まで得意です。
大勢で集まるとき、「お店どこにする〜?」なんて話になると、「シバタのあれが食べたい」ということになって、結局は「シバタ食堂」(シバタんち)に集まることになりがち。
本人曰く「だって、作ってくれる人がいなかったから」ということですが、あれはもともとの才能だと思います。
みんなでお店でおいしいものを食べた時、彼は味をみただけでレシピを推理して、だいたい同じものを作れちゃうし。
「俺ならこうする」といって、もっとおいしくアレンジもしちゃう。
シバタのおヨメさんになる人は、幸せだなーと思いますよ。
私はパスだけど。(-_-)

Beehive 〈M〉
2009/08/28 15:08
気づいて無いふり 痛いですね〜〜 といって
せ〜のも痛い(笑)とりあえず いつものバージョンじゃなく本日 歌ってみました。究極の選択が出来ず とりあえず 暗闇でどこかで歌ってます。見に来てね〜<こっそり?><ここでこっそりは難しいかな・笑

みんなでワイワイ 気兼ねなくやれるってことは いいですよね。本音が言えるから本音で帰ってくる関係は 本当に気持ちのよいものです。これからも応援してますよ♪ Beehiveの皆さん!
うみ
2009/08/28 23:24
いつもご訪問ありがとー(^-^)/
こちらからの訪問はいつも週末になっちゃってゴメンナサイ〜。
でも、私は人の家に上がり込むのが大好きなので(笑)、いつも楽しみにうかがってまーす。
「もやもや」はうみさん、マイクの前で発散よ!
腹に力をこめて、息や声を吐き出すって、陰陽道の世界でも邪気を払う時の基本みたい。

私のストレス発散ですけど、今、〈S〉くんに教えてもらったボクシング・ジムに興味あり。
お腹に力をこめてサンドバックを打ちまくる!
なんかよさそうじゃない?
〈S〉くんには、「あなたがすごい形相で打ちまくってるところ、怖くて見たくないから、俺と曜日は変えてね」と言われてますが。(笑)

Beehive 〈M〉
2009/08/29 14:48
こんばんは
夕立の音で胸がざわめきます
足元を濡らす雨に心が泣いているのです
私には遠い記憶の一部になりました
そしてあなたの彼に対する態度は立派です!。
kumi
2009/08/29 21:09
Beehive 〈M〉さん!
ღ .:*・゜♡゜・*:.ღおはようございます♡ฺღ .:*・゜♡゜・*:.ღ
昨夜は、私の昔話の過去のブログに、おいでいただきまして、ありがとうございました。
読んでいただき、うれしく思います。
詳しく書くには、悲しすぎます。
満足と言えないまでも現在の幸せを、嬉しく思います。
拙いブログに時間を割いていただき感謝です。

「詩人集団」素敵な詩を沢山書いてくださいね!
ありがとうございました。

なごみ(*'-')
2009/08/30 09:08
そうまでして傷つきたくないほど・・

って心はこの私にもやっぱりありますね
ブログやってても、そう思うことあります
つまらぬことかも解りませんが、ずっとコメントの往来があった方が、お仕事で他所に行かれて、その往来が途絶えてました
その方がいつの間にか、またブログに復帰なさっていたのだけど、何故か私のところへはご訪問が無くて
他でその人の復帰を知ったとき・・寂しくて、私の何がいけなかったの?って思ってしまいました
心の狭い人間かもしれませんが、傷つきたくないって思いはやっぱりありますね。。
ごめんなさい関係のないことを書いてしまって・・
風子
2009/08/30 09:21
過去だけ自分のもので、未来は誰にもわからない・・・。
いや、過去も未来も自分の手にはないのだと思っています。
今を手にすることさえ難しいのに・・・・。

現在を楽しく暮らすこと、今の自分を毎日好きでいられれば、昨日の自分も明日の自分も、笑顔いるはず。そう思って生きてます。
Pochi
2009/08/30 10:52
◆kumiさんへ

kumiさんのブログの空気そのままの、ナレーションのような語り口がすてきなコメント、ありがとうございます。

自分に非がないのなら、これほど後味は悪くならないはずなのに、このすっきりしない気持ちは一体…?
これはたぶん、「自分だけは非がないようにふるまおう」とした負けん気に、自分自身があてられてしまったからだと思います。
でも、どうふるまってもすっきりしない事ってありますよね。
もう忘れます。(*^^*)


Beehive 〈M〉
2009/08/30 15:01
◆なごみさんへ

こちらこそご訪問ありがとうございます。
なごみさんのいきいきとしたサロンのようなブログに、またお邪魔させてくださいね。
こちらは管理人が三人いますが、誰が誰などと気にせず、気ままにご訪問くださると嬉しいです♪


Beehive 〈M〉
2009/08/30 15:02
◆風子さんへ

そのお話、ちょっと切ないですね。
先方は悪気はなかったのかもしれませんが、私が風子さんの立場なら、やはり少し寂しく感じたと思います。
人との繋がりって、その捉え方が人それぞれで難しい…。
「たかがブログの繋がり」と思う人もいれば、こういう顔の見えない繋がりだからこそ、きちんと心をこめていきたい、という人もいるでしょう。
実生活のおつきあいと同じで、やはり相性とか、価値観の相違というのがあるのでしょうね、きっと。
でも風子さんは、たとえ傷ついても、自分を鼓舞して気分転換をするのが上手な方のようにお見受けします。
ブログの記事を拝見していていつも思うのは、「この方、潔い人だなー」という印象。
文字ヅラだけで人柄ははかれませんが、そんな印象もきっと風子さんの一部に違いないと思っています。


Beehive 〈M〉
2009/08/30 15:04
◆Pochiさんへ

灼熱の台湾からお帰りですか?
お疲れ様です!
日本に帰ってきてまで、こんなジメジメした息苦しい記事におつきあいさせてしまい、申し訳ないです。
まだ過去を振り返って生きていくほど歳をとってはいないつもりなのに、最近妙に懐古的なのは、今の生活が目標や困難や課題を持たないせいでしょうか。
そういったものがまったくないわけではないのですが、目の前の課題が、どれもそれほど人生において大事なものという気がせずに、心が時々浮わついてしまうのです。
ある意味、これを幸せというのでしょうね。


Beehive 〈M〉
2009/08/30 15:05
きちんと喧嘩できて、きちんと話し合える。そしてきちんと仲直りできる。お三方の関係は、まさしく夕立の後の心地よい風の質感のように思えました。これからもそんな素敵な関係に、拙い人間ではありますが、そおっとエールをおくらせてくださいね。
eri
2009/08/30 15:58
こんにちは。
ここにコメントしていいのかよくわかりませんが。
私のブログにご訪問くださいましてありがとうございました。
人と人とがこの世の中でお付き合いして行くことは大変です。私も駆け引きですとか含みを持ったようなお付き合いの出来ない人間です。これまでそれで生きてくることが出来ました。騙されることは多々ありましたが、騙すよりは良いと思っています。
メンバーの方々と心を許しあえたお付き合いが出来ていらして羨ましいです。私にはそう云う人がいません。何時も一人です。これからもメンバーの方々と心を大切にしたお付き合いをされて、日頃の疲れを癒されてください。
HT
2009/08/30 18:00
☆Beehive 〈M〉さん
✿(。◕‿-。).:*:☆ こんばんは〜✿

初めまして。
昨日は、私のブログにお越しくださってありがとうございます。
私も早速、来ました。
でも、少々戸惑っています。
こちらは三人で一つのブログを書いてらっしゃるのでしょうか?
それって、すごいです。
よほど信頼感がなければできませんよね。
楽しそうですね。

元彼と会われたんですね。
そして、上手に対応して帰ってきた。。
わかる気がします。
事情は良くわからないけれど、一つのけじめができたのでしょうか?

Beehive 〈M〉さん、これからもよろしくお願いいたします。
☆めい (。・_・。)ノ☆
2009/08/30 21:42
Mさんこんばんわ
朝、ラジオでかかってたのでよかったら名前をクリックしてください
Ryuu
URL
2009/08/30 22:10
こんばんは♪
〈S〉さんと仲直りできてよかったですね。
なんだか、仲直りできるという保証(?)が
あるから思い切りケンカもできるのではと、
そんな気がしました。そういう関係って素敵
ですよね。それだけメンバーの信頼が厚いん
だろうなと感じます。大切にして下さいね♪
なかなかそういう人には出会えないものです
からね(*^_^*)
カフェイン中毒
2009/08/30 23:05
又一段階大人に・・・・(笑)
人生にはいろいろありますね。

>わかりゃいいんだよ。   〈S〉

うん、わかったよ。  〈M〉

あれえ、素直じゃん。  〈S〉

そのくらいにしとけ、シバタ。  〈K〉<

ここにすべてを見ました。
ろこ
2009/08/30 23:25
からりと晴れた月の夜だったら。違う感慨が残ったのかな?と思いつつ。
夕立こそが、この再会に相応しかったのかもしれませんね。周囲の臭いをかき消しながら違う匂いを立ち上ぼらせるような。様々なものを洗い流す清さと、ぐちゃぐちゃに混ぜる濁と。どちらも持ち合わせた夕立が。
なお
2009/08/31 00:55
こんばんは☆
シバタさんと仲良くなられたようで良かったです。
MICHIOさんは異性からも同性からも好かれる方だと以前から思っていましたが、その人柄が記事やコメントから感じられます☆最後の3人の会話、面白かったです。
亜実
2009/08/31 02:13
お早うございます
先日はコメントありがとうございます
三人で開設されていらっしゃるのですね
ざっとで失礼致しますが拝読致しました
KさんMさんSさん三人の個性が
独特なメロディーを奏で
ずっと昔に忘れていたシーンが
走馬灯のよう駆け巡りました

ストレートな青い色も赤い色も
全てが混ざり合う混沌とした色も
そこに必要な色であれば輝きを増すもの
そして必要のない色はないのでしょうね
混ざり合った混沌とした鈍い色から
一つずつの色が飛び出し意思を持った
艶やかな表現
心の中で何かが沸き起こってきた
感覚が致しました 

飛鳥
2009/08/31 08:18
◆eriさんへ

いつもエールをお送りくださいまして、ありがとうございます。
eriさんの季節の空気をたっぷり含んだ爽やかな詩に比べると、私たちのはなんだかいつも人間世界のゴタゴタを詠ったものが多いような気がして、ここに来る人って、あまりいい読後感を持たずに帰ってるだろうなと、心配になります。
今回は「夕立ち」を題材に、少し季節を意識しようと思ったのですが、できあがったものはやっぱりこんなモヤモヤした詞でした。
なんだかなー。(笑)
でも夕立ちの後の空気を感じてくださって、詠み人の私も少し救われました。
ありがとうございました。

Beehive 〈M〉
2009/08/31 11:24
◆HTさんへ

「騙すより騙されるほうがいい」。
そんな言葉にHTさんの澄みきった孤高を感じます。
私は、まだはっきりと「騙された」と確信するような経験はありませんが(気付いてないだけかも)、お互いが弱かったために、はからずも傷つけあってしまった付き合いはあります。
不思議なもので、いつも自分とよく似たレベル、よく似た欠点を持つ人を引き寄せてしまうもので、人間関係のいざこざはたいてい、そんな合わせ鏡のような相手とぶつかりあう中で、自分のあり方を見つめ直す機会を無理矢理与えられているかのように思います。

「何時もひとりです」。
そうおっしゃるHTさんに、潔いまでの強さを感じましたが、それはおそらくHTさんが他人にもたれず、他人に甘えない人であるために、やはり同じ性質を持った人たちがまわりに集まるため、そんな「個」同士の人間関係ができあがっていくのではないでしょうか。
甘えは甘えを呼びますので、私はむしろ「自分はひとり」と言い切るその姿勢に感銘を受けました。


Beehive 〈M〉
2009/08/31 11:30
◆めいさんへ

早速のご訪問、ありがとうございます。
先日は、昔ブログ上で交流のあった方で、リンクを失ってしまった方を探すために捜索の旅に出ていました。
「確か、このブロガーさんと交流があった方のはず」と、記憶をたよりにたぐっていったのですが、どんどんブログの森の奥深くに迷い込んでしまい、「ここはどこ?」というあたりで、めいさんのブログにたどりつきました。
なんだかとても明るい場所だったので、ついフラフラ〜っと上がり込んでしまいました。
結局、捜索していた方は見つからずじまいでしたが、こんな出会いがあるのですから、たまにはブログの森を探検してみるのも悪くないなーと思いました。

そうです。
私たち、3人で週替わりで更新しています。
もともとは別の場所で、ある収益活動のHPやウェブマガジンを発行しているメンバーでしたが、その活動が一旦休止となった際に、そのメンバーのうちのこの3人だけが意気投合して、「趣味でサイトを運営しようか」という形になったのが発端でした。
でもHPの運営は手間がかかるので、いちばんラクな形で「ブログにしよう!」という形になり、現在に至っています。
「よほど信頼感がなければできません」という言葉は、けっこう耳に痛いです。(笑)
実際はケンカばかりしているので。(特に私とSくん・・・。)
とりあえずは1年間、試しにやってみよう、といういことで始め、その一年は今年いっぱいで満期になりますが、その先はどうなることやら…。
気まぐれな3人に、どうぞ今後もおつきあいお願いします。

元彼の話は、勝手に自分で自分をかきまわし、勝手に会うと決めて、勝手にモヤモヤしてる…。
まだまだ修行の足りない自分を実感しました。

Beehive 〈M〉
2009/08/31 13:01
◆Ryuuさんへ

こんなふうに曲でコメントをいただいたのは初めて…。

>もう一度あの娘に会えそうな そんな気がして
>人ごみはつらいけど また今日もずっと待ってるよ
>わかっているけど それでももう一度
>あの娘に 会いたい・・・

これは再会を切り出した彼のほうの気持ちを想定してくださった歌なのかな。
そんなふうに思って聴いていたら、なんだか胸があつくなりました。
私の「深読み」は、なんだか彼に失礼だったかもしれない。
そんな気がして、久しぶりに会えたことをもっと喜ぶべきだったかな、なんて思いました。
ありがとうございました。

Beehive 〈M〉
2009/08/31 13:01
◆カフェイン中毒さんへ

「仲直りできる保証があるからケンカできる」。
「それだけメンバーの信頼が厚い」。

どうしましょう、そんなふうに言われると
「いいえ! ちがいます!」なんて、鼻息荒く否定できないじゃありませんか。(笑)
ここは今後のことも考えて、そのとおりです。と言っておきます。うふふ。
実際、ケンカ別れなんてことはあり得ないかもしれません。
これまで何度もそれを狙ってみましたが、うまくいかなかったので。(爆)
仲良くやるのも難しいですが、縁を切るのも難しい。
そんな関係ってありますね…。

Beehive 〈M〉
2009/08/31 13:02
◆ろこさんへ

「ここにすべてを見ました」。
そうです。
私も、あのやりとりに、私たちの関係のすべてがあると思いまして。
メンバー間の末尾コメントは、記事作成者の判断で、削除したりそのまま公開したりしますが、今回はそのまま公開させていただきました。
むしろ記事本体より、気に入っています。(^_^)

Beehive 〈M〉
2009/08/31 13:03
◆なおさんへ

「様々なものを洗い流す清さと、ぐちゃぐちゃに混ぜる濁と」。

夕立ちの勢いをそんなふうに表現できるなおさんの感性に敬服します。
確かに、あの夜の夕立ちは、あまりに私の心象風景に当てつけてるようで、「もうどこまでも濡れてしまいたい」という半ば自棄な気持ちになったのを覚えています。
翌朝、カーテンごしに差し込んでくる明るい朝陽の中で反芻したとき、なんだかすべてが芝居がかった夢のように思えて、何もかもが大袈裟に思えたものです。
あの朝陽の中の気分のまま、自分の感情のすべてと向き合えれば、いつでも穏やかでいられるでしょうに、心に雨雲が押し寄せたり、豪雨にふられたりと、いつも晴れた朝ばかりじゃないから、私たちの人生は多くの情緒を経験できるのかもしれませんね。

Beehive 〈M〉
2009/08/31 13:04
◆亜実さんへ

優しいコメントありがとう。
あなたのコメントにはいつも癒やされます。
私は実はそんなに友人や親友が多くありません。
誰ともまんべんなくつきあいますが、「特に仲の良い人は誰?」と言われると、すぐに特定の人の名前が出てきません。
その程度の人間です。
でも、「よくケンカする人は誰?」と言われると、約一名いて・・・。
そして普段、体裁屋の私は、仲良くしてくれる人よりも、本音でぶつかりあってくれる友人を大切にするべきなのかもしれませんね。
亜実さんも、自分のすべてを肯定してくれる人や、賛美してくれる人よりも、「ちょっと引っかかる人」、そんな人を大事にしてみてくださいね。

Beehive 〈M〉
2009/08/31 13:05
◆飛鳥さんへ

飛鳥さんの比喩はとても深みがあって素敵ですね。
印刷の世界では赤・黄・青・黒の4色のインクを使って、その混ざり具合ですべての色を表現しますし、モニターや画像などの世界では赤・緑・青の3色で表現します。
どの色も欠けてはいけませんし、この4原色もしくは3原色を使っても表しきれない色については、特色といって、特別な色を混ぜ込んでいって、その発色の幅を増やしていきます。
色は混ぜれば混ぜるほど複雑な色が再現できますし、単色で使えばそれはそれで鮮やかな発色が楽しめる。
私たちもある時は三つ巴のミックスカラーを表現したり、またある時は単独の強い色を弾き出したりと、さまざまな発色を互いに楽しめる、そんな関係でありたいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

Beehive 〈M〉
2009/08/31 13:05
こんにちは。いつもコメントありがとうございます(^o^)/

前後いくつか拝読させて頂きました。
ん〜っ!なんだか皆さん、ハートがお若いのだなぁ…というのが正直な印象であります(^_^)v。それはステキな事です。
なので自分は年をとったなぁ…と思いました(*^-^*)
木曜日の帰り道
2009/08/31 17:34
◆木曜日の帰り道さんへ

そうなんですよ…。
ハートばかり若くて…。
でもこの三人グループ、いちばん年上の〈K〉さんと、いちばん年下の〈S〉くんとの間は、ほぼ10歳もの歳の差があります。
その間にはさまっているのが私。
だから、木曜日さんも、もしかしたら3人のうち、誰かとは同世代かもしれません。
古いつきあいの三人なので、子ども同士のような遠慮のない関係です。
どうぞ呆れずにおつきあいください。(^_^)

Beehive 〈M〉
2009/08/31 20:28
こんばんわ、一番いごこちが良い場所。も 長くいるとなんだか単調で・・・・なんてことも結構あるもので、
そんな何気ない日常の一部が 特別であることを改めて実感する為に。  ちょっと遠出をしたのですね。
渡り鳥のよう(笑)「遠くをめざし!いざ!!」
と飛び立ち、 そして、 戻ってくる。
どうして、そんな遠くまで行くのだろう・・渡り鳥。

鳥にたとえちゃ ちょっと失礼かな??
あたたか(あたたかデザイン)
2009/08/31 22:42
◆あたたかさんへ

鳥にたとえてくださったのは、かなり良心的で思いやりに満ちていると思います。(笑)
ありがとうございます。
所詮、戻ってくる場所があるからできる、時間限定の冒険だったのかもしれません。
特に今回は、はからずもついてきた誰かさんの「30分だけだぞ!」というプレッシャーがあったために、余計に「ひとときの」というリミットがよくも悪くも印象的な再会にしてくれました。
これはいやみじゃなく。

結局、私はあの夜も今も、自分の巣から一歩も出ずに、ちょこっとだけ外界に顔を出して自分の巣の中にないものを見て、それで自分の巣の内がそれほど悪いものでないことを確認したかっただけなのかもしれません。


Beehive 〈M〉
2009/08/31 23:14
お早うございます
実はコメントを入れてから
再び訪れてコメントを書きかけましたが
止めました
なぜでしょうね
様々な思いを書いてみたいけど
それは全て対極にあって
対極にありながら交わりを求め
交わりを持とうとすると瞬く間に冷め
そんな思い故に
収集の付かないコメントになりそう
男女の情は切ないわね
どなたもこなたも(苦笑〜
飛鳥
2009/09/04 11:10
◆飛鳥さんへ

飛鳥さんのところでは、私の両性具有的な奇妙な内面を綴らせていただきましたが、このように私の現実は普通に女性のそれであります。
私は究極の女性性と、究極の男性性は、官能への切望であったり、性や生への慈しみであったりと、結局は同じところに帰結すると思っています。
だから、うんと「女性」が濃い人は、併せ持つ「男性」の部分も濃く、同じように男性も、うんと男くさい人は、女の部分も色濃く持っていると信じています。
心理学用語で言われる「アニマ」と「アニムス」。
実はエロスへとつながる2つの階段に過ぎず、どちらもそのソースは同じものだというのが、その分野にあまり詳しくない私の直感です。
ですから、内面の男性を秘めている飛鳥さん。そして私。
どちらも、きっと女性の部分もこっくりと濃くて、けっこう、その、なんと言いますか、面倒な人生ではありませんか? (笑)
Beehive 〈M〉
2009/09/04 11:52
こんばんは
気張って拝読して
最後で思わずワラケました(^◇^)
そう結構面倒かもしれない(笑
とっても嫌になるくらい面倒だけど
嫌になればなるほど性が強くなる的な?
様々なシーンで性を超えて人を
好きになりますね
時として年齢も(笑
自分の体も年もどこかに置き忘れてふりを
した感じかしら(笑
妄想に入りやすいわ^^
って どこか話がずれたかしら
基本 私天然です(笑
飛鳥
2009/09/04 22:58
◆飛鳥さんへ

知人の言葉ですが
「無情であるより、多情であれ」。
いい言葉でしょ。(笑)
もちろん、キモチだけの問題です。
身モチはかたくなくては、精神的な官能は育ちませんものね。
<M>

Beehive <M>
2009/09/05 00:03
お早うございます
精神的な官能は
「いい仕事」をするうえでは
欠かせないものだと私は感じます

体の欲望をそのままダイレクトに
埋めてしまうのは
ある意味「清算」的なイメージが
あります
恋焦がれても抱く事も抱かれる事もなく
終わってしまう初恋って
ずっと心に残るでしょ
だから体の関係より心の関係の方が
奥行きが深くて
良い意味でとらえれば自分の幅を広く
できますよね
一歩間違えばそれに囚われてストーカーに
なっちゃうけど。。。
まぁ中にはそれらすべてをも
素晴らしい変換能力によって
自分の糧にする方もまれに
いらっしゃるけどね^^
飛鳥
2009/09/06 10:14
◆飛鳥さんへ

おっしゃること、とても共感できます。
それででしょうか、私は多情なくせに奥手です。(笑)
そしてそれは清純とは対極にあって、単に関係性の旬を長引かせたいだけという、姑息な本能なのかもしれません。
あとは「面倒くさい」というのもあるかな。(笑)
単刀直入に言って、セックスって恥ずかしいものだと思うので、できれば好きな人とはしたくないです。
昼間っからすごいこと言ってすみません。
〈M〉


Beehive 〈M〉
2009/09/06 10:58

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「夕立ち」 詞人集団 Beehive/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる