詞人集団 Beehive

アクセスカウンタ

zoom RSS 「再会」 〈M〉version

<<   作成日時 : 2009/07/13 17:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 30 / トラックバック 1 / コメント 158

画像
「意味なんかない」

「意味がそんなに大事?」

「どんな意味なら満足?」


 会いたいと言ったのはあなた
 なぜときいた私に
 たたみかけるあなたの言葉は
 遠い日のしこりを
 いま苦笑にかえる

 いまも昔も
 意味ばかり問う私は滑稽

 そして
 意味から逃げてばかりのあなたも

 もうやめましょう
 今度こそ
 勝ち負けのない地平で
 あなたの臆病を抱きしめる
 避けつつ見据えていた
 あなたとの長い日々を
 今こそきちんと終わらせる
 それが
 あなたに会いに行く
 私の意味

〈M〉


詠み人〈MICHIO〉のひとりごと 

夜中の2時にメイルを受け取りました。
もう十年以上も前に別れた男性から。
「今度、僕の仕事を観に来てほしい。」
もう何年も連絡をとりあっていなかったのに。
突然のことに面食らいながら「急にまた、なぜ」と返信すると、上の詞の冒頭のような言葉を矢継ぎばやに浴びせられ、やれやれと苦笑いしてしまいました。
思えば若き日の彼とは恋人という以上に、同士でありライバルだったような関係。
身を置く業界は違えど、お互いの仕事ぶりが気になり、エールを送り合いつつも負けるもんかと意識し合っていた関係でした。
今や互いに家庭を持ち、共通の知人から、あるいは媒体記事を通して、お互いの消息と近況をひっそりと確認していた私たち。
彼の成功を認めつつも、心のどこかで手放しで祝福できない複雑なものを長年抱えていた私ですが、ここ数年でようやく「今度会う機会があったら、素直に彼を賞賛してあげたい」という境地になっていた矢先のことでした。
あの負けず嫌いの彼が、自分から「来てほしい」と連絡をくれたのは、彼にも同じ事情や経緯があってのことでしょう。
「なぜ?」などときいたことで、彼からまた昔の負けん気と皮肉ぶりを引き出してしまいましたが、今度こそ、トゲも毒もない、母親のようなあたたかい気持ちで、これまで必死に頑張ってきた彼の成功とその仕事ぶりを賞賛したい。
どんな挑発にも乗らずに、「私はあなたを誇りに思っている」と伝えてあげたい。
そして、彼が私に「来てくれ」と言ってくれた意味は、ただそのひと言が欲しかったからではないかと、確信しているのです。



   お礼
  この度は、メンバー〈S〉くんの入院・手術に際し、
  たくさんの励ましの言葉をありがとうございました。
  おかげさまでその後の経過も順調で
  連休明けの火曜(21日)には退院できる見通しになりました。
  次回の記事担当、<S>くんの更新は
  通常通り月曜(20日)の予定です。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 30
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「夕立ち」
 夕立ちのにおいが 連れてきた   しめった自覚症状  うぬぼれてないと うぬぼれていた  その陽気さは あとのまつり ...続きを見る
詞人集団 Beehive
2009/08/24 12:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(158件)

内 容 ニックネーム/日時
会いたい人、私もいるけど今何をしているのか?何も知らないです。
10年のときを経て、いい関係になりそうな予感。
なんだか、ちょっぴり羨ましいです。
ブルー・ブルー
2009/07/13 17:57
ちょっと<M>さん、更新したらメールちょうだいって言ったのに。

ケータイからだと管理画面にアクセスできないから、コメント欄に乱入させていただく。
思えば僕、<M>さんの男性遍歴をよく知らないんだよね。

<M>さんの職場周りの人に嗅ぎまわってみた時もあったけど、尻尾をつかめなかったし。
そうか、業界が違ったのか。
僕が学生ライターで、<M>さんのまわりをうろついてた頃、なんか「男とモメてるな」って感じがしてたけど、そいつか。
だから僕の求愛どころじゃなかったのね。「それどころじゃねえ」ってオーラ出してたもんなあ・・・。

それで、会いに行くんだ。
ふうん。
いいけどね。
頼むから一線を超えないようにね。
僕やダーリンを悲しませるようなことはしないでね。

Beehive 〈S〉
2009/07/13 19:03
ご心配 おかけしてます。 ごめんなさい!
 シバタちゃん まだ出られないんだ・・・刑務所みたいな言い方だな〜(笑) でもある意味いい薬になるよね・・・少しは おとなしくしてるかと思いきや・・・コメントでシバタちゃんに先を越されてしまっね・・・まったく同じ意見です。 元彼と会うのは いろんな意味で危険だな〜!たいがいは 嫁とうまくいかないとか・・・そんな相談だったりするから・・・仕事の事だけですむのかな〜?
 詩に関しては わかるような気がしますね! 私も直ぐに”なんで?”って聞いてしまうタイプだから・・・
意味の無い行動をしないからなのかな〜?でも恋愛中は
あまり意味など必要ないと・・・いまは思えます。
GTO
2009/07/13 19:53
こんばんは^^

再会ですか。。。。
会いたい方からは連絡無いですね^^;
どうでもいいのは、年中飲みに行ってるのですが^^;

S君に、励ましの言葉贈った覚えはないので、
今頃、彼奴は、ろくでもない奴と思ってる
だろうな^^;

ろくでもない奴ですσ(^^)
GF
2009/07/13 20:07
そっかー。
そういうとき、なぜ?
と聞くもんなんですね・・・。
私は聞けないほうで、思いつかないタイプかもしれません・・。
ちょっとした、カルチャーショック!?な気分になりま
した。
uiri
2009/07/13 20:13
メンバーのSさん、いかがですか?心配しています。腹膜炎もおこしていたなんて、かなり痛かっただろうなぁ〜と想像して・・・。どうぞ一日も早く全快されますように・・・。
湖のほとりから・・・
2009/07/13 20:42
こんにちは(^−^)
人は人生に幸せを感じる事ができたり満足出来たりした時に、昔の人に今の自分を見せたくなるんだと思いました。
それは負けず嫌いにも似たような感情・・・。
でも私ももしそんな連絡があったら「なぜ」と聞いてしまうかな〜
「私はあなたを誇りに思っている」そうMさんに言って貰いたい・・・なんかその気持ちもわかるな〜
昔の人に認めてもらうこと・・・それは自信になりますね。
ルナ
2009/07/13 20:51
◆ブルー・ブルーさんへ

上の記事に登場した彼は学生時代からのつきあいだったので長いつきあいになります。
恋人同士としての関係を解消してからも、なかなかすっきりと清算できずに腐れ縁的な関係だったので、「別れてから何年」というカウントが難しい相手です。十年じゃすまないかも。
共通の友人が大勢いること、彼が時々メディアに登場する職業の人であることもあって、いやでもその近況が耳に入ってくるのが「目ざわり」と思ったこともありました。(笑)
でもここ数年で、彼の活躍を目にしたり耳にする度に嬉しく思う自分に気づいたので、「そろそろ会ってその気持ちを伝えたい」と思っていたところでした。

Beehive <M>
2009/07/13 21:22
◆<S>くんへ

あ、メール忘れた。ごめん。
いいけどさ、今日は熱が高いらしいじゃん。
ケータイいじりもいい加減にしなさいよ。

「一線を超えないように」
わかっとるがな。
もうそういうんじゃないんだってば。
でもたぶん、その日は勝負下着をつけていくだろうね。意味もなく。
女ってそういうものなのだよ。


Beehive 〈M〉
2009/07/13 21:25
◆GTOさんへ

シバタへのお見舞い、ありがとうございます。
今回、いちばんツライ思いをしたのは本人だと思いますが、私も自分でも意外なほどショックを受けてしまいました。
彼はほっといても、体だけは壊さないと思ってたから。
男のくせに、普段から食事やトレーニングに気を使ってるほうで、健康管理に抜かりないほうだと思ってたし。
一緒にブログなどやっていても実際はぜんぜん顔を合わせないので、あんなに消耗してたのは知りませんでした。倉さんは彼のコメントを見てすぐに駆けつけましたが、私は「そんなこと書いてたっけ」という程度。ひどいよね〜。
元彼に会うのは危険?
大丈夫ですよ。彼の仕事の現場に行ってちらっと挨拶するだけだから。時間の都合が合わなくて一緒に食事もできないけど、それはまた今度って感じです。

Beehive <M>
2009/07/13 21:25
◆GFさんへ

「会いたい方からは連絡無い」
そういうものです。(笑)
私も、「こちらからは連絡するまい」などと意地になってた時に比べると、今ではそんなに会いたくもない自分に気づいていますが、向こうから思い出して声をかけてくれたことがうれしくて、その気持ちに素直にこたえたい、というところでしょうか。
だから下手に長居して、またドロドロしたものが出てこないように、爽やかに挨拶してさっさとおいとましようと決めています。

<S>くんは、優しい言葉より皮肉な言葉に食いつく人なので、GFさんのコメント、きっと面白がって拝見したと思いますよ。


Beehive <M>
2009/07/13 21:26
◆uiriさんへ

「なぜ?」はまずかった?
あんなに過剰反応されるとは思わなくて。
だってそのお誘い、最近の彼の仕事の中で特別大きい仕事というわけでもなく、話題になっているわけでもなく。だからその仕事の内容に何かメッセージ性がこめられているのか、などと思ってしまって。
しかも長い間連絡をとってなかったのが、いきなり前置きなしに真夜中のメイルで「今度の仕事、観に来てほしいんだけど」ですもん。
「うん! 行く行く!」という無邪気な返信をするにはあまりに唐突な気がして、「お誘いうれしく思いますが、でもまた突然にどうして?」という形で返信したのです。
私も特別なことを言わせようとしたわけではなく、もう少し自然に「久しぶりにあなたに会いたくて」とか「今度の仕事は自分でも満足のいく仕上がりなので」くらいのオトナの言葉を期待していたわけです。
でも、そういえばそんな殊勝なことをいう素直な男じゃなかったっけ。
それを思い出して、思わず「苦笑」につながったわけです。

Beehive <M>
2009/07/13 21:28
◆湖のほとりさんへ

シバタくんのこと、心配してくださってありがとうございます。
昨日は元気、今日はまた熱が上がって、と一進一退のようです。
いつも憎まれ口ばかりで、お見舞いに行っても「大袈裟なんだよ」と不機嫌な彼でしたが、先日、眠ってしまった彼を横目にそっと病室を出ようとしたら呼び止められて「あの、いろいろすみませんでした」と言われ、しんみりしてしまいました。

Beehive <M>
2009/07/13 21:28
◆ルナさんへ

彼はもともと皮肉屋で負けず嫌いでした。似た者同士の私とはうまくいかなくて、どちらが振ったとかではなく、なんとなくこじれて険悪になっていった関係。
私が今のダンナと結婚してからは、彼の皮肉にいっそう拍車がかかって、時折の電話やメールのやりとりに毒を感じ、その取り付くシマのない刺々しさに「もうこの人とは距離をとろう」と思って実際そうなっていました。
思えば、彼は私の結婚を「自分へのあてつけだ」と思っていたようです。
でもその後彼も家庭をもち、子どもにも恵まれ、仕事はますます順調で、もう他人にトゲを向ける必要がなくなったのかもしれません。
彼は比較的早くから彼の業界で頭角を現し、仕事の上では順風に見えていましたが、家庭や家族を持つということに対して飢餓感があったのかもしれませんね。
すべてを手に入れて、ようやく武装を解く気になってくれたのでしょうか。
そしてそれは私も同じで、今の仕事や環境に不満がないからこそ、かつての戦友の彼に、心からエールを送る気になれたのかもしれません。


Beehive <M>
2009/07/13 21:30

勝負下着!

ふざけんな、このやろう!
絶対、妨害してやる。
寝巻きのまま、点滴の管を引きちぎってでも、邪魔しに行ってやるからな!


ああ…、興奮したら熱が上がってきたよ。


Beehive シバタ
2009/07/13 21:33
◆シバタくんへ

もう病院の消灯時間は過ぎてると思いますが。
勝負下着は冗談だから、興奮しないように。
もう寝てください。
おやすみ。(^−^)

Beehive <M>
2009/07/13 21:37
Sさん、その時は肩を貸すからね(^◇^)┛
es
2009/07/13 21:41
10年ぶりに連絡が来るなんてことがあるのですねぇ。きっと会ったら、10年のブランクなんて感じないで、昔の雰囲気が蘇ってくることでしょうね。
私の、昔好きだった人は今頃どうしてるのか・・・実はその人の名前で検索したらブログやHPが出てきたのです。時々こっそり読んでいます(笑)。
くるみ
2009/07/13 21:48
改めまして、こんばんは(^_^)

男女間でも、ライバル心てありますよね。相手の良い所を素直に認められるのって、自分が自信を持っているのとは違うジャンルだった場合の方が多いです。
それにしても、大人な関係ですねぇ。今の私の環境には、男女の関係での盛り上がりはサッパリありません。まぁ、平和で気に入っていますけども。


Sさん、お大事に。
es
2009/07/13 21:53
◆くるみさんへ

くるみさんの昔好きだった人って、あの七夕の記事にあった「ドロドロしてんな!」とか言って怒ってた人?
なんかキャラ的に、私の元カレと似てるかも。(笑)
嫉妬深いくせに、自分から歩み寄るなんてできない。
無能な女もいやだけど、自分が負けるのもいや。
支えてほしいくせに、プライドは傷つけられたくない。
あー、もう面倒くさいわぁ。
(あ、くるみさんの元カレのことじゃなく、私の元カレね。)
でもいかにも男性って感じで、好きだったわ。
だから自分の雌の部分は確実に反応するタイプも彼なのですが、パートナーとか伴侶としてやっていけるかというと…。
つきあってる若い当時でさえも「無理だな、こりゃ」と思わせられるような暴君でした。

それにしても元カレのブログ、こっそり読みですか。
それは未練ゆえ? それとももう完全に過去の人だから?
私はどちらの理由からもできない、そういうの。
いちばんの負けず嫌いは私なのかも。(笑)
Beehive <M>
2009/07/13 22:37
◆esさんへ

シバタ、本気にしますから。やめましょうよ。(笑)

「それにしても、大人な関係」
…になれるかどうかは、その再会にかかってるような気が。
もし彼がまた昔の調子で多少のトゲをくりだしてきても、その挑発に乗らず、サンドバックになってきますわ。
結局、女のほうが一歩引いてうんと下手(したて)に出ておけば、たとえ相性の悪い男女も、一瞬くらいはうまくいくんですよ。
長い期間となると別ですけどね。
今回はもう彼に勝つとか負けるとかそういうの全然なくて、とにかく会ったらいっぱいほめてあげたいって思ってるので、たぶんいい雰囲気で会えると思います。


Beehive <M>
2009/07/13 22:38
彼のほうも、気軽にではなく、とても勇気を出して連絡くれたんでしょうね・・。
もし、自分だったら・・いったいなんて返事したでしょうかね〜。
(うん、わかった・・。)
・・でしょうか・・
それとも、
(わかりました。とても楽しみにしています・・。)
かな!?・・・。

そういう彼がいたってこと。
そういう今につながる思い出があるっていうことが一番の宝物のような気がしてしまう私でした。
まあ、うらやましい!ってことです。
いいな〜!!

uiri
2009/07/13 23:11
するどい突っ込みコメントありがとう御座います。
私の性格をよくわかってますね(笑)常に恋してないと生きていけないんですよね〜!
 他のコメントの返信見てると、真情が良くわかりました。シバタのムキになるところが、可愛いじゃん!
私は応援しちゃいます。 勝負下着は、白紙に戻す意味で・・・白のレースのTバックがお勧めです。(個人的意見)
GTO
2009/07/14 00:12
GTOの兄貴へ

あおるなよっ。
自分が身動きできない間に、かつて想いを寄せていた女性が昔のオトコに会いに行く。
俺の身にもなってくれ。

Beehive シバタ
2009/07/14 00:17
<M>様
結局お互いを育てるためのお互いだったのですね。
ひょっとしたら、
意外なところでコラボするかも?
今度は信頼する創作性パートナーとして。
いいですね。羨ましいです。
<s>様
お加減はいかがですか?
暑い日々が続きますが、
お体大切になさって下さい。
くれぐれも、
くれぐれもですよ。
<倉>様
九州が梅雨明けして、夏本番です。
熱射病にはご用心頂きまして夏を充分お楽しみ下さい。

Beehiveの皆様並びにBeehive様のページのご訪問者全ての方の上に豊かな恵みがありますように。お祈り致します。
門前の小僧
2009/07/14 00:19
シバタは寝なさい。
病人なんだから。
ケータイの電源を切りたまえ。

門前の小僧さん、コメントありがとうございました。
〈K〉
Beehive 倉本
2009/07/14 00:22
やーい、Sさん、怒られたー★
かわいい★
でも、本当に夜はちゃんと寝ないと、いつまでも退院できませんよ(^^)d

Mさんも、あまり刺激しないようにしてあげてくださいね。
そして再会デート、ガンバq(^-^q)



通りすがり
2009/07/14 00:38
こりゃまた、えらいシバタさんを刺激してるみたいですね。(笑)この時期にこの記事はまずかったのか?(笑)いやにMさんが女っぽく感じちゃうし〜。
でもね。ドラマとかでもこういうシーンがあるけども。
自分に好意を持ってくれてる人に行くな!とか言われるのは嬉しいけども。どう言われようと?行く時は行くよね。かえって、余計に行きたくなっちゃうかも。。。
長年に渡り、何らかの形で繋がってる人がいるなんて。羨ましいです。私は結構、クールなのかな?次の人が見つかれば、もう未練も無いし。
でも、その代わり、こんな形が無いから羨ましい。昔は白黒はっきりしないと気がすまなくて。段々と、もっと繋がりを大事にしようと思って来たのですが。(笑)
もうかなり前、昔の親しくしてたバンドの仲間で、当時、密かに?想ってた人から、すごく久しぶりにライヴのお知らせみたいなハガキが来た時はドッキリしました。え?!なんで?って。懐かしいなーと思って出してくれたのかな?(まあ?彼女がいながらも?少し私に気がある感じもしたけど。(笑))そんなハイな時でも無く、ライヴへは行きませんでしたが。懐かしかったですね。
留加
2009/07/14 06:05
Mさん お久しぶり&お疲れ様です。
10年前の恋人から・・10年はないなぁ・・
3年後や5年後になら 連絡(メール)あったり
したけど。 気分は複雑で1人はブッチしたし
1人は会ったけど 何も・・別人のように思えた。
その後 連絡を取ることも もちろん無いし
そんなことは昔の話だけどね。
10年たっても 賞賛したいと言ってあげられるMさんは凄いです。私だったら絶対できんわ〜 ただ何かあったのかとは心配するけれど 元気なら なぜ?会わなあかんの?って言ってる(笑)でも自分が安定してなかったら 自分が「会いたい」とか言ってそうで怖い・苦笑

シバタさん、規則正しい生活が身につく頃かな?
ゆっくり 休養して 完治して元気に戻ってきてくださいね。携帯では私の音楽は聴いてもらえないから・・^^:
うみ
2009/07/14 06:57
元カレにとってMさんとは自分の成長を認めてほしい相手なのですね。恋人ではないけれど、私は恩師に会って「貴方の教えが今でも生きています。」とお礼をいいたいです。会えるならばね。元カレさんも伝えたい想いがあるのかな☆
でもな〜、深夜2時とは意味深な・・・。

Sさん大丈夫ですよ〜。この歳になると(Mさん歳下だったらゴメンナサイ)元カレより、若い男性のほうが絶対ステキだから♪ちゃんと休んでくださいね。
てぽてぽ
2009/07/14 08:15
このお三方はホントに面白いですね私も…旦那には負けたくない!と思ってて(笑)旦那がなんでオレにそう思うの???ていつもハテナマークらしいです。まあうちはおいといて…ライバルって男女間を越えるのですね〜。なんか最後にMさんが受け止めてくれちゃったら、彼は拍子抜けるかも?オレは一体何してきたんだ???って(笑)。これって報告もあるんですよね?(笑)勝負下着だし
こりす
2009/07/14 08:28
◆uiriさんへ

「うん、わかった・・」
「わかりました。とても楽しみにしています・・」

なるほどねー。
こんな返事ができる人って素直で可愛い女性なんだろうな。
でもそれって別れ際がとても綺麗な男女の場合ですよー。
私達の場合はすんごくドロドロしちゃって、最後のほうは手痛い仕打ちの応酬になってしまったので、あまりしおらしい言葉が出てこない。(笑)
どうしたら自分よりも深く相手を傷付けてやれるか、みたいな、そんな悪循環に陥ってた別れ際だったから。
別れた後はさすがにそんな果たし合いみたいな関係にも嫌気がさして、挑発にのるまい、理知的につきあおうと心がけて「負けるが勝ち」で接するようにしてきたのですが、相手はいつまでも意地悪な挑発モードだったので、私も内心ハラワタ煮えくり返ってた。
そんな相手だったから、つい警戒してしまって。
「何を企んでいるんだ?」と。(笑)
まあ、もし相変わらずの意地悪ぶりでも、もう私はいいや。(^-^)
元気で何より、とニコニコ気分で帰ってこよう。
思い出して声かけてくれたことが嬉しかったって、ちゃんと伝えてきます。


Beehive 〈M〉
2009/07/14 08:46
◆GTOさんへ

鋭い突っ込みコメント?
あー、GTOさんのところで私がつけてきたやつね。
だって。そうじゃん。
いつも全力投球なのに、ハズしてもまたすぐに次が現れる。 (笑)
いや、打たれ強いなーって誉めてるんですよ。
男たるもの、そうでなければ。
ツレナイ女にぐちぐち嫌味を垂れながして、復讐するためにいつまでも手放さないという男より、ずっと潔いです。アッパレってなものですよ♪

勝負下着についての具体的なご提案、ありがとうございます。
白紙に戻す意味の白って、コンセプトはいいんだけど、私の歳になると純白の透明感に肌が負けちゃうから、ちょい色みのあるのがいいなー。
冬だったらネイビーやボルドーにしたいところなんだけど、夏は透けそうだからシャンパンゴールドなんてどう?
Tバックは気合い入れすぎで、かえって「負け」感が漂うので、個人的にはボクサーショーツでスポーティーに決めたい。
どうでもいいか。(笑)
あんまりこんなこと書いてると、入院中の野獣シバタが、また何かナンクセつけてきそうだから、今日はこのへんで。
(^-^)/

Beehive 〈M〉
2009/07/14 08:49
何かボクサーだよ。
いっそのことマウスピースくわえて、グローブはめて、相手の男ノックアウトしてくるか?

ご忠告申し上げますがね、一度自分のものになったことのある女が「来いよ」の一言で来ちゃったら、男ってもんは勘違いする生き物なんです。
「意味なんてない」?
ンなわけないでしょうが。
男が意味のないことする時は、下心がある時なんです。
そのくらいわかれよ!
それでその下心に気付かないふりしてのこのこ出てくるときは、女にも下心があるんだよ。
まったく見てられないね。

俺が一緒に行ってやろうか?
若いツバメを連れて現れたら、ハクがつくぞ。


Beehive 〈S〉
2009/07/14 09:09
ちょっと、通りすがったら、
相変わらず、口の減らない
シバ猫ちゃんがチョロチョロしてるね。。。。
寝なさいよ〜〜〜
退院遅くなるよ〜〜

魅力的なMさんの記事には
同性として、なにかコメント入れにくいものがある。
Kさんや、シバ猫ちゃんなら、気楽なんだけどね。

永遠に男性って、女に母性を求めるものなのかなぁ・・
「よくやってるね。えらいね。」
よし、よしと 頭をなでて貰いたいの。
特にスキな女性からは。
それを、承知して、大きな広い人類愛で
生きているMさん、ステキですよ。
   ・・・って、違うかな?。。まぁいいね。
きらり
2009/07/14 09:24
おはようございます。
夜中の2時に元彼からのメールですか・・・
今の充実している自分を見て欲しいのかな・・・
「やっぱりあなたは凄いわね〜 流石だわ」って(M)さんに云って欲しいのかもしれませんね。
私ならどぅするかなぁ〜
と云うか むか〜し 聞いて欲しいことがあるんだけど 久しぶりに呑みに行こうか♪と職場に電話してきた元彼に「なんで私が?」と云ってしまったことがありました。あの頃は私も若かった(^o^;)
喧嘩別れしたわけでも自分の状況に不満があったわけでもなかったのですょ♪
自分でもよく判らないのですが、第六感てやつだったのかもしれません(^^ゞ
(M)さんは大人ですね。
キット人として器の大きな方なんだと思います。

(S)さんへ
あまりイライラすると抵抗力のない今は 傷口が化膿したりしますょ。
熱も下がりにくくなるし 退院が遅れるのも嫌でしょうけれど何よりもしんどいでしょ(^^)
少し落ち着いて(^^)
(M)さんは大丈夫だから(*^-^)♪
マリー
2009/07/14 11:04
私も20年も前にわかれた彼のことを、同窓会で知るために何気に出席してます〜。

ただ、すこし話をするだけだけど。

あの当時をおぼろげに思い出すのが、たのしいのかな〜。

べつに、今、付き合いたいとかはぜんぜん、ないのだけど。
May
2009/07/14 11:56
◆門前の小僧さんへ

絶妙なタイミングでのコメント書き込み、ありがとうございます。
特に〈S〉くんへの「くれぐれも」の念押しはいいタイミングでしたね。(笑)

元カレと仕事でコラボ?
有り得ない…。
実は今回もあまこ唐突だったので「取材に来い」という、媒体露出の営業か? と思ったんです。
でもとてもそんなこと聞き返せない剣幕…。

実は何年も前に、はからずも取材する側とされる側という形で再会したことはあります。
もちろんスタッフが他に大勢いたので、他人行儀な気まずい挨拶しか交わしませんでしたが、連れていったインタビューアーの質問が「恋愛観」「女性観」みたいなのに及ぶと、私だけにわかるようなアテつけがましい事を言いやがるので、ハラハラするやら、ムカムカするやらでものすごいストレスでした。
ああいう根性の悪さがちょっとねぇ。
結局その部分ごっそり削除して掲載してやったわ。
フッフッフツ。

Beehive <M>
2009/07/14 12:18
◆通りすがりさんへ

ホントに通りすがり?
ここの人間関係をよくご存じのような気がしますが? (笑)
まあ、いいや。

〈S〉くんはね、サービス精神が旺盛なので、このブログを盛り上げるために、ちょっとオオゲサに「嫉妬する年下男」を演じているのです。
あまり真に受けないほうがいいですよ。(^ー^)

再会デートへのエール、ありがとうございます。
気負いすぎず、肩肘はらず、楽しんできます。
p(^-^)q


Beehive <M>
2009/07/14 12:19
◆留加さんへ

だからシバタくんのは、ブログのコメント欄を盛り上げる演出だから。(笑)
放置しておいて大丈夫。(^-^)v

留加さんはクールなのね。
私はねー、実は結構引きずるほう。
そういうタイプに見られるのがいやで、過剰にドライにふるまうけど、本当はものすごくウェット。(笑)
彼とのことも、「もう大丈夫」と思えるここまでが長かった…。
ほんの2、3年前だったらまだダメだったと思うから、変わり映えのない生活を送っているようでも、月日は確実に自分を成長させているんですね。

でもね、実は約束の当日、仕事のスケジュールが微妙で、ドタキャンの可能性がなきにしも。
大抵のことなら彼との約束を優先したい気持ちもあるんだけど、もう一方の予定も尋常じゃない重要な案件で。
今回、どこまで彼を優先するかってところに、自分の中の駆け引きが出てきちゃって、「あまりに大きな犠牲を払ってまで行くのは癪」という気持ちもあって。
でもドタキャンしたら、また変なアテつけと思われるだろうし…。
うーむ、けっこう悩む私です。(汗)

Beehive <M>
2009/07/14 12:22
◆うみさんへ

うみさんは、自分が安定してないと「会いたい」になっちゃうほうですか。
たしかに、元気で絶好調な時に、昔の恋人にわざわざ会いたいと思わないような。
そういう時は、偶然バッタリという形で会いたいとは思うけど、わざわざ呼び出さないですよねえ?

むむ? やつは大丈夫なのか?
でもプライドの高い人だから、自分のいい面しか見せようとしないところがあったし、ナルシストだから「ね、今の俺サイコーでしょ? 惚れ直すだろ?」という意味合いともとれる。

ただちょっと心配してるのが彼の結婚生活なのよね…。
同業者の奥さんと出来ちゃった婚だったのですが、あの「気難しい子ども」みたいな人が、同業者と結婚なんて、うまくいくのかね、と思ってましたんで。
長年つきあった私がヘトヘトになったからなー、奥さん、そうとう器の大きな人なんだろうと思ってますが、年数的にそろそろ疲れが来る頃よね、なんて思ってました。
余計なお世話か。(笑)

ま、あまり深入りせずに、彼が言ってほしそうな言葉だけを言ってあげて、きれいに退散します。

Beehive <M>
2009/07/14 12:25
◆てぽてぼさんへ

「自分の成長を認めてほしい相手」
たしかに彼はそうでしたね。
その度合いが強すぎて、ほぼ同い年で、自分もまだ成長の途中にあった若い頃の私には、その役が務まりませんでした。
私もまだ社会人として駆け出しで、けっこうハードな職場だったので余裕がなかったんですね。
最初のうちは、こうして弱い部分を見せてくれるのも私に気を許してるから、と思っていましたが、「私もね…」なんて言おうものなら、「お前はサラリーマンなんだから、裸一貫で勝負してる俺と一緒にするな」なんて言われて、一方的に愚痴を聞く毎日。
今なら「まーそうなの、それはタイヘンね」と電話口で涙声を演出しながら、両手は仕事の原稿を打つ、くらいのことはやってのけるんですけど、当時は私も無器用だったから。(笑)
この人とつきあってるうちは、私、一生この人の人生の観客をやらされるのね、とストレスの多い関係でした。
今のダーリンに会うまでは、男ってみんなそういうものなんだろうと思ってたから、男性とつきあう=その人を支える、だと思ってたんですね。
(つづく)
Beehive <M>
2009/07/14 12:27
(てぽてぽさんへ つづき)
だから、つきあってる時は「我慢大会」。
暴君タイプの彼だったので、表向きは逆らえないから、最後のほうはその鬱憤が小さなトゲや意地悪になって相手に向かってましたね。
彼を支えるふりをしながら、そばにいて少しずつ毒をもって弱らせる悪い魔女みたいになってた。(笑)
お互いに未熟だったのでしょう。
でも長い人生でいっとき、若い時代の悲喜こもごもを共有しあった仲ですから、かけがえのない旧友でもあります。
今だから本当の「戦友」になれるかも。
そんな期待が私に「行くよ」と言わせたのです。


Beehive <M>
2009/07/14 12:28
◆こりすさんへ

男女を超えたライバル意識ってありますけど、そこに恋愛が絡むのはもうイヤ。(笑)
私は今のダンナには、まったくそういう感情がわきません。
仕事の分野があまりに違うからかな。性格も。
勝ち負けという土俵を最初から降りているような人なので、こっちがいくらライバル意識をむき出しにしても、「ああ、俺はあなたには勝てないから〜」とあっさり勝ちを私にゆずってくれちゃう感じ。
常に「俺を見てくれ!」というタイプの彼とつきあった後だったので、この「のれんに腕押し」な感じが信じられないくらい居心地がよくて、つい結婚してしまいました。
そんなダンナと長年暮らしてきたことで、負けず嫌いな鼻もちならない女だった私も、彼の影響で「戦わない」ことの快感を学んだのかもしれません。
「負ける」「受け止める」そういう受動的な態度は、自分も相手も柔らかい気持ちにすることを肌で知ったのかもしれませんね。

後日談の報告記事ですか? 
ふむ、考えておきます。(笑)


Beehive <M>
2009/07/14 13:07
◆<S>くんへ

あなたの存在とコメントは、このブログをいつも盛り上げてくれるわー。
今回も「日常の中のちょっといい話」のつもりの記事だったのに、あなたの演出のおかげで、まるで昔の男に呼び出されるわ、年下の男性には「行くな!」と言われるわで、なんかモテ自慢、みたくなっちゃったじゃん。
たいしていい女でもないのに、女冥利につきますよ。(笑)

「男が意味のないことをする時は、下心がある時」
名言かもね。たぶんそうなんでしょう。
でもねシバタくん、下心って、必ずしもセックスに直結するものばかりじゃないと思うよ。
「才能を認めさせたい」
「精神的に圧倒させたい」
「自分を選ばなかったことを後悔させたい」
そういう男の子らしい自己顕示かもしれないし、
「友達として旧交をあたためたい」
「大人になった自分を見てほしい」
「すべてを水に流して、いい思い出だけを共有する仲として再出発したい」
そういう、次のステージへ進みたい気持ちかもしれない。
(つづく)

Beehive <M>
2009/07/14 13:07
(<S>くんへ つづき)
そして私自身の下心はね
「いろいろあったけど、私たち、ちゃんと友人になりたいね。なれるかもね」
そういう下心なの。
会って顔見たら、またムカムカして「だめ、無理」って思うかもしれないけど、それは向こうも同じだし。
でも、そろそろ試してみてもいい頃合いかなって思っただけ。

シバタくんだって、まだ清算はできなくても、いつかそうなりたいって思ってる人いるでしょ?
すべてには時機があるから、あなたにもそういう時機が来ると思いますよ。

考えてごらん。
十年も会わなかった昔の暴君と、十年以上そばにいていつも支えてくれた家族やシバタくんと、どっちが大切だと思う?
そんなこと、わかりきってるでしょ。
私が見かけによらず身持ちがかたいことは、シバタがいちばんわかってくれてると思ってたけどね。
少しは私を信用してくださいね。
楽しいコメント、いつもサンキュ〜♪


Beehive <M>
2009/07/14 13:08
◆きらりさんへ

減らず口のシバタが、いつも失礼なことばっかり言ってすみません。<(_ _)>
でもメンバーに一人こういうキャラがいると、ブログが盛り上がって面白いですね。
私も、リアルはむっつりして「万年不機嫌」のシバタくんより、ブログ上の彼のほうがお茶目で面白くて好きです。

「男性は永遠に、女性に母性を求める」
そうなのかもしれませんね。
その母性とやらが若い頃は未発達で、相手のご期待に添えなかったので、今なら少しは…なんて思うんですけど、あんまり発揮しすぎて味をしめられても面倒なので、まあ適当に。(笑)
彼の「思い残し」を払拭してあげて、ああ、すっきりしたって思われるくらいには優しくしてあげたいです。
そしてそれは、「もう少し優しくできなかったのか」という私自身の思い残しでもあるので、私もすっきりしたいですし。
どうか、いろんなわだかまりが消える素敵な再会になるよう、祈っててくださいね。


Beehive <M>
2009/07/14 13:10
素敵な再会になるといいですね。
子どもの私は、一生このまま子どもですので、どうも大人の感覚が掴み難いんです。でも、今回のできごとが、過去をもう一度ではなく、新しい関係になる期待を込めていらっしゃることが、感じられます。男女も恋愛が終わったら友人関係が残る・・・なんてのは、幻想なのでしょうか。子どもには分かりませんが。(^_^X)

〈S〉さんへ
しばしば、コメント欄に乱入できるほど、お元気になられたようで、ひとまず安心ですね。でも、ひたすらゆっくり眠ることが、一番のお薬ですから。年寄りのいうことは、間違い無いですよ。(^^ゞ
沙羅
2009/07/14 14:00
<M>さんへ

じゃ、こうしよう。
俺の言うとおりにしてね。

まず服装だが、スカートをすすめる。
一見、無防備に見えるけど、万が一、手をかけられた場合に体勢を立て直しやすい。パンツスタイルは脱がされたらおしまいだけど、スカートはめくりあげられても元に戻せば、とりあえず隙を見て逃げられる。
そのかわり、やっぱり下着に直にアクセスしやすいデメリットもあるから、ガードルやオールインワンタイプの複雑な下着をつけていけ。

次にポジションだ。
退路をふさがれるな。
逃げ道を確保しろ。
簡単に言えば上座に行ってはダメだ。出入り口側の下座を死守しろ。
肝心なのはバッグの位置。
女性は多少の危険が身に迫っても、身ひとつで逃げずにバッグを持って逃げようとするんだ。欲の皮が突っ張ってるからな。
だから何かあった時、バッグが出口から遠いところに置いてあると、それを掴みに行った一瞬のうちに退路をふさがれやすい。
だから荷物は絶対に手元に置いておけ。少なくとも自分の位置より出入り口側に置くようにね。何か不穏な気配を感じたらすぐに撤収できるように。
<続く>
Beehive <S>
2009/07/14 14:03
最後に実戦編だ。
後ろから抱きすくめられた時は、手を後ろにまわして睾丸をつかめ。力の限り握りつぶすべし。
正面から来て壁に押し付けられたら、相手は必ずあなたの足の間に片足を割り込ませてくるから、その瞬間に下から股間を膝頭で蹴りあげろ。
ソファに押し倒されたら、十分に相手を引き付けて頭突きをかませ。
その場合、狙うのは相手の鼻から眉間にかけてだ。
肩を押さえられてると頭突きはリーチが足りないから、キスされそうになるギリギリまで繰り出さないように。
それでも非力な乙女の悲しさよ、万一組みしかれた時には、まちがっても「いや」「だめ」「やめて」の言葉は禁物だ。
それらの言葉は、男にすれば「アソコが育つ魔法の言葉」だからね。
不本意ながらも力を抜いて、されるがままの無気力なキスで相手の最初のテンションが下がるのを待ってから、男の目を見据えて、〈M〉さん、今こそお得意のあのセリフを決めろ!
「これ以上のことをしたら、一生軽蔑するけど、それでいいならどうぞ」。
あれは効いたぜ!
<更に続く>
Beehive <S>
2009/07/14 14:04
そうして震える体を深呼吸で整えて、乱れた髪を手ぐしで結い直し、平然と部屋を出ていくんだ。あの日のように。
「一人にしてあげるから、少し頭を冷やしなさい」と捨て台詞を残して。
できるはずだよなあ?


以上、シバタ先生の「ヤラれない女になる」特別講座でした。
これ全部守れるなら、行ってよし。


Beehive <S>
2009/07/14 14:04

へー。シバタはかつて〈M〉さんにそんなことをしたのか?
そりゃ警戒されるわな。
そんなシバタが指南するってどうなの。説得力あるんだかないんだか。(笑)
でもそうか、泥棒に入られないためには泥棒本人に手口を聞くのが一番ためになるしな。

そんなことより、入院患者はちゃんと寝てろ!
ケータイ取り上げるぞ!
〈倉〉
Beehive <K>
2009/07/14 14:10
泥棒と一緒にすんなー。
俺は〈M〉さんの貞操を守らんがために、病身をおして必死にストラテジーを考えてやってんの。
倉さんも友人なら少しは親身になってやれ。

ちなみに〈M〉さんの名誉のために言うと、彼女は僕に「されるがままの無気力なキス」すら許してくれませんでした。何もさせてくれませんでしたよ。
ケチな女だからね。
十年ぶりに会う男にも、そのケチぶりを発揮してほしいものだ。

Beehive <S>
2009/07/14 14:15
こんにちは^^
もう。。シバタ君、、心配しちゃって。。
大丈夫ですよ。。
Mさんは大人ですから。。
でも何が起きるかわからないのも男と女。。
Mさん、彼を誉めたたえるだけにしてくださいね〜〜。

でも実はシバタ君の講釈。。当てはまるような場合もあって乱れた服装でタクシー乗った記憶があります。。
昔、昔ね(笑)

でも土台のしっかりしているMさんはキチンとサマになることやってのけるでしょう。

そしていい関係になれると良いけどね。。

でもメールは意味深に近いぞ!!
betty
2009/07/14 14:56
もう、シャンパンゴールドの
ボクサーパンツはご購入しましたか?(笑)
元彼と再会だなんて羨ましいわ♪
Mさんがお付き合いしていた方ですもん
きっと、ステキな方だったんでしょうね
彼の下心はあるかもしれないけど
  (夜中の2時はやっぱり妖しいわ)
Mさんなら上手に対処なさるでしょ
昔以上のよい関係が築けるといいですね♪

Sさん熱く語ってますね〜(笑)
あ、まだ熱あるんだね・・きっと
アタシもひとつ提案が・・
ボクサーパンツの中に
家族写真を入れておくのはいかがでしょう
もしも「あ〜〜〜れ〜〜〜」の事態になったら
幸せそうなM家の写真がハラリ・・と
元彼の気持も冷めるんじゃ??
あぁ〜・・でもボクサーパンツ一丁に
          なってる時点で
 手遅れかっ???∵ゞ(≧ε≦o)ぶっ
rinko
2009/07/14 21:37
シバタちゃんへ ゴメンよ! なんだか俺のコメントから話が大きく膨らんじゃったみたいで、みんなを あおってしまいました。 反省してます。 
 「やられない女になる」特別講座 なかなか良く出来てますね。倉さんの突っ込み・・・最高だね(笑)
でも みんな心配してるんだから 冗談に乗らずに おとなしく寝てなさい。Mさんは大丈夫だよ。いまさら何も無いよ 人生経験豊富だから心配ないと思います。
 Mさんへ せっかくの詩が 台無しになりそうなので
これでやめておきます。お騒がせして・・・ごめんなさいです。
GTO
2009/07/14 22:01
◆マリーさんへ

<S>くんをいつも上手にたしなめてくださって、ありがとうございます。
文面って、本当にお人柄が出ますよね。
彼も、マリーさんの慈愛あふれるコメントには、比較的(?)素直に反応しているような気がします。

マリーさんはその元彼の突然の誘いにはのらなかったのでしょうか。
どんな第六感がはたらいたのでしょうか。興味深いです。
「夜中の2時のメール」っていうのが設定としてはちょっと怪しいですが、彼の業界は時間がぐちゃぐちゃで、私も、彼とつきあっていた若い頃はこのくらいの時間は平気で働いたり飲んだりしていましたので、当時の気分のままメールしてきたのでしょう。
もう何年もメール交換をしていなかったのに、私の受信画面にはきちんと彼の名前が出ていたので、彼のアドレスも変わってなかったようです。
お互い、消すに消せないメールアドレスを携帯に記憶させて、長い月日を過ごしていたのですね。
「いつか必要になるかも」。そう思って消去しないでおくアドレスって、なんか「いつか使うかも」と思いながらとっておくデパートの包装紙や紙袋みたいで貧乏くさいですけど。(笑)

Beehive <M>
2009/07/14 22:23
◆Mayさんへ

20年昔の彼かー。
20年となると、うーむ、会いたいような会いたくないような。微妙。

今回も、私のほうは彼の姿を何かにつけ目にする機会があったので、どんな風貌をしているのかだいたいわかっているのですが、向こうはこちらを目にするのは久しぶりだからなー。
体重は付き合ってた頃とあまり変わらないけど、それでも当日までにもう1キロ減らしたい。(笑)
それで、3日くらい前に美容院に行こう。
もちろん5日くらい前から就寝時間を早めにして、肌の状態を整えなくては。
なんとしても「老けたな」などと思わせるわけにはいかない!
素材の質感は若いころにはかなわないけど、それをカバーするテクニックはあの頃より数段上なのじゃ。
ふふふ、見ておれ。
なんか、私、マジになりすぎ?(爆)


Beehive <M>
2009/07/14 22:25
おい、シバタ!
ほんとにまあ、でしゃばりが!
って、いくら暇だからって、
こんな乱入の仕方ある?

あるよねえ。

こりゃ、相当面白いから許す!
特に、『特別講座』は最高です。
参考になる人もいるでしょう。
参考になるような場面に遭遇したい人もいるでしょう。
まあ、それもよし。

で、Mさんですが、
僕的には、ここは一気に、
Mさんの意向通りにはならず、
Mさんが嘘を言わなければいけない状況になることに
期待します。
その方が絶対面白いって。
自信過剰のMさんが、思わず黙ってしまう結果。

楽しみ、楽しみ。

  結果報告、次の記事かなあ、
    ワクワクする・はげおやじ・より
はげおやじ
URL
2009/07/14 22:26
◆沙羅さんへ

「男女も恋愛が終わったら友人関係が残る・・・」

自分でこんな記事書いててなんですが、↑これって、有り得るのでしょうかね?
なんかだんだん自信がなくなってきた…。
シバタくんの言うとおり、私の中に自分でも気づかない下卑た下心があるんだろうか…?
たぶん、直前まで迷って「どうしよう、やめようか」とさんざん考えあぐねる、このことが、彼に対する「女」としての私の誠意であり、その結果「やっぱり腹を決めて会いに行こう!」と決断を下すのが、「人」としての私の誠意なのかもしれません。

<S>くんへの貴重な忠告、ありがとうございます。
でもちょっと遅かった…。
沙羅さんのコメントとほぼ同時刻で入ってるシバタの長文コメントに愕然。
あいつはやっぱり「狂った果実」だわ…。


Beehive <M>
2009/07/14 22:27
◆<S>くんへ <K>さんへ

いやはや、オドロキ。
病室からあれだけの長文を携帯で打つとは。
クレイジーすぎる…。
なんかすごい妄想力だし。
今回の記事が、どうしてああいう方向になるのよっ。
もう面倒になってきたぞ。(涙)
行ったら行ったで、後からいろいろ詮索されそうだし、仕事とも重なって来そうだし、もう行くのやめようかなー。

<S>くん、頼むからさー、入院中はちゃんと休もうよ。ね。
午後はたしか安静時間だったはずでしょう?
<K>さん、彼からケータイ取り上げたら?


Beehive <M>
2009/07/14 22:29
◆bettyさんへ

調子のいい記事を書きましたが、なんだかシバタやbettyさんのコメントなどを読むにつけ、だんだん気のりしなくなってきた…。(笑)
思えば「急になぜ?」と返したメールに、あんな皮肉で返されたあたりから「変わってないな…」という一抹の不安はあるわけでして。
だから、今の正直な気持ちはですね。なりゆきに任せようかと。
その日、別の大きな予定が入りそうなので、もしその予定が入ったら「ごめんなさい、行けなくなりました」とメイルする。
もし予定が入らなかったら、行ってきます。
会いに行くといっても自宅や個人の部屋ではなく、仕事の現場で公共の場所の一室だし、その後のスケジュールが合わず「そのあと飯でも、と思ったけど、その日じゃ無理だわ」ってことになったので、本当に顔を出すだけですから。
むしろ「あんなに逡巡して馬鹿みたいだった…」と思うような呆気ない逢瀬になると思いますよ。


Beehive <M>
2009/07/14 22:30
◆rinkoさんへ

「ボクサーパンツの中に家族写真を入れておく」
はい、それ採用♪

「でもボクサーパンツ一丁になってる時点で手遅れ」
はい、その通り〜♪

…rinnkoさんも、私の貞操観念を信じてくれていませんね。(−−〆)
「寸止めの女王」と<S>くんに異名をもらった私ですよ。(笑)
大丈夫だってばさ。

Beehive <M>
2009/07/14 22:32

>もう行くのやめようかなー。

おう、やめとけ、やめとけ。
それがイチバンだ。
「会いに行かない」。
はい、それで決定ね。

♪♪ ♪♪(←口笛)

Beehive  <S>
2009/07/14 22:33
◆GTOさんへ

いえいえ、GTOさん、いつもこのコメント欄を和ませてくださって、ありがとうございますー。
シバタはほっといても暴走気味キャラなのが、いま病室という牢獄に閉じ込められて、そのやり場のないエネルギーがここに向かってるだけ。
明日あたり、倉さんに携帯とりあげられるんじゃないですか?
あれじゃ、いつまでたっても熱が下がらないはずだわ。(怒)
それにしても「ヤラれない女になる」特別講座?
なんかシバタの手口が透けて見えるようなお粗末ぶり。
呆れて、開いた口がふさがりませんよ、もう。
私の今回の決断って、そんなに軽率?
なんか落ち込むわ〜。


Beehive <M>
2009/07/14 22:34
◆はげおやじさんへ

「Mさんが嘘を言わなければいけない状況になる」。

えー、どんな状況かしらぁ。MICHIOわかんな〜い。
あ、わかった。
おいらが彼の胸ぐらをつかんで壁に押し付けて、Yシャツのボタンをひきちぎって、そのまま床に倒れこみ馬乗りになって以下省略。
そういう方向性もありかも、ですね。
再会のテーマが「もう、あの頃の私じゃない」だとするなら、それもまた一興かもな…。(真剣)


Beehive <M>
2009/07/14 22:42
◆シバタ!

もう寝ろ!
病院の消灯は20時だろうが!

あのね、はっきり言おう。
君はその別れた彼にキャラがそっくりだ。
あんたともこの際、きちんと別れようか? え?

Beehive <M>
2009/07/14 22:44

だって昼間寝すぎて眠れないんだもーン。

へえ、俺って、その元カレに似てるんだ。
じゃあ、<M>さんが雌として反応するタイプなのね。光栄だなあ。
じゃあもし別れたとしても、数年後に呼び出せば勝負下着で会いに来てくれるってわけだ。
嬉しくて涙が出るぜ。
生殺しの友人ごっこより、ブランクの後の強烈なセックスのほうがいいもんねーだ。

Beehive <S>
2009/07/14 22:50
シバタ!!
もう寝ろ!!!
Beehive 倉本
2009/07/14 22:56
ううん、軽率なんかじゃないと思うけど?
会いたいと思うなら、会えばいいんじゃないかな。
「特別講座」が必要となる方がいいよね♪
会ってがっかり・・の方がヤダ。かも。(笑)

若い頃、しかも年が近いと、ライバル意識ってどうしてもありますよね。だから、年月が経って、こうしてお互いを確認しようと思う気持ち、やはりその延長かなと。
私も会うと思うな。

しっかしさ、会ったはいいけど、後ろにSさんが隠れてそうだよね。(笑)
次のSさんの記事は、嫉妬について?(爆)
vino_seco
2009/07/14 22:56
◆vino_secoさんへ

「特別講座」、お読みになりましたか。(笑)
よくもまあ、あれだけズラズラと書けるもんだわ。
普段、よほどろくでもない妄想ばかりしてると見た。

「会ったはいいけど、後ろにSくんが隠れてそう」
ほんと。
やつも、最初はブログを盛り上げる演出のつもりだったと思いますが、だんだんコントロールがきかなくなってきて、どこまでがウケ狙いなのかわからなくなってる感じ。
ちょっとサイコな怖さを感じるわー。
本当はいい子なのに…。(涙)

しかし「特別講座」が必要だったとしたら、それはそれでがっかりだわ…。あまりに成長してなさすぎ。
彼は昔、野獣だったからな…。
…やはり危険か!?

Beehive <M>
2009/07/14 23:06
こういう状況だったらどう返事をするだろうか・・・と考えてみましたがやはり「どうしたの・・・」と聞いてしまうかもしれません。

私はかつて、昔の恋人に仕事の現場で何年ぶりかでばったり出会い、なんとなくギクシャクしてしまい、いい友人になるチャンスを自ら失ってしまいました(苦笑)。
今だったらもう少し大人の対応が出来たかもしれないとBeehive <M>さんの文章を読みながら、思ったりしています。。

Beehive <S>さんの早い回復を・・・


komichi
2009/07/14 23:42
お互いの意見がなじまない。はじきあうような、言葉のかけあい・・。僕はそういった異性の経験は ありませんでしたが。 そうそう。 あった 今思い出した。人の事故を 花にかけて笑う。そういった女性がいました。でも とても素晴らしい女性で、夕方仕事を終え 会う時は、お弁当を よく作ってくれたのです・・。そんな 彼女でも
ちょっとした 価値観の違いが存在し 執着してしまうものかもしれません。少なくとも、僕から、彼女への想いが、そうで、すぐれたところを しっかり評価してあげれたら、どんなに良かっただろう・・・たしかに そう くやんでいます。何気ない互いの尊重かもしれませんが。
心は本当に救われるものかもしれませんよ・・、
あたたか(あたたかデザイン)
2009/07/15 00:26
Mさん、こんばんは。

冒頭の、デジャヴかと思うやりとりで「なんだ??」と笑ってしまいました。
昔の唯一結婚を考えた彼、あの人との付き合いの頃に被る関係でした。
雄臭さに女としての喜びと反発の狭間で擦り減る精神。
でも、空白が空いてその連絡ならば、当然「なぜ?」ですよね。行動を起こすには理由がありますから、私も多分同じ事を聞きます。っていうか、
「は?今更なに?」みたいなw

Mさんの本当に度量のひろさを感じます。グレーの期間を耐え切る強さが根底にあるような。
一つの恋が終わるごとに、連絡なんてできないよう全てを断ち切らねば前へ進めない私には、そのグレーな絆を包括できる貴方の強さが眩しいです。Mさんのイメージは全てを抱きしめる地母神のような感じ…。
ただ、女神も女ですからね、溢れる魅力の。隈少な道徳観念に捕われる事無く、一度きりの人生の追求に対面して下さいな。
多分ね、今回より、次が出て来ちゃったら…そっちからのが、デンジャラスゾーンじゃないのかしらw

行ってらっしゃいませ!
れま
2009/07/15 00:28
Sさんへ

元気そうな書き込みをみて、ホッとしました。
Kさんのお知らせを読んで、胸の隅がじんじんやな感じだったから。
体の危険信号は、やっぱり尋常じゃないやつは、無視しちゃだめだよね。
お互いアラサーみたいなんで、もう無理も効かない年齢にきてるんだよw
ゆっくり、ただ体を回復させる贅沢な時間を味わって下さい。

健全な心と体だと、やっぱりお酒が、ウマすぎるから 笑っ

Mさん、Kさん、本当にお疲れ様でした。心労お察し致します。お二方も、続く事のないよう我が身を確認して下さいね。
れま
2009/07/15 00:40
訪れる人も巻き込んで
なんだかすごい盛り上がり!!!!!ですね。
M様・S様・K様のHOTさが、
更に威力満開ですね。

S様も、これだけ元気が有るのですから、
傷口も驚異的なスピードで治っているのではと思います。

自分は携帯からあれだけの長文を打ったことがありません。
あの「講座ネタ」は、一体何分で打ち込み完了したのですか?気になります。携帯操作の高度技術を持つ高校生並みの打ち込みテクを持ってたりして?

M様、昔のお付き合いされていた方に恥じない姿で会おうとするお心に、女性としての凛としたさわやかさを感じてしまいます。だから、S様はやきもきするのかも?
門前の小僧
2009/07/15 03:17
 ””リアルはむっつりして「万年不機嫌」の
   シバタくんより、 ブログ上の彼のほうが
   お茶目で面白くて好きです。””

ブログ上の、お茶目で、面白いだけの限界を、
超えているか、越えていないか、
   判断の分かれるところです。・・・笑

強い薬のせいで、熱のせいで、妄想がきているのか?
あまりのヒマさに、退屈しのぎをしているのか?
Mさんに、このブログの面々に、甘えているだけなのか?

どっちにしろ、お母さんは、
こんなサービス精神満点の
ユニークな息子がいたら、
大自慢ですよ。 ・・爆笑・・

またまた、よけいな老婆心ですが、
お願いです。
Kさん、Sくんを、一生見放さないでね。
Mさんもね。 
きらり
2009/07/15 11:59
きらりさんへ

僕は一生〈S〉くんを放さないつもりですけど、〈M〉さんはどうかなぁ。
ここまでしつこく追いまわすと、そろそろ見放される可能性はあるね…。

シバタの「万年不機嫌」は、彼が心を許している人にだけ。
他の人には腹が立つくらい感じのいい好青年です。

そしてブログ上の彼はまた第三のキャラですね。
なんというか…お茶目を通り越して猟奇的!?
そして実はこれがシバタの本質なのかもな。
そんな気がしてきました。〈K〉


Beehive 〈K〉
2009/07/15 12:20
こんにちは。
嬉しいコメントをありがとうございます。

(M)さんと元彼は お二人の人生の中で良くも悪くも一番インパクトがあったのでしょうね。
私は元彼の誘いにはのりませんでした。
うちの父は「男にはいつも下心があるから気を付けて当たり前!!」と常日頃云っていたのでそれもあったんだと思います。
それと第六感というよりも 気が向かなかったと云った方が正しいのかもしれませんね。
でも 少し霊感があるのかな?
歳を重ねるごとに随分弱くなってきたように思いますが、酷い頭痛(肩こりと偏頭痛持ちですが、いつもの痛みとは違う)等体調に出る事があります。
過去にそのまま実行して事故に遭いかけたり自分自身が危険な目に遭いそうになったりした事が何度もあったので 今はキャンセルできるものはキャンセルするようにしています。
そして頭痛の原因が自分自信に心当たりの無い場合は 身内や友達に異常が無いかをさりげなく確認して 体調が戻るまで少し引きこもります。
気のせいだと云われるとそうなのかもしれませんが、私はこれを一番頼りにしているような気がします(*^-^)♪
マリー
2009/07/15 13:04
◆komichiさんへ

「大人の対応」。
私が意図したのもそれだったので、下手に「行きません」と突っぱねるのもまだ何かわだかまりを持っているようで、素直に彼を訪ねることにしました。
「仕事を観に来い」という言い方がまた巧妙ですよね。(笑)
でも、メンバーの<S>くんの過剰反応ぶりや、他の方のコメントなどを拝見しているうちに、なんだか私も簡単すぎたかなぁと一抹の反省を抱いたり。
この歳で「揺れる乙女心」を経験するとは思いませんでしたが(笑)、あくまでも「大人の対応」を超えない範囲で対処しようと思っています。
コメントありがとうございました。

Beehive <M>
2009/07/15 21:36
◆あたたかさんへ

久しぶりのブログの更新、うれしく思います。
後ほど訪問させていただきますね。
あたたかさんにもいらっしゃったのですね、そういうちょっとした思い残しのある相手が。
「相手のすぐれたところを、しっかり評価してあげられたら」。
それはきっと、時間的にも空間的にも距離をとった今だからそう思えるのかもしれません。
私も、当時も相手のいいところに目を向けていたつもりでしたし、だからこそ「我慢大会」の部分があっても彼に附き従っていたわけですが、それがうまくいかなくなったのは、こちらのそんな善意を逆手にとられて、都合のいい相手にされているような被害妄想に陥り始めたからです。
(つづく)
Beehive <M>
2009/07/15 21:37
(あたたかさんへ つづき)
「自分を見てほしい」、とりわけ「自分が見てほしい通りに見てほしい」という自己愛の延長で異性とつきあうタイプとは、いくらその人の良い部分を見ようとしても、長い交際に至るには限界があるように思います。
そして、そういうタイプとうまくいかなかった私は、相手に与えた愛情に見合うだけの「見返り」を求めるタイプだったからかもしれません。
今はもう何の見返りも求めずにいられる心境だからこそ、彼の「自分を見てほしい」にいっとき付き合ってあげようという気持ちになれたのだと思います。


Beehive <M>
2009/07/15 21:38
◆れまさんへ

「雄臭さに女としての喜びと反発のはざまで擦り減る精神。」
わかります、れまさんの言わんとしてること。(笑)
「俺に黙ってついてこい!」という野獣タイプの男性に、おとなしくついて行ける性格だったら、私も何の葛藤も持たずに、単純な「女の幸せ」に埋没できたかもしれません。
でもなー、なんでなの、そういうタイプに「反発」を覚える私って。
女としては異端なのかしら。それとも、女ってそんなふうに強引な雄に対する毒を隠し持ちつつ、組み敷かれたハラの中で、その毒で相手にとどめを刺す瞬間を狙っているものなのでしょうか。
とはいえ、いろいろあっても、彼は確かに若い情熱をぶつけあった特別な相手なので、もう一度まったく「毒」を持たない自分で対面してみたい、という気持ちがあります。
ギラギラした愛欲関係には憎しみや駆け引きなどの負の要素がつきものですが、それらを払拭した時に、穏やかで日だまりのような愛情を彼に見出すことができるかもしれない、そんな境地で彼と一度でいいから向き合ってみたい。
これを「何のために?」と突っ込まれると、ちょっと困っちゃうのだけど…。


Beehive <M>
2009/07/15 21:42
◆門前の小僧さんへ

ねえ。ほんとに。(笑)
ここって管理人が複数いるもんですから、身内が乱入&大暴れしたりして、コメント欄がときどき収拾がつかなくなります。
こういう騒がしいのが苦手な人もいるだろうなー。
毎度すみませんです。

<S>くんの携帯早打ちのヒミツは、「ツータッチ方式」にあるようです。
ひとつの文字を「子音ボタン」+「母音ボタン」の二つのボタンの組み合わせで出す方式にすると、ワープロのローマ字入力とキーを打つ回数が同じになり、慣れれば比較的早く打てるようになります。私もその方式に設定しています。
でも、五指を使って打つワープロと違って、利き手の親指だけで打つわけですから、その指の俊敏さがモノを言うわけで。
彼が携帯からメイルを打つのを目撃したことがありますが、「目にも止まらぬ」速さでした!
キツツキの嘴かと思ったもん!

「再会」の件ですが、あんまり気合い入れて会いに行くの、やめることにしました…。
なんか<S>くんにいろいろ言われて気がそがれたわ…。

Beehive <M>
2009/07/15 21:44
◆きらりさんへ

きらりかあさ〜ん。
シバタが壊れ気味〜。ときどきこわいわ〜。
実際に目の前にすると、意外に常識的な青年なんですけどね。
口は悪いけど、歳のわりには落ち着いてるほうだし。
<K>さんが言うように、ブログ上の彼はときどき別人のようになります。
ホントにあのシバタくんなの? みたいな。
彼を見ていると、人間の多面性についていろいろ考えさせられます。
文字のコミュニケーションではじめてわかる、そういう二面性って、きっと誰もがもっているのでしょうね。

きらりさん、ときどき<S>くんが暴れてないか、様子を見にきてくださいね。
お願いします。<(_ _)>

Beehive <M>
2009/07/15 21:45
◆マリーさんへ

霊感、ですか。
そう言えば、私も、彼から連絡が来てから、体調がイマイチすぐれないような…。
やめておこうかしら。(笑)
<S>くんにいろいろ言われたせいではないですが、なんだかだんだん気が重くなってきた自分がいます。
どうしても相性の悪い相手というのがいて、それは、いくらこっちが心を入れ替えて新たな気持ちで向き合っても、結局うまくいかない、ということもありますし。
約束の日までまだ時間がありますので、もう少しのんびり考えてみることにします。

Beehive <M>
2009/07/15 21:46
Mさんへ、

はげさんがブログで言っているように
    ↓
  ブログはあくまで仮想の世界。
  大事なのは現実世界です。
  ブログは、あんまり気にしなくて
  いいんじゃないの!

だと思いますが・・・

だけど、たかが ブログ、
されど ブログ なんですよね。

最低の、節度、はあっていい。

しかし、シバ猫ちゃんの 
携帯から打ったというコメント
そのスゴ技、尊敬しちゃうなぁ。。笑

かあさんと呼ばれると、応えなければと
思ってしまう、
単純な、落第かあさんの、 きらりより。
きらり
2009/07/16 04:21
こんなところに、僕の名前が。

僕は、そのコメントをくれた人に対して、
そう言いました。
その人にとっては、
そうであってほしいと思ったからです。

そうじゃない人もいます。
ブログを命綱にしている人。
ちょっと大袈裟かもしれませんが、
そんなことを感じる人もいます。

だから、ブログにもいろんな面があります。
一概には言えないですよね。

ほんと、ブログでは普段ではない、
いろいろな面が出ると思います。

僕なんか、
普段を見たらみんな驚きます。
「あんな無口で静かな先生が、
 こんなこと言うんですか」
ってなるね。

 これは真実かどうか、の・はげおやじ・より

みなさん仲良くやっていきましょう!
はげおやじ
URL
2009/07/16 07:35
おはようございます。

逢いたいけれど
逢いたくない

深い意味は考えなくて
単純に会いたい
いいえ 会いたくない

と 頭の中ではぐるぐるまわり続ける
ような気がします。

男女の友情は ありえるのでしょうか?
もと恋人でなければ
ただの友情はありえる気がしますが
もと恋人だと 誤解や
理解していることの多さに
単純な 友情に変化する事は
少ないような気がします。

わかっている相手は
やっぱり そうそう変化していくと言うものでは
ない という 気がするからです。

Sさん
早く元気になってもらうには
やっぱり安静にしてくださいね
お大事に
みなさんの愛情が
それが心配にも結びついて
Sさんに降り注がれていますね


金の鈴 銀の鈴
2009/07/16 08:19
退院のめどたたないなんて 大変な思いされていますね
仲間が見舞ってくれたら 元気でると思います 
早く良くなること願ってやみません 頑張ってね
みうさぎとんとん
2009/07/16 08:36
◆きらりさんへ

「きらりかあさん」は荷が重かったですか?
でも一人じゃないですから。(笑)
ブログを始めたら、全国に母さんができて心強いって、<S>くんが何かの折に言ってました。
私もそう思います。
Beehive三きょうだいは、チームワークがありそうで実はないので、お互いがバラバラにぶんぶん飛んでて収拾がつかないことがあります。
となると、お目付け役もたくさんいてくださるほうが心強い。
みんながみんな「いうこと聞きゃしない」三人ですが、どうぞそんな私達のお目付け役・保護者会の一人として(爆)、今後ともこの巣穴に足をお運びください。

「ブログはあくまでも仮想世界。大事なのは現実世界」
だとするなら、<S>くんは大丈夫ですよ。
彼ほど良識のある、勤労・誠実・正義漢の頼もしい弟分はいませんから。(^u^)


Beehive <M>
2009/07/16 13:37
◆はげおやじさんへ

「無視されるとかえって燃えてくる」「それが快感!」
とご自分のブログのコメント欄でおっしゃっていたので、じゃあ無視しようと思いましたが、それだと私の人格が疑われて自分の評価が下がるので、自分かわいさにレスしまーす。
私もブログと現実世界はきちんと線を引きたいタイプ。
たぶんBeeのメンバーのあとの二人もそういうタイプじゃないかと思います。
元からの知り合いをのぞいて訪問者とはオフでは会わない、特定の人とメッセージ機能やメールを使って密室の関係にならない、現実のスケジュールに合わせてブログの更新や決まりごとは柔軟に変化させる。
そんなBeehive会則が暗黙のうちにあります。
一週ごとに一人ずつ順番に更新しているので、3週間サイクルのうち2週間は自分のブログと少し距離をとって、それぞれ実生活に全力投球しています。倉さんなんか連絡すらとれなくなる。(笑)
面白いのは、長い付き合いのようでも、このブログ上でしか見られない顔がそれぞれにあること。
(つづく)
Beehive <M>
2009/07/16 14:36
(はげさんへ つづき)
特に<S>くんの「Mさん追っかけモード」は、<S>くんと<K>さんの「ゲイ・モード」と同じくこのブログ上だけの彼のキャラで、現実世界では「そんなこともありましたね」と落ち着いたものです。
現実の世界の関係をちょっと誇張してみせることで、ブログ世界が立体的に盛り上がってくるので、多少大げさに演じてるうちに、入魂しすぎて歯止めがきかなくなってる様子。(笑)
彼自身ももう、なんだか、どこまでが自分でどこまでがブログキャラなのか、わからなくなってると思うわ、最近。
だからみんな、まあ適当につきあってくださいね。


Beehive <M>
2009/07/16 14:37
◆金の鈴 銀の鈴さんへ

「もと恋人だと 単純な友情に変化する事は少ない」。
私もそう思います。
そういう人たちもいるかもしれませんが、少なくとも私と彼は、そんな薄っぺらい関係になれるような仲ではないと思っています。
だから、今度の再会は、そういった友情という名の「継続した関係」をスタートさせる機会ではないと思います。
いくら本人同士が「これは友情よ」と言い張っても、かつて深い関係だった男女が、お互いのパートナーをさしおいてずるずる会い続けるのは、あまり綺麗なものではありませんからね。
今度の再会の目的は、私と彼のページの「最終更新画面」を、なるべく気持ちのいい爽やかなものにして終わりたい。
そんな感じです。
これまでは更新しても更新しても、気まずくわだかまったそれまでのページの延長を上塗りするだけでした。
それに倦んで、中途で放り出していたストーリーに、納得のいく綺麗なエンディングを付け足したい。
そんなところでしょうか。
(つづく)
Beehive <M>
2009/07/16 14:39
(金の鈴 銀の鈴さんへ つづき)
思えば、出会ってから今日までの月日は、お互いの人生の半分の月日。
「人はそうそう変わるものではない」けれど、心境や物の見方は成長していけるものと信じたいです。
「もう気持ちよく会えそうだ」。
そう思えたこと自体が、私にとっては大きな変化でした。
彼がたとえ思っていたほど変わっていなかったとしても、その調子に巻き込まれず、どれだけ恨みつらみも、毒も、駆け引きもない気持ちで彼と向き合ってこられるか。
そんな自分を試したくて彼の誘いを受けてみることにしました。
どうか応援してくださいね。

<S>くんへの励まし、ありがとうございます。
一昨日までのコメント欄への乱入が昨日はぱたっとやんだので、「大丈夫?」とメールしたところ、みんなに怒られたから自重してるだけで元気だよ、と明るい返事が返ってきてホッとしました。


Beehive <M>
2009/07/16 14:39
◆みうさぎとんとんさんへ

<S>くんへのお見舞いのコメント、ありがとうございます。
「<S>くんお見舞い隊」は隊長の<K>さん以下、私以外にも共通の友人知人が総勢4〜5人いまして、皆でかわるがわる波状攻撃で様子を見に行ってますのでご安心ください。
<K>さんいわく、仕事関係やその他の友人の見舞い客も連日ひきもきらず、病室はさながら「シバタくんと仲間たちのサロン」状態と化することも多く、そのたび他の患者さんに迷惑をかけないよう、点滴もって談話室へ移動、だそうです。
難病でも大病でもないのに、シバタのベッドまわりは千羽鶴だのお花だのエロ雑誌の切り抜きで作った巨大色紙だのがうず高く積み上げられ、「見舞いの品が多すぎるから」と、先日広い部屋に移されていました。芸能人かっての。
どうでしょう、それなりに楽しそうな入院生活という気がしてきませんか?


Beehive <M>
2009/07/16 14:41
昔の彼氏?は会う位
いいのでは??
あちらの奥様のくたびれ具合にもよりますが
下心が
あるかもって思う位の
男性には会うだけでも
女度上がりますから、、。
やっぱり異性と会うと
アドレナリンが出ます。
話すだけでも、ね。
Sさん
お大事に、、。
盲腸だってほっとけば
死ぬ病気ですから、、。
確か昔
力道山ていう
プロレスラーが
術後にステーキ食べて
死にましたから、、。
(古い、、。)
マジで
お大事に、、。
病人に死ぬ死ぬ言って
ごめんなさい。



ゆゆ
2009/07/16 15:11
◆ゆゆさんへ

力道山の話、病室で看護士さんが言ってた、言ってた。(笑)
それで<S>くんが「あー、それ耳タコ」って言ってました。(爆)

やっぱりアドレナリン、大事っすか。
女度上がりますか。
じゃあ、やっぱり会いにいかないとね。
昔の男を美容液がわりに肌潤う。
魔女みたいでいいですよね。
へっへっへ。

Beehive <M>
2009/07/16 16:14
 言葉には言葉以上の意味は無く、ただ、そのままでしかないのかと。
 しかし、人は、言葉の意味の外にある意味を感じ見つけ出すものなのでしょうね。
 それは、言葉を発した本人の想いや意図とズレてることもあるでしょう。
 一度出た言葉は受け手によって千差万別、変化して行くのでしょう。
 一筋縄ではいかないことばかりだと思うことが多いのですが、思いやりの心で受け止めたいと思うのです。
 難しいですけどね。何気ない一言なんだとわかってても、心が苦しいと、厭味に受け取ってしまう自分がいますから。

2009/07/16 19:28
◆仍さんへ

いつもいつも相手の言葉や行動の「意味」ばかり追いかけて、ひがんでみたり癪に感じてみたりと、私はこざかしく包容力のない女だったのだな、と今なら彼に同情もできてしまいます。
そしてそんな私を上手にいなすには彼もまだ若く、「意味」というものをことごとく破壊して混乱させることで反発していたのだろうと、今ならわかります。
こんな堂々めぐりを手放して、ただ単純に再会を喜びエールを送りあう。
そんな境地で会えたらいいなと思いますが、当日の都合で、実際に会えるかどうかはわからなくなってきました。


Beehive 〈M〉
2009/07/16 22:06
こんばんは〜
昔の彼への、いろいろな思いが有ると思います。
お会いになるもならないも、ご自分の心残りのないようにされたら言いと思いますね。
それで、すっばり断てるでしょうから。
ずるずる引きずる方がよくないですね。
勝負下着をつけて、なんてほんの冗談でしょうから。

S様へ
お忙しくて淋しくはなかったのですね。
うるさくコメントして悪かったですね。
賑やかそうで安心しました。
後は時間の問題ですね。
元気もみなぎって職場復帰が待ち遠しいですね。
織り姫
2009/07/16 22:08
◆織り姫さんへ

そうですね。「心残り」という痣を心に残すことが、いちばん精神衛生上よくないですね。
落胆であれ何であれ、「自分はきちんとけじめをつけたのだ」と胸をはれるような再会になるといいなと思います。
勝負下着は半分冗談、半分本気。(笑)
「下着」に象徴させたかったのは、「女としての自信」「プライド」「矜恃」のつもりでした。
下着というのは決して誰かに見せるために身につけるのではなく、一部の隙もなく女としての自分を鎧うための決意のようなもの。
私にとってはお化粧やアクセサリーと同じでありながら、もっと潜在的な自信に働きかける小道具でもあります。
(実は収集家なのです。お恥ずかしいですが…)
〈S〉くんにはそのあたり、もう少し冗談が通じるかと思ってましたが、意外に純な反応にびっくりしてしまいました。
私がスレてるだけでしたのね…。
ごめんなさい。

〈S〉くんの病室での不聊を思ってのお気遣い、嬉しく拝見していました。
私も知らない彼の仕事の話や最近の心境なども知ることができ、興味深かったです。
いつもありがとうございます。

Beehive 〈M〉
2009/07/16 22:44
Beehive<M>さんへ
こんばんは。長い長いおつきあいだったのね。ピリオドが打てなかったということは...やはりなにか光るものが相手にもあなたにもあったのでしょうね。それを会って確認し合われるのですね。言葉の意味ね...わたしも若い日には(つい先日のように思っていますが)あの言葉の意味は...っていつまでも考えあぐねていました。でも会えばもうそんなことどうでもよくて、それで...で、どうだったのかしら。Mさんがうらやましいです。いいお時間を!
ののはな
2009/07/16 23:36
こんばんは〜♪
凄いメンバーがコメントしてますね・・
私には、適切なコメント出来ません。。
また来ます・・
門前の小僧
2009/07/17 00:02
すいません。
2009/07/17 00:02は私のコメでは有りません。
別の方のコメです。
一応念のため、記入します。
私は、会員用のコメしかしないので、
一応リンクを張っていただければわかります。

よろしくお願いします。


門前の小僧
2009/07/17 00:49
おはよう御座います〜♪
済みません・・・m(_ _)m
知りませんでした。。
ルールに違反しました。。
御免なさい・・m(_ _)m
偽物の門前の小僧
2009/07/17 07:42
Mさん、
ここに事後報告(?)してくださいね。
ワクワクしながら、待ってます。 笑

シバ猫くん、
どの面下げて、次回の記事に
登場するか 母さんは、
期待を込めて、待ってます。ドキドキ。。笑

Kさん、いい弟分を持って
シアワセね。
きらり
2009/07/17 09:06
再会は媚薬です。
何とも啓上しがたい響きがあります。
そこに流れた時の重さは、色んな物
を変える力と、同化する力があるん
ですよネ(*^_^*)
人は失敗を重ねながら、そこから学
習する生き物だから、再会は成長し
た答えなのかもしれません☆
れのん
2009/07/17 09:07
暑い時期にホットな話題で盛り上がっていますね。(笑)

今回の話題は、今も尚<M>さんを慕っている<シバタ>さんには、あまりにも刺激的衝撃的な話だったかも知れませんね。
<シバタ>さんが何度も<M>さんが会いに行かれるのを必死で阻止しようとコメントを入れられる気持ちが涙ぐましいです。(涙)
私のように、家族が女性ばかりで男性は私ひとりといった家庭で暮していますと女性のミステリアスな部分をつくづく感じます。
非常識にも人妻に対し深夜の二時に突然十数年前に別れた恋人から会いたいとのメールが届いて、理由はともあれそれに応えて会いに行くなんて女性独特のミステリアスな行動だと思います。
私の妻は私とは19歳も年下の妻です。 
そのような若い妻ですから、外で何をしているかは全くわかりません。
非常にミステリアスな妻です。(笑)
私も妻公認で若い頃の恋人だった女性と今でも親交があるのです。
今はブリスベンで暮らしていますが帰国すると偶に食事を共にして、若い頃の思い出話に盛り上がっています。
ところで、今回のこと<M>さん、ご主人には話されたのでしょうか?
酒天
2009/07/17 17:26
「お前は意味だけで生きてんのか。」
階段に貼ってあったポスターに
書いてありました・・・。
やっぱ人って意味をもとめる
動物ですよね。考えることを
身に着けてからそれがどんなに
無意味で傷つくことだとしても
人は意味を求めたくなって
探し続けるんですよね・・・。
なか人って損してますね。

〈S〉さんおだぃじにです。
はやくよくなってください。
まってます!!
黒猫
2009/07/17 17:42
◆ののはなさんへ

「でも会えばもうそんなことどうでもよくて、それで・・・」。
何やら色っぽい展開を想像してしまった私は、深読みしすぎでしょうか。(笑)

長いつきあいというと、関係がずるずる続いていたようですが、表面的にはピリオドは打たれていました。しかも何度も何度も。(笑)
それでもお互いがこうしてメールアドレスを残しているような、ふっきれない思いがあったということが、問題だったのかもしれませんね。
長時間顔を合わせているとよくない雰囲気(色っぽい展開という意味ではなく、私達の場合、イヤミの応酬・笑)になってしまいそうなので、お互いがフレンドリーな理性を保てる範囲内で、ウソでもいいから少しは大人になったお互いを見せ合って、エールを送り合って、さよならして来られるといいなと思っています。

Beehive <M>
2009/07/17 19:20
◆偽・門前の小僧(よしくん〜)さんへ

「凄いメンバーがコメントしてますね」とのこと。
誰だろう、凄いメンバーって。
それで動揺してHNをまちがえてしまいましたか。(笑)
無理にコメントなどのお気遣いはけっこうですから、どうぞ気楽におつきあいお願いしますね。

Beehive <M>
2009/07/17 19:21
◆本物の(笑) 門前の小僧さんへ

ご指摘ありがとうございました。
ドッペルゲンガーかと思いました? (笑)
偽物さんには、先方のコメント欄でご指摘しておきました。
小僧さんは、ここのブログにお見えになる度になんかいろいろなことに見舞われて…。
私がお詫びを申し上げるのも変ですが、なんだか申し訳ないです。
どうぞこれに懲りずまたお寄りくださいね。(*^_^*)


Beehive <M>
2009/07/17 19:22
◆きらりさんへ

事後報告? この「再会」のですか?
さあね、それはどうしよっかなあ…。
ここの管理人には1名「ツッコミ屋」がいるから、どんな展開でも報告するのが、なんか癪だわ。(笑)
ご想像におまかせってことで、ナイショにするかも。


シバ猫くんですが、連休明けの火曜には退院できるかもしれないそうです。
本人からの報告なので、<K>さんいわく「退院の可能性」と言われたくらいでも「退院決定!」と報告しちゃう性格だから、きちんと病院で話をきいてくるって言ってましたけど。
なるほどね、こういうふうに「アイツの言うことだから、話半分にきいておいて、まず状況把握」。
こういう態度でつきあえば、私も<S>くんと売り言葉に買い言葉のケンカをせずに済むのか…。


Beehive <M>
2009/07/17 19:23
◆れのんさんへ

「再会は成長した答え」。
ぜひともそうなるように、精神的にいいコンディションで会いに行きたい。
それができないなら、まだ時期尚早ということで、今回はやめにしてもいいと思っています。
向こうにしても、家族をかまえ子どもに恵まれ、仕事は今いちばんアブラがのった、いい時期。
こんな自分を見せたかったという男性らしい顕示欲なのかもしれませんが、それを微笑ましく思えてしまう自分のことも「成長したなあ」と感じ入っています。
ちょっと前のコメントでは、ふざけて「勝負下着で云々」とぬかしてしまい、多少の物議をかもしてしまいましたが(笑)、そういうお誘いでないことはきちんとわかっている私です。
いろいろあったけれど、最後のところでいつも私という人間を尊重してくれた。
そんな彼のいいところだけを思い出して、彼と私の交友史上最高の「感じのいい私達」で会えたらいいなと思っています。

Beehive <M>
2009/07/17 19:25
◆酒天さんへ

シバタくんの追っかけキャラは、このブログの中だけのキャラです。(笑)
実際の彼は飄々としたもんですよ。「何あのコメント(怒)」とかメイルすると、「すみませんねー、でも盛り上がって面白いでしょ?」とヌかしてます。
シバタと倉さんのゲイ関係と同じように、「ネタ」になってるだけですから、話半分につきあってやってくださいね。

酒天さんは「妻公認」で昔の彼女さんとお食事されるのだとか。そういう関係も素敵ですね。
そういう方はきちんと普段から結婚指輪をしているタイプと見た。(笑)
私は、そういったことをダーリンには逐一報告しません。結婚指輪もしてないタイプ。
不実だと思われますか?
でも私は主人のほうにもそうしてもらいたい。
主人の昔のカノジョは私の大学の友人ですが、今でもときどき彼女のプロデュースする仕事に招待されて出かけていってるようです。
いつもよりちょっとお洒落をしてね。(笑)
いくら私に言ってでかけても、なる時にはどうにでもなるのが男女ですから、むしろ自己責任で私や家庭を巻き込まずにね、というのが私の考えです。
(つづく)
Beehive <M>
2009/07/17 19:28
(酒天さんへ つづき)
だから私も彼には、そういうことは逐一報告しないのが礼儀だと思ってます。
単に男友達と飲んで騒いて帰ってきただけでも。
主人も一切詮索しません。
信頼されているというより、単に「家族」として性の側面を失った関係なのかもしれません。
そういえば、夫婦仲はいいけど、色っぽいことが殆どない関係だったな、昔から…。
茶飲み友達のようなダンナなので、居心地のよさは他のどの男性にもかないませんが、男女としては枯れた夫婦なのかもしれません。(笑)

Beehive <M>
2009/07/17 19:28
◆黒猫さんへ

「お前は意味だけで生きてんのか」
なんか、別れたその彼が言いそうな台詞だなー。(笑)
そうしたらたぶん私は言い返すでしょうね。
「おう、そうだよ、まったく意味を求めず生きてけるなら、やってみろ!」

私がその彼の「意味なんていいだろ」という言葉にたいして言ってやりたくなるのは、
「意味を避けるにも、何か理由や意味があるはず」ということ。
人間は考える葦です。動物のように無為に生きていくという芸当を持ちませんから、どんな行動や心理にもきちんと向き合って探っていけば、そこには自分でも気づかなかった意味や理由が必ずあると思っています。それを正視したいか、したくないか。
したくなけれはしないでいい事もあります。だから人それぞれなんですが、私は比較的、理屈くさいほうだったので、それが私のいけないところだったと反省しています。
でもね、「意味を求める」ことが損な性質だとは思いませんよ。同じ経験や事象から、いろんな事を学んだり酌みあげたりできるのも、思索する過程があるからではないでしょうか。
Beehive <M>
2009/07/17 19:29
Sさん退院間近なんですね。
よかった、よかった!  
それにしてもMさんとその彼との素敵な関係、いいなぁ・・・と思いながら読ませていただきました。
これからもMさんの素敵な生き方見せてください!
魔女
2009/07/17 19:55
Sくんより、
きらりブログに、以下のコメント入りました。

  こんちは。
  このまま安定していたら、連休明けの
火曜に退院していいって!
  まだメンバーの二人にも言ってないから、
きらりかあさんに速報ね。
  「どの面下げて」って、普通に
このカワイイ面で復帰する予定だニャン。
  とり急ぎ、Beehive保護者会会長殿にご報告〜。   〈S〉
  シバ猫   2009/07/17 10:20

 ・・・・人のブログ、勝手に掲示板に使うなよ・・
    まぁね。カワイイからいいか・・・
    カワイイと云われると 
    ムカつくらしいSくん、
    退院みんなが待ってるよ。

女王蜂→きらりかあさん→Beehive保護者会会長
にされてしまった、   きらり より

きらり
2009/07/17 20:10
◆魔女さんへ

「Mさんとその彼の素敵な関係」
…になるかどうかは、その再会にかかっているのですが。(笑)
関係が破綻して別れた相手ですから、ろくな相性じゃないことだけは確かですが、年を経た短い時間の再会くらいは、そつなく感じよくこなしたいところです。
彼にも私にも「オトナな態度」が求められるところですね。

<S>くんへの激励、ありがとうございます!

Beehive <M>
2009/07/17 21:07
◆きらりさんへ

シバタの「火曜退院」説。
私も先ほどききましたが、やっぱり倉さんからの報告を待つまで信じないことに。(笑)
「このまま安定していたら」だからなー。
ちょっと良くなるとろくに安静にしていられないシバタが、火曜まで安定した体調を保てるかどうか。
フン、見ものだわね…。
きらりさんも、彼の言うことは「話半分」に聞いたほうがいいですよー。(-。-)y-゜゜゜

肩書きが次々かわるきらりさん、次はここのメンバーの一人になって<Ki>のサインで記事をアップしてる可能性もありますね。
人生、何が起こるかわからないから。(笑)

Beehive <M>
2009/07/17 21:15
<M>様
なんのこれしきです。
私の生業は、「クレーム・わがまま・恫喝」の嵐のよな部署ですから。(^-^)

またおいでなすった・・・
位の気持ちです。

むしろ、
そのような事を言ってくるという裏には何があるのかな?と考えてしまいます。

過激な言い方かも知れませんが、
まあ、人命に関わるような軽挙をされない限り、
私は冷静に対処いたします。

袖擦りあうも他生の縁(^-^)
厳しいご教示を頂いた方も、
これからは楽しくコメし合いませんか?
私は何とも思ってませんから。
是非私の庵にもまたお運び下さい。大歓迎です。
お茶でも飲みながら楽しくかきこしましょうよ。
Beehiveの皆様や私を支えてくれる皆様に改めて心より感謝致します。コメ欄をジャックしたようで申し訳ありません。  

門前の小僧
門前の小僧
2009/07/18 00:17
◆門前の小僧さんへ

……だそうです、皆さま。(笑)
いつもご贔屓にご訪問いただき、ありがとうございます。m(__)m

Beehive <M>
2009/07/18 00:48
 いや〜、実に楽しい。ここはサイコ〜ですよ。
最初読ませて頂いて居た時は、とてもいい感じで・・・。
 「霧雨の夜の街灯が、二人の影を別けて、やがて足音も遠ざかり・・・。
突然立ち止り、振り返った男の後ろには
 眠り逝く街の灯も、ひとつまた一つと消え・・・。」
な〜んて、懐かしく酔いしれて居たら、
シバタ君、貴方はサイコ〜!!
 ここん処、笑顔を忘れていたのに、久しぶりに笑わせて頂きました。ありがとう!!
昔飼っていたハムスターが、餌の時間になると、
籠の中でキーキー言って、籠から手と鼻を出してもがいていたのを思い出し、腹を抱えて笑ってしまいました。
有難う!と、ゴメンナサイ。
風の谷のカラス
2009/07/18 14:20
風の谷のカラスさんへ

カラスさん。お久しぶり。
ブログ復活したんだ?

どうでもいいけどハムスターかよっ。
まあでも、そんなとこだ。(泣)
いろいろ言いたいことはあるけど、すでにここに乱入しすぎてるので、今は自重中。
来週更新したら、またここに戻ってきて、最後にまたガツンと〈M〉さんに言ってやるつもり。
オヒサの訪問、ありがとうございました〜。

Beehive 〈S〉
2009/07/18 14:31
こんにちは。^ ^
コメントしようと思いつつ、話題が微妙なのと、変に<M>さんの肩を持って<S>くんの機嫌を損ねても、と思うと滅多なことを言えず。(笑)
<M>さんにはお仕事でお世話になっていますが、意外に秘密主義の彼女からは、昔の彼氏のことを聞いたことがありません。あまり恋バナをしない人なので。
なんでだろう。私はよく聞いてもらうんだけど。やっぱり人妻だから心に秘めてるのかしら。
あの、彼女は大丈夫だと思います。
ふざけて色っぽいことを言ったりしてますが、あの美貌であんなにモテるのに、この業界で誰とも浮き名を流さずにやってきたというのは、彼女自身がよほどしっかりしているから。
あの人がフられたとか、この人を歯牙にもかけないとか、そういう噂はよく聞きますが、<M>さんはいつも淡々として誰にも平等に業務用スマイルの人です。彼女にそういう宿命の男性がいるのが意外でしたが、ただ「雰囲気に流されて」という人ではないから、<S>くん、大丈夫だよ。^ ^
えー、でも相手誰だろう。(笑) <M>さんは仕事柄、著名人の知り合いが多いからなー。なんかいろいろ詮索してしまう私。(笑)

マグロ
2009/07/18 18:54
◆風の谷のカラスさんへ

何やらシリアスなメロドラマ調の描写のあとに、「懐かしく酔いしれて」の言葉を発見。
ふうん、カラスさんも隅におけませんね。なんかトレンチの襟を立てたハンフリー・ボガードになりきってません?
それでまたそういう別れのシーンがあったということでしょうか。やるぅ〜。♪〜(口笛)
そう、そして私もそういう方向のオトナなドラマを目指したのですが、メンバーの誰かさんの乱入によって、私とその誰かさんとのかけあいがここの目玉になってしまいました。とほほ。
まあ、私も軽率なところがありますので、いい勉強にはなりましたが。
いい歳して男性に貞操を心配されるとは、うら若きムスメッ子になった気分で悪くありませんでしたわ。


◆<S>くんへ

「最後にまたガツンと言ってやる」
えー、もういい。(>_<)
あなたの言いたいことはもうだいたいわかったから〜。
人の心配より、火曜の退院の実現をめざして、死に物狂いで安静にするように。
お願いしますよ。

Beehive <M>
2009/07/18 20:25
◆マグロさんへ

素晴らしいフォローをありがとうございます。
グロちゃんは仕事関係者だからなー、いろいろ気をつかわせてる?
だいじょうぶよ、ここで多少耳に痛い暴露をされても、仕事で仕返ししたりしないから。(笑)
私はね、自分の恋路については口が堅いの。他のことはペラ子さんだけど。
だから余計に自分の中に沈殿して、屈折して風化した思いになってしまいやすいのかもしれません。
なんかそういうものを沈潜させつつ、業務用スマイルで八方美人な私って、こわい女かも…。親友になりたくないタイプ。
こんな私とつきあってくれて、ありがとう、マグロさま。(*^_^*)

Beehive <M>
2009/07/18 20:27
何度もすいません。

でもさあ、
この話ほんとの話なんでしょ?

その相手の人、
Mさんのブログで自分のことがこんなことになってるって知ったら、どう思うだろう?
そんなことないと思うけど。

僕だったら、
「おい、M、おまえってやつは!
 人をコケにしやがって!」
って、なるなあ、って若干思い。

  まあ他人事ですけど、そう思う・はげおやじ・より
はげおやじ
URL
2009/07/18 21:27
◆はげおやじさんへ

「Mさんのブログで自分のことがこんなことになってるって知ったら」
どうでしょうか。
でもまず私が匿名の個人であって実在人物として特定されない身であること、このブログをやってるのが私だということを知ってるのがメンバーの2名と訪問者1名の3名だけで、その人たちと彼を結ぶものがまったくないこと、彼が誰なのか特定できる情報をふせていることから、これはとある匿名者の私的な男女の話であると認識してます。
そういう意味では、よくブログで見かけるコイバナの延長と同じつもりでいました。
私も彼がいっときほうぼうの媒体誌で「昔つきあった女性のこと」でいろいろしゃべってるのを目にしてきましたが、私が匿名であって公人でないことから許容してきました。でも、学生時代の友人なんかが見たら私だってわかっちゃうわけで。
それに比べたら、実在の私とこのブログをつなげる人がほとんどいない中での彼の話題は、罪がないと思ってしまうんだけどなー。
ちなみに私のニックネームのMICHIOから、私の本名を類推できる人はいないと思います。
Beehive <M>
2009/07/18 21:46
僕が言ってるのは、
特定できるかどうかじゃなくて、
気持ちの問題なんだけど。

でも、彼もそうしてきたんだったら、いいのか。

ごめんなさい、混ぜちゃって。
気にしないで下さい。

  なんとなくそう思っただけですから、の・はげおやじ・より
はげおやじ
URL
2009/07/18 22:01
◆はげさんへ

気持ちの問題で言えばね、もっといろいろ言いたいことはある…。(笑)
ここは「過去を水に流して」という趣旨の記事だったからこれでも抑え気味にしましたが、「あれはなかったんじゃないの」「よくも今頃」と思うようなことはいっぱいあります。
でも、別れた男の悪口三昧のコメント欄ってどうなの、と思いますし、もうそういうのを終わらせたいという気持ちなので、このくらいにしときました。

でもこれ以降、このブログにこの彼やこの話の後日談が登場することはないと思います。
はげさんが、別れた奥さんのことを、その方もはげさんも公人ではなくそれぞれ匿名の立場を守りながらも、一切そのエピソードを明かしてないように、私も実在の人物の無許可の露出に対して、もう少し慎重になるべきかもしれませんね。
ただ、やはりいろいろな人間関係の中で、こんなふうにわだかまりも多くひとくちには語れない関係もあるわけで、それを私は匿名のこの場くらいは、きれいな言葉だけではなく、本音の気持ちも混ぜながら吐露してみたかっただけです。
親友にも家族にも話していない、長い間の心の沈殿物だったからです。

Beehive <M>
2009/07/18 22:09
そうですね。
この程度は、ブログでの許容範囲ということなのでしょう。
余計ことをコメントさせたかもしれません。

  ほんと、すんましぇーーん、の・はげおやじ・より
はげおやじ
URL
2009/07/18 22:26
◆はげさんへ

いえいえ、とんでもない。
はげさんのご指摘で、いろいろ反省すべきこともあると思い直しました。
ありがとうございます。
はげさんのブログは誰のことも傷つけないし、誰の存在も非難しない。
わだかまりや鬱憤を晴らす場ではなく、何かもっと深くで大事なものを考えさせてくれる場所ですね。
いくら一般人の個人のブログといえども「公」に対して開かれている以上、誰が読んでも気持ち良く受け取れる内容を目指すべきかもしれません。
やっぱり私はまだ「恨みつらみ」から自由になれていない、狭量な女なのかも。
こんなことじゃ、再会はまだ早かったかも…。
くよくよ。

<S>くん、火曜に退院できるかもしれません。
あとの二日間、どれだけおとなしくしていられるかにかかっていますが…。
早く元気な姿を見せてほしいものですね。(*^_^*)

Beehive <M>
2009/07/18 22:33
なんか、お二人で、
盛り上がっているところを
横入りして申し訳ありませんが、
ワタシは、Sくんの母親くらいの年齢で、
Mさんや、はげさんの母親くらいの年齢では
ありませんので。
念のため、この場を
お借りして、言わせて戴きました。(^_-)-☆
きらり
2009/07/18 23:07
◆きらりさんへ

ああ、はげさんのところで、はげさんのレスの「ひとりごと」に反応したんですね。
私も「これ、ひどいじゃん!」と笑って、いや、怒っていましたよ。
はげさんこそ、きらりさんをコケにして!
ねえ! (笑)

Beehive <M>
2009/07/18 23:10
これで最後にしますから、
勘弁してください。

 きらりさんへ

分かっていますって。
きらりさんが相当若いってこと。
言ってみただけですから。
頼りにしてますよ、お母さん。


 Mさんへ

僕は記事にもコメントにも気をつけているつもりですが、
いろんな人が見る可能性がある、ということでは、
反省している部分があります。
僕は誰かは分からなくても施設の職員とということは公言しているわけですから、
その責任は負わないといけない。
だから、例えば、施設に子どもを預けている親御さんが読んでも気分を害さない内容にしないといけないと思っています。
ちょっと、今までの記事の中で非難するような内容のものもあります。
それは、僕の反省と今後の課題です。

たかがブログですが、
面白く!と同時に何か得るものもあれば良いと思っています。

このブログに偶然ですが出会えて良かったです。
あ、きらりさんのブログも。
(ついで、じゃないですよ)

  感謝、感謝の・はげおやじ・より
はげおやじ
URL
2009/07/18 23:34
はげさん、ステキよ! 
Beehive <M>
2009/07/18 23:41
ブログの更新もせず日が経つばかりの今夜、急病を知り驚きました。そして、無事落ち着かれたご様子、ほっといたしました。いつも驚きで一杯の作品を書かれていましたね。でも現実なのですね。お大事になさって下さい。決して、若さゆえの無理はなさらないでね。
 まだまだかっての事、気になるお年頃ですね。忘却の彼方に行ってしまった私ですが。
クロゼット☆ライター
2009/07/19 21:17
◆クロゼット☆ライターさんへ

<S>くんの件では驚かせてすみません。
でももうすぐ退院予定です。
入院中も携帯電話からこのブログにアクセスして、コメント欄に乱入しては退屈を紛らわしていたくらいですから、順調な回復を見せているようです。

「忘却の彼方」ですか。
私も早くその境地に行きたい…。
けっこう根にもつタイプなのか、切り替えが下手なのか、過去がなかなか過去にならない自分の性格がときどきイヤになってしまいます。

Beehive <M>
2009/07/20 00:49
Beehive・Mさん こんにちは。
賛否両論 色々貴重な意見や体験談の記事を見させて戴きました。読ませて戴いているうちに 私なんかの入る余地の無いことに気付きました。が 少しだけいいでしょうか。と言いながら書いています。
人として人間として 大きな器の度量を持つMさん。元彼の気持ちが少し分かるような気がします。お付き合いしていたその頃 元彼さんは Mさんが大きすぎ光り輝いて見えてたんではないのでしょうか。そして貴重な時間の流れを経て 今彼は成功し何かを見せたい何かを見て欲しい あの時 輝き眩しかったMさんに。! 私の好きな小説家 東野圭吾さんの著書の中に「他人のことを 思いやって 生きていれば 自ずと色々なことがわかってくる。人間と言うのは その人にしか 果たせない使命というものを持っている。誰もがそういうものを持って生まれてきている」。と言っています。人にはその人の運命があります。
遠く離れた私がMさんとお知り合いになり 私の拙いコメント記事を書かせて頂くのも運命だと思います。
人の運命は 生まれながらにして決められたもの・・・
  
ma-ru.papa
2009/07/20 17:46
先のにつづきます。
大きく 優しい心で包みこむ Mさん
会うも・・・運命
会わぬも・・・運命
悔いの無い選択をして下さい。
そしてMさんらしく 堂々と。。。
ma-ru.papa
2009/07/20 17:52
◆ma-ru.papaさんへ

とってもていねいなコメントをありがとうございます。
二度読み返しました。
人には人の運命があるように、人との関係にも、単純な相克では説明できない宿命のようなものがあるのかもしれませんね。
ただ人との関係には相乗相互効果がつきものなので、どちらかの思いがどちらかの思いを煽ったり減じたりしながら形作られるもの。
そうであるならば、関係性の責任の50%を占める自分が、誠実で穏やかな肯定的な気持ちで向き合えたとき、相手の思いはもちろん関係性自体が変化してくる可能性があると信じたいです。
当日、実は他の予定が入るか入らないか微妙な雲行きがありますが、その成り行きにも逆らわず、運命が後押ししてくれれば会えるでしょうし、流れが邪魔すれば潔く諦めることにします。
すれ違いというドラマすら人生の味わいですから、「流れに逆らわない」という自分の気持ちに逆らわず、自然にのほほんとその日を待つことにいたします。
ma-ru.papaさん、ありがとうございました。

Beehive <M>
2009/07/20 19:03
Mさん、こんばんは。
あ、とうとう会うことになったのですね?
もう再会を果たしたのでしょうか?
ふふふ、勝負下着云々はやはり言っちゃいますよね(笑

再会することに後悔はないんですか。
私はきっと「来てくれ」なんて言われたら、
今更何故?と思ってしまいます、やっぱり。
Mさんの件の彼とはもちろん違って
きっと会ってくれなんて言われないだろうけれど…。
そうそう、彼と同期の方が私が結婚していたことをしらなかったっていうんです(苦笑)意外と知らなかったりするんでしょうか。
>今度こそ、トゲも毒もない、母親のようなあたたかい気持ちで、これまで必死に頑張ってきた彼の成功とその仕事ぶりを賞賛したい。

これは同志愛なのかしら、それとも母性愛?


それからSさん、入院していることもまったく知らずにいましたが、Mさんの記事に茶々入れたりして結構お元気そうで安心しました^^
退院も決まったそうで、あ、今日ですね、おめでとうございます。Beehiveの皆様の結束を改めて見たような気がします。退院後もお大事に!
朝美
2009/07/21 00:53
MICHIOさん。こんにちは。
下手にコメントすると墓穴掘りそうな怖さも秘めつつ^^; 内容的に病室からコメント…って言うのもはばかれまして、静観していたものの、帰宅後ようやく落ち着き再度拝読した次第です。
コメントが遅くて、もう意味も無いかもしれませんが…

結婚もして、お子さんもいて、その彼と付き合っていたときのMICHIOさんとは、確実に変わられた部分があると思うのです。 根本的に変わらない部分はお互いにあるかもしれませんが、自分の中で何も揺るがないのであれば(と思い込んでいるだけという事もありますが)問題ないと私は思っていました。ましてや二人っきりの密室で会うわけじゃなし。。。

そりゃ人生色々あって、全ての事が自分の納得行くようには行かないけれど、修正できる時ができた、苦い思い出を変えられるチャンスと思えば、私は羨ましいけどなぁ。

自然な流れ…
で、その後の事は語られるも、胸に秘められるも、またそれもご自身の心のままに…と感じました(*^^*)
胡桃
2009/07/21 11:47
◆朝美さんへ

この話はここで記事にするよりも前に、朝美さんのところできいてもらってましたよね。
そういう因縁の相手が私にもいるってコメントしてまもなく、上のメイルが入って。
すごいシンクロニシティだと思ったわ。
最後にやりとりしたのは4年前。その時はメイルのみ事務的な用件に近況を添えて。
そうしたら「このツッコミようのないそつないメイルに対して、よくもまあ」と感心するようなトゲを返されて、「あー、この人とはたぶん一生感じよくやれないわ…」と諦めたのが最後だったの。
だから今回の呼び出しメイルには、正直、警戒しました。
なんかまた意地悪されるのかしらーって。(笑)
それが「なぜ?」というリアクションにつながったのですが、「意味なんかない」という半ば逆ギレ気味の返信を見て、「あー、なるほど。つべこべ言わずに会いに来いってことね」と、なぜか微笑ましい気持ちになっちゃった。
いつまで私に対して威張るつもりなのって思いつつ、それさえもなんだか、ここまでくると愛しいような。
約束は来週です。

〈S〉くんへの激励、ありがとうございました。


Beehive 〈M〉
2009/07/21 14:41
無事、退院しました。いろいろご心配おかけしました。
何度もお見舞い来てくれて、ありがとう。
久しぶりにいっぱい顔を見られて嬉しかったです。
この度は<M>さんの記事のコメント欄に何度も乱入してすみませんでした。
・・・と言いたいところだけど、謝らないからね。w
当然でしょう。人妻の軽率な行動を諫めてあげてるんだから、感謝されたいくらいよ。

なんか今回の記事で、ちょっといやなこと思い出しちゃった。
聞いてもらっていいですか。
大学の時ね、僕の通ってる理工キャンパスで「偽シバタ狼藉事件」っていうのがあったの。
女子学生が三人くらい被害にあったらしいんだけど、夜の大学の研究棟に呼び出されて、二人組の男子学生に襲われるっていう事件。
被害にあった女の子の一人に言われて知ったんだけど、そいつら目をつけた女子学生に、人づてだか手紙だかで、俺の名前を騙って呼び出したらしいんだよ。
<続く>
Beehive 〈S〉
2009/07/21 17:05
俺に教えてくれた子は未遂で逃げきったらしいんだけど、女同士のネットワークで(理工は女子が少ないからね)、他にもAチャンとBチャンが被害にあったらしい、呼び出した人はシバタくんらしいってことになっててさ。
「あなたも関係してるの? 違うよね?」と聞かれて、初めて俺が巻き込まれてるって知ったの。
俺は大学に入るのが1年遅れた上に1年休学したから、学部の同級生より2歳上だったし、そのせいか何となく浮いてるっつうか、悪目立ちしてる学生だったのね。だから、俺は他の学生の名前をよく知らないんだけど、まわりは俺の顔と名前をよく知ってるっていう状況だったの。
だからって、そういう悪事に名前を使われたのはショックだった。
いかにも夜の研究棟に女子を呼び出すような、そういう人間に見えるのかと思ったら悲しいやら腹が立つやら。
アタマにきた俺は、その男子学生2名を別々に殴った。附属校上がりのひょろい奴らでさ、俺のいちばん嫌いなタイプ。
一人は前歯を折った。もう一人も怪我したんだか何だかしばらく大学に来なかったけど、んなこと知るかって感じ。立派な傷害だけど、もう時効だよね。
<更に続く>
Beehive 〈S〉
2009/07/21 17:07
そいつらもそいつらだけど、呼び出されて行った3人の女子っていうのもさ、「お前、なんで行くんだよ」って肩をつかんで揺さぶってやりたかったよ。
だって、その子たちって、俺とはほとんど交流ないの。名前言われても「それ、誰?」って感じだったもん。
たまたまその事を教えてくれた1人は同じゼミで、少し言葉を交わしてたから知ってたけど。
んで「ちょっと感じいいな」って思ってた子だったんだよね。だから余計に、そういう俺の下心を利用された気がして悔しかった。

今回の記事とこのいやな思い出と、何がどう関係してるかって?
よくわかんないけど、関係してんだよ、俺の中では。
とにかくね、気をつけてほしいの。行くなとは言わないから。
何かあった時には男を責めるべきで「女性にも隙があった」なんて事は言うべきじゃないけど、中にはそういうケースもあると思うよ。
<M>さんは自分では無自覚だけど、俺に言わせりゃ隙だらけ。
そのうえ情にもろいから、とても危なかしいよ。
だから気をつけてくださいねって、そういう話。
俺もしつこいから、もう二度と言わないね。

Beehive 〈S〉
2009/07/21 17:08
◆<S>くんへ

よくわかりました。
いやな思い出の話までさせてすみません。
ご忠告どおり、私も少し気をつけるようにしますね。
心配されること自体がありがたく、もったいないと思ってます。(笑)

退院、おめでとう。
仕事もその他も、あまり飛ばしすぎないようにね。


Beehive 〈M〉
2009/07/21 19:13
◆胡桃さんへ

レスの順番が前後してすみません。
胡桃さんも退院されたのですね。お疲れ様でした。
その後おかげんはいかが?

再会の支持、ありがとうございます。(笑)
浅はかだったかしら、と心揺れる部分もあったりして、気持ちの照準が定まらないところもありますが、会ってもたぶん、そんな悪い結果にはならないような気がしています。
あの偏屈な彼が、自分から「来てほしい」と言うのですから、よほどのこと。
どうしても見せたい仕事の仕上がりなのでしょう。
もしかしたら、過去の女全員、見返したいライバル全員に声をかけているかもしれません。(笑)
「絶対手ぶらで来い」と言われて初めて、「あ、こういう時って手土産もっていくものなんだ」と思い至る始末。
密室といえば密室ですが、公共の仕事場の控室なので、怪しげな雰囲気にはならないはず。
そんな雰囲気になるには、あまりに長いブランクが二人の間には横たわっていて、たぶん笑顔さえぎこちない再会になることでしょうね。

胡桃さんもお体を大切に。
Beehive 〈M〉
2009/07/21 19:45
全部コメントを読んでから…
なんて思ってたら 今頃になりました^^

『確認』ですね^^

きっと 会えば何かしらスッキリするものやハッキリするものがありますよ。

何も意味を考えずに
普段通りでいいと思いますよ(^−^)

Mさんらしく『仕事』だと思って。。。ね♪
ごん
2009/07/22 11:23
◆ごんさんへ

「『仕事』だと思って」。
まさに。
そんな感じですかね。
首尾良く最後を丸くおさめる仕事。
わだかまっていた糸をほぐして、緊張関係を緩和させる仕事。
感じの良い笑顔をうかべて、
あたりさわりのない会話を交わし、
どんな挑発にものらずに、
「あなたとは友好関係を築きたい」という
意思表示をする。
うん、普段やってることだわ。
得意かも。(笑)

行ってきます。

Beehive 〈M〉
2009/07/22 13:32
再会 なんですね。
私は別れたひととは「会いたい」メールが
届いても会わない人。
(会うと情が入りそうで・・・)
元カレと再会していい友達に戻った
なんて話もよく聞きますが、Mさんも
そうなるのでしょうか(笑)
なんか元カレさんより完全に
Mさんの方が大人な感じがしますが。
どんな再会になるのか、どんな風に成長したのか、
ちょっぴり楽しみではありますね。
できれば、成長したいい男と再会して
お仕事の事や近況なんかを話す
大人のじかんになるといいですね。
行ってらっしゃ〜い^^/

いけり
2009/07/23 01:28
◆いけりさんへ

私もつい数年前までは、たぶんメイルが来ても「会わない人」だったと思います。
現に、彼以外の元カレ(そんなにいないけど)のそういう申し出は一切無視してきましたし、この彼とはなおさら、「絶対に会うまい。泣いて頼んできても会ってやるもんか」なんて思ってました。
そしてお互い絶対に自分からは「会おう」なんて言わない負けず嫌い。(笑)
それが今回どんな風の吹きまわしか、向こうからの申し出に、ちょっと前の私だったらこの時とばかりに冷たくあしらったと思うのですが、なんだかもう時間が流れすぎて、そういう意趣返しもする気になれず。
ああ、私もそろそろ会いたかったなー、なんて思ってる自分に気づきました。
「友達に」なんて、とぼけた関係はさすがに無理だと思うので、人生の節目で何かあったら近況を送りあうくらいの関係としてやっていけたらいいなと思います。
他人のふりしてたけど、遠くからずっと意識しあってた私達。
悔しいけど「他人じゃないんだね」という確認をすることが、今回は「負け」ではなく、「終戦」となるような気がしたのです。

Beehive 〈M〉
2009/07/23 10:16
おひさでございます。
夏休みに入り、仕事もちょっと楽になってます。

いいですね。互いに負けるもんかと思える人がいるのはうらやましいです。
私も20代の頃はいたんですよね、同性だけど。職種も全く違うけれど、互いにそれぞれの道で闘ってるのをたまに一緒に飲んで話してました。
本当に仕事が忙しくて、連絡取らないでいるうちにそのままになってしまって、今彼女はどうしてるだろう、会いたいなと時々思うのです。実家の住所わかってるからレンンラクしてみようかな。
nodoka
2009/07/24 21:24
◆nodokaさんへ

コメントありがとうございます。
今思うと、相手をライバルと思ってお互いに意識していたうちは、まだまだ本当の意味で自分に自信がなく、半人前だったなあと思います。
そろそろ連絡してみようか…。
そうnodokaさんは、きっともうそういう背伸びから解放されて、本当の自信と充実を身につけられたのではないでしょうか。
互いに成長した姿を喜び合えるような、そんな人間関係ってすてきですよね。

Beehive 〈M〉
2009/07/24 23:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「再会」 〈M〉version 詞人集団 Beehive/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる