詞人集団 Beehive

アクセスカウンタ

zoom RSS 「恋ナノカ。」

<<   作成日時 : 2009/12/20 01:21   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 43 / トラックバック 0 / コメント 216

画像 風がしみるなら
 目を閉じればいいのだろう
 でもそれじゃ
 まるで負けたみたいで
 シャクじゃないか

 フェンスの向こうの
 土手の向こう
 どうしたらきみを誘えるの
 ススキとアワダチソウの深い森に
 きみと埋もれたい昼休み

 唇が荒れてるね
 枯れ葉みたいに
 カサコソ音を立てそうだ
 僕の枯れ葉を重ねて
 もっとカサコソいわせたい

 河原の風は
 きっとここより もっと冷たい
 負けじと見開く双眸に 
 涙がはりつめて流れるまで
 僕はもう されるがままの意地っぱり

 嘘泣きじゃないよ
 悲しくもないけど
 むしろ怒りだ
 きみさえいなけりゃ
 いなけりゃと呪う
 僕は僕が大事なのに
 きみも大事になってしまった

 恋ナノカ。
 コレガ
 恋ナノカ。

〈S〉



これは「責任とって脱退中」の<S>くんが、ゴタゴタが起こる直前に、管理画面に残していった記事です。
この後に続くひとりごとやメンバー間のやりとりも含めて、とても味わい深い内容なので、本人不在のまま公開します。
本人に了解をとったところ「それじゃ、ぜんぜん脱退じゃないじゃん! カッコワリィよ!」と渋ってましたが、ここの管理画面にある文章はすべてBeehiveに権利があるものとみなして、力づくの公開です。(笑)
本人の意思でコメント欄を閉じていましたが、それも、管理人である僕と<M>さんの意志で、あえてコメント欄を開放しました。(これも力づくで了解させました。)
「脱退中」の<S>からのお返事は約束できませんが (無理しなくていいよ、<S>くん)、感想・励まし・メッセージがありましたら、よろしくお願いいたします。

シバタ、とりあえず一度ちゃんと戻っておいで。
そして、ちゃんと3人そろってから、解散しよう。

<K>





詠み人〈シバタ〉のひとりごと 

僕、好きな人ができたかもしれない。
ある人のことがとても気になります。

いつからだろう。
ずっと認めたくなかったけど、もういいかげん自分には隠せない。
でも、わけあっておつきあいはできません。
とても苦しい。

今から新しい誰かを好きになることなんて、もうないだろうと思ってた。
忘れられないあの人やこの人への思いを胸に、テキトーにそのへんの女性を抱いて生きていく、自分はそんな男なんだろうと思ってた。
それなのに、どうして今さら。
どうしたらいいの。
僕はこれからどうなるの。
これまで好きだった人たちに、さよならを言わないといけないの?


まだ大事に秘めていたい気持ちなので、今回はコメント欄を閉じさせてもらいます。
だって、誰にも触らせたくない気持ちなんだもん。
心細くて、心もとない。
今、俺は混乱している。



   シバタ、おめでとう。
   でも、おつきあいできない人って・・・。
   また人妻なの? 
   (いきなりつっこんでみるけど。笑)  〈K〉


   ちがうよ!
   あのね、はじめてなんだ。
   はじめて年上じゃない人を好きになった。
   でも、どういう人かは詮索しないで。
   よけいなこと言いたくないから、コメント欄を閉じたんだから。 〈S〉


   〈M〉さん、よかったね。
   ようやく肩の荷がおりた?
   それともフクザツ?  〈K〉

 
   両方・・・。(笑)  
   こんな日がくると思ってた。
   どうして「おつきあいできない」のかはわからないけど、
   シバタが苦しまないよう、いろいろな障壁が取りのぞかれるよう祈ってる。
   あなたの背中が、晩秋の風に吹かれて遠ざかるのを、ここから見てる。
   〈M〉








※ お騒がせしましたが、シバタ、本日よりコメント欄にて、復帰いたしました。
   いろいろゴタゴタしてすみません。
   今後ともよろしくお願いいたします。  12/26 <S>






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 43
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい
驚いた 驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(216件)

内 容 ニックネーム/日時
落ち葉に例えたことが、
いつかまた・・・
という残心を感じます。

それと同時に、
乾いたこころという命題も、
わたしの胸を流れてゆきます。

本当の気持ちなのか、
熱病なのか・・・

確かめるのは時間がかなり必要・・・

でも、
その時間を越えて感じる何かは本物。
その気持ちを大切にしたい。

決して諦めじゃない、
決して盲目のがっつきじゃない。

そこにある、
確かなものを認めたとき、
心は永遠につながりあってゆく。

それを気づかされるための、
甘くて切ない時季・・・
そういうときが、
人生にはありますよね。

生きてて良かったと思えるこの瞬間を、
大切にしたいですね。
門前の小僧
2009/12/20 01:54
>誰にも触らせたくない気持ち
をべたべた触るつもりはありませんが、コメント開放されてる以上、読み逃げも悪いかなと思い、、、。
感想だけ。

Sさんのご乱心の影には、こんなドラマもあったのですね。
>これまで好きだった人たちに、さよならを言わないといけない
そんな潔癖さが、Sさんを苦しめたのかな。
なんて無器用なSさん!

あなたが幸せになるための方策なら、それが一時的な隠遁だろうと雲隠れだろうと、応援しますよ。
前記事でMさんも書いてましたが、一度はそれまで馴れ親しんだものから離れないと次に行けないこともあるかもしれないですし。




∞メリーゴーラウンド∞
2009/12/20 10:36
Kさん、
ありがとうございます。

Sくんの せつなくも、
純粋な恋の詩、を
公開していただいて。

鳥肌がたちました。

前記事の、最後の方の
やぶれかぶれで、やけくそな、
コメント合戦が
帳消しになるほどの、
  感動です。

これで終わりで、よしです。

Mさん、Sくん、このブログで、
自由な、自由な、魂を
見せてくださり、
ありがとうございます。

上手く言えませんが、
私にとっては、
たくさんの多くのことを、
気づかせていただきました。

皆様の、それぞれの職場での
今後のご活躍を
心よりお祈りしています。

きらり
2009/12/20 11:46
 <S>くん、そうでしたか・・・。

勝手な解釈で、意見を言ってしまった様で・・・。
申し訳ない。

これを、読ませてもらって何となくだけど、気持ち
伝わって来た。

ホント、淋しいけどそんなことなら
これはしょうがないかな・・・。

これから旅に出ていく<S>くん、
恋は食欲と、睡眠を阻害すると聞きました。
くれぐれも、体には気を付けようね!

私も、いろんな意味で、このブログで勉強出来ました。
そして、助けられましたよ。ほんとです。

心から「ありがとう!」
 感謝です。
カラスです。
2009/12/20 13:05
今回の詩(詞)結構好きです。
やっぱ才能あるよ!
触れられたくないみたいなのであえてふれませんが…ちょっと気になる(^^;)

今回の事で理由は一つではなく複雑な沢山の理由もあったんだな〜とも思いますが今年は色々と素敵な言葉ありがとう。
お身体に気をつけて下さいね。
きらきら
2009/12/20 15:27
シバタさん!素敵な詞ですね。。。
‘唇が荒れてるね 枯れ葉みたいに’辺りのとこが、シバタさんらしい気がしたし、切ない感じが出てて、とても良いと思いました。

わぁー!純粋な!恋の詞だぁー!(笑)
ヽ(*^^*)ノ

キャー。恥ずかしー。。。
ε=ε=(/*~▽)/キャー

からかうのは?これぐらいにして。。。(*^^*ゞ

今、思ったことを、さらっと詞にしてみました。


シバタさんへ☆

突然 嵐のように

私の目の前へ現れたあなた。。。

大きなエネルギーで

たくさんの感情たちをかき回した後

ひっそりと静けさの中

私の元を離れて行くのですね。。。


私にとっては竜巻みたいな人だった

いっぱい素敵な刺激をくれました


今度はあなたの番ですよ

自らが嵐の渦の中へ入って

身を投げ出してください

恋の嵐の中へ


Beeさんへ☆

ここは私にとって、唯一、感情をぶつけることができる場所だったかもしれません。
決して、長い間ではなかったけど、すごく楽しかったです。

最後の最後まで、風はどう吹くか分からないから。。。
まだおしまいだとは決めたくはありません。

それにまたブログに戻りたかったら、いつだって?例え一人だって始められるのですから。

どっちにしても?ここのブログはすぐには無くなりませんよね。

過去の記事もちゃんと読みたいですし。残して置いてほしいですー。。。

よろしくお願いします。

今までというか?一応、今年はお世話になりました。

どうも、ありがとう!〜☆

☆留加☆

。.:♪*:・'(*⌒―⌒*))) スペシャルスマイル
留加
2009/12/20 15:43
詩の中にシバタさんのもどかしい気持ちとか、不器用さみたいなのがすごく見え隠れしてて、こちらまで「どうにかしてあげたい」って思っちゃいます。
「かもしれない」と思った時点で、その人のことはきっと好きなんだと思います。でなければ「好き」なんて言葉も使わないと思いますから。
お付き合いできない事情は、人それぞれ、いろいろあるかと思います。私にもそんな経験が、少々ございますから・・・(笑) そんな恋ほど、どうしていいかわからないし、なかなか終わらせることもできない切ないものだと思います。けど、どんな相手であれ「人を好きになる」っていいことですよね。 叶わぬ恋であったとしても、好きになるって気持ちは大切にしてほしいなと・・・って、なんだかよくわからないコメントになってしまいましたが。 
私も、この詩が大好きだってことで、しめさせていただきます(笑)
オレンジ
2009/12/20 16:38
 今晩は。
 胸中に秘めた人は<S>さんを恋焦がせる存在。 
珊底羅
2009/12/20 18:11
なんだかな〜シバタもしっかり恋愛してるじゃん!
良かったね〜! 素直に生きていこうよ!

オレもお前もさ〜人生短いんだから 楽しまないと・・・。 

私の恋愛は、順調ですよ!会える時間は短いけど・・・デートを重ねて行くうちに 彼女の気持ちも、まんざらでもないようです。 年齢さ14歳あるから、オレにとっては、可愛くてどうしょうもなく・・・メロメロ状態だけど・・・その分障害も多い・・・お母さんとも14歳違いだから・・・複雑です。 
俺の話はいいから、早く出てきて 俺みたいにのろけて見せろよ・・・待ってるよ!
GTO
2009/12/20 18:15
誰にも触らせたくない気持ち

なら触れません!!!
それこそが支えになると思いますヵら。
でも苦しくなったら
いろいろ話してくださいね。
あ!!苦しくなったら話せないかww
でもひとまず今は触れません。
またいつかの機会に♪
話したくなったら話してください。
触られてもいいもしくは
触ってほしかったら言ってください。
一番最初に触りにいきます((笑

倉本さんの言うとおりですよ。
一回もどってきて3人でしっかり
話し合うべきだと思います。
周りがどぅとヵ反省のまえに
ここのブログは3人のブログです。
解散させるのも
続けるのも3人の意思です。
だヵら1人が欠けたらどっちにも
できない中途半端じゃなぃですヵ
中途半端が一番周りの人に
迷惑だと思いますよ♪((笑
だヵら帰ってきてください。
↑ほぼ強制www
第三者の無月は結果を楽しみに待ってます。
無月
2009/12/20 18:57
 ↑そうですね、やはり「けじめ」ってやつですか・・・。

こんな事、ホントは言いたくありませんが
「けじめ」の付けられない者は、
あらゆる物にも、けじめられないですヨ。
・・・そー考えると、<S>くんらしくないな。
やっぱ、恋してるからか・・・。

出来れば、そっとしといてやりたいんだが・・・。
カラスです。
2009/12/20 19:34
●皆様へ●

〈S〉くんの記事にコメントや気持ち玉をお寄せくださってありがとうございます。
「遅れてやってきた思春期」に戸惑う〈S〉くんは、ご存じの方もいらっしゃるように、夕べは前記事で〈M〉さんに求婚するなどの典型的な血迷いぶりを発揮しており、それはそれは小気味よい“恋する男”の混乱を呈しております。(笑)
職場の状況も落ち着いての愚行かと様子をさぐってみましたら・・・

彼、新型インフルエンザに罹患しておりました。(爆)

職場の集団感染も落ち着き、同僚が次々復帰し、人手不足によるハードワークも収束の様相を呈した矢先、最後まで残った有資格の確認整備士として、不眠不休の奮闘を強いられていた彼も、ついに力尽きた様子。
発熱後のタミフルの迅速な服用が遅れたせいもあり、現在も高熱にうなされております。
哀れ。
夕べのあの戯言は、高熱のさなかのうわ言だったようです。

↓<下に続く>
Beehive〈K〉
2009/12/20 19:42
〈M〉さんが一足早く彼の異変に気付き、たくさんの食べ物をもって〈S〉の自宅前に駆け付けましたが、一人で彼の部屋を訪ねる勇気がないと、僕に電話が入り、玄関前でタッチ交替。
彼女は〈S〉くんに会わずに帰っていきました。
(賢明な判断ですね。笑)
そんなわけで、私、倉本はしばらく〈S〉くん宅から職場に通います。
日中は留守にしますが、夜は彼の様子を見にここに戻りますので、皆様、どうぞご心配なきように。
久しぶりのイケメン〈S〉くんとの同居。
しかも相手は熱に冒され無抵抗。
うしし。

恋心など「誰にも触らせない」などと大事にするモノではございません。
みんなで触って触って触りまくり、手垢だらけにして、返してやりましょう。
〈S〉よ、早く回復して、飛び込む勇気を持つように。
未来は青年、きみのものだ。

というわけで、皆さま、引き続き彼へのご声援をよろしくお願い致します。

倉本 拝



Beehive〈K〉
2009/12/20 19:43
そっとしておく方がいいのだろうと思ってました。
倉本さんのコメントを読むまでは。
途中、笑ってしまいました。可笑しいですよ、倉本さん。
シバタさんの為に泊まられるのは本当に凄いことだと思います。幸せですねシバタさん。
でも、危ないですよね?
シバタさんがではなく、倉本さんが風邪を貰わぬようにきを付けてくださいませ。
木の葉
2009/12/20 20:41
そうなんですかー。。。熱にうなされての求婚?!
もしかして?夢と現実が分かってないのか?!
倉さんが付いてるなら安心ですね。。。
本当に、シバタさんは幸せ者だわ!
ん?もしかして、倉さんは、またそこで何かネタにしようとしてたりして。(笑)
とにかく、お大事にしてください。それから後で!ですよね。。。
倉さんも移らないように注意して、頑張ってくださいね!
(*^_^*)
留加
2009/12/20 21:35
こんばんは。
<誰にも触らせたくない気持ち>
この気持が判るので、私もソットしておこうと思ってたのですが・・・
新型インフルエンザに感染してしまわれたのですね。
発熱後直ぐに薬を飲まなければ効かないそうですね。
姪も随分かかりました。
兎に角温かいものを沢山食べて栄養付けて、グッスリ寝て、身体を休めてあげて下さいね。
(K)さんが泊まってくださるので安心ですね(^^)
(K)さんもお風邪を召されません様に ご自愛なさって下さいね(*^-^)♪
マリー
2009/12/20 23:21
今まで好きだった人に、さよならなんて言わなくていいと思いますよ。
思い出だもん。
新型インフルエンザ、大丈夫でしょうか。
タミフルって48時間以内に飲まないと効果がないんでしたっけ。
我が家はまだ一度も季節性をふくめ、インフルエンザというものに罹ったことがないのですが、高熱がきついらしいですね。Kさん、しっかり看病をお願いします。
ブルー・ブルー
2009/12/20 23:53
こんばんは〜
よく冷えますね。
お熱のほう大丈夫でしょうか。
毎夜のお仕事疲れもおありでしょうから、この際よ〜く眠ってお休みくださいねぇ。
K様がおそばにいて、温かいものなど作ってくださるでしょうから安心だけど、ほんとにM様もK様も優しくていい人ね。
いつも、いつもありがとうございます。
命は大丈夫そうみたいだけど、お熱が引くよう祈ってますね。
K様も大切なお体ですからよく寝て、ご自愛くださいませね。

織り姫
2009/12/21 00:42
夕べのコメント合戦をハラハラしながら見守っていましたが、一方で「これこそBeeワールド…」とコーフンしておりました。笑
Sくんの熱にうなされての求婚は、気の早いマリッジ・ブルーのようなもの?
新しい誰かに寄り添う決意をした途端、昔の想い人に連絡をとってみたくなる。
もう一度やり直してみたくなる。
誰しも思い当たる心理ではないでしょうか。

それにしてもMさん、よほどSくんの「馬乗り」に懲りてるのね?
そんな話は初めて聞きましたが、道理でSくんとの二人きりを避けるわけね。
でも、さすがにインフルの高熱状態では無理だと思うけど。笑
むしろKさんに奪われそうで心配。Sさんの純情が…。

MさんもSくんも、笑顔でここに戻ってきますように。
解散するにしても三人揃って。
Kさんの意見に賛成です。
マグロ
2009/12/21 01:15
「恋カモネ。」
でも何で
おつきあい出来ない人ばかり
好きになるんだろう。
幸せになれや。
Mさんとは次の星で結ばれるかもね。
ゆゆ
2009/12/21 18:52
ジバタ、生きてる?
熱、どう?
なんか食べた?
今から帰るからね。
〈K〉
Beehive〈K〉
2009/12/21 21:01
若かさって、いいのう

おっさんは、生まれ変わったら結婚しようといい交わしたひとと、来世の縁が切れないように
年賀状の付き合いだけは・・・続いておりますから

若者よ、リアルに出てこんと
低温冷却ギャグがわかんぞな(-_ゞ
└|∵|┐高忠┌|∵|┘
2009/12/21 21:51
Kさん、お疲れ様です。
その後、Sくんの容態はどうですか?
マグロ
2009/12/21 22:15
●マグロさん他、皆様へ●

先程シバタの部屋に戻りました。
朝、用意していった食事にはほとんど手をつけていません。
ワカメのスープを少し飲んだ形跡があります。
あと、皮を剥いて皿に盛っておいた柿も二切れくらい減っています。
抗生剤は飲んでいるようですが、解熱剤を飲みたがらず服用していません。
やみくもに解熱剤を飲むべきでないとは僕も思いますが、もう三日も高熱が続いています。
最後にはかった熱が38・7度です。
どうしたものでしょうか。
〈K〉

Beehive〈K〉
2009/12/21 22:22
〈M〉さんへ

すみません、シャワー浴びてました。
今度は貴方の携帯がつながらない。
そちらからもお電話いただけますか。
すみません。
〈K〉
Beehive〈K〉
2009/12/21 22:59
突然のコメ失礼いたします
私は 看護師です。

インフルエンザの解熱剤の使用については
使ってはいけない製剤も在りますが

医師にインフルエンザと診断され
処方されたものは
積極的に使った方が良いと思います

アセトアミノフェンである製剤は
使用可です
従って 処方されているであろう
カロナールは アセトアミノフェンと
言うことになります

解熱剤は
6時間おきに使用可です。
肝臓への負担を避け
6時間おきとしています。

食事を取れないのは
まだ 問題ないと思いますが
水分として
スポーツ飲料を勧めます。

甘くて飲みにくい場合は
水で薄めて飲んでも
構いません。

水分は 電解質のもので
体内に取りこみやすいものを進めます

食事が摂れなくても
体内に水分が充分在れば
解熱作用を助けてくれるはずです。

もしも 
嘔気や 嘔吐 下痢などの症状がある時は
点滴を進めます。

大人で38.0度台あるのは
大変倦怠感も強いだろうし
きついだろうと思われます。

うちの医院では
インフルエンザに罹患したら
3日後くらいには
一度受診するように伝えています。

もしも 解熱しないときは
明日 受診を進めます。

医師ともご相談下さい。

取り急ぎ 
用件だけコメにさせて頂きました。

お大事にどうぞ。。
通りすがりの看護師
2009/12/21 23:02

取り急ぎお礼申し上げます。
解熱剤、やはり何か食べさせた後がよいでしょうか。
〈K〉
Beehive〈K〉
2009/12/21 23:07
ごめんなさい(^^ゞ

リンク 貼り付けてしまいました(^^ゞ
私はみゅう♪です
看護師です☆

何か胃に入れられれば良いとは思いますが
解熱剤を飲めれば
食事が摂れないようなら
無理に食べさせなくても大丈夫です。

重要なのは
解熱剤が内服出来ること♪

✾(。◠‿◠。✿)ぅんぅん
みゅう♪
2009/12/21 23:26
みゅうさんへ

ありがとうございます。
〈S〉のやつ、病院嫌いのうえに、熱で朦朧としていたらしく、医師に言われたことをほとんど覚えていなくて。
何をきいても要領を得ず、グッタリしてるだけなので困っておりました。

解熱剤を飲んで様子をみて、熱が下がらないようなら、明日、病院に連れていきます。
ありがとうございました。

それにしても…。
熱にうなされてうわ言を言う男、というのを実際初めて目にしました。(笑)
何やら機械部品の名前を叫んでいたので、夢の中でも仕事をしていると思いきや…
〈M〉さん。
あなたの名前を呼んでましたよ。
マジで。(驚)
まるでドラマ。
〈K〉

Beehive
2009/12/21 23:42
倉さん。お疲れ様です。
シバタさん。高熱がそんなに続いてるのは体力的につらいですね。。。
タミフルがもう効かなかったのかな?

先に看護士さんがコメントされてましたが。(^^;;
薬があったのに飲んでなかったのかな?
私は市販のを飲もうとしてるのかと。

せっかく調べたから、一応、書いときますね。

インフルエンザには、穏やかではあるけど、アセトアミノフェンがいいみたいですよ。
タイレノールというのは、空腹時でも飲めるらしい。
でも、タイレノールよりノーシンかナロンの方が安いし、置いてる薬局多いだろうと書いてるとこも。
そして、ここに、一般的なアセトアミノフェンの薬の名前が書いてありました。
家にあるのもあるんじゃないかな?

お大事にしてくださいね。

http://unitedknowledge.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/post-20f4.html
留加
2009/12/21 23:46
心配だったので今来てみたのですが、看護士さんがちゃんと書いてくださってますね。
食欲の無いのはしょうがないと思うのですが、『消化が良くて、温かいもの』を少しでも召し上がるようになさる方が良いと思います。
例えば、湯豆腐・煮込みうどん・雑炊・お粥・白身の煮魚など。
でも胃腸機能も弱ってると思うので、刺激の強いものは止めておかれた方が良いと思います。
そして水分補給はスポーツドリンクが一番良いと思うのですが、冷えたものではなくて、お湯で薄めたものをお勧めします。
熱を下げる方法は、おでこや脇の下・足の付け根などを、濡れタオルで冷やすと良いそうですが、これはひんやり感が逆に辛いかな。
後、お部屋の中を大体20〜25℃位にして、湿度を50〜60%くらいにするのもポイントだそうです。
乾燥したお部屋はあまりよくないそうですよ。
あまり役に立たないかもしれませんが、私が知っていることを書かせていただきました。
(K)さん 宜しくお願い致しますm(__)m
マリー
2009/12/21 23:54
★氷枕の使用方法について

マリーさんも書かれている通り

人体の動脈で
表皮に近い部分を走る
両脇の下(脇か動脈)・頸部(頸動脈)
そけい部(そけい動脈)を
氷枕で冷やす事が効果的ですが

手足の末梢が 冷えて来たら
体幹は 熱があっても
末梢血管が締まってしまいます

背部全体に当てる事も効果的であると
思われます←タオルで巻いて下さい☆

しかし 発熱していても
末梢血管が締まってしまう場合があり

悪寒がある時や 
手足が冷たくなってきたら
氷枕は外し 冷やさず

悪寒がある時は 熱が上がります

熱が 上がりきるまで
氷枕は 外し

本人が熱感を訴え
熱い 熱い。。と言ってきたら

<本人が熱さを訴えてきたら
徐々に解熱して行きます>

氷枕で冷やす方法を進めます。

それとは 別に
熱が持続されている場合は
6時間おきに解熱剤の使用を進めます。

通常は38.5度以上で
6時間おきに内服する事と
頓服で処方されていると思います。

体温が 
低い状態で解熱剤を使いすぎると
いざというとき効かなくなる 
そして
反動で 高い熱が出る事があります

とりあえず
コメとして置いておきます☆

お大事にどうぞ♪
みゅう♪
2009/12/22 00:35
●アドバイスくださった皆様へ●

本日はありがとうございました。
皆様のアドバイスに従って、〈S〉くんに少し食事をとらせ、薬を飲ませて体を冷やしました。
(冷やすと気持ちがいいと言います。相変わらず解熱剤は飲もうとしません。)
〈M〉さんも電話とメールで、皆様とほぼ同様のアドバイスをしてくれましたが、僕の看病ではおぼつかないと思ったのか、仕事帰りに寄ってくれて、ゼリー飲料やイオン飲料、冷却剤他を差し入れてくれて、明日の分の雑炊の下拵えをしていってくれました。
僕にはビールのお土産も♪

〈S〉くんは眠っていたので、「寝顔だけ見て帰る」と彼の寝室をのぞいたところ、やおら〈S〉が〈M〉さんの腕を掴んでベッドに引きずり込もうとしたので、僕と〈M〉さんとで、こてんぱんに〈S〉を叩きのめしました。
まったく油断も隙もありゃしない。

というわけで、高熱にあえいでいても相変わらずの〈S〉くんです。
昨日は39度台をぶっちぎっていましたので、峠は過ぎたと思われます。
またレポートします。
本日のところはおやすみなさい。
皆様ありがとうございました。
〈K〉

Beehive〈K〉
2009/12/22 02:02
今朝の具合はいかがですか。
解熱剤を飲まない理由が、分からないのですが・・・。
私もアレルギーがあって、あまり薬を好みません。でも医師に処方されたものは飲みます。主治医を信じて。
新型インフルエンザは、人類が初めて遭遇するものです。出来るだけの処置をして、体力を温存して敵(インフルエンザ)をやっつけないと。お大事に。
〈K〉さんも、お気をつけて。
沙羅
2009/12/22 09:32
看護師さんもいらして
適切な処置法を書いていらっしゃるようですね
どうかKさんも移らないように気を付けてください
Sさんが早く回復されるのを
祈っています
飛鳥
2009/12/22 10:50
こんにちは
インフルエンザだったのですね。
御加減いかがでしょうか?
解熱剤も飲まないなんて、無謀です。
しっかり栄養とって、早く元気になってくださいね。
詩はとっても素敵です
すとんと こちらに入ってきました。
幸せに なられるといいですね。
それより先に、早く元気に回復して
皆さんを安心させてください。
お大事に。

2009/12/22 11:54
 し〜ば〜た〜!!!
ったく、君って奴ぁ〜!
何処まで楽しませてくれるの!!!

しかし、このオトシマエは、ちゃんとつけなさいよ!
男として。

どれだけの方々が、どれほど心配してくれたか・・・。
一度、三途の川でも見て帰ってらっしゃい!
それで少しは熱も下がるでしょ。

それと、<K>さん、クレグレモお気を付けて。
よろしくお願いします。
カラスです。
2009/12/22 19:39
懐かしいなぁ・・・・。
恋・・・・・。
愛・・・・・・。
そして
哀・・・・・・・。
そんなこともあったなぁ・・・・・・・・・・・。
Pochi
2009/12/22 19:45
 ↑ Pochiさんに同感!
 ここの場所が気になったのは、
 むかーしの濃い恋心を
 チラッと思い出させるところ
 だったからかな。

教訓@Sくんの嫁さんは看護師さんが良い。
  ASくんはKさん・Mさんに一生頭が上がらない。
   ・・・腐れ縁(?)は続く・・笑

お大事に!!
インフルエンザは予後が大事よ。
いくら若くてもね・・
しかし・・・ここでSくんにそういうの
2度目だなぁ・・・
嬉羅璃(きらり改め)
2009/12/22 20:31
●皆様へ●

いつもご訪問ありがとうございます。
こんな、管理人がゴタゴタしてて、記事担当者は脱退中で、しかもその彼のインフルエンザ病状報告が毎晩コメントされる変なブログに、よくぞご訪問くださいますね。(笑)
まこと、皆様には足を向けて眠れません。

〈S〉は以前、無免許のヤブ医者から出された解熱剤で調子が悪くなったらしく(どんな経緯だ)、なだめてもすかしても解熱剤を飲もうとしません。
脳内の学習系が動物並みに単純な彼は、一度懲りると頑固なのです。
夕べ、薬を飲まないなら俺はもう帰る、と言ったら渋々飲みましたが、彼が寝たあと、なぜか枕の下から飲んだはずの薬が出てきました。
呆れます。

↓<下に続く>
Beehive〈K〉
2009/12/23 00:10
その癖、やはり熱がつらいようで、夕べは(爆睡していて氷嚢を取り替えてやらなかった僕がいけないのですが)、フローリングの床の冷たさを求めて、ベッドから掛け布団ごと床に這い下りて、床を氷嚢がわりに這いまわった様子。
明け方目覚めてトイレに行った時に、玄関近くに寝ていた彼を踏んでしまい、「ふえーん」と子どものような泣き声に心臓が止まりました。
本当に彼「ふえーん」と言ったんですよ。
萌えました。(笑)

熱は本日には37・9度まで下がりました。
日中はもっと下がったようですが、どうも夜になると熱が上がる傾向が。
昼間ひとりなのを心配していましたが、どうやら昨日も今日も、インフルから生還した職場の上司や同僚が様子を見にきてくれたようです。
ごんぎつねが通う家のように、着々と玄関先や冷蔵庫の中の物資が増えていくので気づきました。
インフル長者。

とまあこんな感じで、〈S〉くんとの同居生活、それなりに楽しんでる倉本でした。

〈K〉

Beehive〈K〉
2009/12/23 00:11
あの、Mさんはどうなったのでしょうか。。。
Sさんの看病に駆け付けてらしたようなので、仲直りされたと思っていていいんですよね。
前記事のコメントのなりゆきを、とても心配しています。
戻ってきてほしいです。
実はMさんの隠れファンでした。。。

Mさんのあたたかい眼差しがあったから、Sさんはここまで頑張ってこれたんじゃないかなと思いまして。。。
だからこそ、Mさんからの旅立ちが切なくて辛かったのかな、と思いますが
そんなMさんだから、これからもSさんのことを見守ってあげてほしいです。

外野が勝手なこと言ってごめんなさい。
m(__)m
サラダ巻き
2009/12/23 00:48

サラダ巻きさんへ

あぁ、〈M〉さんのことね、忘れてました。
というのはもちろん嘘で、〈S〉のインフル騒ぎに乗じて、あえて触れてきませんでした。
「裏で調整します。お時間ください」なんて言ってましたが、実は何もしていない倉本。(笑)
このままダラダラと時間が過ぎるのを待ち、更新予定日になったら、何食わぬ顔して「ハイ、貴方の番ですよ」とふって、自分はそのまま音信不通になって、反論も言い分も受け付けない、という“なあなあ戦法”で行こうかと思ってたんですけど。
(しまった、ここで手の内を明かしてしまった!)
それじゃダメですかねぇ?
もうなるようになれ!
という気分です。(笑)
〈K〉


Beehive〈K〉
2009/12/23 01:00
こんばんは。
お熱が少し下がってきましたか。
良かったです。
少し安心しました。
夜に熱が上がるのは、少し身体が楽になった分お昼間に動かれるからだと思うのですが、未だ38℃ほどあるし、もしかしたら又上がるかもしれないので、油断は禁物ですね。
(K)さんもお忙しいでしょうけれど、もう少し同居生活をお願い出来れば嬉しいですm(__)m
マリー
2009/12/23 01:23
こんにちは〜
お具合、いかがでしょうか。
K様毎夜の看護お疲れさまです。
インフルエンザは、十分な体力と免疫力があれば、通常の風邪より症状が激しくてもだいたい一週間くらいで自然に治るようです。
が、肺炎などを併発して重症化することもあるので、室内の湿度を乾燥させないで水分を十分に補ってね。
身体を温め安静にして睡眠を十分にね。
身体を温かくする蜂蜜しょうがの飲み物、栄養のある温かい雑炊などいいと思うけど。
K様に感染しないことを祈ります。
マスク、手洗いと、温かくしてお過ごしくださいね。
いろいろ、お世話になりますね。

気持ちですけど、どぅぞぅ。ぅふ
いいけどね。
織り姫
2009/12/23 09:20
すみません。
いいけどね は誤字でした。
織り姫
2009/12/23 09:22
おはようございます^^
S君のお加減いかかでしょうか。
Kさん、Mさんの献身的看護。
ホント幸せ者ですね、S君。
”らしい”ところもコメントで拝見しますがやはり熱が気になります。
飲んだはずの薬が枕の下から出てきたって”まるで子供”じゃありませんか(笑)
でも快方へ向かう事を切に願ってます。
Kさんもくれぐれもお大事に!
また元気な3人に会いたいな〜〜☆彡
betty
2009/12/23 10:29
●皆様へ●

何も毎晩報告するほどのことでもないと思うのですが。(笑)
ここ数日で日課となってしまった、<S>くんの病状報告。
興味ない方、スルーしてくださいね。

今日も熱は37度台をウロウロ。
少しずつ食事も喉を通りはじめ、そのせいかアレが欲しいコレが食いたいといった要求や憎まれ口も出てきて、<S>くんらしい生体反応が現れはじめました。
ようやく携帯の文字画面を追う余裕が出てきたようで、ここのコメントを照れくさそうに見てたり。
さて、このくらいになると、彼の場合、安静にさせるのが困難。
ちょっと元気になると、おとなしくしてられない。(笑)
コンビニに行きたい、外に出たい、風呂に入りたい、本読みたい、年賀状書きたい、送金したい。
もう面倒見きれんと匙を投げそうになった時。
特別養療施設へと<S>くんを強制連行するゲシュタポが来ました。
大久保の韓国食堂のご子息・Gクン。
食堂のオモニ(母さん)とハルモニ(おばあさん)の命を受け、<S>くんのマッチョにも負けないモムチャン男子Gクンが、<S>を生け捕り&拉致して、大久保のハルモニ宅へと連れて行くことに。

二日ほど前にオモニ、昨日はハルモニから電話が来ており、「こっちに来なさい」「彼を連れてきて」と言われていましたが、お歳を召したハルモニのところに新型インフルの患者を連れていくわけにはいきませんし、本人も「ケンチャナ(大丈夫)」を連発していることもあり、「僕がいますから、様子を見ます」と言って辞退していました。
↓<下に続く>
Beehive <K>
2009/12/23 23:07
でも、老チャングムの異名をとるハルモニに言わせると、病気は罹りはじめと予後が大事。
ウイルス性の病いの最盛期は抗生物質に勝る対処はないけれど、熱が下がってきたけどいまひとつ、という持久戦に入ってからは、西洋医学よりも食事と経絡療法の韓方(韓国の漢方?)が効果的と主張するので、僕もなんだかそんな気になってきました。
そして<S>くんも、最初は「ケンチャナ〜」だったのが、熱が少し下がったら移動が億劫ではなくなったのか、「アラッソ、アラッソ、コマスミダ〜(わかった、わかった、ありがとうございます)」とハルモニに従う様子を見せたので、今日、迎えのゲシュタポが来たというわけ。

僕も一緒について行き、表の食堂でオモニや常連さんと食事をし、先ほど自宅に戻りました。
ハルモニに伝染病患者を預けて大丈夫なのかという心配もありますが、オモニもGクンも「あ、それは心配ないから」と自信たっぷりに断言するので、思い切ってお任せすることに。
医者に行きたがらず、薬も飲みたがらない<S>も、ハルモニに言われたものは何でも飲むし、食べるし、言うことをきく。
絶大な信頼を寄せている、彼の“主治医”なんです。
僕も今日、脈をとられ、「うつってないね。でも念のため、これ飲んでおきなさい」と、その場で数種類の生薬を調合したお茶をいただきました。

というわけで、僕は久しぶりにこの報告を自室から投稿しています。
明日から週末まで、ちょうど仕事も年内最後のスパートとなり、帰宅も遅くなることが予想されますので、<S>くんをハルモニに預けて少し肩の荷がおりました。
それにしてもあいつ、天涯孤独のようでいて、味方が多いなァ。
人徳なのでしょうか。
ちょっと羨ましくもあり、頼もしくもある倉本でした。

<K>
Beehive <K>
2009/12/23 23:08
We Wish You A Merry Christmas And A Happy New Year♪
 三人に何か良いことがあるといいですね。良い子にしていたらですけどね。
 無神論者でもこの時期ぐらいはね。
 詩とは関係ないコメントですが。

2009/12/25 00:14

きっと神様は、
Beehiveの皆さんに素敵なプレゼントを、
くれると思います。

とりあえず、
シバタくんが病気を治すことが先ですけど。

  お大事に!と思う・はげおやじ・より
はげおやじ
URL
2009/12/25 12:54
〈M〉さんへ

そんなに〈S〉くんが心配なら、俺じゃなく〈S〉に直接きいてみたら。
もう37度台なら、電話くらい出られるし、携帯のメールも見られるはずです。
教会で育った彼が、教会と離れてクリスマスの夜を過ごしてる。
今年は牧師先生ご夫妻とも会えないし。
ハルモニのところにいるから心配はないけれど、でもあなたは肉親のようなものでしょう。
心配なら連絡とってみてください。
叱責でも皮肉でもいいから、あなたの気持ちを伝えてあげてください。
〈K〉
Beehive〈K〉
2009/12/25 18:24

Kさん
女心を判ってあげて下さいな。
簡単に連絡取れない気持ちを。
心で強く求めあっている二人は
一触即発、それを
断腸の思いで振り切ろうとしているのに。
凛としているからこそ
結ばれない
凛としているから
愛される皮肉。
忘れる為にのめり込んだ恋が
強く硬く固まるまで
そっとしておいて
あげましょう。
と、私は思います。
いつも余計な事言ってすみません。


ゆゆ
2009/12/25 21:10
そうですか。いいクリスマスになりますね。
熱は身体をゆるめるために必要だから出るのです。
そんなときに無理に解熱剤で下げるのは身体のとってはむしろきつい。自然にシバタくんの身体はそのことを知っているのでしょう。熱があるときはひやしっぺを両脇の下。両太ももの内側にはるといいですよ。とにかく身体を冷やすことです。アイスクリームとかのどごしのいいものを。ビタミンAやCをたっぷりとって。ニンニクや豚肉の鍋もいいですよ。そうやって汗をかいて熱を下げる手もありますよ。
心の熱はなかなか下がりそうもないですけどね。ま、練習をたくさんしなければ本番に自信をもってのぞめないから。人はいっぱい苦しむのです。よかった...
☆Merry Christmas☆
ののはな
2009/12/26 00:21
ゆゆさんへ

女心ですか。
僕のもっとも不得意とする分野です。(笑)
なので、そっち方面はゆゆさんのアドバイスに従うことにします。
今後もぜひご指導ください。

ただね、〈S〉くんについて言うと、彼は今まで“距離をとること”で強迫観念を克服できたことは一度もないと思いますよ。
むしろ封印しようとすることでこじらせる。
手に入らないものをどこまでも深追いして、虎穴にわけ入って、傷だらけになって帰ってくる。
母なるものを求めて、神なるものの真実を求めて、それらを嫌悪しながら、どこまでも憑りつかれたように深追いしていく。
僕は彼のそんな姿をずっと生あたたかく見守ってきました。
今回だって、絶対に二人は縁を切れません。
〈S〉くんがヨメをもらって幸せな家庭を築こうが、〈M〉さんが老いて死んでしまおうが、二人は離れられませんよ。
なぜならもう既に二人の関係は成就しているからです。
セックスや婚姻関係をゴールとしない関係もあるのだということを、彼らが教えてくれました。
↓<下に続く>
Beehive〈K〉
2009/12/26 02:55
ただ〈M〉さんは、セックスや婚姻関係を“成就”とする世間一般からみたパートナーを、彼にも持ってもらいたいと思っているようです。
そうなって初めて彼と対等でいられる、フェアになれるとそう思ってる様子。
だから〈M〉さんは、そんな人が〈S〉くんに現れるまでの間、身をひいていようと思ってるようですが、僕に言わせればそんなの意味なし。
先々で、同じことの繰り返しをしていくだけじゃないかと思います。
別に〈M〉さんを責めてるわけでも〈S〉くんを責めてるわけでもありませんが、惹かれあってる本人同士が意図的に距離をとるなんて、事態を純化し結晶化させるだけ。
だから僕は昔から二人には「やっちまえ」「やらせてしまえ」とけしかけてきました。(笑
でも寸止めの女王とストイックな王子は永遠のアペリティフを味わっています。
そして、いつの世もモラリストだけが苦悩のうちに早死にするのです。
↓<まだ続く>
Beehive〈K〉
2009/12/26 02:57

彼らを爆撃の降り注ぐ戦火の街に置き去りにしてやりたいです。
明日をも知れぬ命となった時に、それでもまだ“相手の幸せを願う”などという大義を掲げて、“フェアな関係になる”という居心地のよい状態にこだわるのか。
僕が青鬼になって彼女を襲うことで、彼等の本心と欲望が引き出せるなら、いつでも彼女を襲うんですけど。
〈S〉に殺されそうなのでかろうじてやめています。
ゆゆさん、そういうわけで、僕はモラリストではないのです。

いかん、今日は酒を飲みすぎました。
酔っぱらいの長話です。
お許しを。
〈K〉

Beehive〈K〉
2009/12/26 02:58
〈K〉さん、〈M〉さんを責めてるの?
何度読んでもそうとれる。
だとしたら、貴兄はすでに青鬼だ。
やめてくれ。
〈M〉さんがどんな気持ちで俺の追いまわしから身をかわしてきたか、兄さん、あなたにはわからないことだ。
彼女がどんな言葉で俺を諭してきたか、どう言い含めてきたか、あなたは知らない。
知らなくていい。

あの人は首尾一貫している。
「あなたの目に迷いがあった」とは、俺の希望的・詩的観測。
あの人のとる行動と言葉にはいつも迷いはありませんでした。
そしてそれが彼女をリスペクトしてきた理由です。
安心して甘えられた。
俺だけが一方的にやんちゃをやれたし、勢いにまかせてのしかかることができた。
でも彼女は一度も揺らがなかった。
彼女の本心なんてどうでもいい、ただその揺るぎのなさが好きだった。
人として尊敬できた。
きっちりと立ってその柔らかい懐に、俺の衝撃をすべて吸収してくれた。
何度も何度も。
これこそまさにセックスじゃないか。
そう、俺の気持ちはすでに成就してます。
もう満足だ。
だからそろそろ彼女を解放してやるよ。

〈S〉
2009/12/26 03:30
熱下がったよって、〈M〉さんには俺からメールしときました。
心配させてるうちは一人立ちできないからね。

明日またここに戻ってきて、きちんと訪問者の皆さんにもご挨拶します。
今日はもう寝るね。
遅くなったけど、メリークリスマス、兄さん。



〈S〉
2009/12/26 03:32
コメントをお寄せくださった皆さんへ

ちいっす。
シバタです。
照れくさいっす。(*^〜^*)ゝ
ご無沙汰して、すんません。

〈K〉さんと皆様の、熱い愛の抱擁&接吻で
悪い魔法使いによる新型インフルエンザの呪いも解け、僕はすっかり元気になりました。
心配かけてすみませんでした。
でも、熱が下がって二日間は自宅待機ということで
超たいくつ。
自慰にも飽きたし。
脱退にも飽きたし。

高熱にかこつけて〈M〉さんを呼びだしたはずなのに、目覚めてみたら〈K〉さんがいて、超がっかりと言ったら悪いけど、危険を察知する〈M〉さんのこういう動物的勘を頼もしく思いつつも、ホゾを噛む俺です。
ちっくしょー。
最後まであの人をものにできなかった。
逃げきりやがった。
求婚もサックリ断られたし。w
しかたない。
しかたないから、次、いきます。俺。
これであきらめがついたよ。w

ほんとにいいのね、〈M〉さん。
今度はたぶん、もうあなたのもとには戻ってこないよ。
あなたから、永遠の卒業だ。
さらばじゃ、青春。
さらばじゃ、〈M〉さん。


さて、今後の俺の身の振り方ですが。
〈M〉さんが俺の求婚にキレてBeeを去ってしまいましたので、今度の俺は「引責復帰」。w
正式な解散までの間、「責任とって」、僕いったんここに戻ります。
お騒がせして、申し訳ございませんでした。
留守の間も、たくさんのご訪問、ありがとうございました。

Beehive<S>
2009/12/26 15:43
「引責復帰」した以上、ここにコメントをお寄せくださった皆様に、恥ずかしながら、また遅ればせながら、お返事させていただきたいと思います。
もう遅すぎて、読んでもらえないかもしれないけど、コメント、とても嬉しかったから。
僕の気持ちを整理するためにも、のんびり綴ってみます。


Beehive<S>
2009/12/26 15:44
小僧さん、ご無沙汰してます。
遅くなりました。
シバタです。
しれっとした顔で戻って来ました。
メッセージやコメント、すべて拝見していましたよ。
待たせてごめん。
↑ってこういう言葉、できれば女性に言いたかった。w

> 本当の気持ちなのか
> 熱病なのか・・・

熱病もまた、本当の気持ちの一形態ではあります。
でも僕のは恋しくて恋しくて仕方ない、という感じとは違います。
ああ、出会ってしまった、と舌打ちしたい感じ。
ちゃんとしないといけない人に出会ってしまって、今は面倒だなあ、というそういう感じ。
今すぐ出かけなくちゃいけない忙しい時に電話がかかってきて、さっさと切ろうと思って出たら、待ちわびていた人からの電話で、ありがた迷惑・・・みたいなね。
今なのかよ、みたいな。
わかります?


門前の小僧さんへ <S>より
2009/12/26 16:14
メリーゴーラウンドさん、ご無沙汰してます。
不在中にもご訪問くださり、ありがとうございました。
僕の今回の雲隠れは、もはや自分でも理由がわからなくなってしまっていますが、ご指摘のとおり、〈M〉さんと距離をとりたい気持ちもあったかもしれません。
そろそろ〈M〉さん離れしなくちゃなって思いつつも、僕にとってもここが居心地よくてなかなか踏ん切りがつかなかった。
でも、気になる人が事故に遭って怪我をしたと聞いた瞬間、自分の気持ちに気づきました。
何を恐れていたのかもわかりました。
そろそろ居心地のいい〈M〉さんのもとを離れて、別の人ときちんと向き合うべきだと思っていた矢先に、ブログでゴタゴタがあって〈M〉さんにも迷惑をかけたので、「潮時」を感じました。
かんたんに要約するとそういうことです。
うまく言えない部分もあるけど。
言葉にできない部分まで他人にわかってもらおうなんて思ってないから、俺。
だから、すべて説明できません。
でもどちらにしても、俺の我が儘でした。
ごめんなさい。


∞メリーゴーラウンド∞さんへ <S>...
2009/12/26 16:16
きらりさん、いつもありがとう。
きらりさんが察している通り、ここはたぶん解散になりそうな流れだ。
そして、こんなふうにガタガタになったのも、すべて俺のせい。
でも後悔してない。
ここは居心地がいいからね。
〈M〉さんと〈K〉さんの懐に抱かれてるうちは、俺、どこにも行けそうにないし。
ここを壊すことでしか、脱皮する術がありませんでした。
許してね。
でも、お別れを言うときは三人そろってにします。
それまでもう少し続けるつもりです。
これからも、よろしくおつきあいくださいね。


きらりさんへ <S>より
2009/12/26 16:23
カラスさん、ご無沙汰してました。
ケジメ、大事っすよね。
オトシマエもね。w
だからいったん戻ってきました。
ホントは〈M〉さんを怒らせちゃって、今度は「私が抜けます」っていなくなっちゃったから、倉さん一人じゃ可哀想なんで戻ってきたっていうのもあるんだけど。
もうすぐ年が明けるし、いつもご訪問くださっていた皆さんに、年始の挨拶くらい、ちゃんとしたいじゃん。
これまでさんざん皆さんには良くしてもらったんだし。
だから、おめおめと戻ってきましたよ。
あー、みっともない。
でもカッコ悪いのも俺の個性のひとつだから。
許してね。


カラスさんへ <S>より
2009/12/26 16:25
きらきらさん。
あなたにはいろいろ話したいことがあるけど。
また今度にするよ。
いろいろと理解を示してくれて、ありがとうね。
そのせつは迷惑かけてごめん。
俺は〈M〉さんや〈K〉さんに依存しすぎていたんだよ。
このブログにも。
いつかそんな「依存」をテーマにやりとりしたこと、あったよね。
そういったすべての依存関係を断ち切って、まったく違う自分になりたくなった。
そして、そういうふうに思ったのは、そう思わせてくれる人に出会ったから。
こう言葉にしてみると、中学生の日記みたいで青臭いけど。
俺の思春期は性にまみれて終わってしまったから、プラトニックな苦悩を、この歳になってようやく経験してるの。
だから、今の俺の精神年齢は十五歳。
これが本当の、そして初めての、淡い恋かも。w


きらきらさんへ <S>より
2009/12/26 16:27
留加さん、お待たせ。
さびしかったかい。w
嵐のように現れて、嵐のように去っていく俺でゴメン。
そしてまた戻って来たりして。
ハリケーン・シバタと呼んでね。
あ、ハート泥棒という異名も、あなたがくれたんだっけ。ww

もうすぐこのブログを立ち上げてから一年だけど。
いつも応援してくれて、ありがとうございました。
倉さんの海外勤務が決まったよ。
〈M〉さんも俺に呆れてここを辞めるって言ってる。
もともと彼女、来年は仕事が忙しくなるから、仕事以外の時間をブログじゃなく家族との時間に充てたいといって、解散を支持してた。
そして、僕ももう〈M〉さんとは今までと同じ距離でいられそうにないから、このメンバーでやっていくことに無理を感じる。
だから、Beeのブログ継続は、とても難しい状況なんだ。
でも、〈M〉さんにも〈K〉さんにも、個人ブログをすすめられてる。
二人は文字メディアの業界の人だから、ブログ以外のもので世界と繋がっている人たちだけど、俺は密室で機械相手の仕事。
発信するというストレス発散の場を持っていないと、あんたは絶対に鬱になるって言われてる。
<続く>
留加さんへ <S>より
2009/12/26 16:28
実はもう、ウェブリじゃないところに個人ブログのURLを持ってるんだ。
でもそこは今のところ、その管理画面を、どのPCからもアクセスできる個人的なドキュメント・ファイルの置き場として使ってるだけで、公開してる記事がひとつもないから、空っぽのブログなの。
だから、タイトルで検索してもヒットしないし、訪問者も俺ひとりしかいない秘密の場所。
ただ、管理画面に、誰にも見せていない覚え書きが書きためられてるだけ。
いつかその記事を公開していくかもしれません。
でもまだ先の話だよ。
ここのほとぼりがさめて、みんながBeeと俺を忘れた頃、ひっそり始めるかも。
R指定のこってり濃いブログだ。
思えば、Beeの世界は、俺にとっては自制を要されるぬるい世界だった。
ホントの俺はもっとグロテスク。
共同管理人に迷惑がかかることを恐れずに、スパム大歓迎のダークな世界を、俺自身の心のゴミ箱として使っていくかもしれません。


留加さんへ 続き
2009/12/26 16:29
オレンジさん、詞をほめてくれて、ありがとう。
そして、あなたの「どうにかしてあげたい」がうれしかった。w
大丈夫だよ、ちゃんと自分でどうにかするから。
今はまだその時期じゃないだけ。
相手にとって大事な時期だし、それは俺にとってもそう。
仕事のからむ相手だから、今の至近距離のまま、心理的な距離まで詰めたくない。
これは俺の勘というか確信だけど、彼女もきっと俺を嫌いじゃないと思う。
口説けばきっとものにできる。
だから、つらいんだ。
自分の意志だけで、それを思いとどまってる。
でも、今度だけは相手を傷つけたくない。
俺なんかとつきあったことで、彼女の大事な人生を台無しにしたくないんだ。
きちんと距離をとって、誠実に向き合って、彼女が恥をかかない男になって、誰からも非難されない状況下で、結婚を前提におつきあいをしたい。
ガラにもなく、そんな気分なの。
やっぱり恋ナノカ?


オレンジさんへ <S>より
2009/12/26 16:30
珊底羅さん、ご無沙汰してました。
元気っすか?
不肖の息子が戻ってきましたよ。
「恋い焦がれる」ねえ。
やめてよ、そんなんじゃないよ。
ただ、「ものにしてやる」っていう気持ちより、「相手に見合う自分になりたい」という気持ちが強い。
恋というよりライバルなのかな。
でも、ライバルじゃないのは、勝ち負けを意識していないところ。
俺、彼女のためなら負けられる。


珊底羅さんへ <S>より
2009/12/26 16:44
GTOさん。ご無沙汰してます。
ごめんね、いろいろ心配させて。

それにしても、あいかわらず恋に生きる男だな、兄貴。w
14歳年下? そして母親とも14歳差?
俺だったら、絶対にその母親ともできちゃうね。
実際、娘と知り合いだったのに、いつのまにか母親の情夫になってた、なんてことあったもんなあ。
「親子」なのに「姉妹」にしちゃったの。w
笑い事じゃねえか。

俺は、今度の彼女とはセックスをしようという気になりません。
あ、話が飛躍しすぎた?
まだつきあってもいないのに、まさかブログでセックス云々なんて俺が暴走してるとは、よもや本人も思ってないだろうなあ。
これだから俺ってやつは。
ああ、哀れな娘だ・・・。
俺なんかに目をつけられて。
俺は、俺自身から守ってやりたい。
彼女を。


GTOさんへ <S>より
2009/12/26 16:45
無月ちゃん、ちいっす。
あなたに命令されたら、言うこときいちゃう。
戻って来たよ、しゃあしゃあと。
これで〈M〉さんが機嫌を直して戻ってきてくれたら、久々にBeeが三人そろいます。
あ、大丈夫、あの人は俺と違ってオトナだから、いつまでも意地張ったりしないよ。
俺がちゃんと謝れば戻ってきてくれると思います。
ちゃんと謝ればね。
え? 謝ったかって?
・・・・・。

> 誰にも触らせたくない気持ち
なんて気色悪いこと言ってごめんね。
俺、〈K〉さんのご指摘通り、確かにトチ狂ってたわ。
何が恋だ。
単にヨメが欲しいだけだ。
生涯の伴侶。
尊敬と愛をもって、ともに歩んでいける人。
そんな人として、彼女を物欲しげに眺めています。
きっとパートナーを選ぶ時にありがちな、「この人なら」っていう無意識の計算がいっぱいはたらいてるはず。
そんなに清らかなものじゃないはず。
だから、こんなもの、どんどん人に触らせればいいんだ。
自分でもどんどんいじくりまわして、手垢だらけにして、くちゃくちゃって丸めて、口の中にポンって放り込めるようになった時、俺はきっとこの人に自分の気持ちを伝えます。
だから。
もう少し時間をくれ!
(↑意外に慎重派の俺。w)


無月さんへ <S>より
2009/12/26 16:46
木の葉さん、お久しぶりです。
倉さんを心配してくれてありがとうございます。
そうなんだよね、よく新型インフルなんかに感染してるヤツと寝食を共にしようという気になるよね。
俺だったら、絶対やだ。w
しかも野郎だよ?
女子だったら、「俺にうつせ」とか言って、いかにもうつりそうな行為になだれこむけど。
ハッ。
俺、高熱で意識がもうろうとしてたから。
〈K〉さんに何かされたかもしれない。
座薬とか入れられてたら、イヤだなあ・・・。
解熱剤の口うつし、とかも・・・。


木の葉さんへ <S>より
2009/12/26 16:48
マリーさん、いろいろとご心配おかけしました。
インフルエンザ罹患中はアドバイスもいただき、ありがとうございます。
たしか、以前にも僕はあなたに命を助けられた。
そしてその時も、それを受けて実際に僕を病院に運んでくれたのが〈K〉さんだった。
〈M〉さんも来てくれたみたいだし。(あんまり覚えてないんだけど。w)
いつも迷惑かけてるなあ、俺。
どうしてだろ。
前世では俺、よほど〈K〉さんやマリーさんを助けてあげたんだね。(ぬけぬけ)
じゃあ、これでおあいこじゃん!(^_^)v
来世でも、よろしくね。

あなたのことは、このブログをやめても忘れません。たぶん。


マリー^さんへ <S>より
2009/12/26 16:49
ブルーさん、ご無沙汰してます。
いつもありがとうございます。
よくご訪問くださってますよね。
足跡が残ってて、いつもうれしく思ってました。

今まで好きだった人に、さよなら言わなくていいの?
でもさ。
それじゃ、俺自身が次の人に行けないよ。
一度はちゃんと離れないと、気持ちが残っちゃう。
少しでも繋がってると、俺はそれが居心地良くて、きっと次に飛び込まないと思うから。
俺、女たらしと思われてるから、複数の女性と同時につきあえると思われがち。
それはあながち嘘じゃないけど、本当に好きな人はいつだって一人だけだよ。
そしてそういう人のことはとても大事にしたいから、簡単には抱けないし、誰かの片手間につきあうなんてできない。
いつも、誰かのことを忘れられないまま、次の誰かを好きになるのが面倒で、前にも進めず後ろにも戻れず、グズグズぐずぐずしてる。
俺の二十代は、それで終わってしまいました。
三十代はもうそういうのやめたい。
だから、忘れなきゃいけない人のことはきちんと忘れて、きれいな体になって次に行きたいんだけど。
こんなふうに、頭で考えた段取り通りにコトが運べば、苦労しないんだけどね。w


ブルー・ブルーさんへ <S>より
2009/12/26 17:02
織り姫さん、ご無沙汰してます。
あなたはお元気でしたか。
結局、倒れちゃったよ、俺。
またかよって感じね。
いつかもこんなことあったから。
途中までは元気。
でも、最後はバテバテ。
このパターンが、俺の人生すべてに波及しないよう、祈ってて。w

いつも見守ってくださって、本当にありがとう。
そして、ごちそうさま。w


織り姫さまへ <S>より
2009/12/26 17:03
マグロさん、ちいっす。
「馬乗り」の話、〈M〉さんから聞いてない?
あ、そう。
俺があのバイトを辞めた本当の理由がそれ。
<M>さんに避けられるようになって、さすがに居づらくなっちゃって。
それまでの人間関係のグッチャグチャも、ぜーんぶ、あの人に当てつけてやったこと。
それを咎められて、カッとなって押し倒しました。
ひどいでしょう。

なのに、前記事のコメントで〈M〉さんが「あの時はゴメン」って謝るの見て、俺、いたたまれなくなった。
あの人はひとつも悪くないんだ。
俺が幼なすぎただけ。
あの時も、今も。

新しい人に気持ちが向かっていく予感はあっても、〈M〉さんのことを好きな気持ちが少しも減るわけじゃなくて。
その矛盾に自分自身が苦しくなって、「あー、もー、どっちかにしてっ!」っていう気持ちで頭を抱えてた。
そして、気づいたら<M>ちゃんに求婚してた。w
最後にもう一度ダメ押しでフラれて、今度こそ次に行きたかっただけ。
だって俺、あの人に「ヤラせて」とお願いしたことはあったけど、きちんとプロポーズしたことなかったから。
「シバタはいつもそればっかり」ってがっかりされてきたから、最後くらい「ヤラせて」じゃなくて、「結婚して」って言ってみたかった。
そして、そっちのほうが、俺の本当の望みだったから。
「ヤラせて」は、もう人のものになっちゃった〈M〉さんに僕がお願いできる、代替行為だったんだよ。
本当は伴侶になりたかった。
ほんとだよ。


マグロさんへ <S>より
2009/12/26 17:08
ゆゆっち、ご無沙汰っす。
すみませんね、いろいろと。
あなたは俺のこと、<M>さんのこと
ほんとよくわかってるよなあ。
ただのアンニュイマダムじゃねえな。
百戦錬磨の恋愛クイーンだろ。w

「次の星」ってどこよっ!!
もしかしたらその星の生物は単性生殖で、性交なしで繁殖するかもしれないじゃん。
そしたら、どうしてくれんの。
俺、ひとつ上のコメントと矛盾すること言ってる?
やっぱり俺はヤりたいだけのバカ男だったのか・・・。
ちがうっ。
愛を確認する行為が、もし相手の鼻毛を抜き合う行為だったら、俺は悦んでそれをするよ。
次の星でね。


ゆゆさんへ <S>より
2009/12/26 17:11
高忠さん、ご無沙汰してます。
俺の不在中も、低温ギャグ、連発してくれてかまわなかったのよ?
それとも、あれは無差別攻撃じゃなく、俺だけを狙った空対地ミサイルによる照準爆撃なの?
何の恨みがあって!!

> 生まれ変わったら結婚しようと
> いい交わしたひとと、来世の縁が
> 切れないように 年賀状のつきあいだけは・・・

げっ。
まるで俺と〈M〉さんの関係。
てか、別に言い交わしてないけど、俺が勝手にそう決めてるから。
あーあ、年賀状だけのつきあいかあ。
なんだかなあ・・・。
俺にとっては、このブログがその年賀状だったのかなあ。


高忠さんへ <S>より
2009/12/26 17:12
通りすがりの看護師さん、こんにちは。
危ないところをお助けいただき、ありがとうございました。
せめて、お名前を。
あ、みゅうさんね。
ごんさんところでよくお見かけしてました。
それに、俺も一度お邪魔してコメントしましたよね。
なんか、すごく難しいレスが帰ってきて、ビビって逃げてきちゃったけど。
ずいぶん昔の話です。

今年は看護師さんに縁があるなあ、俺。
・・・いやいや、これはこっちの話。
病人を世話する仕事、たいへんでしょ。
俺みたいに言うこと聞かない病人もいるだろうし、清拭されて勃起しちゃう男もいて、イヤな思いしません?

俺、こんなふうに定期的に倒れては〈K〉さんに看病してもらう人生だから、また〈K〉さんが困ってたらアドバイス、よろしくお願いします。
てゆーか、もう倒れるなって?
あー、それは無理な相談だね。 -y( ̄Д ̄)。oO○


みゅう♪さんへ <S>より
2009/12/26 17:14
沙羅さん、こんにちは。
いろいろご心配おかけしました。
だって、解熱剤、嫌いなんだもの。w
俺は解熱剤と、トマトと、生卵のカラザと、生理中のセックスと、ホラー映画と、絶叫マシンと、SMが嫌いなの。
どれもちゃんと嫌いになった理由があるけれど、今や理由なんてどうでもよくなってて、ただもう生理的にダメ。

新型インフルエンザに限らず、人類が初めて遭遇するもの、多いですよね、今世紀は特に。
そんな「初めて」に淘汰されるなら、それも運命。
神の見えざる手は、あの手この手で僕らをふるいにかける。
「あなたは何がしたいのだ?」と時々その創造主に問いかけたくなるけれど、ふるいにかけられるその瞬間、「どうだ、息子よ、まだ生きていたいか?」と、逆に問いかけられているとも感じます。
根性なしの俺は、その瞬間には「どっちでもいいよ。楽なほうにして」と投げやりな気分になっちゃうんだけど、観念した時に限って、目が覚めると生かされている自分に気づく。
僕はそんな「初めて」に翻弄されながら、また明日を迎えるのでしょうか。
恋もまた、そんな「初めて」のひとつなのでしょうか。


沙羅さんへ <S>より
2009/12/26 17:15
飛鳥さん、こんにちは。
<K>さんのことも案じてくださって、ありがとうございます。
あの人、実はすごく体が丈夫なんですよ。
肝臓とか胆石とか、大きな病気はしてるんだけど、ウイルスとか細菌とかにめちゃめちゃ強い。w
若いときから、熱病や感染症が猛威をふるう外国の辺鄙な土地に、仕事でしょっちゅう行ってたから、免疫系が並じゃないんだよね。
人間ドックとかの数値はあちこち悪いらしいけど、<K>さんが風邪で熱出したことなんて、俺が成人してから今日まで2回しかないもん。
すげえよなあ。
末世の地球において、結局、こういう人が生き残るんだろうなあ。
俺はあらゆる意味で、この男にはかないませんよ、はい。


飛鳥さんへ <S>より
2009/12/26 17:17
鈴さん、こんにちは。
ご無沙汰してまして、すみません。
俺の「やけくそ求婚事件」でも、いろいろご心配もおかけしてて。
(やけくそじゃないんだけどさ。)

> 解熱剤も飲まないなんて、無謀です

あら、叱られちゃった。w
でも抗生剤は飲んでたよ、ちゃんと。
解熱剤も40度を超えそうなら飲もうと思ってた。
だってさ、バイ菌を殺す抗生剤は「病いのもとを断つ」という気がするけど、解熱剤って、熱でつらいのを緩和するっていう対症療法っぽくない?
せっかく体が渾身の力をこめてウイルスをとっちめようと発熱してるのに、そのつらさに耐えかねて自ら鎮火するってのはどうなの。
自分の城内に潜んだ族を炙り出さんために、自らの城に火をつけたわけだ。
そりゃ自分も苦しいよ。
でも敵を苦しめるためなら、どんな苦痛にも耐えるぜ。
これぞカミカゼ魂。
なんちゃって。
以前、38度台で解熱剤飲んだら、効きすぎちゃって手足が震えて貧血状態になったもんだから、ほんとはこわかっただけ。
俺はね、お薬とお注射が大嫌いなのよ!
あと、オバケもね!


鈴さんへ <S>より
2009/12/26 17:20
Pochiさん、あのさ。
懐かしがってないでよ!
「すべて通り過ぎた」なんて思ってると・・・
危ないわよー。
老いらくの恋が、あなたの身を焼き尽くすかも。w

  終わったと思っていたことほど
  実は何も終わっていなかった
  知ってると思っていたことほど
  実は何も知らなかった

  僕たちにもう新しい出会いはない
  直面した瞬間 もたらされるのは
  すべて通り過ぎたことからの破片
  進歩とは遡及の別の名前


Pochiさんへ <S>より
2009/12/26 17:22
嬉羅璃さん、再びこんにちは。
何なの、その暴走族が好きそうなそのHNは!
夜露四苦! 哀羅武勇! ってか?
珊底羅さんと一緒に並んだら、あんたらお経かと思うよ。w

久しぶりに復帰したと思ったら、いきなりその生意気な言い草は何? って思ってる?
あー怒らない怒らない。
怒るとシワ増えるよ。
あのね、気まずい復帰ほど、申し訳なさそうにうつむいてちゃダメ。
そういう時ほど、しれっと、しゃあしゃあと、ぬけぬけと戻ってこなくちゃね。
これがコツ。
(Mさん、聞いてる?)

> むかーしの濃い恋心
・・・とな?
どんなよ?
もうベトベト?
ぐちゃぐちゃ?
成就したの、それとも癒えたの?
今度じっくり聞かせてもらおうじゃねえか。
そこを通って、今の枯淡の味わいに到達するまでのあなたが、とても気になる。
ほんとは枯淡じゃないんでしょ、今も。w


嬉羅璃さんへ <S>より
2009/12/26 17:24
サラダ巻きさん、こんにちは。
いろいろ心配させてごめんなさい。

> あの、Mさんはどうなったのでしょうか

いい質問。
俺も聞きたい。
でも、こわくて本人には聞けない。
でも気づいてた?
前記事の泥沼コメント、最近俺がつけといたコメントに返詞が入ったよ。
ほんのさっきね。
あれをもって収束って思っちゃだめかな。
ね、どう思う?

だいたいさー、求婚されて逃げるってどうなの。
断られたのは俺だよ?
俺が拗ねるならわかるけどさ、
俺、そんなに失礼なこと、したかな。
一回くらい、プロポーズしてみたかったんだもん。
次の人ときちんと向き合ったら、もう二度と<M>さんに戻って来られなくなるって思った。
そう思ったらなんだか追いつめられたような気になって、最後にダメモトでチャレンジ!! って気になっちゃったんだもん。
決して熱のせいじゃなく。
怒らせるつもりはなかったんだ。
<M>さん、戻ってきて。
今度は俺からI Miss Youだ。


サラダ巻きさんへ <S>より
2009/12/26 17:28
bettyちゃま。
えへへへ。(照れ笑い)

> まるで子供

うるせえっ! w

> “らしい”ところも拝見しますが

何のこと?
フローリング這いまわり事件?
寝言で点検作業事件?
それとも・・・
<M>さん引きずりこみ事件?

<K>さんの言うこと、真に受けてるんだな。
あれはー。
<M>さんが来たのも夢うつつで眠ってたんだよ、ほんとに。
そしたらふと<M>さんに、水仕事を終えた冷たい手で額を触られたから気持ちがよくて、「もっと」っていう意味で彼女の腕をつかんだの。
そしたらびっくりされて手をふりほどかれたから、ふりほどかれまいとつかみ返しただけ。
もうちょっと触っててほしかった。
それだけなのに。

でも、正直に打ち明けると、<K>さんが来てくれる前に、自分から<M>さんに「熱が出た」ってメールしたのは俺です。
「来て」って。
その時の俺は、もしかしたら邪な下心があったかもしれません。
結局<M>さんは<K>さんを呼んで玄関先で帰ったそうですけど、もしあの時来てくれてたらどうなってただろう。
何かが変わってただろうか。
俺、彼女にひどいこと、してただろうか。
彼女は来なくて正解だったんだよね。
ねえ、bettyさんはどう思う?


検査結果おめでとう。
よかったね。


bettyさんへ <S>より
2009/12/26 17:34
仍さん、こんにちは。
こちらこそMerry X'mas。(←変な挨拶?)

> 三人に何か良いことがあるといいですね。
> 良い子にしていたらですけどね。

あー、じゃあ、もう無理だね。
俺、とっても悪い子だったわあ。
「あいつ、根はいいやつなんだけど」と言われることの多い人生でしたが、そういう言い回しって、もう絶望的に悪い子なんでしょ?

このブログの管理画面の下のほうに埋もれてる没記事。
<M>さんが書いたんだけど、何が気に入らないのか、今まで公開されないで忘れられてる記事がある。
<ひとりごと>も附されてないから、まだ書きかけなのかもしれないけど。
俺に当てつけて書いたものの、公開がはばかられたのかな。
ここの管理画面にあるものはすべてBeehiveに権利があるらしいから、w
俺も仕返しで強制公開。
これ読むと、いかに俺が悪い子だと思われてたかがうかがわれます。
誤解なんだけどなあ。
それとも単なる自意識過剰で、これは俺のことじゃないの?
そうあってほしいところだね。



  「悪い男 2」


  僕は拒まない
  そして
  だから
  憎まれる

  みんな好きだよ

  それが不誠実なら
  神様はどうなるの

  <M>


ね? 
あてつけがましいよなあ。www


仍さんへ <S>より
2009/12/26 17:37
はげさん、こんにちは。
「脱退中」とは名ばかりで、その間も、あなたのところにはよくお邪魔してましたね。
養護施設をとりまく状況はどんどん変わっていて、俺もそこが自分の育った場所とは似ても似つかない場所になっていくのを「なんだかなあ」と思いながら見てる。
いろんな事情があるんだろうけど、無責任を承知で言わせてもらえれば、ここ十年くらいの改革って、「何か起こった時に責任を問われないように」という意図をすごく感じない?
普通の家庭で育ったことがない俺にはわからないけど、たぶん普通の家庭だって事故や不備はあるだろうし、すべて万全で完全な環境とは限らないと思うんだよね。
人間が人間の面倒を見るんだからさ、理想通りにはいかないし、いろいろ感情的な問題だって出てきて当然なんだよ。
それを必死で避けようとして、誰にも非難されまいとして頑張ってる感じがして。
なんだか職員さんも、子供たちも、見ていて双方に痛々しい。
行政指導のもとの「ルール」ではなく、「家風」で育てる、という雰囲気が欲しいよね。
俺の育った時代はまだ、役所より、教会の意向で施設を運営できてた様子。
だからあそこは「施設」ではなく、神の「家」だったの。
教会という、牧師先生宅という「家風」で育てられた。
もうそういう時代じゃないから懐古的になってもしかたないけど。
はげさん、あなたの苦悩があなたの記事やコメントの行間からなんとなく伝わってくる。
俺はいつもそれを感じつつも、応援してます。
心から。
クリスマスにコメントのプレゼント、ありがとう。


はげおやじさんへ <S>より
2009/12/26 17:42
ののはな先生、ありがとう。
僕、今回解熱剤を飲まなかったから、本当にいろんな人に怒られたんだけど、ののはな先生には理解されて嬉しかった。
そりゃ、僕だって高熱による脳症はこわいし、それに男だから生殖力も守りたい。
男のアソコは熱に弱いからね。w
だから39度をぐんぐん越えて40度台に突入する勢いが見えたら飲もうって、お守り代わりに解熱剤、握りしめてた。
でもまだ大丈夫、まだいけるって、自分でわかってたから、様子を見てたんだ。

昔、シングルマザーの妹がお産するのに、途中までつきあわされたことがあったんだけど、そこの産院は和痛といって、痛みを和らげるために、本人が希望すれば鎮痛剤を打ってもらえる。
でもその妹、痛くてひいひい言ってるのに、「そろそろ打ちましょうか?」と看護師さんがきくと、「まだ大丈夫、まだいけます」って言って頑張るんだよ。
できれば薬なしで、自力で産んでみたいって言って。
はたから見てるとすんげえ痛そうだから、「無理しないで打ってもらえば?」って言ったんだけど、「自分のことは自分でわかる!」って啖呵切って、すごかったの。
お産の苦しみとたかが風邪の熱を一緒にできないけど、俺、なんだかそいつのこと思い出してた。
ああ、たしかに、キツイけど、自分がまだ大丈夫かどうか、いけるかどうか、自分でわかるもんだなって思いながら。
俺はよく「動物みたい」と言われますけど、そういう動物的な本能って、大事にしたいなあって思います。

> 練習をたくさんしなければ本番に自信をもってのぞめないから。人はいっぱい苦しむのです

あっさり言うなあ。w
そういう人は、たいてい自分が練習でさんざんな目に遭った人なんだよね。
で、本番はどうでした?
それとも先生も、いまだ練習中?


ののはなさんへ <S>より
2009/12/26 17:46
<K>さんへ  <M>さんへ

今回はいろいろご迷惑おかけしました。
看病してくれて、ありがとう。
俺って幸せ。w

ハルモニがそろそろキレて、PCのキーボードにコチュジャンをすりこむっていうから、PC閉じてまた少し横になります。
このまま平熱が続いたら、明日の夕方までここにいて、明後日は自宅から出社しようと思います。
といっても、もう機体はほとんどラインに出払ってるから、待機仕事。
病み上がりにはピッタリだ。
今年は先生の葬儀や、盲腸の入院や今回のインフルエンザで、お二人には本当にお世話になりました。
未熟ゆえ、いつまでたってもご迷惑をおかけしますが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
来年も、呆れずに僕の成長を見守ってください。

それではひとまずよいお年を。

<シバタ>


<K>さん、<M>さんへ
2009/12/26 17:53
それって、立派に「恋」ですよ!! そこまで思ってるなんて、ステキじゃないですか〜。 思われてる彼女さんも羨ましい限りです。 相手との関係によっちゃ、一気に詰めていい相手、徐々にいかないといけない相手、平行線のままいかないといけない相手、いろいろあるとは思うけど、Sさんの言ってる感じだと、平行線で行きつつも、いづれは交わることのできそうな相手さんのようだし。 時間かかってもいいじゃないですか。 ぼちぼち攻めていきましょうよ。 

・・・なんて、久しぶりにステキな恋の話に触れた感じがします。こういうお話って、こっちまで嬉しくなりますよね! って、別に私がどうこうするわけじゃないのに(笑) 影ながら、こっそり応援してます。 
たまには、ガラにもない恋を楽しみましょう!!
オレンジ
2009/12/26 18:20
 今晩は。
 <M>さんと私通<K>さんと若道<S>さんは両方いける。
珊底羅
2009/12/26 19:05
 <S>くん!男だ。
ん〜、男だ。
自分の気持ちに真っ直ぐに、あすこも真っ直ぐに
元気になったら、前立腺破裂するぐらい
アタマ、はち切れるぐらい、恋してみては・・・。

応援するぜよ、いつまでも・・・。

    シーバーター!!
カラスです。
2009/12/26 20:15
女の子は優しく、男の子は厳しく育てる。
俺の“家風”です。
同僚には理解してもらえねーけど。w
SEI
2009/12/26 22:31
ブログ復帰、うれしい限りです。
「誰にも触らせたく気持ち」
「よけいなこと言いたくないから、コメント欄を閉じた」
そう言っているSさんだから、なるべく本題の「恋」には言及しないほうがいいのかもしれないけど。
他の方へあてたコメントを読んでいて、どなたを想って書かれた詩なのかがわかってきました。
ときどきこのブログでも書かれていた女性のことですよね。
その人となぜつきあえないのかわかりませんが、そのおつきあいできない理由や障壁って、ご自分で勝手に思い込んで決めつけてませんか。
長年慕って来られたMさんへの想いも絶とうとし、夏ごろゴタゴタしていた看護師さんたちをもふりきって操を立てたかったのはその人なのでしょう。
特定の女性とは深くつきあわないようにやってきたSさんがようやく巡り合えた運命の人。
だったら、障壁や理由をのりこえて結ばれてほしいと思います。
それとも、よほどどうにもならない障壁なのかな?
ああ、それだとまたMさんとの関係の焼き直しね。
ひとごととは言え、私までじれったくなります。
∞メリーゴーラウンド∞
2009/12/27 00:14
こんばんは〜
S様良かったですね。
生涯の伴侶として大切にしたい女性ができたこと、嬉しく思っています。
第一幕から新しく清清しい第二幕へ。
S様のこれからは、物心共の幸福に包まれますよう心から願っていますからね。
公私ともにしっかり頑張ってくださいねぇ。
これからは、命ぎりぎりまでがんばらないで、腹八分といぅところにしておいてね。
何ごとも「過ぎたるは及ばざるがごとし」といいますからね。
また、煩く書きましたね。ゴメンネ。

今年はK様M様S様の大河小説のようなブログのおかげさまで、毎日がわくわくできて楽しかったです。
時々、爆弾受けて死にかかりましたけど。ww
もう大丈夫ですから、安心してね。
Bee様 ありがとうございました。
来年も、形がちがっても楽しみにしています。

どぅぞ良いお年を。







織り姫
2009/12/27 01:13
こんにちは^^シバタ君
>彼女は来なくて正解だったんだよね。
ねえ、bettyさんはどう思う?

凄く常識的な事しか言えないな〜〜。
MさんにはMさんの立場があるし、、邪まな事しちゃうとしちゃうで終わっちゃうこともある。
私が今でもお付き合いのある高校時代のボーイフレンドは怪しいながらも私と一線は超えなかった。。
その後いろんな人と付き合っていったのだけど”PURE”な関係って残るんだよ。
車椅子になっても会ってる。
時間が戻る感じ。
でも私、、車椅子で良かったと思った。
男女の”奇妙なポイント”を抜けられた気がして。。
でもメールだけで反応しちゃう場合もあるよ(相手が。。笑)

なんか質問からはずれてるね。
Mちゃんの気持ちは分かったでしょう。
彼女は正直に生きるんだと思います。
MIND TRIPと言って魂が反応しちゃう関係ってあるのだと思う。
共振しちゃうと言うか。
でもMちゃんの判断は共倒れしない賢明な方法と思うよ。
Mちゃんのその時の気持ちは分からないけど。。
シバタ君、好きな子ができたご様子。
Mちゃんは”永遠の女神”でいようよ。

Mちゃんの姿が見えない。。
寂しいよ。
誰でも自分を想ってくれてた人が旅立つ時は寂しいもの。
でも去り際も肝心。
そんな様に思うよ。ww
betty
2009/12/27 15:24
しつこく登場、、。
次の星は地球です。(地球と書いてほし)
恥丘じゃないです。(これは余計)

ジプシークイーンという歌があります。
「産まれる前のほしで、あんなに愛し合って
ひとつの時代だけで失った、、
あなたと次のほしで会えるまで、、、」
(中森明菜)
今の世で結ばれない人は来世で結ばれると
信じたいです。
私は恋愛クイーンではなく
だだ20年間台所を右往左往して子供育てた
だけの主婦でした。
でもそれが終わった時
8才下の人と恋に堕ちました。
しかし4年間を終わらせました。
(振られたのか?)
若い人と一緒になって子供を持って
欲しかったから。
理屈では判っていても
その手が美しい人を抱くと思うと
耐えられない気持ちでした。

だからMさんの気持ちが何となく判ります。
Mさんは私の所に来て
辛い、寂しいと弱音を吐きます。
弱音を吐くMさんは可愛い。
凛としてるけど少女みたい。
S君の惚れた女性ですね。
だから
これからS君が結婚しようが父になろうが
Mさんの事は別格の特別な女性として
敬愛し続けて欲しいです。
(って私が言わなくても、、ね)
私の場合は
その人は転勤を機に私の前から消えたので
もうすっかり忘れ、他の人に恋してます。
(のほほん〜)
女心は
未だ自分にも判りません。
だから男性にも判らない部分は多いと
思います。(Kさんごめんなさい)
ゆゆ
2009/12/27 17:15
 今晩は。
 仕事、ブログ復帰おめでとう<S>さん。これで<K>さん<M>さんも安心できるというものだ。来年は親指を鼻にあてて四本の指を広げて大丈夫。
珊底羅
2009/12/27 19:10
オレンジさん、再度のご訪問、ありがとうございます。

> たまには、ガラにもない恋を楽しみましょう

そう言ってくださると、なんだか照れくささがとんでいきます。
そうね、そもそも恋バナをブログでぐちゅぐちゅ・・・。
女かよっ! って感じだよな。
(あ、女性に怒られそう)
ガラにもないことにクヨクヨしてるこの滑稽さを楽しまなくちゃね。w

> 平行線で行きつつも、いづれは
> 交わることのできそうな相手さんのようだし

ま、交わるだなんて。 きゃっ。
あ、そういう意味じゃなくね。
わかっとるわい。
でもこれ、駆け引きとか作戦とかじゃないんだよ。
なんてゆーか、そのー。

実は、この4カラム下の、ズバリと痛いところを突っ込んできたメリーゴーラウンドさんあてのコメントに詳細を書きますので、ここでは言葉を濁して終わります。


それからさ、献血もいいけど、気分悪くなるまで血を抜かれないようにね。
他人よりまず自分。
わかったかい?


オレンジさんへ <S>より
2009/12/27 19:10
珊底羅さん、よくもまあ、あれだけ短い一文に、ドキッとするような意味をこめられるね。
でも、あれ、語句が古めかしいうえに読点がないから、若い人(俺だって若いんだよ!)には意味がわからない人もいると思って、翻訳文を載せておきます。(漢文かよ)www

  <M>さんとは不倫、<K>さんとはホモ。
  <S>は、両方やれるよな。

・・・だからさー。
どちらも清算しようと苦悩してるんでしょ!
きれいな体になって、あの人と・・・。
ここはそういう記事だろうがよっ!
まったく空気読まないオヤジだなあ。www
いや、面白がってけしかけるあたり、あなたは<K>さんに通じるものがありますよ、うん。
あの倉本ってオヤジも、なんだかBeeのお目付け役みたいに思われてるけど、あれがまた危ない中年でさー。
今まで何度「やっちまえ」と俺をけしかけたことか。
人の人生だと思って。w
けしかけられた通りのことしてたら、俺はとっくに婦女暴行罪で監獄に行ってるよ、まったく!

今日入ったコメントの「親指を鼻にあてて・・・」
これなんかは、まったくもって意味わからんよ!
けしかけてるんじゃなければ、からかってるんだろうな、どうせ。
珊底羅さん、そんなに俺って、見てておもしろい?


珊底羅さんへ <S>より
2009/12/27 19:15
カラスさん、応援はうれしい。
うれしいが、なんだかハジけてるなあ。w
俺のあそこはいつでも真っすぐだし(太さはいまいちだけど、長さが自慢なの。かゆいところに手がとどくってね)、前立腺破裂まではいかないけど、とろーりとろりと常にカウパー液を滴らせているよ。ww

・・・って、だから、今回はそういうんじゃないんだよっ!!
まったくもう、どいつもこいつも。w
これもすべては、これまでのオレ様の生きザマが、他人の口で語られた結果だ。
俺はだから、まだ大事な人には手を出せないってわけだ。
女関係だらしないっていう、評判の悪い俺に手を出されたら、相手はキズモノ扱いされるでしょう?
身持ちのかたいところをアピールして、公私混同しない意志があって、ちょっとくらい好きでもカウパーだけでこらえるストイックな男、という人物にならねば、俺がひっかけた女性までいっしょくたに悪い評判にさらされる。
女たらしの毒牙にやられた、浅はかな女ってことになっちゃう。
だから今は我慢我慢。
心を入れ替えると決めて、はや幾星霜。
俺は絶対、本気汁はもらさねえぞ。

(女性の皆さま、お下品でごめんね♪ でも言ってることは、とーっても真面目だから許してね)


カラスさんへ <S>より
2009/12/27 19:19
SEIさん、いいね、SEIさんの「家風」。
上のはげおやじさんへのコメントを読んでくださったんですね。

> 女の子は優しく、男の子は厳しく育てる

これが同僚に理解されないのは、たぶんSEIさんが男性だから女子を「えこひいき」してると思われてるんだろうね、たぶん。
でもSEIさんがめざしてるのはそういうことじゃなくて、女子には優しさを、男子には厳しさを教えたい、ということじゃなくて?

俺が育った教会のお母さん先生もそうだったよ。
女子には優しかったけど、俺たち男子のことは、フライパンでケツを殴った。w
だから俺、「おふくろさん」のイメージって、“愛ある体罰”なの。
でもやっぱり女親だね、最後の最後には泣かれちゃうから、あれにはまいった。
そこは男の牧師先生とはちがったね。
そんなふうに、同性の保護者と異性の保護者って、やっぱりちょっと違ってていいんじゃないかと思う。
保護者・被保護者の関係といえども、人間対人間なんだもん。
同性同士と異性同士とじゃ、ちょっと空気がちがって当然だよ。
そして、そういう空気が、将来の異性との関係性に影響を及ぼすから。
異性の保護者にあまりにも容赦なく厳しくされた人って、将来、異性に気を許さないか、反動で気を許しすぎるか、どっちかになっちゃう気がする。
<続く>
SEIさんへ <S>より
2009/12/27 19:21
「家風」ついでにもう少し書くと、俺が慕ってる<M>さんね、女性として好きだったところもあるけど、この人には血の繋がりのような親和性を感じるんだよ。
それはなぜかというと、たぶん、彼女の父親と、俺を育てた牧師先生とが兄弟だったから。
性格はまったく違う兄弟だったけど、同じ家の同じ家風のもとに育った人たちだったから、その人たちに育てられた俺と<M>さんは、考え方とか価値観がなんだかとてもよく似てるんだ。
ちょうど「いとこ」の関係にあたるんだろうね、俺たち。
同じ「家風」を受け継いで育った二人。
だから、あの人は親戚みたいなものなんだ。
そういう人は大事にしないとね。
大事にしすぎて、結局、手を出せないままだよ。w


SEIさんへ 続き
2009/12/27 19:22
メリーさん、あいかわらず鋭いツッコミ。w

> そのおつきあいできない理由や障壁って、
> ご自分で勝手に思い込んで決めつけてませんか

そうとも言えるし、そうばかりとも言えない。
相手は既婚者じゃないし、親類に義理のある人でもないから、<M>さんの焼き直しとはちがうけど・・・。
でもね。
そいつ、これからしばらく大事な時期なんだ。
仕事も覚えなくちゃいけないし、資格も取らなくちゃいけない。
この業界に女性のパイオニアとして根を下ろそうと本気でがんばってるやつだから、ラインに入って一年もたたないうちに、面倒な職場恋愛にひきずりこむわけにはいかないよ。
男ばかりの職場に女ひとりだからこそ、そういう噂が立ったら「ホラ見ろ」って言われる。
しかも、恥ずかしながら俺、あんまり女関係の評判がよくないからさ。w
シバタに手をつけられた女って言われて、彼女の評判まで下がっちゃう。
彼女に期待してる人達をもがっかりさせちゃうし、後進の女性整備士の登用にまでミソをつけちゃうでしょ。
だからそいつが一人前になって、きちんと一等整備士の資格をとって、俺のラインから離れるまでは迂闊なことはできないよ。
あいつの人生かかってるし。
<続く>
∞メリーゴーラウンド∞さんへ <S>...
2009/12/27 19:25
俺も「職場でたった一人の女性の部下に手を出した男」ではなく、彼女が一人前になるのを見守ったうえで、職場のラインが離れてからきちんと向きあう、というケジメのある男として彼女とつきあいたい。
これって保身?
でもさ、今の俺の仕事は、彼女を含む若手の整備士たちが資格をとるための研修システムづくりも課題だから、そこに私心を入れたくないんだ。
彼女にもかかわる仕事だからこそ、私情を抜きで、でも「あいつのため」を心のどこかでひそかに意識しながらがんばりたい。
とにかく、今はつきあえないんだ。
そうこうしてる間に、他の男にもってかれちゃうかもしれないけど、それはそれで縁がなかったということだ。
俺を職場の同僚として、上司として、信頼してもらうためには、男の目で彼女を見たりしちゃいけない。
少なくともそれを気づかれちゃダメだ。
それじゃなくても、二人で組んで夜シフトなんてこともある職場だから。
俺は理性という檻の中に、下心を必死に閉じ込めています。

だから、<M>さんへの気持ちを断ち切ったところで、次に進めるわけでもなく。
あー、悶々・・・。
苦しいのよう・・・。


∞メリーゴーラウンド∞さんへ 続き
2009/12/27 19:27
織り姫さま、こんにちは。
いつも応援してくださって、ありがとうございます。

> 命ぎりぎりまでがんばらないで
あー、それは大丈夫。
命ぎりぎりまでいく前に、こてっと倒れちゃう根性なしの俺だから。
夏ごろの盲腸もそうだったし、今回の新型インフルだってそう。
最後までのりきれば英雄気取りでいられるけど、結局最後には倒れちゃうからね。
だったら、早々に倒れておいて、最後に持ち直したほうが断然いいよね。
今回も、新型インフル罹患者が、ほぼ全員回復して職場に復帰したところで、いちばん最後の罹患者が俺だった。w

でもさー、聞いてよー、今回職場に14泊したのよ、ボク。
もうホームレスの気分。
来年は本気で有資格整備士を増やさないと、俺、死ぬ!

> K様M様S様の大河小説のようなブログ

そうかあ? w
珊底羅さん風に言えば、私通と若道を匂わせながらも、結局誰ともどうにもならずに空中分解、という変なブログだったと思います。
一年間おつきあいいただき、ありがとうございました。


織り姫さま <S>より
2009/12/27 19:29
bettyちゃま、質問にこたえてくれてありがとう。
ピュアな関係、ねえ・・・。
そう言えば聞こえはいいけど。
結局は逃げきられたって感じ。w
これまで何度も果敢にチャレンジしたけど、エッチはおろか、キスのひとつもさせてもらえなかったよ。
そんな人って、成人して以来、<M>ちゃんが初めて。
うぬぼれ屋の俺サマは、俺が本気で口説いたら、女性は絶対に断らないと思ってたところがある。
実際「この人を抱きたい」と思って、そうできなかったことがないんだよね。
俺、強引だから。
これは手腕自慢じゃなくて。
女の人って、そもそもひとことで言うと、「めんどくさがり」じゃん。
もとが受け身の性だからさ、強引なアプローチが続くと、もう拒否するのも面倒くさくなるっていう感じなの?
最後の最後で力を抜くというか、「もうええわ、好きにして」って諦める瞬間があるじゃない。

<M>ちゃんには、その諦めがなかった。
頑なだったよー。
マジで、口の中が切れるくらい叩かれたことあるし。
傘で急所を突かれたこともあるよ。w
激痛で目の前が真っ暗になって、「そんなに俺が嫌いなの?」って涙目で訴えたら、「そうじゃないけど、あんたとエッチはしたくない」って言われて。
<続く>
bettyさんへ <S>より
2009/12/27 19:31
セックスなんて、たかがセックスじゃんかよ。
嫌がるのをムリヤリやるほどのことでもないけど、急所を攻撃してまで拒むほどのことかよ。
避妊さえ気をつければ、その時だけのことだよ。
そりゃさ、今はダンナがいるから「貞淑」でありたいのかもしれないけど(ケッ)、彼女、独身だった時からああだったよ。

結局さ、俺、生理的に嫌われてるんだよ。
それか、男として見られてないか。
でもさ、俺が男に見えなかったら、誰が男に見えるんだよなあ?
タイプじゃないなら、タイプじゃないって言われたほうが諦めがついたよ。
でも、あの著名人の元カレと俺が、そんなにタイプが違うとも思えないんだよねえ。
「あなたのことは大事に思ってるからこそ、きれいな関係で・・・」
この陳腐な言い草の意味がわかんなくて、諦めきれなかった十年間って感じ。
十年じゃきかないね。
整備工場で彼女を見た十六の春から。
いや、施設に時々遊びにきていた「牧師先生の姪御さん」だった時から。
ずっと彼女を好きだった。


bettyさんへ 続き
2009/12/27 19:32
ゆゆっち・・・。
恥丘・・・。
俺が食いつくと思ってんだろう。
大好きだよっ、たしかに! w
あなたのその丘を抱いてまどろみたい・・・。

<M>さんが弱音を吐いてる?
つらい?
寂しい?
じゃあ、どうして!?
永遠のおあずけを喰らわすことで、一生、自分に気をひきつけておこうという策略か?
だとしたら、これほど彼女の思うツボの作戦はないね。
あなたたち女性の悪知恵にはかないませんよ。
でもさ、寂しがるくらいだったら、どうして一度も歩み寄らなかったんだよ。
チャンスなら、いくらでもあったはずだろう?
彼女の意志ではなく、俺の勢いにおされてつい、といくらでも言い訳できるようなシチュエーションを、何度もつくったはずだよ、俺は。

ゆゆさんは、でもいいじゃん。
いちおう4年はつきあったんでしょ。
男女として。
俺なんか、一度馬乗りになっただけでおしまいだよ。
あ、あと後ろから羽交い絞めにして、首筋に顔を押しあてたこともあったな。
あとは車にチャイルドロックで監禁して、8の字にねじったシートベルトで縛りつけて関係を迫ったこともあるな。
その時はさすがに泣かれたよ。
解散直前、おイタの告白まつりだ。
ざまみろ、<M>さん。
そして、どうだ、偽Sさん。
俺だってそれなりに頑張ったんだよっ!
いずれにしろ、すべて未遂に終わって、それどころかそのあとの暴力もしくは無視の百倍返しで満身創痍の俺だ。
・・・なんかこうして書いてみると、俺、嫌われるべくして嫌われた気もしますが。w

でもね、ゆゆっち。
これだけは信じて。
<M>さんを忘れたくて、ムリに新しい人にのめりこもうとしているわけじゃないよ。
それはそれ。これはこれ。
気持ちがふたつに引き裂かれていくような混乱。
心ってどういう構造になってるの?


ゆゆさんへ <S>より
2009/12/27 21:59
 今晩は。
 赤影のDVDをみられたし。青影の十八番の親指鼻にあてて大丈夫が見られる。意気消沈はますます閉ざしていく、空元気でもいいから胸を張ってということ。とってつけたような理由。
珊底羅
2009/12/27 22:12
あっ!!!Sさん復帰だ!わ〜い♪
とりあえず お祝いコメでした★
てぽてぽ
2009/12/27 22:45
珊底羅さんったら、俺、いくつだと思ってんのよっ。
赤影なんか知るかっ。w
俺、まだ生まれてないから!

俺が生まれたのは、ピンクレディーが最盛期でミリオンセラーを連発し、キャンディーズが解散し、24時間テレビ「愛は地球を救う」が初めて放映され、マチャアキが孫悟空を演じ、中村雅俊が総理大臣という名の高校教師を演じていた時代だ!
どうだ、若いだろう!! ww


珊底羅さんへ <S>より
2009/12/27 23:09
てぽてぽさん、コメント短かっ!
でも、「わ〜い♪」に気持ちが伝わってくるわ〜。
これで<M>さんまで戻ってきてくれたら、
もっと「わ〜い♪」なんだけどぉ。
あなたは事情知らなさそうだから説明すると、俺が求婚して怒らせて、俺と入れ違いに彼女がここをやめてしまったのよぅ。

俺というスサノオの狼藉に怒って、<M>さんというアマテラスが天の岩戸に隠れてしまったので、岩戸の前で歌えや踊れのコメント合戦を繰り広げることで、アマテラスが顔をのぞかせるのを待ってるところでした。
彼女がちらっと顔をのぞかせたら、タヂカラオ役の倉さんが、彼女をひきずり出してくれる算段なんだけど。
いまだしばらく世界は闇のまま。
光よ、来たれ。
さあ、みんなでもっと踊りましょう。


てぽてぽさんへ <S>より
2009/12/27 23:10
<M>さん、元気?

あ、あのさ・・・
怒ってる?
せっかく前記事のコメント欄で、おだやかな詞のやりとりをもって終わったはずの俺たちなのに、
ゆゆさんやbettyさんあてのコメントで、またよけいな未練を垂れ流して、すんません。
そのー、つい、筆が(キーボードが)すべって・・・。
ほんとはちゃんと納得してますから。
ね。
あなたが揺らがずに、凛として関係を拒んでくれたから、俺、安心してやんちゃができたのよ。
上のほうで<K>さんへのコメントでも書いたけど。
ほんとに感謝してんの。
絶対YESと言わないあなたが、その時は歯ぎしりするほど悔しかったけど。
こんな俺を、実の弟のように可愛がってくれてたことは、よくわかってたからさ。
なのに、ひどいこと、いっぱいしてごめんね。
暴露コメントは、遠回しの懺悔。
あなたの怒った顔も好きだったから。
わざと怒らせるようなことばかりしてたかも。
好きな子をいじめちゃう男子の幼稚さと思って、数々のロウゼキ、どうか忘れてください。
<続く>
<M>さんへ <S>より
2009/12/27 23:14
前にあなたが言ってたよね。
「別れる時はひとすじ縄ではいかない。行きつ戻りつしながら、じわじわと覚悟が腹に落ちるまで、何度も泣き笑いする」って。
たぶん、今の俺はそういう「行きつ戻りつ」の時期だと思うので、ほっといて大丈夫よ。
ただ、あなたの沈黙が何やら怒りの様子を帯びてるような気もしてきたので、ちょっと言い訳コメント〜。

明日から仕事に復帰します。
丸二日間平熱だったから、もう大丈夫。
いい年した男が、いつまでも女所帯に居候してゴロゴロしてるわけにはいかないし。
さっきハルモニのところから自室へ帰ってきました。

今年は教会に顔出した?
俺、正月には叔母さんのところに顔出すよ。
先生が亡くなって最初の正月だから。
そばについててやろうと思う。
もし顔合わせることになったら、お願いだから笑顔を見せてね。

じゃあね。
元気でね。


<M>さんへ 続き
2009/12/27 23:15
やっと登場!!!!!!!!!!!
待ってたよ〜。
やっぱりBeehive様は三人が居てこそ(^-^)

とにかくお帰りなさい。

進むべき道(決して分かれるという事じゃない!!皆さんは最後までつながりあう!!残念でした。運命を受け入れましょう。なんて・・・でも半分以上本気です。)
は皆様の胸の奥にある。それが何かはわかりませんが、きっといい舞台が、お三方を待っている。

わたしもブログは2つ持っています。なるべくこころの奥底を書く為のウェブリさんのブログと宗教者としてのブログです。

いろんなかたちを表現できるのがブログです。普段は思っていない事で、例えばお堅い仕事をしている人が、毒に化けて居る場合もあります。

新たなブログが、花咲きますように。
過激なスーパーブラック・シバタの出現を待っています。

自分も相当ブラックな書き込み(^-^)するから、
新ブログ発信時には教えて下さい。

でも、
Beehive様のブログが来年の今頃も続いていたりして・・・。

正直その未来予想図が僕たちにとっては嬉しいから、そうしてもらいたいんだけど、
せっかくつながった縁です。

別の空でも出会えることを信じています。
<M>様もBeehiveの冠をはずさないで、
「その」ときまでBeehiveで居ましょうよ!!
寂しいじゃないですか。

<K>様も、
東奔西走のお働き、さすがだと思います。
Beehiveのプラットフォームは<K>様
を置いて他には居ないと思います。

Take the better road !!
門前の小僧
2009/12/28 00:27
やらせろと言われて
いいよ、は言えない。
羽交い絞めにされてアハンとも言えない。
抱か(れ)ないと
決めていても
新しい恋への予感は
寂しいものでしょう。
それが、複雑な女心。
悪知恵ではありません。
揺るがなかった
Mさんの持つ様な暖かい家庭を
いつか、S君も持って下さいな。
ミスAを
しっかり教育した暁には。
他の男に掻っ攫われないように。アハン?






ゆゆ
2009/12/28 11:27
小僧さん、田植えのような「!」の羅列、ありがとうございます。w
ブログを掛け持ちしてる人って意外と多いようですね。
俺の個人URLは、ただの「格納庫」。
ブログの管理画面ってすごく便利だから。
俺は当日と翌日のシフトの関係で、職場に泊まったり、友人宅に泊まったり、自室に帰ったりと、通勤圏に3〜4ヶ所のネグラがあるので、ブログの管理画面に作業途中のものやデータををぶちこんでおくと、どこからでも閲覧・作業ができて都合がいい。
そんな私的なドキュメントの収納場所として、こことは別に個人のURLを取得したというわけ。
だから、そこは発信の場として使われていません。
業務関係のメモや資料、作成中のレポートや回議録、ふと書いてみたくなった独り言などが乱雑に詰め込まれています。
でも、もしひとつでも記事を公開したら、そこは世界と通じる場所になる。
小僧さん、あなたとも確実に繋がれる場所になるわけです。
このブログの最終記事で、そこのURLを記していこうかどうしようか思案中。
ご縁がありましたら、ちがう名前の僕と、ちがう場所でお会いしましょう。



門前の小僧さんへ 〈S〉より
2009/12/29 07:09
ゆゆさん、アハンと言われても。w
あなたは〈M〉さんの味方なのね。
うれしいです。
前回のあなたへのコメでは、フラレ男の逆恨み全開という感じで、我ながら後味悪かった。
だからせめてあなたが〈M〉さんの代弁をしてくれることが救い。
俺も「脱退中」は、ここでのあれこれに「だから、それはー」と思っても、反論できずに黙ってるしかなかったから、つらかったし。w

> 新しい恋への予感は
> 寂しいものでしょう。

俺だって。
後ろ髪ひかれる思いだよ。
できればまだもう少しグズグズしていたかったから。
でも〈M〉さんはさー、なんだかんだ言っても、すっきりしてると思うよ。
あの人、意外にドライなんだよ。
ま、そこがいいんだけどね。
<続く>
ゆゆさんへ 〈S〉より
2009/12/29 07:11
ミスAねえ。
余計なこと言うまいと思ってたけど、やっぱり俺ってこらえ性がねえなあ。
まあいいや。
秘めるほどのことでもねえよな。
よくある話。
よくある下心。

今は封印、などと言ってたくせに、この前、彼女の手を握ってしまった。
さっそく意志薄弱な俺。
ああ、もう、どうしてくれる。
ラインの異動を希望すべきか。
でも何と言って。
彼女に手を出しそうだから、と言うのか。
どのツラ下げて。
俺はサルなのか。
ああ、そしてサルならサルらしくマスターベーションにはげめば、妄想の中で犯す相手の顔はなぜか〈M〉さん。

俺ってサイテー・・・



ゆゆさんへ 続き
2009/12/29 07:13
<そいつが一人前になって、きちんと一等整備士の資格をとって、俺のラインから離れるまでは迂闊なことはできない>

本当にその人のことを思ってる証拠ですね。

でも 人にもよると思いますが
恋愛と仕事を両立させるのは 女性のほうが上手なんだそうです。

男性はいちどきに二つのことはできないので
“恋愛にかまける”という状態を嫌うようですが
女性はむしろ 恋愛をしているときのほうが
仕事や勉強も頑張れる なんて聞きます。

もしかしたら 彼女は
職場に〈S〉さんのような素敵な男性がいるおかげで
それが励みになって お仕事 がんばれちゃうかもしれませんよ。^^

星月夜
2009/12/29 18:10
サイテーではないですよ
普通です。
恋する人の手を握って恥じらい
夜にはサルになる、健全な青年です。
妄想にMさんが出てくるのは
産みの苦しみか、未練か、、。
男の子はそうやって
バリバリのティッシュで
ゴミ箱をいっぱいにして
(リアル、、)成長して行くのですね。
子離れは一抹の淋しさと共に
喜びでもあります。
Mさんはドライに見えて乙女ですから
新しい恋のプロローグは読みたくないのかも。
決して怒ってはいないと
思います。
代弁は出来ませんが
Mさんの言葉をそのまま伝えます。
(Mさんゴメン)
>はっきり言って彼の事はとても好きだけれど、いまさらHは出来ません。
>姿と生きざまが好きなので、それを見ていれば
満足な私です。
>「あれはブログの余興だから本気にすんな」と言われ
見分けがつかなくなり、常軌を逸しそうな自分が怖い、、、
等等

MさんもS君を卒業しようと
しているんですね。今頃はご家族と楽しく
過ごしているのでしょう。
S君も幸せになって下さい。
では、、
(自分のおケツに火が付いてるので、さらばじゃー)

ゆゆ
2009/12/29 20:26
星月夜さん、お久しぶりです。
興味深いコメントでした。

> 女性はむしろ恋愛をしている時の
> ほうが仕事や勉強も頑張れる

男もそうかも。
でも男の場合は純粋に意欲が出てくるというより、恋愛という煩悩なんかに負けたくない、という克己心が刺激されるせいじゃないかな。
女性は恋愛をとてもポジティブに捉えますよね。
女性誌は恋愛を堂々テーマに掲げるし、むしろ恋愛してるほうが女っぷりが上! みたいな風潮さえある。

でも男の恋愛って、どうも「みっともない」って感じない?
男の場合、恋愛はセックスに置き換えられてしまうから、なんとなく恥ずかしいんだよ。
欲情してるってことだから。
特に、一度にひとつのことしかできない俺は、恋愛は仕事の邪魔。

でもさー、自分で「恋ナノカ」などと言っておいてナンですが、これって恋なの?
俺、今回は欲情してないんだよね。
俺の場合「好き」=「抱きたい」だったけど、彼女のこと、どうこうしたいと思わないから。
第一印象は「冴えない女」。w
いかにも理系の秀才タイプで、下ネタのジョークが通じなさそう。
<続く>
星月夜さんへ 〈S〉より
2009/12/30 17:05
といって、学級委員タイプってわけでもなく、ただひたすら地味な、面白みに欠ける女に見えた。
頭はいいんだろうけど、とっさに気のきいた一言が出てこない、どんくさいヤツっていうの?
はっきり言ってタイプじゃなかったんだよね。
でも身近で仕事ぶりや同僚との接し方を見ていたら、いいヤツだなあと思えてきた。
思ってたより冗談も通じるし、ぼんやりしてるようで実はいろいろ気をつかってる。
何より仕事に対して真面目で志が高い。
同じ整備士として好感を持っていたのが、いつのまにか「こんな人が奥さんだったらいいな」なんて思うようになった。
こんな女と家庭を作るのも悪くないって。
 でも家庭を作るって。
 セックスして子供作るってことだよな。
 俺、こいつとエッチなんてできるの??
 できるわけ…
 いや、待てよ、できなくもないぞ。
 うん、できるかも。
 てか、ちょっとしてみたい気も…。
そんなふうに意識しだしたら止まらなくなっちゃって、「恋ナノカ」とトチ狂ってしまったってわけ。

だからこれは恋じゃないよ。
<更に続く>
星月夜さんへ 続き
2009/12/30 17:07
単に巣作りを意識し始めた俺の前に「気立てのよさそうな」女性が現れて、勝手にヨメにしたくなっただけ。
彼女は本気でこの業界にキャリアを賭けようとしてるんだから、ヨメ候補として彼女を見るなんて、これほど失礼なことはないよね。
だから封印! って思ってた矢先、彼女が労災に遭った。
単に骨折による意識朦朧だったんだけど、第一報は「高所より転落して意識不明」。
俺、聞いた瞬間ショックで吐いたよ。w
足下の地面がぐらぐらした。
そのまま恐怖の14連泊のハードシフトに突入して、その後インフルにかかって、この前久しぶりに復帰したそいつに会ったら、嬉しくて思わず手を握ってしまった。w
怯えさせたかと思いきや、彼女も握り返してくれて、思わずハグしそうになったのをなんとか堪えたよ。

あ、俺また喋りすぎた。
ヤバイね。
でもさ。
> 職場に〈S〉さんのような男性がいるおかげで
> それが励みになって お仕事がんばれちゃうかも
↑そうだったらいいなあ。
そう言えば最近そいつ、化粧してシフトに入るようになったよ。
似合わないけど、ちょっとかわいいなって思う。w


星月夜さんへ 更に続き
2009/12/30 17:09
ゆゆっち、ちいっす。
なんなの、あなたたち。w
いつからそんなマブダチになってたのよ。
〈M〉さんは俺とのほうがつきあい長いのに、ゆゆっちには俺に言ってくれないことも打ち明けるんだ。
ふーん・・・。

「はっきり言ってシバタのことはとても好き」。
そんなこと、わかってるよ。
でもどうせ「弟として」とか言うんでしょ。
でも血の繋がりはないんだから、弟じゃないんだよ。
一度くらい、男としてつきあってほしかった。
そりゃ今はミセスだからってのはわかるよ。
でも俺が〈M〉ちゃんを追いかけまわしたのは十年も前から。
彼女が未婚だった時からだよ。
その頃からずっと拒まれて、避けられ続けてきたことを、じゃあどう考えればいいの?
「シバタのことは好きだけど」の後がいつも長いんだ。くどくど。
「好きだけど」で避けられるよりは、「嫌いだけど」応じてくれるほうがずっとうれしかったよ。
<続く>
ゆゆさんへ 〈S〉より
2009/12/30 22:28
俺はね、ゆゆさん。
とにかく〈M〉さんを抱きたかったの。
一度でいいから。
俺のこと嫌いでもいいから、一度でも俺に身を委ねてくれたら、こんなにあとをひかなかったと思う。
「弟として大切に思ってる」なんて言葉はいらない。
「姿と生きざまが好き」なら、それって俺のすべてが好きってことじゃん。
ちがう?
好きなら抱き合いたいと思うものなんじゃないの?
一度でいいから、〈M〉ちゃんの本当の気持ちを聞きたかった。
嫌いなら嫌いで、何がいやだったのか。
本当に少しも男として見てもらえなかったのか。
こんなふうに、人伝てで聞くのではなく、彼女本人の口から聞きたかった。
〈M〉さんから卒業と言っても、俺はきっとその疑問を、ずっと持ち続けていくことになると思う。

〈M〉さん、今度ちゃんと聞かせてくれないか。
ちゃんと、とどめを刺してから行ってくれよ、頼むから。
あなたは俺のアマテラスオオミカミなんだ。
光をくれ。
たとえ残酷な光でもいいから。


ねえ、ゆゆさんもそう思うでしょ?



ゆゆさんへ 続き
2009/12/30 22:30
〈M〉さん。
まず礼を言います。
真摯に答えてくれてありがとう。
埋まらなかったパズルのピースがはまった。
そして俺は今、これまで自分があなたにしてきたことを走馬灯のように思い出して、脇の下にじっとりといやな汗をかいてる。
ちょっと訊くけど、上のあなたのコメント、削除しなくていい?
言いたくないことを言わせたんじゃないだろうか。

然しながら、俺はあなたの告白を「やっぱり」という気持ちで読み終えました。
俺、心のどこかで気づいてたかも。
あなたの“パニック”、心当たりあるよ。
ずっと違和感と疑問があった。
なのに、こんな場所であなたに言わせてしまった俺はひどいね。

あなたに言いたいことがいっぱいあるけど、少し時間をください。
年をまたいでしまうかもしれないけど、気持ちを整理したい。
取り急ぎ、コメントの削除の是非だけご判断ください。

左目の件、これも心当たりありまくり。
正月が明けたら病院に行くよ。
もうあなたの言うことを疑ったりしないよ。



〈M〉さんへ 〈S〉より
2009/12/31 07:25
Mさん、ひとこと謝らせて下さい。
ガールズ(年は関係ない!)トークの内容を
暴露してしまってごめんなさい。
でも私の所のコメント欄はオープンだから
S君も目にする可能性があったはず。
だから本当の気持ちを伝えたくて
書いてしまいました。
結果Mさんの辛い部分も書かせてしまった。
すみません、、。
(私の場合は)
次の星なんて
待てない、せめて魂はこの地球で
結ばれて欲しい。
Mさん、落ち着いたら
いつか私の未来(なんてあるのか?)も観て欲しいです。
その類稀なる魂の力で。
では、、、。
ゆゆ
2009/12/31 14:06
◆ゆゆさんへ

Why do you 謝る?
むしろ、あなたのブログでお礼を申し上げたはず。
いつも気持ちを代弁してくださって、ありがとうございます♪

この星でのあなたの未来。
Nobody knows that.
But I can say “あなたは幸せになります”.
Maybe 幸せ is different from what you want.

ホントはぜんぜんわからないの。^^
特に会ったことのない人のことは。
でも森繁久彌の死去はわかったわ!
(↑誰でもわかる?)



◆〈S〉くんへ

長々と恥ずかしいですが、コメントの削除は保留します。
あなたに原因があるのではなく、ひとえに私自身の問題であることを、この場を借りて公言しておきたかったから。
あなたには本当に申し訳なかったと思っています。
あなたが削除したかったら消してください。


もうすぐ年が明けるよ。
ちょっと早いけど。
あけおめ!
ことよろ!
新年があなたにたくさんの幸運をはこんできてくれますように。

倉さんにもね♪


〈M〉
2009/12/31 17:24
なんかすごいことになってますね。

が、二人の仲はなんとか修復しそうでよかった。
でも、このブログは閉鎖への道を歩んでいるように見える。

残念です。

まあ、時間は過ぎ、物事は変化するのが、
当たり前なのですから、なんでもありです。

MさんとSくん、末長く親戚付き合いしてくださいね。
人にはいろんな関係があるから、
男と女でも、そんな血の繋がってない親戚があっても、
いいじゃないですか。

つかず離れず、みたいな、ね。

  とりあえず安心した・はげおやじ・より
はげおやじ
URL
2009/12/31 18:00
〈M〉さん、〈S〉くんへ

倉本です。
積年の確執の決着はつきそう? (笑)
この際、気の済むまでやってね。
のんびり見守ってます。


福岡は雪だよ。
庭も山も空も白く、潔い寒さだ。

来年もよろしく。

〈K〉
Beehive 〈K〉
2009/12/31 19:14
あけましておめでとうございます。
Beehiveならびにここを訪れる皆様に、
実り豊かな一年でありますようにお祈りします。
門前の小僧
2010/01/01 01:07
誰なのか?よく分からないけど(記事から考えたら、倉さん?)〜気持ち玉、ありがとう!〜☆
本当に最後の最後まで(去年の年末という意味なのか?それとも本当の最後?(^^;;)ドラマがありますねー。。。

MICHIOさんの話。あんまり私が入り込むのはと思ったんだけど、私も少し気持ちが分かるなーと。
私も昔?MICHIOさんとは少し違うけど、持病があって、それが気になってHに対して盛り上がらないというか。なんか拒否したい気分になって。そういうので上手く行かなかった時があります。その人とは何も無いまま終わったんだけどね。
最後にすごい拒否の仕方をしたから、誤解されたと思う。でも、思い悩んでたことを、その人にも話せなかったから。やっぱりちゃんと、そういうことも話せる人でないといけなかったのよね。あー。あの時、拒否してなかったら。。。流れ的には、結婚まで行ってたかもしれないのに。。。なんてね。
(*^^*ゞ
Beeさんとこへ初めて行った時のことを思い出しました。その頃、慌しかった?というのもあったんだけど、
気持ち玉をくれたMICHIOさんのために?少し覗いたものの。コメントするとこまでは行ってなかったの。詞人の集団!って、私にはすごい重いような世界に思えて。(笑)
そしたら、本当にミツバチがしるしを付けて行くみたいに、それから後もたまに気持ち玉をくれたのよね。
あの時、何回も来てくれなかったら、しっかりとここへは来なかったかもしれない。なんか少し縁を感じています。
ここが無くなるかもしれないのは残念だけど、色んなドラマが展開した中、私の中でも得るモノがいっぱいあったように思います。思い返すと、淋しくなるね。。。
留加
2010/01/02 01:46
(続きです。)
もう年が明けましたね。今年もどうぞ、よろしく!〜☆
(*^_^*)
あっ、シバタさんはすっかり恋するオトコ?みたいになってるね。なんかのろけ話を聞かされてるようで?これもまた私に良い刺激だわぁ〜。
(#^_^#)
留加
2010/01/02 01:49
〈M〉さん、元気?
この正月は、あなたの叔母であり僕にとっては母親がわりでもあった「お母さん先生」のお宅で過ごしました。
気丈な人だったけど、牧師先生に先立たれてからは、なんだか随分頼りなげになってしまった。
昨年の正月とは、何もかもがすっかり変わってしまった。
今年は倉さんの海外勤務も決まったし、あなたからの卒業宣言もしてしまったし、どうやら神は、これまで俺が甘えていられた場所をことごとく取り上げようと画策中のようだ。
それを無視してると、ハルモニの命まで持ってかれそうだから、目の前に突き付けられたこの「自立」という課題と今年は向き合ってみることにするよ。
<続く>
<M>さんへ <S>より
2010/01/02 20:09
〈M〉さん、あなたにあんな告白をさせてごめんなさい。
俺はずっとあなたに避けられてると腹を立てていたけど、あなたと向き合うことを避けていたのは俺のほうかもしれないね。
あなたの真意を汲み取ろうとせずに、つい強引な体当たりばかりかましてきた俺は、あなたの気持ちときちんと向き合うのがこわかったのかも。
Jさんやあなたに言われてきたことの意味が、今ようやくわかった。

あなたにいっぱい言いたいことがあると言ったけど、ここではやめておくよ。
今度ちゃんと会って話したい。
照れくさいけど、ちゃんとあなたの目を見て話したい。
そしていつか、あなたを優しくハグさせてね。
絶対に怖がらせないようにするから。
セックスは単なる象徴。
俺があなたに求めていたことは、その行為が象徴するものでしかなくて、セックスそのものではなかったことを、いつかわかってください。
そしてそれを信じてもらえるよう、根気強く名誉挽回をはかるよ。
だからもう避けないでね。
きちんと距離をとって、一生、行儀よくすると誓います。
そして、きちんと伴侶を探して身を固めろというのなら、そう努力します。
でももしあなたが望むなら、俺はずっと誰のことも好きにならないで、あなたのそばにいてもいい。
あなたの望むことなら、なんでも従うよ。

あ、↑こういうのが重いわけ? w



<M>さんへ 続き
2010/01/02 20:11
ゆゆっち、あけおめ〜。
いろいろとご面倒かけます。
あなたのところでのやりとり、実は拝見していました。
でも、なんだか肝心のところがピンと来なくて、「最後までいい人でいたいのか、Mさんよ?」としらけてた。
あのしれっとすっとぼけたツラの胸の内をかき乱してやりたかった。
でもやってしまった後はいつも後悔。
いっつもこのパターン。
俺は世界一の大馬鹿野郎。
自己嫌悪だけが生涯の伴侶。


ゆゆさんへ <S>より
2010/01/02 20:15
はげさん、あけましておめでとうございます。
昨年は、このなんともけったいなブログに根気強くおつきあいいただきまして、ありがとうございます。w
俺もいっぱい恥をさらして、いやな汗かいて、毒出し完了いたしました。
毒を出されたほうは、たまったもんじゃなかっただろうと思いますが。
ホント、苦情の多いブログだったわ〜。
はげさん、そして皆さん、それももう、あと少しの辛抱ですよ〜。www
この年末もわざわざ「泥水をかぶったような気持ちになるブログ」というメッセージをいただき、がっくりしていたところ。w
そしてまあ、その通りでござんす。
わざわざ言われなくてもわかっとりますがな。

> MさんとSくん、末長く親戚付き合いしてくださいね

はいはい、わかりましたよ。
親戚づきあいに徹しますってば。w
恋人なら別れがあるし、夫婦なら離婚の危機がある。
でも親戚なら、一生別れなくてすむぞ!
ざまあみやがれってんだ! (初壊れ)

> つかず離れず、みたいな、ね

あのさ、それじゃ、これまでとおんなじなんだけど!!
でもまあ、それも運命!!
運命を受け入れます!!
シバタリョウジは運命という名のリュックを背負って、挑戦という名の荒野をめざします!!
俺の背中を見送ってください!!!
Are you OK!?


はげおやじさんへ <S>より
2010/01/02 20:17
小僧さん、明けましておめでとうございます。
修行好きなあなたは、今年もブログで善を説き、求道に生きるのか。
俺はそういうの実は大嫌いなのだが、嫌って逃げ回れば逃げ回るほど、この身に迫るのも修行と求道の辛酸なのだ。
今年もだから、あなたの説法に揶揄とひやかしのコメントを入れつつ、その真摯さに妬みまじりのエールをおくります。
あなたのような人が、あなたこそが、いつの日か真実にたどりつけるのでしょう。
茨の傷で足の裏を血だらけにしながら。
おつかれさんです。w
小僧さんのご多幸をお祈り申し上げます。


門前の小僧さんへ <S>より
2010/01/02 20:18
留加さん、あけおめ。
あのね、あなたのコメント、たぶんだけど<M>さんが救われたと思うよ。
彼女の捨て身の説得コメント。
実は彼女自身がいちばんいたたまれない気分でめげてると思う。
ああ見えて恥ずかしがり屋さんだから。
そのまま吹きっさらしのコメント欄にさらされているより、同性のあなたの共感コメントで傷口をふさいでもらったことで、かなり楽な気持ちになったと思います。
何より僕自身がね。
ありがとね。

> シバタさんはすっかり恋するオトコ?
> みたいになってるね。

るっせーよ! www
恋じゃないの!
単なるヨメほしさの、品定め!
よく大手商社あたりのОLにいるじゃん。
同僚の男どもを、結婚相手として品定めしてる女どもが。
  Sくんなら、身長もそこそこあるし、
  無難な外見だし、年収もまあクリア?
  でもちょっと育ちがねえ・・・
  ま、そのぶん、姑問題に悩まなくてもいっか。
  あとは女関係、清算してくれれば
  文句ないんだけどぉ。
  それがネックになって
  主任どまりかもしれないから、
  課長昇進までは様子を見て、今の彼にするか
  Sくんに乗り換えるか、決〜めよっと♪
・・・みたいなヤツだよ!
恋心で何も見えなくなっているというより、妙に冷静に相手を検視して、「いいじゃん」ってしみじみ気に入ってる感じ。
俺、こういうの、心の底から軽蔑してたんだけど。
こういうのも恋と呼ぶなら、恋とはなんて静かな自問と策略に満ちたものなのでしょう。
こんなの、はじめて。


留加さんへ <S>より
2010/01/02 20:24
<K>さん、あけましておめでとうございます。
ご実家でのお正月はいかがですか。
「正月を福岡で」と誘ってくれてありがとう。
お母さんにまでお誘いの電話を頂いて、嬉しかったです。
今年は、奥さん先生のところに顔を出すと約束していたので辞退しましたが、そうしたら年末にたくさんの美味しいものを送っていただきました。
おかげで、奥さん先生とともに豪勢なお正月を過ごしました。
ありがとうございます。
お礼の電話をしたら、<K>さんのお母さんったら「来年は、おヨメさんを連れて福岡に帰っていらっしゃい」だってさ。w
一度お邪魔しただけなのに、「帰っていらっしゃい」という言葉が嬉しくて、つい「約束します」と言ってしまいました。
調子いいな、俺。ww

積年の確執、ね。
<K>さん、あのさ、ずっと気になってたんだけど。
俺と<M>さんをこのブログに誘った理由は何?
俺たちの確執を知ってたくせに。
そして、ここまでの流れはあなたの描いていた脚本どおりなの?
それとも想定外の結末?
ゆゆさんのところにあなたがつけた「負け惜しみコメント」を読んで、ちょっと問いただしたくなったよ。
ま、どっちでもいいんだけどね。
俺から兄さんにお礼を言います。
昨年一年はとても楽しかったです。
このブログの内外で起きたすべてが、得がたき宝となりました。
今年の兄さんの、かの地での健康を心から祈ってる。
俺、さびしくなんかないよ。


<K>さんへ <S>より
2010/01/02 21:57
◆〈S〉くんへ

私のあの長文コメント、削除を辞退しましたが、このまま晒し続けるのもここを汚してしまう気がするので、折を見て削除させてもらうかも。
場をわきまえない恥をさらして後悔してます。
(だから、そう、留加さん、フォローありがとう。)

「あなたが望むなら、俺はずっと誰のことも好きにならないで、あなたのそばにいてもいい」

と、とんでもない。(笑
気持ちだけ頂いておきます。
でもそんなこと望んでないので、ぜひ素敵な恋をしてください。
ミスAのどんなところに惹かれたのか。
どんなタイミングでどんなおつきあいをしていきたいと思っているのか。
もっと聞かせてほしい。
あなたとそういう話がしたかったんだよ、私はずっと。
シバタと恋バナ。
いいよ、すごくいい!
相談にのれるほど場数は踏んでませんが(笑)、人に話すことで楽になるのが恋だから、私でよかったらいつでも聞かせてください。
女心を伝授します。
あ、釈迦に説法か。(笑

ではでは、ブログ一周年の記事にて再び結集しましょう!
そして、二人して笑顔で倉さんの門出を見送ろう!
約束だよ。

〈M〉
2010/01/03 02:31
<S>へ

うちの母は社交辞令が言えないので、本当にお前に「帰ってきて」ほしかったみたいです。
お前の住所を教えろと電話をかけてきた時、ちょうど俺はお前の部屋にいて、「シバタがインフルエンザにかかったからシバタのところにいる」と言ったら、「あんたがそんなふうに出しゃばったら、シバタくんが女性を呼べないでしょうが!」と怒られた。(笑)
「あれだけの男前に、女性がいないわけがなかろう!」だってサ。
だから、この正月の奥さん先生のことを話したら、母はニヤリと笑って「そうかもしれんし、そうじゃないかもしれん。まあ、ええわ。たまの休みにこんなところに来てるようじゃ、あきまへん」と妙に納得してた。
勘ぐられてるよ。
母に、シバタの苦悩に満ちたこのブログを見せてやりたいね。(笑)

“俺と<M>さんをこのブログに誘った理由は何?
 俺たちの確執を知ってたくせに”

んーとね、あんまり知らなかった。(爆)
少しは聞いてたっけ?
でも、ここまで根が深かったとは。(笑)
ただ正直言って、気にはなっていました。
↓(下に続く)
Beehive 〈K〉
2010/01/03 09:39
女性に関して比較的淡白なシバタが、<M>さんのことになると挙動不審になる。
彼女との確執について、いつか無理矢理聞き出そうとしたら、シバタのこめかみにじんわり汗が浮くのを見た時は「おや?」と思った。
ブログでここまで本音を炸裂させるとは思わなかったけど、ここでの交流を通じて、わだかまりがとけるといいなァとは思ってた。
だって俺にとっては、シバタも<M>さんも大事な友人だからね。

今年の俺の留守中も、二人で好きなだけバトルを繰り広げてね。
俺の「やっちまえ」は、決して「押し倒せ」という意味ではない。(そういう意味の時もあるけど。笑)
気のすむまでパンチを繰り出し合い、二人してリングの上にアザだらけでひっくり返って、試合終了のゴングの後ハグしあって、互いの傷を癒し合ってほしかった。
二人は似た者同士だから。
シバタにとっても、<M>さんにとっても、これほど互角に戦える好敵手はいないんじゃないの?

卒業とは断絶を意味するのではない。
より親しい存在となって、互いにエールを送る関係になることだよ。
仲良くやってね。
たのんます。
<K>
Beehive 〈K〉
2010/01/03 09:40
Kさん
Mさん
Sくん

あけましておめでとうございます!

昨年のここは私にとってはなにやら特別で不思議なところでしたw

自分のところよりもいろいろ吐き出した(吐き出させてもらった?w)気がします(^O^)

その時は恥ずかしいやらみっともないないやらまた付き合わせちゃって申し訳ないやらでしばらくうじうじするのですが
そのおかげで自分が忘れてたいろんなものがにハッキリしたりスッキリすることがたくさんあったように思います。

これからは気楽にいけそうです♪

ホントにありがとうございました。
ごん
2010/01/03 11:29
明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いいたします。

今年も(S)さんにとって良い年になりますように。
と云うか、きっと素敵な年になると思いますよ♪
もうすぐブログ一周年ですね。
その日に皆様揃ってお会いできるのを楽しみにしています(*^-^)♪
マリー
2010/01/03 14:06
>恋じゃないの!
>単なるヨメほしさの、品定め!

↑ 本音(?)が出たね。
    恋愛と結婚は違うよ。
    一番好きな人とは 
    結婚しない方がいいの。
    二番目に好きな人がいい。
    だから、アナタの選択は正解です。
    一緒にいて、空気みたいに
    感じられる人が一番。
  
そういう計算ができる、
シバタくんはとてもいいよ。
無難なことは、嫌いかもしてれないけど、
やさしいことを、継続するってことが、
一番難しいところだからね。

で。もうすぐお別れですね。
せいいっぱい、楽しませて貰いました。
最後の方は、
アンタらだけのメーリングリストか!と、
シラたこともあったけど・・・笑

最後まで、逃げないところが、
スゴイね。二人とも。

いい子ぶらない、シバタくんがいいよ。

では、皆様、末永く、お幸せに。
嬉羅璃 
2010/01/03 16:50
ごんさん、あけおめ〜。
今日は正々堂々と最新記事へのコメントね。w
僕らの人目を忍ぶやりとりも、そろそろ終局を迎えないとね。
さびしいけど。

ブログには大きく分けて、主に二種類のジャンルがあると思うんだけど。
ひとつは情報発信型。
植物や鳥、レシピやイベント、商品情報を載せてるブログ。
もうひとつは情緒共感型。
管理人の考えや感情を綴って「なるほどねえ」とか「こう考えたら?」という気持ちのやりとりを促すブログ。
なかには「心とはこうなのです」という一方的な説法・啓蒙系のブログもあって、あれなんかは両者の中間に位置してると思うんですけど。

そして後者の情緒共感型のブログの場合は、本音を吐き出すやりとりしたって何も問題ないんじゃない?
そもそもそうやって楽しむもんなんだからさ。
それをさ、こっそりそのやりとりを盗み見て、後から本人にそのやりとりをあてつけるなんて、意味わかんないよね。
そういう人は一生外野で誰かの人生の観客をやってればいいんだ。
常に批評する側にまわって、まるで芸能人の結婚やスキャンダルに悪態つくように、根拠のない「上から目線」で窃視し続ければいい。
それはある意味「おりこうな」選択だから少しは見習いたいところだけど、俺もごんさんもそういう「おりこうさん」にはなれない人間なんだから、恥と本音を晒して、それを見せ物にして生きていこうよ。

…なんて言いつつ、顔出ししない俺。w
当初はここの最終記事で三人そろって顔出ししようかって話があったんだけど、やめとくかも。
あとの二人は家族もいるしね。
むしろ体出しするってのはどう?
俺の鎖骨と上腕を見たくない? w


ごんさんへ <S>より
2010/01/03 18:05
マリーさん、あけましておめでとうございます。
昨年はたくさんの励ましをいただきまして、ありがとうございます。
年末の偽S騒ぎから始まって、Bee内部のゴタゴタまで、あれこれご心配おかけしました。
そして、今回の<M>さんとの仲違い(?)でも、はからずも水面下でいろいろご調停いただく形になり、お世話になりました。
おかげさまで、なんとなく<M>さんとも収束方向に向かいつつありますので、もう余計なことは蒸し返さないほうがいいかなと思いつつ。
でも一言、マリーさんと<M>さんとのやりとりを盗み見て、俺なりの感想を言っていいでしょうか。

早い話、<M>さんは俺がこわかったの?
なんだ、だったらもっと早くそう言ってくれればよかったのに。
あの人は俺のことを年下の弟分と舐めくさってて、いつまでたっても「シバタってかわいい」かなんか言って一人前の男として意識してくれなかったから、俺、必要以上に虚勢張ってたところがある。
あの人の前で「これでもか」ってくらい、男を見せようとしてた。
逆効果だったってわけね。
俺もバカだったけど、<M>さんもおバカ。
何をそんなに強がってんだか。
「シバタの分際でふざけんな」じゃなくてさー、「いやん、やめて」ってかわいく言えばすむことじゃんか。
ねえ?
もー、バカバカバカッ!
虚勢の張り合いはもうやめます。
いろいろ気付かせてくださって、ありがとうございました。


マリーさんへ <S>より
2010/01/03 18:07
嬉羅璃さん、あけましておめでとうございます。

> 一番好きな人とは結婚しない方がいいの
> 二番目に好きな人がいい

> 一緒にいて、空気みたいに感じられる人が一番

よく言われることですが。
ちょっと前の俺だったら、こういうの「ケッ」とか思ってツバ吐いてたけど、今はね、なんとなくわかる。
でもさー、空気ねえ。w
ふうん、嬉羅璃さんのご主人は空気なんだー。www

でも俺、かなーり先走りすぎてると思います。
いきなりヨメとか言ってるけど、まだおつきあいもしていません。
<M>さんのお告げなんてアテになんないから、この先フラれるかもしれないし、俺の育ちが育ちだから、向こうの家族に反対されて結婚は難しいかもしれないじゃん。
現に、昔ちょっとだけつきあったことのある子の親御さんに「施設育ちに娘はやれん!」って言われたことあるよ。
その時は結婚どころか、それほど乗り気じゃないつきあいだったから少しも傷つかなかったけど、ほんとに好きな子の親からそれ言われたらキツイなあ。
<続く>
嬉羅璃さんへ <S>より
2010/01/03 18:08

> アンタらだけのメーリングリストか!

そうだよ、知らなかったの? w
ここはさ、単なるグループブログじゃなくて、<K>さんが仕組んだ、俺と<M>さんの確執解消のための舞台だったようだから。
あなたたちはただの観客です。ww
水面下のやりとりだと、なぜ俺たちが解散なのか、どういう経緯でここを閉じるのか、訪問者さんに伝わりづらいから、私信メッセージでの「どったらこったら」はやめて、堂々コメント使ってやってねって<K>さんからの指導もあり。
まあ、そういうことです。
シラケさせてごめんね。
はげさんのところでも毒づいてたね。w
本人の意思で一部コメントを削除してありますが、「よくわからんが、勝手にやっとれ」と、若いモンを見守る目で容認してください。
でもおかげさまで、俺はすっかり気がすみました。(たぶん)
これで悔いを残さず次に行けそうです。
これまでおつきあいいただき、ありがとうございました。
このご恩は忘れませんよ。


嬉羅璃さんへ 続き
2010/01/03 18:09
明けましておめでとうございます。
K様M様S様にとって今年も見たこともない素敵な年になりますようにお祈りします。
いつもわくどきのドラマ、
今年も無料でよろしくおねがいします。w
織り姫
2010/01/03 19:43
ちょっとお正月でご無沙汰してる間に、大雨降って地固まってる? 
でもとにかくSくんは、アマテラス・Mさんを天の岩戸から誘い出すことができたのね。
よかった♪

今回に限らず、Sくんの記事のコメント欄を見ていていつも思ってたのですが、あなたは人の本音を引き出すのが上手ね。
ここではよほどガードを固くしてないと、つい本音を引き出されちゃう。
メンバー同士だけでなく、(私を含め)訪問者さんのコメントを拝見していてもそれを感じます。
Mさんも、たたみかけるようなSくんの誘い出しの情熱につい降参しちゃったのでしょう。
あるいはこのやけくそで何でもありの空気は、なんとなく匂わされてる〈解散〉を意識した前夜祭みたいなものなのかもしれないけど。

Sくんは日頃、ムキになる自分を嫌悪して「ちぇっ」と思ってるみたいだけど(笑)、あなたのその性質は、普段ムキにならない人たちまでムキにさせる。
本音を言わせる。
たぐいまれなる資質だから、ぜひ大切にしてくださいね。
深く激しく人と関われるから。
きっとそれがSくんの人生を豊かにしてくれるんだと思います。
マグロ
2010/01/03 21:45
織り姫さま、新年早々のエールをありがとうございます。

> わくどきのドラマを無料で

無料で、はこっちのセリフ。
よくもまあ、皆さんタダで読んでくださいました。
ホントはこっちがお金を払って読んでもらわなくちゃいけないようなブログだったもの。
ためになる情報、皆無。w
ただもう、とにかく私情の垂れながし。
詩情あふれる文芸ブログのはずが、いつの間にか私情あふれる人間関係暴露ブログになっていました。
あはは。

でも僕はとても楽しかったです。
負け惜しみじゃないよ。
ホントの気持ち。
最初はちょっとブログを盛り上げてみようかなっていういたずら心もありました。
ほんの最初の頃ね。
メンバーの反応を見ながら、少しずつ自分を出してみた。
時々〈M〉さんに、「余計なこと書いて」って怒られてたけど、「あれはあそこだけの演出だから、マジで怒るなよ」と言って切り抜けてきました。
<続く>
織り姫さまへ 〈S〉より
2010/01/04 00:04
でもそのうちだんだんブログ上のおふざけじゃ済まなくなってきて、ここを介さないと本音のやりとりができなくなっていきました。
それとともに、実際に顔を合わせるのが気まずくなってきて。w
そんな中、〈K〉さんだけが最後まで面白がって「もっとやれ」「やってしまえ」と煽る煽る。ww
だからここのプロデューサーは〈K〉さんだったの。
俺はここをひっかきまわしたつもりが、実は踊らされてただけ。w

でも、これだけは信じて。
俺、詞を書くの、けっこう好きだった。
詩は読むほう専門で、書くのはこのブログが初体験だったんですけど。
詩を書く男なんて、それまでオエーッて思ってたけど(今も知人には死んでも言えない。w)、言葉を深いところからひっぱりだしてくる作業って面白いですね。
目を閉じて、明け方の夢を思い出そうとするような沈潜。
いろんな思いに気付かされた一年でした。
織り姫さん、それをずっと読んでくれて、本当にありがとうございました。



織り姫さまへ 続き
2010/01/04 00:06
マグロさん、ちいっす。
「本音を引き出すのが上手」ねえ。ふうん。

今回のアマテラスは、俺がここで「ヤラセロ」「ダカセロ」をしつこく連発したから、さすがにいたたまれなくなったんでしょ。
〈M〉さんはいつも「ここまで自分達を見せ物にする必要あるの?」って言って、こういう内輪の本音合戦を嫌ってたから。
でも俺の常軌を逸したキチガイぶりに、最後くらい気の済むまでつきあってやるかと、腹をくくったんだと思うよ。
俺、たしかにキチガイだったからね。
未練がましかったし。
反省してる。
それにアマテラスご来光のかげには、〈K〉さんや何人かの訪問者さんの後押しがあったみたいだから、単に気狂いシバタの作戦勝ちとも言いきれません。
<続く>
マグロさんへ 〈S〉より
2010/01/04 00:09
どちらにしても、本音を引き出すことが、いいことばかりとは限らないよ、マグロさん。
疑問と謎を残したまま、黙って行かせてあげる、という思いやりがあってもよかったかも、俺。
なんでも白黒はっきりさせようと、相手の胸ぐら締めあげて本音を吐かせるのが、俺の昔っからの悪い癖なの。

以前、ある訪問者さんにも忠告されたことあるんだ。
そうやって人の問題に首突っ込んで、あれこれ本音を言わせて、結局重くなったら切り捨てる癖に。
中途半端な関わり方しかできない癖に。
その幼稚な潔癖症が人を傷つけるとも知らないで。
…とかなんとか、そんなようなこと。
痛かったよ、耳も胸も。w

だから嬉羅璃さんにも苦言を呈されたけど、今回の閉店後のやりとりは、ひとえに俺がいけないの。
せっかくマグロさんにフォローしてもらったけど、今年のシバタの抱負は、本音と真実ばかりにこだわらない懐の広さを持つこと。
人を追い詰めて言いたくないことまで言わせて「本音がいちばん」みたいな青いこと言うのは、もうやめるよ。



マグロさんへ 続き
2010/01/04 00:11
Sくんへ。

>ふうん、嬉羅璃さんのご主人は空気なんだー。www

そうだよ。
空気(酸素)が薄いところにいると、
アップ・アップするでしょ。
空気を読みすぎる人の側にいても
濃すぎてアップ・アップするの。
本当は、空気読めているのに
読めないフリができる人。
さらに、読めないフリを
していることも、
わからせない人。
ハハハ・単に空気読めないのかも
しれないけど・・

結婚は縁だからね。
結婚したら、ひたすら忍耐だからね。
でも、それも楽しみになるよ。
本当に縁のある人だったらね。
お互いに感謝できる関係になる。

ウチのダンナの自慢していい?
一緒に食事しているとき
箸の持ち方、食べ方がキレイ。
ガツガツしたり、モグモグ食べながら、
話したりしない。
食べ方に 品のあるのね。

多分、Sくんも、そうではないの。

>俺の育ちが育ちだから、向こうの家族に
 反対されて結婚は難しいかもしれないじゃん。

  ↑ ありえない。
    なにより品のあるSくんを見抜けない
    そんなことを気にする、
    親御さんではないような気がする。
    それと、Mさんのカンは鋭いから
    信じることよ。
    信じることが、大事。

幸せになってね。ひたすら祈ってます。
嬉羅璃
2010/01/04 03:42
嬉羅璃さん、丁寧なご説明ありがとう。
「結婚は縁」。
これはすごくわかるけど、「結婚はひたすら忍耐」。
さすが年季の入った結婚観。www
でも忍耐の量って双方に同じ量なの?
一方がより多く我慢することで成り立ってる関係ってありそうですね。
俺、相手に我慢させるよりは、自分が我慢するほうがいいなあ。
でも実際は相手に我慢させてるらしくて、別れ際に「あんたのここが我慢ならなかった」ってわんさか言われて、ぐうの音も出ないってことが多い。w
だから長く寄り添ってもダンナ自慢できる嬉羅璃さんはいいな。
俺だって箸づかいと魚の食べ方はて誉められるよ。
でも「誉められる」うちは他人だね。
まるで自分のことのように「自慢」されないと。w

嬉羅璃さん、ひとつ聞きたいんだけど。
嬉羅璃さんの言ってた「若き日の濃い恋心」はどうなったの?
それが今のご主人?
今のご主人と結婚する時は、それまで好きだった人のことは、心の中から跡形もなくなっていたの?
それとも結婚したら少しずつ忘れるの?
今思い出しても懐かしいだけ?
少しもヒリヒリしない?
<続く>
嬉羅璃さんへ 〈S〉より
2010/01/04 19:50
俺はね、ひとつのことが決着つかないと、なかなか次には行けないタイプ。
でも、そろそろそういうやり方、やめようかと思ってんの。
見切り発車で次を始めないと、むしろ終われないこともあるんじゃないかって思いはじめて。
そりゃケジメは大事だけど、理性で「ハイッ、終わり!」と宣言するのは簡単。
その後それが完璧に腹に落ちるまで待ってると・・・時間ばかりが無為に過ぎていく。w
人生そんなに長くない気がしてきた。www
でも他人が絡む問題に、現実逃避や場当たり的な衝動を持ち込みたくないし。
てか、昔はそんなことばかりしてたから、もうするまいって思ってるところもあって。
悩めるシバタくん。

それからひとつ心配ごと。
嬉羅璃さん、もしかして不眠症?
いや、コメントの時刻が気になってね。
平気なの?
俺のお母さん先生もずっと眠剤が手放せなくて、つらそうだ。
足を揉んであげると少しウトウトするんだけど、すぐまた目が覚めちゃうみたい。
あなたは大丈夫?
余計なことだったらごめん。



嬉羅璃さんへ 続き
2010/01/04 19:51
イヤ〜!此処まで辿りつくのに大変でした。

ところで、私は昨年で残念ながら閉鎖、解散されたものと思っていました。
でも、継続されていたのですね。
ゆゆさんのブログで再開されているのを知りました。
明けましておめでとうございます。

ところで<M>さん大変ですね。
私は以前から<S>さんへの想いを聞いていましたので<M>さんにはメンタルな問題があるな〜っと思っていました。
男性の一途な想い…重いですね。
シャレではありません。
私の女性の友人にも好きな男性はいるけれどもその想いを受け入れられない女性がいます。
その方も人妻です。
同じ地域の男性ですし、人目を気にする以前にメンタルな部分で受け入れられない女性なのです。
彼女もメンタルクリニックに通院していると言っていました。
<S>さんは女性から見ると誰もが惚れる魅力的な男性の様ですが私から言うと少し違います。
女性に対しての労わりが不足していると思うのです。
女性心理をわかりながら女性を”イタブル”…これはいけません。
<M>さんに心痛の想いを告白させた<S>さんに怒りを覚えます。
<S>さん、<M>さんを追い込めないでください。
彼女は人妻なのですから…。
倫理、道徳は恋する男には無視できますが、告白された立場に立ったら<S>さんもどう対応しますか?

私は昨年アッサリと解散されているものと思っていましたが<M>さんを追い込めているなんて思いもしませんでした。
<S>さん、厳しいようですが貴方の”我がまま”から始まった事態です。
男としてどの様に終息をつけるのですか?
それが聞きたい!
酒天
2010/01/04 22:47
田村正和さん、もとい、酒天さん、お久しぶりです。
お元気でしたか。
厳しいコメント、ありがとうございます。
あなたはいつか、俺が<M>さんを拉致って小突きまわした記事を載せた時にも、怒りに震えたコメントをくれましたね。
あなたのそういう正義感あふれるところ、好きです。
俺に好かれても仕方ないか。w

さて、頂いたコメントへのお返事ですが。
どういう内容にしようか考えた時、二つの内容が浮かびました。

パターン1
おっしゃる通り。
とにかく反省。
<M>さんへの懺悔の思いを胸に、これからは心して、改心の道を歩みます。

パターン2
おっしゃることはごもっともだけど。
相手をめちゃめちゃに壊すことでしか、終わらせられない想いもある。
あなたに何がわかる。

どっちがいい? w
どっちも俺の気持ちです。
そしてどっちのパターンで言い逃れたとしても、田村さんの最後の質問の答えはひとつです。
<M>さんからきちんと離れます。
もう未練がましくまとわりつかないよ。
ここはもうすぐ解散になるんだ。
だから自然に距離をとることになると思います。
もともとブログの外では、そんなに会うこともない俺たちだから。
そして、田村さんと同じくらい、俺も自分のしたことに怒りを感じています。
それがいちばんの罰ということで、どうぞ溜飲を下げてください。

<M>さんのために怒ってくれてありがとう。
あの人の味方になってくれる人のことは、みんな好きだよ。


酒天さんへ <S>より
2010/01/04 23:22
早速のご回答ありがとうございます。

只、>あの人の味方になってくれる人のことは、みんな好きだよ。

その言葉が気に入らない。
このブログが終わりになる原因を理解していますか?
総て貴方のせいです。

この際ハッキリと云わせて頂きます。
父親がいながら孤児と生まれて施設に預けられた<S>さんには、私には理解しえない苦労もあったでしょう。
しかし、それを云わずに見守る方々の恩恵を意識したことがありますか?
<M>さんも以前はその一人でしょう。
甘えるなよ!
誰にでも語れない出来事はあります。
もちろん私にもあります。語れない事情が…。
自分の置かれた立場を理解しながら人は生きているのです。
自覚してください。
韓国の方に愛されるのも自分の生い立ちを話したのでしょう。
生い立ちは私にも語れない生い立ちがあります。
私はそれは誰にも語りません。
「同情よりも金をくれ」ってドラマがありましたね。
同情を売り物にして欲しく無いのです。
わかって頂けますか貴方から…。
酒天
2010/01/04 23:53


女性心理をわかりながら女性をイタブル

だからSシャンはモテるんだと思うけどナ

労わるだけで女を攻略できたら
プロのスケコマシはいらない

イイ男はイジワルで根性曲がり^ ^


ヤシャ
2010/01/05 00:01
今夜は眠れないのでコメントします。

貴方のパターン2は理解できます。
私も昔、相手の家庭を破壊してでも彼女を獲得したかった。
これは人間ではなく動物の本能に近いですね。
今の妻に聞かれると騒動になりますが…。
困った生き物ですね。
男って…。

ヤシャさんが言われるようにスケコマシはいらない。
男の本性は根性曲がりです。
今は妻に捨てられないように生きています。
酒天
2010/01/05 00:45
酒天さん、再コメントありがとうございます。
あなたのブログや、他の方のところで見かけるコメントは、いつも穏やかそのもの。
そのあなたがこれほど激しい言葉で非難の気持ちをあらわにするということは、よほど腹にすえかねるものがあったのでしょう。
しかも正規のHNで、リンクつき。
IPアドレスというものの意味がわかったようですね。w

> 同情を売り物にして欲しく無い

なぜ、売り物にしてはいけないの?
脛の傷は強みにもなるし、武器にもなる。
同時に、武器は弱みにもなるし、致命傷にもなる。
あなたがもって生まれた甘いマスクと歌声を武器に、タレントとして飯を食っていた時期があったように、俺も孤児であることを利用して、女性をたらしこんでお金を引き出していた時期がありました。
でも、それを武器にすることを選択したせいで、失うものも多かった。
選択は取捨をともなうから。
選ばなかった生き方を捨てることになる。
あなたはそうではなかった?

僕は孤児という社会的弱者のレッテルを売りにしたことで、ヤクザ者の兄貴たちや在日韓国人という弱者や、同じく、デートボーイに金を払うことでしか孤独を埋められない病んだ女性という弱者を味方につけることができた。
それゆえ、なんとか糊口をしのぐことができた。
でもその分、ええとこのお嬢さんや、血縁や家柄のコネクションがものをいう洗練された世界とは一生つきあえないという弱点もある。
同じ弱点なら、TPOによって、武器にしなけりゃ損だろう。
そのくらいの特典がなけりゃ、やってられない。
<続く>
酒天さんへ <S>より
2010/01/05 00:48
そして、その特典とは、もれなくこの身を汚すという副作用もついてくるんだよ。
同情を利用して生きてきたツケは大きいんだ。
身から出た錆は醜くこびりついて、こすってもとれやしない。
<M>さんの俺への同情が男女の情とは違うと薄々気づいてはいても、もはやその同情なしにはやっていけなくなってしまったように。
そうそう、スジモノのスカウトマンに芸能関係の仕事をしろとしつこく言われたときも、それを断った理由は、俺の前歴が売春だったから、世間に顔を出す仕事は一切できないという理由もあった。
何を強みにして、どんな道を選んできたかという選択は、すべて自分に返ってくるんだよ。
だからさ、あなたにお仕置きされなくても、ちゃんと神が、世間が、事のなりゆきが、俺に天誅を与えてくれるのよ。
だからこそ、あなたは「そんな生き方はやめろ」と愛ある忠告をくれたんだと思いますが。
はい、もうやめようと思ってます。
そう決心して、かなり時間が経つ。
でもまだそんな甘えの匂いが俺のそこかしこにぷんぷん漂ってるとしたら、それは、それこそが「身から出た錆」だよ。
一朝一夕にとれやしないんだよ。
でもね、少しずつこそぎ落していくから。
今の職場で、俺の生い立ちを詳しく知る人は少ない。
ここでは俺自身が、自分の錆を忘れて生きているくらい。
でもそんな「いけしゃあしゃあ」な俺に反吐が出るときもあるから。
こういう場所で泥を垂れ流すくらい、許してくれよ。
だめかね。


酒天さんへ 続き
2010/01/05 00:48
ヤシャさん、あのさ。w
俺のこと、ほめてんの? こきおろしてんの? ww
いずれにしてもさ、酒天さんをあまり刺激しないでね。
あの人が言ってることが正しいんだから。
そりゃ俺は善悪の基準の通用しない「うつけ者」だけど。
悪いことして、それをモラルという観点から糾弾されたら、反論せずにその批判を受け入れるくらいの心根はあるんだよ。w
所詮、モラルと衝動は、土俵がちがうんだ。
そしてどちらが上で、どちらが下ということもない。
強いていえば、モラルが英語で、衝動がヒリモツ語(ニューギニアの言語のひとつだよ)。
このふたつの言語での口げんかは不可能だけど、英語のほうが世界共通語と認識されてるから、言ってることがわかる人が多い分、味方をつけやすいというメリットはある。
だから俺は、英語でケンカを売ってきた人に、ヒリモツ語で言い返すようなバカな真似はしないよ。
万国共通の言語に勝ち目はないんだからさ。
I'm sorry でペコペコ頭を下げるしかない。
英語をバカにしてるのかって?
まさか。
俺、日夜、英語を勉強中。
きちんと話せるようになれたらなあって思ってる。
ほんとだよ。w


ヤシャさんへ <S>より
2010/01/05 00:54
酒天さん、再々コメントありがとう。
さっきの俺のコメントは、あなたの再々コメントを拝読する前の書き込みです。

再々コメントを読んでも言いたいことは変わらないけど。
でもあらためて何か言うとしたら。
俺は、あなたが伴侶を得たり喪ったりの過程でいろいろな蹉跌を経験した人であるらしいことを薄々知ってるから、それで、あなたにどんなにこっぴどく叱責されても、反発の気持ちが起きないんだ。
あなたの怒りは義憤だから。
誰よりも泥を理解している人ゆえの、身につまされる憤り。
私怨や中傷ではないと理解しています。

最初の酒天さんのコメント、今夜ようやくここまでの記事とコメントを読了したような風情でしたが、<M>さんが自身のメンタルな問題に触れて告白コメントを書いたのは年末。
そして、そのコメントを削除してから数日たっています。
だから、あなた、かなり前からここを見守っていてくれたんでしょう?
衝動的な怒りにまかせてのコメントではなく、読後、時間をおいても収まらない義憤を感じてのコメントだったのでしょう?
心して受け止めます。
そして逆撫でするようだけど。
やっぱりそんなあなたが好きだよ。
しつこい? w


おやすみなさい。
zzzz
酒天さんへ <S>より
2010/01/05 01:11
了解してくれてありがとう。

私は女性を尊敬しています。
自身が女系家族だと思うのではなく、日々の生活から心底思うのです。
女性は凄い!
対抗するなんて男性には所詮無駄な行為です。
<M>さんの心をそっとしておいてください。
女性の偉大さは男には理解できません。
メンタルな部分も理解してあげてくださいね。
女性はメンタルな部分で生きているのですから。
貴方に理解できますか?
<M>さんが私のブログに貴方のことを書きこんでいるコメントをお見せしましょうか?
>怖い!と云うことです。
嘘だと思うのならば私のブログを見てください。
もう一度言います。
女性はメンタルな生き物です。
それを犯してはなりませぬ。
酒天
2010/01/05 01:54
Sくんへ。

>でも忍耐の量って双方に同じ量なの?
 ↑ わからない。
   どうなんだろう?
   私は、私の方が忍耐していたと
   思っていた。
   でも逆かもねと最近思う。

>嬉羅璃さんの言ってた「若き日の濃い恋心」はどうなったの?
   ↑ 聞きたい?
     もう忘れたww
     ていうか、そんな濃いのはなかったのね。
     想像の世界ではあったかも。

>俺はね、ひとつのことが決着つかないと、
 なかなか次には行けないタイプ。
  ↑悩みに、悩んでも、現実は進んでいく
   流れに、身をまかせてみたら・・・どうでしょうか。(笑)

それからひとつ心配ごと。
嬉羅璃さん、もしかして不眠症?
  ↑あのねぇ・私不眠症になったことない。
   早く寝るの、3時〜半ころ起床が日課だから。。
   早寝(8時ころの時もある)早起きがモットーなのです。
   ご心配なく,眠剤なるものは、飲んだことありません。

夜明け前の暗さが好き、だんだん明るくなっていく
美しさ、知っているでしょう。毎日違うのよ。
毎日、生まれ変われる・・・
嬉羅璃
2010/01/05 04:02
何度も失礼します。
ここまでのコメントを読んで気づきましたが、SくんとMさん、どうやら私の把握していないやりとりがあったようですね。
前回のコメントでは「本音を引き出せるSくんは素晴らしい」などと脳天気なことを言ってしまってごめんなさい。
当事者の間ではいろいろとフクザツな思いがあったみたいですね。
それでもあえて感じたのですが、自分をさらすということは一定のリスクを伴うことなので、本人が自分の意志で行い、その責任をすべて本人が引き受ける覚悟があるのなら、それはそれでいいのではないかな、なんて思います。
自分をさらす自由もあるし、さらさない自由もある。
互いが互いを強制しない範囲で、自分の居心地のよさを追求していければいいですよね。
そしてそういう問題について、こんなふうに賛否を語り合えるここは、やはりBeeらしい本音の交流の場として素晴らしいのではないかと思いました。
なんか無難なことを言ってるから、Sくんあたりの不興を買いそうですが。。。笑

本日、Mさんのご尊顔を拝みに、久しぶりにMさんの職場に年始のご挨拶に伺いましたが、今回もタイミングが合わずMさんは離席されていらっしゃいました。
昨年からこのかた、なかなかお会いできませんが、落ち着かれましたらぜひまたお食事でもご一緒できるといいなと思っております。
本年もよろしくお願いいたします。
マグロ
2010/01/05 17:03
アタシね、
いいと思う。

「何言ってんの?」って思われるかもしんけど

アタシここの人達好きなんよね

で ここに通って
いろいろとあった。

ね。シバタクン。

泣いてしまったこともある。
その時は 本当のことをさらけ出して 本音を吐き出して、散々言い合って「あ〜やっちゃった」って思ったけど

後から大事なことだって思ったんよ。

本当のことを伝え会うって。
本当のこと言ってもわかりあえないのに

隠したり
ごまかしたり
探ったりしてたら

もっとわからんでしょ。

「それぐらい察してよね」なんてことをいつまでも言ってたら ホントに痒いところは掻いてもらえないよね。

つづく
ごん
2010/01/05 17:55

だから
こんなんも有りだよね。

ね。Mさん。

ぶつかるひとがいて
見守るひとがいて
かばうひとがいて

もう いいやんね。

お互い 感情的になっても
わかってるんだよね。

ね。シバタクン。

大切だから
わかり合いたい。

こんなんじゃダメ?
Kさん。

幼稚園着いちゃった。
子供迎えに行ってきます。
中途半端でごめんね!
読み返す時間無い。

変なら消しとくれ(^O^)
ごん
2010/01/05 17:57
 酒天様へ
こんばんは〜
酒天様もここのファン、私もここのファン、ファン同士です。
それで、ちょっと私の気持ち聞いて欲しいのです。
十人十色で感じ方、言い方が違ってていいですよね。
昨夜のコメントのうち、
> このブログが終わりになる原因を
 理解していますか。
 すべて貴方のせいです。

とS様のせいと書かれてますが、これってかなり私胸痛いです。
ほんとに、そうでしょうか?。
昨年、何があって引責云されたのでしょう。
酒天様、ご存知ではなかったかしら?。

それから、この記事の後のK様の記事も読まれてないでしょうか?。

お断りしておきますが、酒天様を敵のように思って書いているわけではありません。
S様M様、このブログを愛してるから酒天様の昨夜のコメントになったのだって思っていますから。
私もここが好きだし、だから書かずにいられなくて。

織り姫
2010/01/05 18:33
あのぉ〜
何度もスミマセン・・・

私も他の方達と同じ意見です。
此処は それぞれが本音で話し合う場なので、それで良いのではないでしょうか。
それから(S)さん
あなたは 何もかも全て自分一人で背負ってしまわれる所がありますが、それは違いますょ。
そんな事をしていたら 又心が折れてしまいます。
私はその事の方が心配です。
だから それだけはしないでくださいね。
あなたは悪くないです。
それは此処に来られる他の方達も思ってらっしゃると思いますよ(*^-^)♪
マリー
2010/01/05 20:19
あらためて こんばんはデス^^

読み返してみると あらら…(^_^;)です。。。

とまあこんなもんで 全ては伝わらないもんですよねw
正しくも伝わらない。。。誤字スイマセン(^_^;)

私の経験でしかお話しできませんが…
他のところでコボシタからって
ずっとそう思ってるわけでもなく
全然そう思ってないわけでもなく…
でも 「そうなんだ〜」って言ってくれると
それだけで スッキリしたり^^(勝手?w)
時間が経つにつれ 消化して 変化していく部分もあったりで。。。

それを 以前 「○○って書いてたよね」って自分のところで確認されちゃって 初めはなんとなくはぐらかしたり 当たり障りのないことを返してましたがもう洗いざらいしゃべらなきゃどうにもならないようになってしまったことがあります(*^。^*)

さらっと流していただければアリガタイって思ったりもしました。それは あんまり長いことそれに触れられてると「自分が恥ずかしくなってきたから」かな^^
あくまでも 私の場合です。。。

でもそれも 自分でやっちゃったことだから
「ま しかたない…」と思える時も来たりするもんで…

何を言いたいか分からなくなってしまいましたが
ココは これでいいんだと思うんです^^

だれがイイとか良くないとかじゃなくて
ココの人たちが良ければそれでいいんじゃないかな。。。って♪
そ。
結局は そういうことかなっ(^−^)
やっぱり長ぇ(^_^;)すいません。。。

文章ヘタクソで…気を悪くしたならごめんなさいね。。

では 子供をお風呂に入れてきます。
(今から?遅っw)
みなさんどうもスイマセン。おじゃましましたm(__)m
ごん
2010/01/05 21:32
明けましておめでとうございました。

正和さん(酒天さん)どうしちゃったん。
時々、昭和のお父さんみたいになる。
正義感ゆえの不器用なまでの率直さですよね。
私も年末に怒られました。
女を安売りするなと。
いつもリンク貼れなくてすみません。
アドレス載せます。
http://ameblo.jp/naomi-jemima/
今気がついたけど
私の本名ばれる、、まあいいや。



ゆゆ
2010/01/05 22:33
酒天さん、夕べはどうも。
女性はメンタルな部分で生きている、ね。
肝に銘じます。
でも俺たち男だって、そうだよね。
俺なんかはものすごくフィジカルな生きものだと思われてるけど、肉体にあらわれる現象や衝動は、すべてメンタルな情動に突き動かされての結果だから。

酒天さんと〈M〉さんのやりとり、たぶんものすごい過去記事なのね。
見ておくべきかと思って探しましたが、見つけられませんでした。
たぶん例の拉致記事の前後の記事で、あなたと〈M〉さんのやりとりがあったような気がするから、その頃の話なのでしょうか。
でもここにそのコメントを貼り付けるようなことはしないでね。
だいたいどんな内容か察しがつきます。

酒天さんが言う「女性をイタブル」という表現、自分にたしかにある負の衝動を説明するうえで、的確な言い回しだなと認めます。
すべての女性に対してそうじゃない。
むしろ俺は、女性の機嫌をとる方向の調子の良さがあります。
でもある種の女性には、酒天さんがおっしゃるようなサディスティックな情欲を持ってしまうことが確かにあります。
特に〈M〉さんにはそういう部分を刺激されます。
なぜだろう。
わかんない。
俺はあの人に「怖い」と言わせたくて、ひどいこといっぱいしてきました。
あの人の強がりを粉々にしてやりたくて、屈服させたくて。
威圧的に近寄るだけで、伏し目がちの横顔に、さっと警戒と嫌悪の表情が走るから。
嫌がるあの人の腕をねじり上げた時は、怯えた表情に興奮した。
俺って変態。w
でもその昂ぶりの中に、自虐的なヒリヒリがあったことも、正直に言っておきます。
<続く>
酒天さんへ <S>より
2010/01/05 23:57
決して嫌われたかったわけじゃない。
手に入らないと悟ったその反動で、腹いせに虐めてやりたかったのかもしれないし、ただ単に好きな人を痛めつけちゃう幼児性の延長だったのかもしれない。
妄想の中の〈M〉さんは、いつも俺にひどいやり方で犯されてきました。
だから俺、偽Sさんのコメント見て唖然としたの。
俺の頭の中のことがそのまま書かれていたから。
自分の情欲を客観視させられて、そのグロテスクさに吐き気を催しました。
はじめて、自分の衝動を心から嫌悪しました。

だから俺は〈M〉さんにとって危険人物。
潔く認めます。
だからと言って、心を入れ替えて羊の俺となって一からお付きあい、なんて言わないよ。
それじゃまた「フリダシに戻る」じゃん。
もう終わりにしたいから、ちょうどいいよ。
俺のこと怖がってればいいじゃん。
そう仕向けたんだから、作戦大成功だ。
でもなんでだろう。
そう言わせたかったのに、〈M〉さんの「怖い」に胸がぺしゃんこ。w
なぜか俺、傷付いたよー。www
俺本人に弱々しく漏らした言葉でなく、他の人から伝え聞いた言葉だったからかな。
それとも俺のしてきたことが、はからずも彼女のトラウマティックな部分を攻撃してたことに、へこんでるのかな。
たぶんこっちだね。
まあいいや、思いは尽きない。
コメントも長くなるばかり。

それでは田村さん、ごきげんよう。
愛ある忠告、ありがとうございました。
あなたのコメントの後、「Sくん応援団」の皆さんのコメントが並んでるけど、気にしないでね。w
ちょっと癪にさわるかもしれないけど、笑ってスルーして。
あなたは間違ってないんだから。


酒天さんへ 続き
2010/01/05 23:58
嬉羅璃さん、あなたの「若き日の濃い恋心」。
むりやり聞き出そうとして、ごめんね。
人の襟首つかまえて、ひとことじゃ言えないようなこのテの告白をさせようとする癖、よくないよねって自分で言ったばかりなのにね。www

でも嬉羅璃さんが不眠症じゃなくてよかった。w
眠れないってのはツライからね。
でもさー、3時起床って、ヴァンパイヤかよ。www
丑三つ時からいくらもたってないじゃん?
嬉羅璃さんって、はげさんが思ってるほど年喰ってないと思ってたけど、この就寝〜起床時間を見ると…。
かなり年寄りだね。wwwwwwwww
でも早寝早起き、いいんじゃない?
いつか、入院している病室の窓から花火を見た、なんて言ってたから。
検査入院だったっけ?
健康のためにいいことは続けてね。

夜明け前の暗さが、だんだん明るくなっていく美しさ。
夜更かしも夜勤もしょっちゅうだけど、そんなふうに朝焼けをしみじみ眺めたことはないなあ、最近。
俺、明け方はなんだか切なくなる。
早起きして迎えることは少なくて、たいてい夜更かしや夜勤の延長で迎えることが多いせいか、頭の中に石が詰まったような前日の疲労をひきずったまま、いやおうなく新しい一日にからめとられていく無情さにため息が出る。
身を切るような冬の朝、出勤してくる人たちの雑踏を向かいのホームに見ながら、仮眠を取りに家に戻る時、俺の頭ン中はメリーゴーラウンドみたいになってる。
自分がどこにいるかよくわかんない浮遊感。
鏡がいっぱいあって、あっちにもこっちにも俺が映ってて、ぐるぐるぐるってまわってる。


嬉羅璃さんへ <S>より
2010/01/06 00:00
マグロさん、ども。
今度のコメントはご自分のフォロー? それとも俺や<M>さんに対するフォロー?
上の俺と酒天さんのやりとりを見てのコメントなら、俺をかばってくれてるのかもしれないけど。
酒天さんが言ってるのは、今回の俺の態度に限らず、もっと全般的に見て、お前は<M>さんに対する思いやりがないんじゃないの?って話だと思うからさ、俺、そこについては反論も言い訳もするつもりないよ。
自分の想いにまかせて押して押して押しまくって、強引に攻めるばかりの俺に、相手の立場を思いやる気持ちはあるのか?って言いたいんだと思うから。
俺はね、「相手のことを思って身をひく」なんて発想がそもそもない人間なの。
そんなこと、したことないし、これからもたぶんないと思う。
身を引く時には、今回みたいに押しても引いてもびくともしなくて、さんざん暴れたうえ「勝算なし」と腹に落ちて、泣く泣く退散する場合のみ。
それが俺だから。
阿呆なんだよ。

> 自分をさらす自由もあるし、さらさない自由もある

でも、この言葉には共感します。
自分の負の要素をさらして、それを同情や共感に変えることも含めて、俺はそれをするもしないも本人の選択の自由だと思ってる。
酒天さんは「私にも語れない生い立ちがある」「私はそれを誰にも語りません」と言っていて、俺にもかくあるべしと言いたかったようだけど、これはちょっと違うと思った。
酒天さんが「語れない」のか「語らない」のかはわからないけど、それは彼の選択だから。
俺が「語ること」のメリットを選んだのと同じように、彼は「語らないこと」のメリットを選んだだけかもしれない。
ヘアヌードと同じだと思うんだ。
脱いだタレントは、それなりに話題と注目を得られるし、うまくいけばコガネも入るだろ。
<続く>
マグロさんへ <S>より
2010/01/06 00:04
でも、一生「脱いだ」というレッテルはついてまわるからね。
多くの人がそのタレントの乳首の色を、陰毛の密度を知ってるんだよ。
いくらそいつがしゃれた服を来て歩いててもね。
だから、事務所の戦略によっては、絶対に脱がずに清純派で売っていくタレントもいる。
それはそれで脱がないことのメリットを選んだわけだから、結構なことだと思うしね。

俺だって、誰かれかまわず陰毛を見せてまわってるわけじゃない。
「ここは見せとけ、そのほうが得策だ」と思ったら見せるし、「ここはしれっとしてよう。そのほうがよさそな空気だ」と思ったら、気取って黙ってるよ。
それを卑怯だと思う人もいるだろう。
でも卑怯でいいんだ。
俺はそういう選択も才覚のうちだと思ってるから。
そして、その選択が必ず、この身にしっぺ返しとして返ってくるから、ツケを払うのも自分だし。

ツケといえばね。
俺、今から気が重いの。
この先、生涯の伴侶が現れた時、俺は自分の売春の前歴を話さなくちゃいけないのか。
隠すのも話すのもいやだよ。
てゆうか、できれば隠したい。
でもそれって詐欺だよね?
検挙はされなかったから前科としては残ってないけど、売春は立派な犯罪だからさ。
いざ結婚とかいうことになったら、ちゃんと言わなきゃいけないような。
俺が真剣なつきあいを避けてきたのって、実はこの問題と向き合いたくなかったってのもある。
ヌードと言えば、そうそう、そのテの仕事で、緊縛ヌードを撮られたこともあったよ。w
あの写真、今もどこかで出回ってたらイヤだなあ。
ホラね、さっそく自分の選択が自分の首を絞めてる。
ってことは、俺の選択は間違ってたということだ。
俺の才覚なんて、たいしたことねえなあ。ww


マグロさんへ 続き
2010/01/06 00:05
ごんさん、忙しい家事・育児の合間のご訪問ありがとう。w
<M>さんなんかもそうみたいだけど、仕事と育児と家事とブログの両立って、ちょっとした時間もぼんやりせずに、いつも何かしらやって手を動かしてるみたいね。www
いつか「俺は何事もひとつずつしか片づけられないんだよ!」って言ったら、<M>さんに「いいね、男はそんなのんびりしたこと言ってられて」って鼻で笑われたよ。
シングルマザーはいても、シングルファーザーが少ないのは、男には仕事も育児もと、あれもこれ一時に並行してやる才覚がないからだって言われた。
女性の脳みそってすごいね。
そういう器用さは、ホント尊敬してる。w

でもさー、いいのぉ?
ここに来て、俺や<M>さんを弁護しちゃって。
また、ご自分のブログで
 彼が好きなのね。✾(。◠‿◠。✿)ぅんぅん
とか言われちゃうよ。w
シバタくんと関わるとろくなことにならないって有名じゃん。
それなのに皆さん、「飛んで火に入る夏の虫」なんだから、ンもう。w
知らないからね、もー。

でもね、俺も人のブログ、こっそり盗み見てるの。
あなたのところのルミナリエの記事に寄せていた<M>さんのコメント。
あれは心に沁みたんだ。
ときどき読み返してる。
もちろん、曲も聴いてたよ。
ありがとうね。


ごんさんへ <S>より
2010/01/06 00:07
織り姫さん、こんにちは。
あ、あれは酒天さんあてのコメントだから、俺がコメントを返すのって変?

でもちょっとだけ俺からフォロー。
ここのブログは、随所の記事やコメントでもらしてたように、もともと一年で解散する予定だったの。
でも、訪問者さんもざくざく増えてきて、なんだかお別れもつらいし、どうする〜?なんて言ってたんだけど、倉さんの海外勤務の話が持ち上がって、<M>さんも忙しくなってきてブログをやるなら育児に時間を割きたいって言いだして、俺は俺でいろいろ思うところあって「やっぱり年明けに解散かなぁ」なんて言ってた矢先に、ゴタゴタしちゃったの。
だから確かに解散は折り込み済みの流れだったんだけど。
でもだからこそ、最後はもう少し気持ちよく終わりたかった気持ちもある。
そうできなかったのは、やっぱり俺のせいだと思うから、酒天さんの批判には言い訳できなかった。
ほんとはね、個人的に酒天さんには、別件でちょっと言いたいこともあるんだけど、俺のわがままがここのみんなに迷惑かけたという事実がある以上、責任転嫁したくないから、これでもこらえてんの。
だから、あんまり俺の肩を持たないでね。
また、変なコメントつけられても知らないよ。w
まったく、懲りない織り姫さんだよ。www
でも、ありがとう。


織り姫さんへ <S>より
2010/01/06 00:09
マリーさん、あなたもね・・・。
ごんさん、織り姫さんへのコメントにも書いたけど。
懲りない人たちだなー。w
こんなふうに俺の肩を持つから、トラブルに巻き込まれるのに。
勇気あるなあ。www
でも、「ここは本音で話し合う場なので」、酒天さんのような意見もウェルカムだし、それに対する意見もウェルカムです。
でもね、酒天さんが言ってるのは、相手を追い込んで本音を強要することはどうなんだっていう、やむにやまれぬ怒りだから、俺、そこは心して受け止めたいと思う。
俺も反省してるところだから。
悪いことしたなあって思ってるとき、そこを叱ってくれる人がいるって、かゆいところに手が届くような気持ちよさがあって。
ある意味、救われるんだ。

> 何もかも全て自分一人で背負って
> しまわれる所があります
> 又心が折れてしまいます

↑ 苦笑。
心配しすぎですよ、マリーさん。
あなたってば、まったく。w
いつかも俺のこと「線が細い」とか言ってくれちゃうし。w
俺の「ボクちゃん、健気でしょ」作戦にコロっと騙されちゃうあなたのような人がいるから、「同情を売り物にするな」とか「甘えるな」って俺が叱られちゃうんですよ。www
そんなにかんたんに俺の心は折れないから。
いや、折れるときもあるけど、まだ今のところ硬くてビンビンよ♪
それより<M>さんの心配してあげて。
あの人が今、いたたまれない気持ちでいるような気がして。
遠くにいても伝わってくる。
テレパシーみたいなもので。
俺たち、結ばれないけど、繋がってるんだ。


マリーさんへ <S>より
2010/01/06 00:10
ゆゆっち、もとい、なおみちゃーん。
あけましておめでとう。
女を安売りしたのか?
ダメじゃんか!
俺だって怒るぞぅ!
あなたの恥丘は俺のためにとっておいてくれるんじゃなかったのか???
正和さん、もっと言ったれ。
お仕置きしたれ。
男は昭和でいいんだ。
正義と不器用と率直さに生きるべし。
二人でゆゆさんのお尻をペンペンしよう!

あ、こういうこと言うと、また怒られるなー、俺。www

ゆゆさんへ <S>より
2010/01/06 00:12
シバタさん。
こんなことまで書くのは、、、と思ったんだけど、もしかしたら?もうお別れかもしれないし。。。
シバタさんが過去のことを気にしてて、伴侶になる人に言わなければいけないのか?と悩んでるみたいだったから。
その過去のことって、もう十分に時効ですよね?10年は経ってるんでしょう?本当だったらもっと時効は短いかもしれないし。
だから、法律的にはもう大丈夫なワケだし。今、後悔してる反省心さえあれば、もういいのではないでしょうか?
やはりせっかく相手の人がシバタさんに気持ちが向かってても、そんなことを話されたら動揺しますよね?
もし、話すとしても、話すのはずっと後でいいのでは?例えば、もう結婚した後とかね。。。それは別にずるいことでは無いと思います。
私も今まで、白黒はっきりしないとスッキリしないタイプだったんだけど、世の中には、はっきりしないままの方がいいことってあるんだなーって。
ある人によって、知らされたんです。真実を知っても苦しむだけだと。。。こんなんだったら何も知らない方が良かったと。そういうので精神的に不安定になったりしてたから。そこから考え方が変わった気がします。
シバタさんは、何もこれ以上、悲劇の主人公みたいになって、幸せから遠ざかることなんて無いんだからね。
せっかく近づいてる幸せを遠ざけるようなことはしないでね。
そこんとこ!よろしくー!
v(=∩_∩=) ブイブイ!!
留加
2010/01/06 02:48
目が覚めたのでケイタイから。

シバタクンとMさんの弁護になってた?

よかった。

それだけじゃないってことも シバタクンにはわかってるって勝手に思ってるからちょっと置いといて ここを少し借ります。

酒天さまへ
よそさまのブログですが
はじめましてm(__)m

私 昔 ちょっと似たことを彼に話したことがあります。(って言うかおとなげない文句w)
その時の彼の反応は 「怖かった…」
ごん
2010/01/06 04:02

中には見てた人もいるかもしれませんが 勝手に追い詰められて捨て身な行動に出ちゃいました。

何度かあったんです。

「どこに 彼の本心があるのかわからない。」

そんなことがありながらわざわざ来なくてもよかったのに 諦めたくなかったんです。

たかが ここだけの付き合いだけど 誤解したまま されたままが嫌で。

自己犠牲とかじゃなく
なんだろう…

それを逃げずに受け入れようとする女の本気ですかね?
ごんつづき
2010/01/06 04:04
そういう人もいるってことやいろんなことを 私なりに本気でぶつけてきたと思います。

(そんな大袈裟なもんじゃないかもしれませんがf^_^;)

だから酒天さまのコメントを読ませていただいた時、胸がすっとしたような 痛んだような。

で 勝手に シバタクンやMさんのことを想像して
「このまま長引くことが いたたまれないんじゃないかな…」って思ったんです。

そう。

勝手に。

そして そういうやり取りが全て残ってしまった後の何とも言えない気持ち。
ごん まだつづき
2010/01/06 04:05

でも それは ここだからいいんだって 思ったから 書き込んだだけです。

ごめんなさいね。

酒天さまも
誰がいいとか悪いとか
今は もう いいんですよね。
新しい年
明るく楽しくいきましょう!

シバタクンの鎖骨と上腕と腰骨のあたりのお披露目を待ちながら(^O^)



え?何勝手に終わらせようとしてるんだ?
ここはあなたのブログじゃないでしょってか?

だってKさん出て来ないから(-.-;)

なんとなく…ごめんなさい

でも〜そういうのも有りってことで(^人^)

許してください!

おやすみ!

酒天さま
みなさんありがとうございました。
ごん 最後かな
2010/01/06 04:07
留加さん、出たね。
あなたのブイブイ! v(=∩_∩=)
アドバイスありがとう。
俺も白黒はっきりしたがるほうだったけど。
世の中には秘めておいたほうがいいこともあるんじゃないかって、最近思ったりもして。
相手にもよるよね。
そういうことを許容できる器の持ち主か、そういうことに耐えられない潔癖症タイプかによって、判断はわかれるところだ。
自分が楽になりたいために、相手にまで背負わせて「許してもらって身軽になりたい」なんて、ムシがよすぎるよね。
罪悪感を一人で背負うことが、「自分の選択に責任をとること」だとも思うわけで。

でもさ、「打ち明けるとしたら結婚後」ってのはマズイよ。
それを聞いてたら、あんたとは一緒にならなかった、って思われるかもしれないじゃん。
それじゃ詐欺だよ。
黙ってるなら、墓場まで持って行かなくちゃ。
でも俺すでにここのメンバーには話しちゃったし、昔からの悪友にはバレてるから、そんなふうに他人が知ってることを肝心のパートナーが知らないっていうのはどうなの?
俺、ヨメさんが風俗嬢だった過去があったとしたら、やっぱりそのことちゃんと知っていたい。
てか、俺以外のヤツらが知ってて、俺だけ知らないなんて道化は我慢できないよ。
そのへんのことは、十年たったから時効って問題じゃないんだ。
自分で「売春は犯罪」って書いちゃったけど、それは一般的な印象としての問題。
俺が気になってるのは違法性じゃなくて、「相手に正直であること」という問題なの。
違法性について云々するなら、俺、もっと悪いこといっぱいしてるよ。www
<続く>
留加さんへ 〈S〉より
2010/01/06 17:34
売春って言ってもね、実はその違法性って曖昧なのよ。
厳密に言ったら、お手当もらって愛人してる人だって売春になっちゃうし、入籍してないカップルが「今夜ヤラせて−」「いや」「ヤラせてくれたらヴィトンのバッグ買ってやる」「ならいいよ」っていう取引も売春になっちゃう。
お上も、この世から売春がなくなることはないし、またなくなってもいけないと心得ていて、この職業に関してはいくつかの抜け道を残してくれてるんだ。
要は、「個人の自由恋愛」の延長ならいいんだよ。
たまたま業者の紹介で出会って、個人同士の意志でデートして、そのまま盛り上がってセックスして。
すっかり深い仲になったから、ハニーに何かプレゼントをしたいという相手の気持ちに甘えて、たまたま現金のお小遣いをいただくだけ。
こういう関係は「個人の自由恋愛」の範疇として認められるんだよ。
ただ、そういう目的のために「売春宿」という固定の場所を作ったらダメとか、未成年を紹介したらダメとか、いろいろ決まりはあるけど、たいていの斡旋業者は単に「自由恋愛」のための紹介業者か、人材派遣業者ということになってるからね。
セックスするかどうかは、俺とお客さんとの自由意志ということになってるわけだよ。
それにカツアゲや違法薬物の卸しより、ずっと悦ばれる仕事だし、お金を払う人に満足してもらうという達成感のある仕事だから、俺自身はあの仕事、それほど悪業だとは思ってない。
日頃の鍛錬とサービス精神が必要な、プロフェッショナルの仕事だと思ってる。
だから、その仕事で事務所の売り上げトップに立てたこと、恥じてないよ。
でも、そんな理屈、シロートの女性には通用しないでしょう?
現に、こうして「言うべきか、言わざるべきか」で答えが出ない俺は、心のどこかでやっぱり「悪いことした」って思ってるわけで。
<続く>
留加さんへ 続き
2010/01/06 17:54

この問題についてはもう少し考えてみるよ。
こうして悶々と悩むことが禊ぎだと思ってるし。
俺が払わなくちゃいけないツケだと思ってる。
それに、また先走りすぎた。
俺、まだ誰ともつきあっていないもん。www
でもね、気になる人の、俺のこと「いい人」と勘違いしてそうなあの目を見ると・・・
ばかやろう、だまされるなって腹が立つんだよねえ。w
やっぱりあんなお嬢とはつきあえないかもな、俺。
冷静にならねば。


留加さんへ 更に続き
2010/01/06 17:54
ごんさん、今度は明け方、目覚めていちばんのコメントか。
さては寝ても覚めても俺のことを考えているな。www
鎖骨と上腕は俺が言ったことだけど、腰骨のあたりまで見せるとは言ってないぞ。w
いやん、もう、エッチなんだから〜。

俺が1/4のマグロさんへのコメントに書いた、「中途半端な関わり方しかできないくせに、他人の気持ちに首つっこむな」と忠告してくれた訪問者さんって、ごんさん、あなたのことだよ。w
覚えてるよな。
なんでそんな流れになったのか覚えてないけど、あれは痛かった。
あんまり痛くて、その時は俺、けんか腰で反論したような覚えが。w
あの時はごめんね。
そのやりとりを見守ってた〈M〉さんに「あんたのコメント、ひどすぎる。ごんさんに謝れ」ってメッセージで横槍入れられたっけ。
たしかその日のうちに仲直りして、最後にはなぜかイチャイチャして、やりとりしたチェーンコメントさっくり削除して終わった気がする。
その時のこと、思い出したんだね。
俺はもう忘れてたよ。w

年始に、ある人からメッセージをもらいました。
その人はほとんどここに書き込みをしない人だったんだけど、昨年からここを見守ってくれてた人で、ここの解散を前にていねいな感想をくれました。
その人曰く、ここのコメント欄は賑やかで気後れしてたけど、ここではみんななぜか本音のやりとりをしていくから興味深かった、というようなことを書いてくれました。
もしかしたら、ごんさんと俺の痴話げんか(?)も見てたかもよ。
いやー、恥ずかしいねえ。
でもまあ、いいじゃん。
今となってはいい思い出。
<続く>
ごんさんへ 〈S〉より
2010/01/06 17:55

ここはじきに解散するけど、実は1〜2年後の再結成の話もあるの。w
それには倉さんが帰国してることとか、俺がきちんと誰かとおつきあいしてることとか、いろいろ条件があるんだけど。w
だから、それまでここは「休止」という形でオープンにしておくと思います。
詳しくは明日更新予定の一周年記念記事をごらんください。
じゃあね−。


ごんさんへ 続き
2010/01/06 17:55
これがホントに最後です。。
いや〜こう何度も来るのって久しぶりだな〜^^
(え?違う?w)
私も忘れてたんだよ^^
すっかりね。
いちゃいちゃしたのしか覚えてない(^−^)
でもね あのコメントで思い出したの。
「そういや 似たことあったな…」ってね。

でも あのおかげで なんだかスッキリしたんだわ。
「この人には 何言ってもいいんだ」って。
「ここでは 何言ってもいいんだ」って。
もちろん勝手にw
ウジウジは サラッと
くよくよは ヨシヨシと
頑張り過ぎは エライって 返してくれて
自分のことは不器用なくせに
いつも みんなに愛情いっぱいで^^

super girl Mさんの男っぽい所も 他人とは思えず
サクサクっとあっさり知的でおちゃめなコメントを返すところも大好きで

ちょっとオカルトチックなところも
勝手に似てると思ってて
だから 人の心に敏感で 敏感過ぎて 分からなくなる
男っぽいけど繊細。。。

Kさんの 当たり障りないなかに感じるさりげなくやさしいコメントやわざとおもしろがってる感じ…いつもホッとさせてもらってました。
ホントはこの人をつつきたかったかもw

いっぱいいろいろ出てきそうww
Kさんの首筋とか腰骨のあたりもいいかもしれない(^−^)

でも 私は匂いフェチっていうやつですw

今は 下の子の頭とお腹のあたりの匂いがたまらない!

なんか話がおかしくなってきたぞ(-_-;)やべぇ。。。

ごん
2010/01/06 18:56
そんなこんなのいろんなやりとりと
素敵な三人のやりとりが大好きでした♪

いろんなことが いい思い出♪
おもしろかった(^−^)

再結成♪楽しみ!!!
もちろん明日の記事も♪

また 始まる日まで いつまでも待ってます(^−^)
ありがとう♪


お・わ・り です(^_-)-☆
お返事別にいいからね。

勝手にいろいろ言いたかっただけだからw

(っとに。人のところでやりたい放題。。。ごめんよ〜w言われる前に言っとくね(^O^)v)

やれやれ。飯の支度でもすっべかねえ〜。。。
ごん お・わ・り♪
2010/01/06 18:56
シバタさん!
シバタさんは、ほとんど?自分の中で整理がついてるんだけど、ここでまた呟いて投げかけてたのかな?
何も言わなくても分かってたんやん。って感じですね。(笑)
簡単にしか書かなかったけど、‘もし話すとしても、結婚した後に。’というのは、十分愛が深まってから、長い年月を経てからという意味です。
確かに、シバタさんの過去を知る人もいるようだし、一番肝心な伴侶となる人が何も知らないのに?気持ち悪さを感じるかもしれないけど。
だからって、話してしまったら、相手が余計に辛い思いをするかもしれない。(嫉妬したりもね。)いくら懐の大きな人でも、やはり頭にしばらく?ちらつくことになるでしょう。難しいとこですね。
ただ、シバタさんのことを心から愛してくれる人ならそんなことはどうでもいいことだし、段々と頭からちらついてるのが消えて行くでしょうね。それがシバタさんの理想なのかな?
まあ、なるようになるだろうし。まだ考える時間はありそうね。(笑)
('-'*)エヘ
やはりシバタさんはブイブイ!が気に入ってたのかな?(笑)これは元々、顔文字に引っ付いてる言葉なんだけど〜可愛いから気に入ってます。
ここの記事たちが残るのは嬉しいなー。図書館みたいな気分で、たまにここへ来て、色んな文学的な詞を読みましょうか?(笑)
(^_-)vブイブイッ
留加
2010/01/07 00:34
ごんさん、あのさ。w
「この人には 何言ってもいいんだ」。
・・・そう思ってる人が多すぎるぜ、まったく。w
いや、ホントはうれしいの。
「こいつ、いじれないヤツ」って思われて、無難なやりとりに終始されるのはゴメンだからさ。
社交辞令で挨拶されるくらいなら、初対面でいきなり胸ぐら掴まれて「効くぅ」っていう一言をお見舞いされるほうがずっといい。w
そして、たいてい俺のマブダチって、そういう出会いや殴り合いで地固めしたヤツらばっかり。
あなたと俺もそうでしょ。w

昨夜、最後の記事がアップされました。
「これがホントに最後」なんて言わないで、こっちにもコメントしていってよ。
最終記事で<M>さんも言ってたけど、ここは別になくなるわけじゃないから。
再結成の日まで、新しい記事が更新されなくなるだけ。
俺たちが消えてなくなっちゃうわけじゃない。
俺はあいかわらず機械油にまみれて部長に毒づいてるし、<M>さんは〆切りに追われながら、娘ちゃんと夕食を囲むために職場と家とを走って往復する日々。
そして<K>さんは北米の寒さに震えながら、例のマイペースで九州男児の貫録をヤンキーたちに見せつけているだろう。
コメント通知もメッセ―ジ通知も解除しないでおくから、ここに入ったコメントはこれからもメンバーの個人アドレスに転送されます。
矢も楯もたまらずBeeの能天気な三人に会いたくなったら、いつでもここにおいで。
<続く>
ごんさんへ <S>より
2010/01/07 14:19

最後にいいこと教えてやるよ。
<K>さんの体臭はなかなかセクシーだよ。
日焼けした肌の香りだ。
俺とちがって、陽の当たらない部分まで肌の色が濃くてラテン系なワイルド・ガイだ。
だから向こうのマッチョなゲイに気に入られること、まちがいなし。
帰国時にはきっと、ひとまわりケツの穴がデカくなって帰ってくるだろうね。
いろんな意味で。w


ごんさんへ 続き
2010/01/07 14:19
留加さん、最後の記事が更新されたよ。
見てくれた?
上のごんさんともそうだったけど、あなたと俺も、最初は何かで激論を交わした仲じゃなかったっけ?
それがいつのまにか、二人でエロトークに花を咲かせたり、こんなふうに俺のしょーもない愚痴につきあってくれたり、すっかり仲良しになっちゃったね。
あなたとそういう話ができなくなるのかと思うとさびしいよ。
最終記事のコメントも落ち着いて時間ができたら、俺もこのブログの記事とその中でのやりとりを、もう一度じっくり読み返そうと思う。
時を経て、さらに気付かされることもきっとあるだろうし。

このブログは再結成までオープンにしておくから、何かつらいことや報告したいことがあったら、いつでもSOS出してね。
SOS出されても実質的な助けは何もできないこと請け合いだけど w、Beehive <S>のHNで応援コメントをつけにいくよ。
<続く>
留加さんへ <S>より
2010/01/07 14:23
それから最後に余計なお世話を焼かせてね。
あなたは身内を喪った孤独感や血縁の問題に悩まされることが多く、妙に潔癖なところがあるからストレスも多いだろう。
前から気になってたけど、あなたの体調不良や持病は、あなたのストレスを感じやすい気質に負うところがおおいにあると思う。
だからって、俺もそうだけど、性格ってのは変えられないから、ストレスを感じるなってのは無理な話だ。
だからせめて、自分の気質と自覚的に向き合って、気持ちを切り替える・発散する・手放す術を手に入れてね。
物事が悲観的に思えたり、悪いほうに思えてならないとき、そう思える対象物と自分の思考をなるべく切り離すように努力してみてよ。
あなた、いやなことや腹立つことがあると、クヨクヨイライラ、ずっとその気持ちに我が身を寄り添わせるところ、あるでしょ。
俺もそうだから、わかるんだよ。w

でも、自分を傷つけるのも憤慨させるのも、他人や出来事といった外部の存在じゃないんだよね。
同時に、自分を慰めるのも励ますのも、他人にはできないこと。
あなたの情緒をつかさどってるのも、コントロールできるのも、すべてはあなた自身だから。
気を楽に。
もう少しいい加減になって。
いやなことは「忘れん坊」になって、すっとぼけろ。
「ちゃんと」してなくっていいんだよ。
楽にたのしく人生を生きた者勝ちなんだよ。
これが、定期的な健診や治療よりも、あなたの体にとって大事なことだと思うよ。
似た者同士の俺自身にも言い聞かせるつもりで書いとくよ。
じゃあね。
元気でね。ブイブイ!


留加さんへ 続き
2010/01/07 14:24
おひさです♪
なんか来れない間にいろいろあったようで・・・・・
Sさん、いいじゃん。
思い切り悩んでください。
悩める恋愛も成就しようと破れようと、貴重です。
でも、Mさん、ちょっと寂しいんじゃ?(笑)
大阪を離れ、今度は福島にやってきました。
今後ともよろしくです。
nodoka
2010/01/15 18:00
nodokaさん、律儀にコメントくれてありがとう。

> 悩める恋愛は成就しようと破れようと、貴重

俺もそう思う。
もう破れたのは経験済みだけどね。w
だからまたその面倒な恋愛に足を突っ込む予感に、つい気が動転して、破れたはずの過去の思いを引っぱり出してきて、ひとしきり駄々をこねてしまった俺サマだよ。
〈M〉さんには迷惑かけちゃった。
俺、こわくて、ここの記事のコメント欄は読み返せない。w
でもね、〈M〉さんには言いたいこといっぱいあるの。
彼女も、もう一部削除してしまったけど、あえて人の目のあるこの場所で、俺のこと、懸命になだめてくれたから、最終記事のコメントも落ち着いてここがひっそりしたら、彼女にそっと返礼コメントしたい気持ちもある。
恋愛は始めるのはたやすく、終わらせるほうがずっと難しい。
だから、新しい人への思いよりも、いっぱい傷つけて困らせちゃった〈M〉さんのこと、どうケジメをつけたらいいのか、そっちのほうが大事な気はするけど。
でも、これ以上、〈M〉さんにいたたまれない思いをさせたくないし、このまま黙って終わらせるべきかな。

正月からこっち、頭がフリーズして、何も考えられなくなってる俺。
こんな悶々が俺に何を賦与してくれるというのだろう。

nodokaさん、福島でもガンバッテね。
B様と末永く幸せにね。
俺はいつでも幸せだから、心配しないでね。


nodokaさんへ 〈S〉より
2010/01/17 14:40

恋ナノカの人とはどうなったんですか?
個人ブログ開設まで待てません (T_T)
Mari
2010/01/26 12:44
Mariさん、ご無沙汰。
元気だった?
久しぶりに来たと思ったら、いきなりソレかよ。w
悪いけど、あなたを楽しませてあげられるような進展は何もないよ。
てゆーか、何もないように、やせがまんして頑張ってるんじゃないか−。

俺さー、「何がなんでもやりとおす」っていう頑張りはけっこう得意なんだよねえ。
結果はイマイチってこと多いけど、ブルドーザーみたいなガッツはあると思うわけ。
でも「絶対やっちゃダメ」っていう我慢は、不得意なんだよねえ。
オアズケが苦手なんだよ。
もう前足がうずうずピクピク。w
そういう自分の気持ちを隠そうとすると、無意味にカンジ悪くなっちゃって、「怒ってます?」って言われるぅ。
ポーカーフェイスって難しい・・・。
もう、いっそのこと抱きしめちゃおうか。w


でも、男ってコワイね。
同じ職場で涼しい顔して働いてるのに、ハラん中で、こんなこと考えてるなんて。
自分が女だったらと思うと、ゾッとする。
こんな危険な世の中で生きていかなくちゃいけないなんて、女って不憫だね。
だからこそ、俺が守ってやりたいのに、彼女を脅かす存在もまた俺自身なわけで。
この矛盾。
このジレンマ。
恋と克己は表裏一体。


Mariさんへ <S>より
2010/01/27 16:21
医務室さんとは完全に切れたんですかー?
Sさんって、けっこう他にも女性のカゲありそだし。本命にたどりつくまでに、整理しないといけないことって、たくさんありそじゃないですか?
ニヤニヤ( ̄ー ̄)

あー、また怒らせそう、、、
逃げろー(/--)/

Mari
2010/01/30 02:59
Mariさん、こんちは。
なーんか、小憎らしいコメントだなあ。
あいかわらず。w
しばらく放置していたのは、ここんとこ余裕がなくてっていうのもあったけど、何とレスしていいかわからなかったから、うーん・・・って、うなってたところもあってねえ。

> 医務室さんとは完全に切れたんですかー?

さあね。
てか、切れるも何も、特に深い関係はないから!
俺が思わせぶりな態度をとって利用したから、恨みを買っただけデス。
すーべーてーは、俺が悪いんです。
彼女、もともとはそんなにイヤミな女じゃないんだよね。
ホントは優しい人なんだよ。
でも、俺って、一部の女性の欠点を刺激して、イヤな部分を引きだしちゃうところがあるみたいで。
本人もとまどってるみたいだ。

俺、以前にも、女性にストーキングされたことがあるんだけど、あれもやっぱり俺が悪かったんだろうなあって思うよ。
こういうことが度々あると、さすがにね、俺も自分の落ち度を認めざるを得ない。
そして、自分と同じタイプの人間を引き寄せるっていうからさ。
たとえば<M>さんから見た俺は。
俺から見た医務室さんや、その昔、大暴れされたその女性と同じなんだろうな。
俺が彼女たちを見るような目で、<M>さんは俺のことを見てるんだろうな。
そう思うとね、ちょっと耐えられない。w

> また怒らせそう、、、
> 逃げろー

怒るどころか、なんか落ち込んじゃったよ。
Mariさん、あんまり俺をいたぶらないでくれよぅ。


Mariさんへ <S>より
2010/01/31 22:28
◆〈S〉くんへ

「俺が彼女たちを見るような目で、<M>さんは俺のことを見てるんだろうな。」

わざわざコメントしようかどうか迷ったけど…。
そんなふうに見たことないよ。
わかってるくせに。

また長々書かせる気? (笑)


ちょっと会わない間に、〈S〉くんの身に
いろいろなことが起こっているようですね。
あなたにとって
最善の選択ができるよう祈ってます。

と言うより、本人が選んだ答えに
「まちがい」なんてないと思う。
こういう場合の正誤は結果論でしかないから、
あなたはあなたの声に従ってね。

幸運を祈ってます。

Beehive〈M〉
2010/02/02 23:04
〈M〉さん。
コメントありがとう。
俺、謝んなくちゃ。

いつか、あなたが元カレに会いに行った時、余計な邪魔してごめん。
今ようやくあの時のあなたの気持ち、わかるよ。

決着つかないまま、何年も抱えてた気持ちに、あなたも彼も向き合いたくなった、そんな大事な瞬間だったんだね。
俺はそれを台無しにした。
ひどいことをしたと思ってる。

半年たってようやく心から謝れる。

本当にごめんなさい。
許してください。




あれから落ち着いて会える機会はあった?



〈M〉さんへ 〈S〉より
2010/02/10 01:47
◆〈S〉くんへ

「あれから落ち着いて会える機会はあった?」

ない。(笑
あれが最後のつもりだったから。
でもこの先はわからない。
あれからメールのやりとりが二度ほど、電話のやりとりが一回だけあった。
どちらも警戒していて、自分からはもう「会おう」って言わない。
この距離感が私たちには心地いいから。
これからもずっと私たちはこんな関係で行くんだと思う。
家族とも恋人とも違う、こんな形の絆もあるんだと思う。


どうしたの、今さら殊勝になっちゃってサ。
あの時は「オレは間違ったことはしてないから!」とか鼻息荒かったくせに。(笑

謝らなくていいんだよ、シバタくん。
そのかわり、あなたが例の人に会いに行くとき、今度は私があなたをムリヤリ引きずって行こうか。
あなたが今いる場所にちゃんと戻って来るように。
あなたのケツをけっとばして、ちゃんと連れて帰ってあげる。
だから安心しなさい。

そしてあなたもきっと、その時は腹が立って私に噛みつくだろうけど、半年たったら感謝できるようになるよ。
「あの時いっしょにいてくれてありがとう」ってね。

Beehive〈M〉
2010/02/11 00:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「恋ナノカ。」 詞人集団 Beehive/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる